スキップしてメイン コンテンツに移動

【特殊な文章の型】

【特殊な文章の型】

《動詞の終止形》+《名詞》+《形容詞/イ形容詞》

まずの表題ですが、特殊な文章の型となっていますも、元来の日本語については、現代に生きる大方のかたは、曖昧な言語と位置付けているかたが多いですが、元々は、厳格な規則の集合でもあります。

ただ、一般的には、あまりにもな厳格化をした使いかたをしているかたは、多くはないようですし、曖昧さを醸しても、その意味をするところが充分に通用をすることから、そういった使いかたをしているかたのほうが、圧倒的に多い言語ではあります。

当ブログnguyenkieuanhに投稿をしている小説ですも、ynimkでも記しているように、文には、当然にして、型というものがあり、それならば、これも当然に、そこには、解法というものがありますが、かくいうところの自分自身は、ひとつひとつの文脈を、その都度、緻密に考えて書いているわけではありません。

但し、全くのデタラメじゃねーかよ。という体裁でもないことは、勿論です。
*そういった部分も多いですが…ここは少し違って、あくまでも用法の中で、おかしなことをしていることもある。という意味合いです。

それで、小説の投稿をしているのであれば、どういった文章の構造をしているのか?といったようなことがあるわけです。
*これも、普段は全く考えに入れていません。

ですので、まずは、

  • 吐く息白い

という一文についてを、観ていこうと思います。

*ここで、自分の文を解剖にかけているのは、そのほうが、良ろしいであろうことや、ブログという体裁から、内施策を整えるといったような、浅なる考えが、ちらほらと見え隠れをしてのことでもありますので、その部分は、どうか気にしないで下さい。

さて、本文の前にですが、まずは、この一文の月間推定検索数と、一位をとった場合のアクセス数の予想です。

単語 月間推定検索数 一位を取った場合の月間アクセス予想
吐く900〜3,9601,675
1,100-
白い725〜3,960-

となっていますも、これはあくまでも予想で、流行りや重みなどの変遷から、必ずしもこの通りというわけではなく、重要なのは検索数の目安です。

次いで、この文節の中で使われている日本語に、重みがあるとすれば、


が圧倒的に大きいわけです。

例えば、

  • 息が白い
  • 息を吐く

となれば、分かるわけですが、白い吐くであれば、意味が通らないわけです。

ということは、この文節からの、更なる順位上昇を考えるのであれば、という単語を軸にして、他を使えば良い。ということになります。

*ここまでのことをせずとも、当ブログでは、じわじわとですも順位が上がっていることから、あまり、重要な施策ではありませんが、日本語周りというネタがあるので、これをすることは、無駄ではないわけです。

前置きが長くなりましたが、さては本論です。

ここでいうところの、

白い

は、おおかたの日本人であれば、

  • 形容詞

と覚えているはずで、日本語学習をしているかた…外国のかたであれ、日本のかたであれ…にとっては、この、《白い》は、

  • イ形容詞

と覚えているかもしれませんが、これは、活用のグルーピングをしてからのことで、これもまた正解です。

形容動詞

のことは、

  • ナ形容詞

と言うことがあります。

ここから、名詞化したものを、

  • 転成名詞

と言いますが、言葉なんて、自分が意味を分かっていれば、何だって良いとは思いますも、おそらくは、それでは、誰にも分からないことが有り得るので、いかん!ともなっているはずで、自分に対しては、ある程度の規則は守って、人に伝われば良いのでは?くらいには譲歩をしますが、これが、中々できていないわけです。

次に、

  • 吐く

ですも、これは、動詞の終止形です。

は、

  • 名詞

で、ここでの文章の型は、

  • 動詞の終止形》+《名詞》+《形容詞/イ形容詞

と、なり、小説としては、成り立つ文で、

  • 書き言葉である文語体
  • 話し言葉である口語体

という分けかたをすれば、実は、どちらのグループにも入りますが、こういったは、小説の導入部に持ってくることで、威力の発揮をします

さて、文語体口語体のどちらのグループにも入る。としたのは、人は、話をするときに、

吐いた息が白いね。

などと、言うからです。

それから、ここで、

吐く息が白い

と、


を入れていないのは、語感語調を鑑みてのことからで、文章に、

かきくけこ

が入ると、どうしても、読み手や聞き手に硬いイメージを与えるようになり、その次の漢字が、読み手によっても、

  • ひとつき
  • いちがつ

のどちらになるかで、更に文から醸されるイメージが変わることを、考えてのことです。

それだけではなくて、ここで、息を吐いているのは、柔らかさを持つ、

  • 女の人

です。

男性のかた。エッチな意味ではありません!

