スキップしてメイン コンテンツに移動

【錯誤について】

【錯誤について】

この投稿は、日本時間の2018年の10月の36日と、それ以前に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。

さて、ある程度ですも当ブログに投稿をしている小説である、が長くなってきましたので、ここで、自分が書く文章に、まだ何も封じ込めていなかった時分からあったもののひとつについて、少し触れておきますや、それは《錯誤》というもので、広義には、《勘違い》という意味があり、日本の民法では、《Aの意思とAの真意が同じではなく、Aにしてはそれが分かっていない》という意味があります。

潜在意識下のことを言い、これには当然にして、無意識が入るわけですが、《抑圧をされた無意識》というものが、かかわるわけで、20年ほど前に、日本で起こっていた、凶悪犯罪というもののかなりのものに、《抑圧をされた無意識》というものの存在が、見え隠れをしていたわけです。

例えば、宗教的なことなどで、聞者とのやりとりをした後の話者に、すっとした。などと大泣きをされているかたもいますが、全部が全部を神様とのことだ。などとは思いませんし、《潜在意識下にある抑圧を引っ張り出してのこと》があるのも事実ですが、それはそれです。

また、《抑圧をされた潜在意識の顕在化をして治療をする》といったようなことは、精神分析の領分でもあり、例えば、あなたさえ知らない…実は潜在意識下では知っているはずが、意識できていない…潜在意識が目の前に出されるわけですから、そこに爪をたてたりする行為があったり、何かを吹き込まれたりとすると、人はいとも容易くと崩れるわけです。

これは洗脳というものとも相通じる部分があります。
*もう少しすれば、幾つかの方法が出せますね。

ここからくるひとつに、連想というものがありますが、この連想にしてもそうで、連想には、《自由連想》と《選択的連想》というものがあり、日本テレビに出られているあるかたは、このうちの、《選択的連想》を、選択をするかたに分からないように、そうとさせているわけです。

選んだものを当てているようにみえて、その実、そうではないと思います。

先日に、盲目のマジシャンであるかたが日本テレビに出られていましたが、マジシャンにも、この技能の高いかたがいますが、イカサマのほうのことではなく、要するに、心理学者が持っているところの、詐欺師的な素養の部分です。

さて、マジシャンの話は置いて、錯誤に戻りますと、例えば、トランプのカードを選ぶようなことの場合には、 《何故、自分が選んでいるものが分かるのか?》となるわけで、それ以外のことに対しても、当然、当たるわけですが、当てているのではなくて、その行為を選ばせているわけです。この為に、あらゆることに対して、どうするかが分かっている。となるわけです。

そのもの自体は悪いことではないんです。単に、この方法で悪いことをするのが、悪いわけです。
*嫌な人間だとは思いますけどね。

自身でも、こういった手法を使っていた時分があるので、まぁ、ブログに書いていること以外でも、何となく、そのかたの手法について、分かるわけです。

このかたは簡単にやっているようにみえるんですが、とんでもない技術です。

勿論、そのかたご自身がタネを明らかにするかどうかは別として、他のかたができないような、何らかの技法なりの駆使をされているとは思いますし、そうではなくても、この基本的なことのレベルが、とんでもなく高い。ということがありますね。

この《錯誤》が出たのは、下のような意味です。

コメディアン有吉さんも、
こいつを早く倒さなければ、他が出られない
とは、冗談からの言及がありましたし、丁度、この後から、北野 武さんだけが稼げている。若手のコメディアンは、そうではない。などと、ある番組でありましたが、芸人事務所の吉本のかたもそうでした。

良い意味や楽しい意味で、関連をさせて頂けたことがあるのであれば、違うことになれど、実は違えど、有り難いことで、TBSあさちゃん!や、他の局でも、卵の話があって、勿論、偶然だと思いますが、こちらも近づくことができるわけです。それで、弁護士さんは、色んな番組に出られています。
関連も沢山あるわけで、この読み物を読むと、それは当然で、お互いに知らないうちから、若しくは、専門家さんという故から、あることに対して、これや小説などは、《錯誤》のことだと、どこかで分かってか、そういった関連も、最初からあったようです。

例えば、どこかの局で、コメディアンブラックマヨネーズさんと、関ジャニ∞村上さんが、西遊記のことで、キャスティングまでの冗談を言っていたんですが、TBSのことでも、あるかたにフリップを渡した男性のアナウンサーさんが、その後に国分さんの番組でもある、NEWSにも出ておられ、弄られてもいたようですが、ロシアW杯の時分に、現地でマトリョーシカを持って、カパッと開けても中からマトリョーシカ、また開けてもマトリョーシカ…と、あるかたの名前の連呼をしていたわけですも、手ぐらい振ってあげれば良いのに。可哀想ね。くらいには思っていたわけで、堺 正章さんが出演をされておられた西遊記のことを思い出したわけです。

それで、男性のアナウンサーさんが、番組内でフリップを渡したわけですが、そのかたは、当然、
《何ですか?このフリップは》
となるわけです。

日本では、西遊記は、お坊さん河童が、天竺というところに、お経を頂く旅をしているお話となっていますね。

ですので、そのフリップは、お経ではないですか。と書いたわけですが

それで何日か前ですが、このかたが笑みをなくしてそちらにカツカツと歩いて行き、
あなた、入社は何年目?色んな番組に出て云々
と、女の情念…嘘です…のようなものが見え隠れ…

そのNEWSアナウンサーであるカトパンのことを扱っていた時にも、
《ふん!何さ!》
のように、NEWSで使うボードをすぐに閉じたり…
一緒にいた同性のアナウンサーさんも、笑っていましたが、このかたも、CMに出られているんです。

欲張りさんのようです。

まだ記せてはいませんし、分からないかもしれませんが、のことは、有り難う御座いました。

アイドルと言われる色んなかたとの関連もあったり…
NEWS新聞雑誌色んな国の偉いかた政治家さん…他、やっていることを考えると、当然と言えば当然なんです。

私との関連というよりも、地方のことであったり、他の様々なことであったりと、色んなことの関連とするほうが、正解です。

なので、自分が、これでお金を頂くことはできない。としているわけです。
これも当然で、知名度が上がろうと、それは様々なかたの名前だからです。
勿論、こういった方法そのもののことや、書いたものでお金を頂くことは、できるのであれば、何ら悪いことではないですけどね。

不思議なことは不思議なことで、この1年で、google検索エンジンがやるようになったことも、幾つかがあります。

例えば、はずきルーペの新しいCMには、舘 ひろしさんが出ておられますし、役者である小泉さんが、渡辺 謙さんのことを言っているわけです。何かの色のようだ。ともあるわけです。
こういった有り難いことを連れて来たのは、google検索エンジンです。
自分がやっていたことを、落とし込む。という件です。
これも今、ブログ用に纏めていて、少しずつですが、googleの検索エンジンは、そういったことをし始めています。
このことで、googleのことを扱っているかたが、連想についてのことで、googleが言っている。などと、間違いではないですも、さらっとしたことを書いているのは、そのかたが、googleがそのことをどうやってやっているのかを、詳細には知らないからです。
google自体は分かっていても、そのかたや他も分かっていても、発表ということから、まだ記せないこともあるはずです。
実際のところは、キーワードがあるほうが良いことは、当然です。
理由は、音声でろうと文字であろうと、キーワードが重要ですし、画像にしても、検索では、その中の数値を観ているから。といったようなことがあるからです。
どうやっているか。などは、あまり必要はないと思いますし、自分が推しているかた以外がそうであってはいけない。という、日本人気質もあるわけです。
連想のことは合っていますが、他のことに対することにも、多くのかたの誤解があり、これはプログラミング言語のことだとなりましたが、書いたようなことは、緩い結び付きではありますも、少しずつでもやれれば良いかな。と思うくらいです。

