スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

【錠の5】

【錠の5】
先に小分けにした、錠4を含む、ちょっと長い章です。
人種差別ではなく、昔の日本の、面白い部部を書いているということです。
元気でごった煮状態であった時分のことです。
と、いうことにして下さい。
他では、逆に男性のことを書いていますね。
他国にも戦争の傷跡があるのかもしれませんが、日本にも日本の傷跡があると思いますし、そんな中でも生きてきた。ということです。
リズムというか、調は、まだ考えにいれていません。
/*-----
△未だ幼き頃の此れな街は造船業やら鉄鋼業での発展があり其れ故に他県からも沢山の働き手が集まるほどの賑わいのこと日立グループが持つ造船所へも外国籍なる船が入港をばすること往々でさて其れな時など地元の女達が挙り『ガイジン漁り』なる男漁りに奔走をばしておるの様なるに△の両親が営んでおる飲食店にと外国籍船は長であるドイツ人が立ち寄りたる時分も当のドイツ人が箸をば巧くに使いながらと食事をばすることに皆一様に驚いており
『まぁ、ガイジンさん。箸の使いかたがお上手ねぇ』
などとあざとくも目をば付けたる女性客が聞くも当のドイツ人にしてみれば何をば言われておるのかなど理解ができようはずもなくあいや仕方無しと流暢なる英語でゆるりと話て何とか会話を成立させようと試みるのであるが居合わせたる日本人からすると其れな英語ですら小難しい呪文のようであるからして理解のできよう者などとんとおらずなもので△はというや其れな言葉がドイツ人の母国語ですらないと分かるや其れな教養の高さに衝撃をば受けておるのことでさては夜になるや何処からともなく現われたる欧州人達が女達の『ガイジン漁り』にと釣られて其処彼処にとある路地裏に消えて行くのことで勿論女達の中には亭主を持つ者もおるが仕事にしか楽しみをば見出せぬる亭主の目をば盗むことなど容易いことでありさて昼間には熱心なる労働者が夜分には裕福なる欧州人で賑わうこの街を花魁の街と呼ぶ者もおるほどであり未だ幼く其れな大人たちの情事なぞつゆぞ知らぬる△は昼間に出会う欧州人達の紳士的なる振る舞いやら教養の高さやらに何処か憧れをば感じておるようであるから時には物陰よりまた時には両親が営んでおる飲食店をば手伝いながらに彼ら欧州人達を其れとは悟られぬるようにして観察をばしてはことあるごとに立ち居振る舞いをば真似て其があまりによく似ておるものとくれば近所…

【あることに対するひとつの解_4の1】

【あることに対するひとつの解_4の1】
この投稿は、日本時間の2018年の2月の21日と、同月の23日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
これが、あることに対するひとつの解というカテゴリーの、本当の解です。
その序幕。という意味です。
まず初めに記しておきますが、本来であれば、この読み物は、もっと速くに、良いものとして、ブログに記せたものです。
それから、ある程度の分量があり、ひとつの地域で起こったことですが、そこからの広がりと、ある問題がかかわったことから、自分の中でですが、記すことに気を付けなければならなくなった経緯があるものです。
全体を読み進める途中には、当ブログnguyenkieuanhには、おそらく、似つかわしくない内容があると思いますが、全体を通して、こちらに記したほうが良いという結論です。
また、この読み物は、このカテゴリーひとつだけで成り立つものではなく、ynimkのほうとも、関連が深いものです。
では、本文をご覧下さい。
ひとつめの流れですが、まず、私が利用をしているブログのドメインは、オランダの会社が持っており、ニュージーランドトケラウのトップレベルドメインです。
*このドメインの現在の安全性や、国毎や地域毎に最適化された検索など、その辺りのことは、ynimkにも記していますので、ご興味がありましたらば、そちらもご覧下さい。
ともかく、ログイン画面を通して、そこから挨拶をして頂けました。
当時、と言っても、まだ何ヶ月か前のことですが、メッセンジャーにも、将来的にはイタリアなどでも展示会をしたい。とか、ローマ法王とも知り合いになりたい。などと、おこがましくも宛てていましたので、覚えているわけです。
それで、何がどう関係をしているかをいうと、後付けではなくて、やっていることのひとつです。
まずは、この挨拶についてをご覧下さい。
500年以上前ローマ教皇は、オランダのかたです。この時代の日本は、室町時代で、将軍は、足利 義政かな?… 時代は、文章とも関連をしています。天皇さんは、後花園天皇さんで、伏見稲荷大社とも関連があります。伏見稲荷大社は、因島にも番外があり、知らぬ間に、小説に記していました。そこからのかたと、話したことがあります。欽明天皇さん... 大蔵省...今で言うところの、財務省とか、金融庁ですね。テレビとか、

