スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

【嵐の前の静けさ】

【嵐の前の静けさ】
この投稿は、メッセンジャーに記していた幾つかを、2017年は9月の21日にブログに纏めて、2019年は11月の11日にそれを直したものです。
はじめに【無】TSUというSNSのはじまりジュンイチさんとの再会【じぇい】詐欺行為に対する注意この投稿を記しての感想/*-----
☆ 1 はじめに-----*/ この投稿を記した2017年は9月のことですも、何であったかの読み物が、GoogleさんのNEWSの検索枠に表示をされていて、この投稿を記す為からに調べ物をしていた次第のことですが、その時に偶然にそれを知りました。
将来的に何かあればまた使わせて頂ければ良いか。とも思いますが、今はそこの使用をしていませんので、別段と観ずと良いようにも思います。
このようなサイト形式にすると、まずの懸念事項としてあるのが、リンクをした先のサイトが活動中であるか休止中であるかで、リンク元であるサイトの評価が変わることで、この辺りのことは今度別のブログに記しておきますが、そのようなことは本人の自由ですので、別からにして再開をして頂く旨曰うのもおかしな話ですし、例えサイトの評価が一時的に落ちたとしても、上げる方法もありますね。ということを記しているわけです。
当ブログは、そもそもがそのような類のお話もしていくブログです。
今回登場をして頂くかたですが、当ブログと別ブログで記しているようなことにも合ったかたで、【奇妙な男性との出会い】から暫くと時間が飛び、当時に流行ったTSUというSNSの話です。
あくまでも自分の周りとしてですが、この辺りの時間は、現実の社会でもあまり重要なことが起こってはおらず、空白の間です。
下にお囃子を記しますが、普通に記しても面白くはありませんので、少し考えてみます。
/*-----
☆ 2 【無】-----*//*-----
【無】
この新たなる世界が妾に参加要請をばしました後で沙特阿拉伯だか阿拉伯首長国連邦の御仁に中をば覗いてみられよと促されましも其の御仁は既に何万という女子や男に囲まれて妾のこと知らずの無責任。
-----*/
さてはこのお囃子の意味ですも、新たな世界に《》が参加表明をしたのではなく、新たな世界が《》に参加要請をしたんです。
日本語的には、《に》と《が》の違いはとても大きく且つだいじで、自分がそうとしたのか、はたまた相手…

【最近のもの】

【最近のもの】
この投稿は、2017年は9月の12日に当ブログに投稿をした読み物を、2019年は10月の21日に直したもので、意味は変わっていません。
/*——-
☆ 1 この二つの物語を記した時分のこと——-*/
下の読み物ですが、これは2017年は2月か3月に記したもので、ここ最近に記したものの中では、良いでき映えなのではなかろうか。と思っていて、これをここで投稿をしましたは、当ブログnguyenkieuanhの色を示しておく為です。
これは展示用のものであったわけですが、有り難いことに、仕事が忙しかったりなどとしたことからにそうとすることができず、ですので、WEBで公開をするほうがはやくなった次第ですが、先の役所ではないですも、別の役所やらそれ以外のかたと展示の話を途中までは煮詰めていましたので、ほとぼりが覚めた頃にまたお願いをしたいですね。
この二つの物語を記した時分のこと二つの物語物語の意味この投稿を記しての感想/*——-
☆ 2 二つの物語——-*/
ではご一読下さい。 /*——-
藍にと染められし常夏も四季の如くに移り行くものですからに其れな先に見ゆるる控え目なる優しさに想わずのあらましごとは強葉に艶葉にと。
落ちましたる炎やがては焔となりましに空へと向かうる他にはなき一目惚れなるのを見上げることもせじなるのあらましごとは今一度なるを互いに願い申し。
——-*/
このお話には、二つともタイトルはないんですが、意味は、
あるがままを観ています。
が活けられていて、そこから一節と落ちています。
/*——-
☆ 3 物語の意味——-*/
一つ目のお話は、を観ています。
二つ目のお話は、配置を観ています。
藍色常夏控え目な優しさ。これらは花言葉です。
つまり、
アジサイ!ツバキ!ナデシコ!
と言っているだけであるわけです。
二つ目のお話の意味ですが、真っ赤に染まるほどの恋をしていた人が、=業火のように、憎しみに燃えて、一目惚れをしたほうを観なくなりました。
一目惚れをしたほうは、そのポワポワ感が行き場を失いましたが、それでも互いに願うは今一度。です。
一つ目のお話の意味ですが、憂いを帯びた心に染められた誰かさんの熱い心も、四季のように移って行きますよね。
それは飽きるからです。
飽きるのは別の人ができたからで、その人が醸す控え目な優しさに、強く艶…