気象のことに限ったことではないですが、色んなテストをしつつのことが、できてきてもいて、気象の予測については、おそらくは別になるかもしれませんが、単なるバージョン違いというほどの違いかもしれませんし、完全に違うかもしれません。ただ、それはそれで、良い気もしています。どのみち、google検索エンジンをそのように仕上げてもいるわけですから。
それから、例えば気象予報士さんもいて、様々なデータからの予測をされているわけで、色んな国の、コンピューターによるところもありますし、google検索エンジンにも、それは乗っているわけです。
まぁ、自分だけではなくて、やりたいかたができればいいかな。というより、google検索エンジンがするようになれば、その時間は他に回せることができますし、自分もやればいいわけです。

そのうちのひとつは、別記しますも、googleが気象のことで、AIでの洪水の予測をするようになった。というものともそうですね。
自分としては、そのことズバリをやっているわけではなくて、例えば、ある番組の放送をするには、タレントさんやコメンテーターさんだけではなくて、裏方さんやスポンサーさんもいたりするわけです。

今は、遺伝子的なことや、大学関連のことや、広告、他、そういったことでも応援をして頂けているようですので、有り難いかぎりです。

ともかく、色んなことが、こんな、様々なとんでもない話になるなんて、誰にしても、夢にも思いません。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

/*-----

【2018/10/30 追記】

いつだったか、件の頃に、NEWS番組ビビットで、西遊記夏目さんのことが放送をされていました。

最近は、コメディアンであるさんまさんの番組や、上沼 えみこさんの番組に、瀬戸内 寂聴さんという、本物のお坊さんがでていました。

-----*/

コメント

このブログの人気の投稿

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 この投稿は、2021年は1月の2日と、これな日より何年も前からメッセンジャー他にに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 まずですも、ブログや他でありますの多くの話ですが、例え何万文字であろうと、どれだけ多くの文字数であろうと、全く別の話にもできることが得意なことのひとつ。などと記していましたのことにつきましてですも、最近の投稿ですと、 【桃太郎のお話Ⅱ】 やらそれな周りの投稿があります。 * 【桃太郎のお話Ⅱ】 のうちの幾つかは、作った話ではなしに、実社会でそのようになっているということです。 これも、ある話題について、一般の言ではなしに、 テレビ業界 の用語で言い換える。ということが、 タレント である マツコ・デラックス さんの番組であり、これが本来の 換喩法 ですね。 話は変わらずに、その中の一部若しくは全てを別の言葉で置き換える。というものです。 私のものは本来の 換喩法 とは違うようであり、記すなれば 外法 です。と致しましたは、他国の 言語構造 やら記しているようなことからです。 *本来のこともできなくはないでしょうけれど、この為に、5年ほど前に、 Facebook 友達と遊びという意味での 暗号 の話になったりもして、遊んでいたことを思い出しましたが、その国の も入っているわけであり、昨年でありましたかに、 暗号 の話で盛り上がろうという SNS からの誘いもあり、既に別のかたが同名で行なっていた。という面白い経緯があります。 次ですも、もうそろろろ、 ジョジョの奇妙な冒険 という 漫画 との、ほんの少しの有り難い 関連 が出てくるとした次第ですも、元々僅かでありましたの当時の関連から何十年(20年以上ですが、あることからは20年ほどです)かと経ち、とても有り難くの面白い 関連 になりましたし、幾つかは気が付いていましたが、ブログに記していく傍らで更に気が付くことができましたし、 漫画 は 漫画 ですが、ブログとの親和性から、お互いの説明をしやすいということがあり、同 漫画 の大枠には、 人間賛歌 というものがあるそうであり、それは頷くことができ、それとは別にですも、同 漫画 の題材と致しましてですが、