【あることに対するひとつの解_2】

【あることに対するひとつの解_2】
この投稿は、日本時間の2018年の4月の11日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
この読み物には、
ベトナムの、ハイズオンというところと、Trường THPT Hà Bắcというハイスクールが出てきます。
さて、あることに対する解のうちのふたつ目ですが、最後から書いていますので、幾分と理解がし辛くなっているやもしれませんも、これはベトナムのハイスクールのことです。
あることに対するひとつの解_4で詳しく触れますが、知り合いのかたの友達だかが、そのハイスクールに在籍をしていたそうで、どうも、私と会っているようです。
これ自体が、知り合いの、楽しい冗談かもしれませんが…
勿論、そんなことは定かではなくて、はっきりとは分からないことですが、服装も合っていて、その服がハイスクールの服とは知らなかった私ですも、Facebookに書いていることとなどと、書いていないこと、その子か歌手かを知っているハイスクールの子がいて…当時の私は、歌手のことかも?とも思っていましたが…私にはどちらを呼んでいたのかは分からないですが、そんな私を観て、名前を呼んでいた子がいたことを思い出した次第です。
それで、Facebookには基本データというものがあり、そこに書かれていたニックネームが、私が、知り合いにや他に宛てた内容と、合致しているわけです。
これは、偶然かもしれませんので、基本データのことを自分のFacebookに投稿をすると、それに対する応えがあり、その後も何度か、そういうことがあるわけです。
ブログには書けない内容が多いことから、取り敢えずは割愛をしますが、面白いことは面白いことですし、書ける内容に対しては、いつか書けるかもしれません。。
私は、遊んでいるかた全てと、Facebook上での知り合いになっているわけではなく、コメントなどもしますが、そうでない場合も多いですので、いきなり観たかたは、多少なりと驚かれるかもしれません。ただ、それもひとつの使いかただと思っています。
それぞれの投稿として、成り立っている。というか、そういう方法を、よく使っています。
兎も角、最初は分からなかったんですが、その子は件のかたと知り合いということからも、寧ろ知っているのは当然と思うに至りました。
ここでの一手詰みは、次です。
日本語にすると、あ…

【あることに対するひとつの解_1】

【あることに対するひとつの解_1】
この投稿は、日本時間の2018年の4月の6日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
この投稿をまとめている、ここ最近では、関連が関連を呼び、事実が事実を呼ぶようになって来ました。
例えば
包括的なことがらと局地的なことがら大きなことがらや小さなことがら人が狙って関連付けていることやそうではないことがら良いことや悪いこと こういった、様々に観えることがらが、ひとつのことから、四方に広がって来ました。というのは、おこがましいですが、体感をしている者からすれば、そのように感じる。というくらいです。
この記事で書いていることは、世界を内包する問題の、壮大なことのうちの、ミクロです。
まずは、これを記さなければ、壮大なことのほうが、記せないんです。
実はそうでもないんですが…大変なんです。推し量って下さい。
Thuỳ NgânというかたのFacebookに、愛媛県のオレンジデーのことがありました。Kiều Anhというかたや、今、いる子たちや、Nguyen Kieu Anhにも、キリスト系のものが、世界遺産に登録をされたりの関連もあります。有り難う。 そのままでは分からずに、別のことと掛かっていますが、このかたは、愛媛県上島町岩城というところに、来ていました。
次いで
ある人の三男の子供のことですが、あることが理由で、小学校への入学お断り。という御触れが、町内を廻っていました。 *まわりのかたのお陰様があり、その後、無事に通えるようになったようですし、それならば、それでね。
『何とかルーペ、だ〜いすき』という、その子と同名の、メガネのCMがありました。 本当に偶然だと思いますが、そのタイムリーなことや、奇妙な縁に、有り難う御座います。です。
MC Trấn Thànhというかたの、Esther Luuさんの、菊の花へのチュウ。ある日本人のかたが、花屋で仕事をし始めました。 段々と、近くになっているんです。
いつからかは分かりませんが、5月の5日に観ました。
本当は、このミクロにも、もっと、沢山のことがかかわっているんですが、取り敢えず、自分がヒロインになろうとした?くらいに思っておきます。
デジタルな中でのことと、遠くの現実と、近くの現実が、かかわっていますが、少しホッとしたのは、触れる距離の、実在としての、ホッとする一幕があ…