【インドネシアとロシアとのはじめ】

【インドネシアとロシアとのはじめ】
この投稿は、2017年は9月の12日にブログへ投稿をした内容を、2019年は10月の10日に直したものです。
読み物自体の意味は変わってはいないと思います。
小竹 希と立花 三春やってはいけないいかがわしい会社の作りかたいかがわしい自動化インドネシアとロシアとのはじめ【希】関連をすることがらこの投稿を記しての感想/*-----
☆ 1 小竹 希と立花 三春-----*/【奇妙な男性との出会い】で記たかたとFacebookでの出会いは前後をするかもしれませんが、同Facebook上で、インドネシアの学校やらロシアの大学院やらに行っておられたとする、小竹 希さんというかたと出会いました。
このかたも、旅をしながらのブロガーさんとのことで、当初は、 《知らない友達を一度に沢山と作ると、Facebookから怒られた。》
などとFacebookに投稿をしていました。
この元の投稿をはじめてすぐのことですが、気が付いたことがあり、そのことに対してですも、ここで一端のお断りを入れさせて頂きますと、ma1d3nは、どうやら人違いをしていたようで、Facebookから怒られた旨投稿をしていたかたは、どうやら、立花 三春さんであったようです。
真に申し訳が御座いませんでした。
そういえばですも、このような時分に思い出したこととしてですが、テレビ番組で、キャスターさんだかが、
《年齢が何とか代に差し掛かると前頭葉が云々》
などと、記憶の定着力だかのことに触れておられましたも、ma1d3nの場合ですと、おそらくのところ、そのような意味合いではなくの、興味がないことは覚えていないと言いますか、そのような意味合いとしてのものであるように思われ、人とは忘れる生き物であるように思います。
/*-----
☆ 2 やってはいけないいかがわしい会社の作りかた-----*/ 上はさておき、このかたは、今はメッセンジャーだか他媒体のものをしておられるのやもしれませんが、当時のFacebookや幾つかのSNSで流行ったこととしてですも、兎にも角にも、友達の数を目一杯まで増やしてから、個人のFacebookを別のFacebookページに変えることで、そのようにして、公式を手に入れることを教えていたかたもおります。
《このかたたちは、自身のことをコンサルタントであると…

【奇妙な男性との出会い】

【奇妙な男性との出会い】
この投稿は、2017年は9月の9日にブログへ投稿をした内容を、2019年は8月の21日に直したものです。
読み物自体の意味は変わってはいないと思います。
謝辞まずのあらまし西坂 貴輝奇妙な男性が使う文体とgoogle検索エンジン【西】関連をすることがらこの投稿を記しての感想/*-----
☆ 1 謝辞-----*/ 当サイトnguyenkieuanhですが、2015年のはじめから続くお囃子が多数とあり、それは実のところ2013年であったかもしれません。
*記していく傍での補足やら関連事案を含めると、更に以前からの、昔のこともあります。
このお囃子の中には、当然にして、自身で調べたことやら事実やら推測が入り混じっており、ごくごく小さなことやら国家間がかかわる大きなこと、それ以上に、どうしようもないほどの大きさのものまでもがありますが、読まれるかたは、どうかお囃子として楽しんで下さい。
また、投稿中にですが、登場人物の揶揄をしているようなところがあることとは思いますも、その点につきましては、ご容赦のほどをお願い致します。
次にですも、ドメインを《.tk》にした理由ですが、別からにして無料であるので。とのことからではなく、独自のドメインgoogle bloggerとの相性やら安定度などを観て、後々取得をするつもりであるドメインと比較をする為からでもあります。
さてはこのブログですが、かかわるかたへのお礼でできています。
ブログを分けた理由ですが、ynimkでの内容に、こちらで記すわけにいかないようなことがらが多数と含まれているからです。
もし、作中で、情景やら心情人間の内面の描写ができていないものが多いと思われましたらば、この物語自体が記事的な性質も帯びているからで、その旨ご容赦を下さい。
それから、作中で扱ったかそうではないかの別あれどの誰が誰への訴訟などということとは無縁のことで、皆からに、またはそれぞれが楽しんでいたことが一番であるように思われます。
このようなお囃子は、ずっと続けたいですね。
/*-----
☆ 2 まずのあらまし-----*/ さてはFacebookを覗きながらのある日のことですも、ma1d3nは、ひとりの男性と出会いました。
今は既に名前を忘れている此な男性ですが、当時の暫くと後より、虫ケラのようなma1d…