スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

【錠の3】

【錠の3】
本文の前に、少し書かせて頂きますや、錠の1や錠の2、他の物語や、その他の読み物と、インターネットにあるページやテレビや現実の、沢山のことが関連付きましたので、時間のあるときにでも、また、記させて下さい。
それから、ここまでのを、ストーリー以外の部分で少し書かせて頂きますや、
錠の1 では、歩く速さで場所が移り行き、移り行く情景を書いて、周りが、高井 頼子を観ているんです。
錠の2 では、△が、風と川のような海を観て、高井 頼子は、こういう子だと、思い浮かべているというか、想像をしているんです。
錠の3 では、時間は前後をしますが、△が、高井 頼子を観ているわけです。
周りの情景を、最低限にしか書かなければ、読んで頂けるかたも、高井 頼子を観ているということになるわけです。
絵画では、視点の誘導というものがありますよね。
同じように、小説にも、視点の誘導がありますよね。
それから、これは余談ですが、以前に、インターネット上には、3兆のページがある。と書いたんですが、どうも、6.000兆以上のページがあるそうです。
これは、少しくらい有名になろうと、まだまだ藻屑である。という戒めですね。
では本文をどうぞ。
-何ヶ月か前-
向島にとある件のコンビニでアルバイトの面接にと挑んでおる△が店の外で煙草をば吹かしておるや其処へと偶然にも立ち寄りたる高井 頼子が毛糸の手袋をば落としたるるもので其はおそらくとオーバーコートの衣嚢にでも仕舞い込んだるつもりがそうとはならずに落ちたるものをば気が付く△が拾うたものででは店から出て来た時分にでも声をば掛けてやるつもりが其の高井 頼子を観た途端に其れな△の考えは彼方へと流れて消え失せ歩き行く高井 頼子をば観ながらに毛糸の手袋のことがあるので戻るであろうやと其の場に留まりおれば案の定に其処へと戻り来た高井 頼子がまた店へと入り店員と話だしたるもので一連を静かに観る△はこの女は手袋のことをば聞いておるのであろうと思いながらも悟られぬように自身の上着の衣嚢にと仕舞い込んだる其をばぎゅうと握りしめながら高井 頼子のことをば観ておるのことしばし再びにして店から出て来た高井 頼子とも目が合わぬるように気をば使いながらもまだまだ観ておれど其の高井 頼子どんどんと遠退いて行くは至極当然で終いに我慢がならぬようと△後をば尾けるの様も向島より因島への…