【錠の4】

【錠の4】
△の過去から、学校を卒業して、知り合いの年配の娘さんを、洗脳までする部分の序で、△を取り巻く状況の描写のうちのひとつです。
本当は、ひと纏まりだったんですが、ブログという体裁もあり、他、諸事情により、分割をしています。
《周りのうちの街…なので、動かないことです。》
後は、街の内側があり、人があり、それらが、時間の経過と共に、段々と動いていくわけですよね。
これは、街の発展と衰退という意味でも、データではないですが、そういう使いかたもある。ということで、勿論、物語ですから、そのままにデータとするわけにはいきませんが、自分なりの使いかたもあるわけです。
あまり、直せていませんので、《〜のこと》が多く、こぎみよくはないです。
/*-----
しまなみ海道沿いのとある街にとある桟橋にと浮いておる浮き島は今日も不気味なる音をばたてておるものでそれな音は対岸にと観ゆるる工場の群れが発する金属の擦れ合う音やらそれらをば打ち据える音と何らの区別が付かぬるほどに似通るのことであるにそれな桟橋から対岸をば眺めておる△の傍へとこの日の終便である高速艇が入港をばしてきてさては海をば切り裂きながらと進むる艇は其によりできる波の端から白い飛沫をばあげており陸に目をばやるや桟橋をば上がるとあるターミナルでラジカセをば片手にした若者がツンツンとしたるる拍子を刻むる洋なるのの俗楽をば踊るのことであるも誰も其をば邪魔にと思うる気力すらなく今しがた桟橋にと着いたるばかりの高速艇からは疎らに乗客降りて草臥れたる足取りをしたままに街へと上がり始めるのこと其を見送る高速艇の若い二人の船員はこの日最後の作業とばかりに船体の清掃をば始めたるるものでそのうちのひとりは船首の手摺に捕まり船体へとおざなりに水をば撒いてもうひとりは船尾をば棒刷りでしかと擦るのことでありさては錆びれた金属音と工場の群れ…△がこの街について感じる殆ど全てを此のふたつが占めておるのことでそれな△はといえば幼少期から漫画家をば目指しておるも其はある時画家への夢へと変わりたもので幼き頃の△は近所でも悪評がたつほどの悪餓鬼であり好奇心旺盛なる快活さをば周囲に見せておるも長じるに従いてこれなる不気味な金属の街にと飲み込まれて行く姿が水面にと揺らめく。
-----*/
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【あることに対するひとつの解_3】

【あることに対するひとつの解_3】
この投稿は、日本時間の2018年の5月の13日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
さて、あることに対するひとつの解_3ですも、これも、菊の花関連なんですが、除虫菊祭りなるものがあったわけです。
その日は生憎の雨だったんですが、あることに対するひとつの解_1との関連性と、あることに対するひとつの解_4との関連性が、深いんです。
おかしな話としてではなくて、面白い話とか、楽しい話とか、そういった、くっだらねー。というような話との関連で、これは、元々あったものと、偶然に関連付いたんですが、面白い話と関連付いたか、付けたかして頂けた感もあります。
本来は、こういう、毒性のないものです。
その地域は、50年ほど前には、除虫菊で有名で、学校の教科書にも載るほどであったそうです。
それが、40年前になると、既になくなっており、少しが、農場試験場のようなところなどに残っていたそうです。
最近はフラワーセンターというところに、植えているようで、こういった関連があるわけです。
ベトナムのかたにも、扱って頂けた日本のかたにも、本当にありがとうございます。です。
除虫菊は、蚊取り線香が有名で、私も、蚊取り線香の話を持っていますが、グダグダな体のものです。
それで、は、と合わせて、四君子と言われる花で、昔は、文人は皆からに君子を目指したもの。というか、
文筆頻々然るる後に君子。
という言葉もあるほどに、文人の花でもあります。
君子というのは、徳が高く、高尚な人のことなので、そんなものになっても、あまり、意味はないとは思いますが、それでも、文人であれば、文の技術やそこから知ることになる知は、ある程度、大事にするほうが良いわけです。
同じくらい、それらをぶっ壊すことも大事だと思いますけどね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase