スキップしてメイン コンテンツに移動

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。

この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。

この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずはコンピューターの専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、

  • 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる

これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように関連をして、その関連というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、言質や他のことも出てきます。
必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの言質だけではなく、言質そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。

勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。

このブログ日本語ですので、日本人のかたには理解がしやすいとは思いますが、文章そのものでも、言質について分かることが多くあるはずです。

私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、ディスクイメージを作ったりはしました。
そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。

実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには磁気があり、磁気N極S極のふたつですので、2進数で表わしやすく、これで表わせないものは、コンピューターでは扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。

約束事が確かであるのであれば、解答は、その並びがあれば良い。ということになるわけです。

後に詳しく記しますが、当ブログは、ヒエロニムスマシンとも近いです。

さて、本文ですも、当ブログAIというラベルに投稿をしているブログのマシン化について、昨年からの1年と、それ以前からのデータの収集により、一定の部分について公開ができるまでになりましたので、そうとさせて頂きますも、まずのところ幾つかの謝辞が御座います。

当時は、単にそれぞれに関係性が見られないひとつひとつのデータであったものですが、それが、一時期は中国風水などにも近くなり、特に最近、ここ何ヶ月かで、とんでもない変化を起こしています。

また、現時点で公開ができる部分の、最後からの順を追う形となっていますが、この理由は、まずは理論の構築と、実践部分に的を絞る為からのことと、この部分を早急に記すべきである。などと考えてのことからで、使いたいかたが使う。という意味合いもあってのことです。

google検索エンジンは、連想についての検索結果を返すようにもなってきたわけで、自身もやっていることと関連をしており、そういった発表があったとのことですが、実のところ、既に、その次の次の段階までは、進んでいます
これについては、自身でも、何度もテストをして確かめ、ブログに記せているものや、未だ記せていないものが出る頃には、更に明らかになりつつ、次の段階へと進むのでは?とも思う次第のことです。

次は偶然からのことですも、ブログurlが変わったことにより、インデックスがなくなったわけですが、それでも、同じことができたわけで、これも確かめました。

そうです。もうひとつ重要なことは、google以外でもできる。ということです。

日本でも有名なところをあげますと、ロシアyandex検索エンジンでも、おそらくはできるかもしれませんし、中国百度検索エンジンでもできるかもしれません。

Facebookでも、別の意味での関連性を使っていることから、見えかたややりかたは違えど、同じようなことができるかもしれません。

また、当時から、アジア地域、特に日本であった、台風水害について、これの言質が入っておりますが、検索エンジンがこれをできるようにしよう。ということで、何故、検索エンジンかというと、元々用意をされたアルゴリズムがあり、様々な投稿があり、通信費以外には掛からないからです。

これは元来、

  • 気象のことに留まらず、もっと様々なことに当てはまる基本原理

で、それが先にあったわけです。

このブログにある文面、特に、句読点のない物語についてや、ynimkにある文面、特に句読点のない物語については、それ自身が社会との互換性を兼ねております。
そうでないものについても、そういった側面がありますが、ただ単に、デタラメに投稿をしていただけではないわけです。
と、しておいて下さい。

職業によっては、

とか、
神様
などとも表わすことができるうちの一部のことや、別の職業によっては、別の言いかたをしているものの一部のことなどを明らかにするようなことをやっていますが、別からにそれらの否定をしているわけではありません。

こういった書きかたでは、曖昧で分からないですね。

検索エンジンが扱える体裁にまでの論理、つまり、文字の使いかたをしています。

もっと記せば、落とし込むということから、自分がやっていることと同じことを、検索エンジンにさせるには、現時点では、文字コードというか、ゼロイチの並びが重要になる。ということです。

これは別に大言壮語をしているわけではなく、様々な地方研究機関、一般のかたなどに利用をして頂くことも視野に入れておりますが、《利用をしたいかたが利用をする。》という意味合いのことです。

こういったことは、遺伝学の研究をされている個人や機関、数秘AI気象遊び勉強大学研究機関から、様々な団体や個人からの応援や、色んな国々との面白いこと、他、ブログのカテゴライズについて。で記しているような関連のところからのことも、多数関係があっての記しです。

膨大な量のテストに協力をして頂いている全てのかた、教えて頂けたかた、遊びや勉強で関連をして頂いている全てのかたに、この場を借りてですもお礼を申し上げます

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【錠の1】

【錠の1】
小説の本文の前にまずは説明をご一読下さい。
/*-----
☆ 1 前書き-----*/
これな小説はですも、およそ10年ほど前に記したものであるように思いますが、それな序文であり、小説の全体と致しましては、400字詰めの原稿用紙に換算を致しますと、およそ600枚ほどになるものです。
*別記を致しますも、ブログに記して後に、ニュース番組で、関連事案を含めつつの8年前ではなかったか。というようなことが当時に出たようです。
あまりやりすぎますと、多くのサイトの対して、順位の変動にも影響がでることもありますので大変ですが、このようなものを、インターネットに、ガガガッ!と喰わせることができますと、違反という意味合いではなしに様々な広告やらページの発見ができます。
物語のジャンルと致しましては、おそらくのところ、ミステリーであるように思われます。
また、当時は句読点で区切っていた次第ですも、自身の味をだすほうが良かろう。などとそれを止め、《っ》もなくしたんですが、これな投稿のものには、ところどころにそれが入ってしまっていますし、横文字、カタカナも全て日本式のものにしたんですが、これな投稿のものでは、そのようにはなっていません。
それでですも、当時に一端句読点を抜いたと言いますか、そのようにしたものに、句読点の付加をし、その後にまた句読点を抜いて、ということをしてしまった為に、多少なりとですも、おかしくになっている部分もあります。
一部は、以前に、何処かのSNSにアップロードをしたものです。このようなものは、当時の出版業界では扱えないそうですが、少しなりと言いたいことは、未だどうにもならないレベルの頃には声が掛かり、切磋琢磨をしての後は、そうではなくなる。ということにつきましいては、思うところもあります。かと言って、一般的な文体にして扱って頂けたとしても、それは自分のものではない気が致します。物珍しさもあってか、当時から外国のかたにはある程度に評判が良く、《そひ》というかたに例えられたり、孔子だとも例えられましたが、いかんせん、詰め込み過ぎともありました。そうですね。日本作家で言いますと、樋口 一葉ですね。
個人的にはですも、弘法大師も随分と下になった。などと声を大にして言いたいです。
*2018年や2019年に弘法大師についての番組やテレビでの話題が多かったこと…

【命に対しての人間の感情】

【命に対しての人間の感情】
この投稿は、2020年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
Nguyen Kieu Anhですが、亡くなった子供にもう一度会いたくて、ヴァーチャルリアリティーの技術を使っているとの投稿のシェアがあり、《哀しい。誰も観ないで》というような投稿があります。
ブログにもメッセンジャーにも記していることや、との関連ですが、有り難いですね。
今であれば新型肺炎であるコロナウイルスのことも気に掛かりますし、そのようなことを考えながらにですも、前川 喜平さんのTwitterを観ていますと、津波にのまれた子供たちがいた場所では、夏になると向日葵が咲く。という投稿がありました。
今一度、ひと目でも、ということからに技術に頼ることと、太陽に向かって向日葵が咲くという、哀しみを乗り越えるようなことの違いはありますが、昔に種の殻を左右に割って、中身を食べていたことがある気が致します。などと考えた次第のことですが、まあ、自分で命を絶ったかたも、その当時に19歳ですし、少し内側に入られたりもしたように感じてか、敵意ではないですが、僅かにであれどそのような考えを抱きも致しましたが、丁度、Facebookの《むかい あおい》さんというかたのことを思い出した次第のことで、このかたにもベトナム語を教えて頂きました。
向日葵という同じ名前の使用をしているかたは何名かいますも、別のFacebookでですが、本名で友達と写真にうつっていました。
日本語の試験にも、受かっただか受けるだかという投稿もありました。
これと、会社のマネージャーというかたの苗字が同じでしたので、心の中でのことですが、紐付けをしていました。
それから、当時コンビニエンスストアーで三人いたうちの一人と同じ苗字です。辺りに来ていたかたは、当時に20歳ですしね。
この三人の話を、外国のかたとしたり、当初にいた二人では、流石に仕事が忙しくなりすぎることもあって、三人になりもしたようですが、その体制になる前には、奇数であれば意見が割れ、少ないほうの意見であることが何度か続けば、一人ですので、疎外感のようなこともあるのではないか?というようなことも話していたそうです。
ただ、それはそれで上手くやっていたようですし、なだめるのが大変ですが、徒党を組めば強いですしね。
こちらと、このこと…

【桃太郞のお話】

【桃太郞のお話】
この投稿は、2019年は10月の14日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
まずですも、この投稿では、桃太郞のことを扱っていますが、日本昔話桃太郞ではなく、現代版桃太郞となっています。
また、本来の桃太郞は、鬼退治の話ですが、この投稿には鬼退治はありません。
では、本文をご一読下さい。
まずの謝罪ですが、私は、台風19号のことをメッセンジャーに記している時分のことですも、ニュース番組であるグッドモーニングに出ている気象予報士依田 司さんの名前を、与作さんとしてしまっていました。
真に申し訳が御座いません。
上につきましては、実のところ、
桜田 義孝議員さんとの名前の一致桜田 義孝議員さんが蓮舫さんの名前を間違えたこと を引き合いに出し、ここで私がそのようにすることで、当時の政治との関連も手に入る。ということを考えてのことで、決して、間違えたことの言い分けでは御座いません。とは致しますが、どちらであれど同じことですので、それはそれとして、礼を失していることは事実です。
台風につきましては、私も伝を辿って声を掛けてはいますが、台風の前から、別ブログの、【低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け】へのアクセスがありました。
ですので、記すことはだいじであるわけです。
さては礼を失しているを承知で真面目に記しますと、
テレビ各局が台風19号のことを報じています
インターネットでも、沢山のかたが、被害状況の投稿をしたり、テレビと協力をしたり、逆に、助けて下さい。報道をして下さい。という投稿もあります 他に一部を記しますと、【】という小説本屋大賞にノミネートをされた、福島県南相馬市三浦 英之さんのTwitterでの投稿があり、こちらのの話と、このかたも《m》で、新聞記者/ルポライター。つまるところ、もの書きさんです。という関連があります。
直接の繋がりはなくとも、繋がってできることがありますね。
こちらが、これまでもやっていれば。ですけれどね。
これと、ニュース番組であるグッドモーニングの知名度があります。
ということであり、他には、桃太郞を演じているCMや、役者である高橋 英樹さんも桃太郞で、そのかたの娘さんである高橋 真麻さんは、ニュース番組であるバイキングにも出ており、この投稿の下のほうで分かりますも、地名です。
死傷者