また、

  • 柔らかさを持つ女の人のことを書いている書き手

のことを表わしてもいます。

こういった使いかたを、

  • 無助詞

と言い、後付けかそうでないかは別として、やはり、用法の範囲内に収まっているわけです。

さて、小説にしても、そうではなくても、一般的な書きかたであれば

一月半ばの朝十時頃のことですが、黒いコートに身を包んだ◯が〜

とか、

一月半ばの朝十時頃のことですが、◯は黒いコートに身を包んで〜

と、その後に続くや、言わんとすることから、こういった体裁になると思います。

特に、現代小説に馴染んだ書き手さんは、何も考えずと、このように書くものなんですが、その理由はきちんとあり、それは、次のことからです。

日本の一月半ばは、寒いですから、

吐いた息が白くなる

ことは当然のことです。

その小説家さんであったり、書き手さんだったりは、日本人の考えかたとして、書かれている文章が、日本語ということからも、普通であれば、日本の読者を想定しているわけで、読むかたも、同じような慣習がある。などと、意識はせずと、そのように思うものなんです。

これは、東西南北が、または、そのどこかが、それぞれ、自国と文化の違う、他国と隣接をしているような、大陸ではなく、島国故のことからでもあるわけです。

他の人も、自分と同じである。

といった、歳月をかけて培ってきた、教育や、了解、環境、習慣などのことからでもあります。

その為に、この部分は省略をされることも多く、これが商業的な小説であれば、殊更に、最低限の服装や周囲の描写に入っていくもので、この理由は、文章の妙を楽しむものと、ストーリーを楽しむこともので、違うからです。

特に、

  • 動詞の終止形》+《名詞》+《形容詞/イ形容詞

といった、物語の導入は、昔々の、調を大事にする時代の書きかたで、古いんです。
*型の意識をすると、面白くないことから、私はこれをしません。

さて、ここまで書くと、英語の、

  • Make》+《名詞》+《形容詞
  • Making》+《名詞》+《形容詞

と、同じような文法構造をしていると思われるかたもおられるやもしれませんも、半分は当たりですが、この、

Make

に当たる動詞が、ここでは、終止形をしているわけです。

終止は、終わりのことで、一般的には、文末に持ってきます

この文では、動詞が文頭にあり、こういった、文の順番を変える技法のことを、

  • 倒置法

といい、これは、修辞技法のひとつです。

それから、この文は、小説からの一節ですので、

現在進行の用法》を使って、

吐いている息が白い〜

というか、

既に息を吐いた後、つまり、《過去の用法》を使って、

吐いた息が白い〜

とするものですが、

まだ吐いていない、《未然の用法》を使って、

吐く息が白い〜

としても、問題はないわけです。

理由は、次々と息を吐いているので、まだこれから吐く息もあるからのことと、これは小説の一文で、書く人は、白い息を吐いている人を、観ているからです。

覚えておくことは、日本語では、一般的に、動詞は文の終わりにくる。ということです。

◯が、息を、吐いています。

◯が、白い息を、吐いています。

◯が、白い息を、吐いていました。

などとなります。

これを、

◯の吐く息が、白かったです。》

などとしても、

  • 動詞》+《名詞》+《形容動詞

というようになり、やはり、動詞が文末にくるわけです。

さて、錠の1ですが、文末は、

  • 〜の様

です。

文自体が長いですから、面倒かもしれませんも、これには、幾つかの使いかたがあり、それは、下のような用途で使われます。

  • 1,姿、形、ようすを、表わす
  • 2,方法、やりかたを表わす
  • 3,事情を表わす
  • 4,会話や思考の内容を表わす
  • 5,名詞の下について、あるものに、似ていることを表わす
  • 6,動詞の下について、自身や周囲の状態や状況といった、ようすを表わす

となり、錠の1では、1番と3番と4番と6番の使いかたをしています。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【錠の1】

【錠の1】 小説 の本文の前にまずは説明をご一読下さい。 /*----- ☆ 1 前書き -----*/ これな 小説 はですも、およそ10年ほど前に記したものであるように思いますが、それな 序文 であり、 小説 の全体と致しましては、400字詰めの 原稿用紙 に換算を致しますと、およそ600枚ほどになるものです。 *別記を致しますも、ブログに記して後に、 ニュース番組 で、 関連事案 を含めつつの8年前ではなかったか。というようなことが当時に出たようです。 あまりやりすぎますと、多くのサイトの対して、順位の変動にも影響がでることもありますので大変ですが、このようなものを、 インターネット に、ガガガッ!と喰わせることができますと、違反という意味合いではなしに様々な 広告 やらページの発見ができます。 物語 のジャンルと致しましては、おそらくのところ、 ミステリー であるように思われます。 また、当時は 句読点 で区切っていた次第ですも、自身の味をだすほうが良かろう。などとそれを止め、《っ》もなくしたんですが、これな投稿のものには、ところどころにそれが入ってしまっていますし、横文字、カタカナも全て 日本式 のものにしたんですが、これな投稿のものでは、そのようにはなっていません。 それでですも、当時に一端 句読点 を抜いたと言いますか、そのようにしたものに、 句読点 の付加をし、その後にまた 句読点 を抜いて、ということをしてしまった為に、多少なりとですも、おかしくになっている部分もあります。 一部は、以前に、何処かの SNS にアップロードをしたものです。 このようなものは、当時の 出版業界 では扱えないそうですが、少しなりと言いたいことは、未だどうにもならないレベルの頃には声が掛かり、切磋琢磨をしての後は、そうではなくなる。ということにつきましいては、思うところもあります。 かと言って、一般的な文体にして扱って頂けたとしても、それは自分のものではない気が致します。 物珍しさもあってか、当時から外国のかたにはある程度に評判が良く、《そひ》というかたに例えられたり、 孔子 だとも例えられましたが、いかんせん、詰め込み過ぎともありました。そうですね。 日