【廻 外側をまわること。回転ということ】

【廻 外側をまわること。回転ということ】 この投稿は、2021年は5月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 投稿のタイトルをこのように致しましたは、 銀河 の外側と言いますかの星は逆に周っているそうであり、 組成 やらも違うそうでありますのことからにです。 小泉 進次郎 さんの数字は、 税関 のところのことではなしに、別の、 製作所 のものの年齢といいますかでありませば、そうであるのかもしれません。 他のかたの、11という数字も、 サッカー のことではなしに、 製作所 という意味でありませば、そうですね。 そのまま色んな数値。不思議なことに、と言っても 論理学 と言いますか、 数学 ですね。があるわけですが、どちらにしろ同じ解になるんです。 上と話は変わりますが、うちの者が一緒にいたかたですが、それまでは違ったそうですが、 電気技師 さんかな? タクシーの運転手 やらもしていて、聞いた話と致しましては、昔のお店の頃に、外で倒れそうとか、大変になっていたとのことであり、そのかたの妹さんもいっときお店を手伝いにこられていたりですし、 めざましテレビ にも 天気 を読むかたがいますけれど、それも別に手伝いに来ていたかたの名前と同じであるわけです。 燃えた話やらの... 何の話でありますのかと記しますと、 税関 のところの元にも、亡くなったそうですが、 タクシーの運転手 がいまして、 日本 に来ていたかたが出てきていましたのところ、 ひろしま満点ママ!! のかたが会話をされていましたの 桟橋 、私が小さな頃に海に落ちて流されて、死ぬかなと思っていたところを助けて頂いたのも、違うかたですも タクシーの運転手 と丁度返ってきた 漁船 なんです。 他国のかたとの話で、昔さわか池に落ちたということは、話を合わせて頂いたのかも。というものです。 冗談ですが、同国のかた同士、何年間か一緒にいなければどうとかという Facebook の投稿もありましたしね。 知ってのことでありましょうか知らずのことでありましょうか、偶然か必然か、上は助けて頂いたところを助け、ではないですが、 回転 です。 なるほど。若い頃はみえているようで、その実何もみえていないこともあるんですね。 この

【桃太郎のお話Ⅱ】

【桃太郎のお話Ⅱ】 この投稿は、記している日付けよりしばらくと前と、2020年は12月の5日と同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 自身のミスからドメインの更新を忘れていた為に、アクセスは散々になりましたが、RSSフィードのほうが少し増えました...ニュースリーダーの中にはgoogleアナリティクスにアクセスの表示がされないものがありますは良いとして、問題は検索結果であり、多くがなくなり、nguyenkieuanhとynimk両タイトル他での検索にしろ、結果の下に6つほど付いていたスニペットもなくなりました。 また少しずつでもブログを強くしていくしかないですね。 ご迷惑をお掛け致しましたが、少しずつですも再開です。 まずは12月の7日に メッセンジャー に記したことですが、やはりこれな投稿の雑記と言いますか、ブログに投稿をする為に纏めたものを メッセンジャー に書き込んだ時期と丁度のこと、6日でしたかに、 広島県 は 三原市 で 鳥インフルエンザ の発生があり、それなことからに大量に殺処分とのことであり、時期などを調べると、ひょっとすると 渡り鳥 経由の可能性が考えられうる。とのことでした。 鳥 の話ですね。 広島 は全国でも高い 鶏卵 の地です。 以前に 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング の、 卵の食べ比べのコーナー の時分の、 卵かけご飯 の時期に、 香川県 であるかでの 鳥インフルエンザ がどんぴしゃりで、 Twitter などを観ますと、きちんと対応がされていることが分かりましたが、今回の 広島県 は 三原市 でのものにしろ、嬉しいことではないですけれど、早めに分かって良かったと思いますし、 広島 は、他地域での 豚コレラ が出た時分にも、 対策会議 を速やかに開いたりと、対応が速かったですね。 これは冗談ですが、 広島 は住んでみたい地方の二位ですし、この投稿のかたにもというだけではないですが、 広島 の 卵 での 卵かけご飯 を食べて頂きたいですし、また良くなれば良いかなと思います。 上は地元局である 5up! という ニュース番組 を観てのことですが、最近は同 ニュース番組 も、注意喚起のことも増えていますし、そ