【桃太郎のお話Ⅱ】

【桃太郎のお話Ⅱ】 この投稿は、記している日付けよりしばらくと前と、2020年は12月の5日と同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 自身のミスからドメインの更新を忘れていた為に、アクセスは散々になりましたが、RSSフィードのほうが少し増えました...ニュースリーダーの中にはgoogleアナリティクスにアクセスの表示がされないものがありますは良いとして、問題は検索結果であり、多くがなくなり、nguyenkieuanhとynimk両タイトル他での検索にしろ、結果の下に6つほど付いていたスニペットもなくなりました。 また少しずつでもブログを強くしていくしかないですね。 ご迷惑をお掛け致しましたが、少しずつですも再開です。 まずは12月の7日に メッセンジャー に記したことですが、やはりこれな投稿の雑記と言いますか、ブログに投稿をする為に纏めたものを メッセンジャー に書き込んだ時期と丁度のこと、6日でしたかに、 広島県 は 三原市 で 鳥インフルエンザ の発生があり、それなことからに大量に殺処分とのことであり、時期などを調べると、ひょっとすると 渡り鳥 経由の可能性が考えられうる。とのことでした。 鳥 の話ですね。 広島 は全国でも高い 鶏卵 の地です。 以前に 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング の、 卵の食べ比べのコーナー の時分の、 卵かけご飯 の時期に、 香川県 であるかでの 鳥インフルエンザ がどんぴしゃりで、 Twitter などを観ますと、きちんと対応がされていることが分かりましたが、今回の 広島県 は 三原市 でのものにしろ、嬉しいことではないですけれど、早めに分かって良かったと思いますし、 広島 は、他地域での 豚コレラ が出た時分にも、 対策会議 を速やかに開いたりと、対応が速かったですね。 これは冗談ですが、 広島 は住んでみたい地方の二位ですし、この投稿のかたにもというだけではないですが、 広島 の 卵 での 卵かけご飯 を食べて頂きたいですし、また良くなれば良いかなと思います。 上は地元局である 5up! という ニュース番組 を観てのことですが、最近は同 ニュース番組 も、注意喚起のことも増えていますし、そ

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 この投稿は、2021年は1月の2日と、これな日より何年も前からメッセンジャー他にに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 まずですも、ブログや他でありますの多くの話ですが、例え何万文字であろうと、どれだけ多くの文字数であろうと、全く別の話にもできることが得意なことのひとつ。などと記していましたのことにつきましてですも、最近の投稿ですと、 【桃太郎のお話Ⅱ】 やらそれな周りの投稿があります。 * 【桃太郎のお話Ⅱ】 のうちの幾つかは、作った話ではなしに、実社会でそのようになっているということです。 これも、ある話題について、一般の言ではなしに、 テレビ業界 の用語で言い換える。ということが、 タレント である マツコ・デラックス さんの番組であり、これが本来の 換喩法 ですね。 話は変わらずに、その中の一部若しくは全てを別の言葉で置き換える。というものです。 私のものは本来の 換喩法 とは違うようであり、記すなれば 外法 です。と致しましたは、他国の 言語構造 やら記しているようなことからです。 *本来のこともできなくはないでしょうけれど、この為に、5年ほど前に、 Facebook 友達と遊びという意味での 暗号 の話になったりもして、遊んでいたことを思い出しましたが、その国の も入っているわけであり、昨年でありましたかに、 暗号 の話で盛り上がろうという SNS からの誘いもあり、既に別のかたが同名で行なっていた。という面白い経緯があります。 次ですも、もうそろろろ、 ジョジョの奇妙な冒険 という 漫画 との、ほんの少しの有り難い 関連 が出てくるとした次第ですも、元々僅かでありましたの当時の関連から何十年(20年以上ですが、あることからは20年ほどです)かと経ち、とても有り難くの面白い 関連 になりましたし、幾つかは気が付いていましたが、ブログに記していく傍らで更に気が付くことができましたし、 漫画 は 漫画 ですが、ブログとの親和性から、お互いの説明をしやすいということがあり、同 漫画 の大枠には、 人間賛歌 というものがあるそうであり、それは頷くことができ、それとは別にですも、同 漫画 の題材と致しましてですが、