スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

【こういうことを奇跡というんでしょう】

【こういうことを奇跡というんでしょう】
この投稿は、日本時間の2018年の11月の25日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
ミラクルという意味ではなくて、表わす言葉が分かりませんので、サクラメントと記しておきます。
*私自身はその宗教の人間ではありませんし、これは勧誘などではありません。
さては室井 佑月さんのおかげで、24日は、15時過ぎまで、ぽかぽかとした良い陽気でした。
の側は、が冷たいことや、周囲の温度もあり、冷えてもいましたが…
ひとつない、澄み渡った青空でした。》
道はできますね。
道はできました。
何年か前にも、こういった、モーセのような感じのことが、何ヶ月間かに渡ってあったんです。
昔からそういうことがあったんです。
その会社やその会社がかかわることと、それが出ないようにズラしたりしていた今までの問題が嘘のようです。
これは少し休みを頂いたと思って、また、やらなければいけませんが。
帰りのの中では、丁度、フジテレビ音楽番組をやっており、曲は、アメージングストーリーやそれに類するものでした。
*Facebookにもあるのかもしれませんが、実際のところ、話をしていた部分は、そのように絵になるものではありませんし、その曲の好き嫌いは別として、そのような作られた?ことに陶酔をすることは、ないかもしれません。当たり前です。
加藤 綾子さんが着ていた服の色
このかたは、フリーのアナウンサーさんですから、意味を知らずと服まで局が用意をしたものであるのかは分かりません。
*今までのことから、ある程度のことは知っているとは思いますけどね。
確かめたいことがありましたので、私はスマホを持って行かずに、別のものを持って行きました。
*ハッキング云々ではなくて、自然や関連というものに意思があるとすれば、どこまで分かるのか?ということを確かめたかったわけですが、観たかたがズラすなら、そこを、観られることが分かって面白くすれば良いことも考えてもいたことと、今回のそれは言い訳です。
時間がありませんでしたので、一人には会えませんでした。一人とは、話をして、はい。一人とは、話をして、ついて来ようとしていたことから、もう少し、仕事の時間ですね。などと、やりとりをしました。軽部 真一さんも出ておられるその音楽番組は、生放送かと思いますが、その日のほぼ同時…

【錠を表わしてもいる投稿に出会いました】

【錠を表わしてもいる投稿に出会いました】
この投稿は、日本時間の2018年の11月の21日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
あるかたのFacebookに、ある投稿のシェアがあったんですが、その投稿の中の一字…厳密には二字です…が表わしているものが、錠のはじめから幾つかそのものなんです。
ベトナム語もかなり読めるようになってもきました。
スペインポルトガルイタリア南米など、そういった語圏は、構造は違えど、近いですし、その反転文字と言われることもある語圏も、沢山あり、それ以外もあります。ローマ字はローマ字です。
だいたい、三つほどに分けて、他を考えれば良いかな?とは思います。
勿論、日本語でもそうですが、投稿には、普通に読んでも意味のあることを記しており、投稿内容は記せませんが、その字の中には、
コート宮廷裁判裁判所恋文 を表わしているわけで、
自転車 もあり、他には、
長い恋文 当人さんがそこまで分かってのことかどうかは分かりませんが、これは凄いことで、何年か前に、この方法をの中に落とし込む。ということをやっていたことを思い出しました。
当時は、自分の書くものに限界を感じており、この辺りが着地点かな?などと思っていたわけで、それを日本語の構造の所以と、日本語の責任にしていたんです。
ただ、これを知ると、そうではなくなったんです。
今でさえ、まだまだの文章を書いているんですけどね。
やはり、出会いとか、そういうものは、縁ですね。
さては言語構造というものは、色んな側面があり、国の成り立ちにもかかわり、そこで起こったことさえ内包をする場合があるわけです。
本当に、とても大切なものを頂いたこと、未だに頂き続けていることを、思い出しました。
それで、メッセンジャーにはもっとあるとは思いますが、その前からですね。蓋が開いた状態と記していることについてですが、それまではどうしてもできないことが、ある日ふとできるようなかたがいるわけです。
そうすると、そこを超えたかどうかは分かりませんが、普段の、と記せばおかしいですが、常なるそのかたでもできるようになるわけです。
なので、そのかたは、できる自分を、できない自分が追うようになっていることに、昔に気が付いたそうです。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【北方領土2島の返還について】

【北方領土の2島の返還について】
この投稿は、日本時間の2018年は11月の16日と、同年はそれ以前に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
まずのところ、注意ですが、ここで記していることは、ひとつのことの別の側面です。
北方領土の取り敢えずの2島の件は、返還は決まったが、その後のことはまだ何も決まっていない。とのことですが、ロシアプーチン大統領には、有り難う御座います。ですね。
以前に、メッセンジャーでも、日本のおかしなところを、色々な国から、戦争ではなくて、言ってみれば、ともしていた流れの時分のことですも、丁度、安部首相プーチン大統領の会談があり、無条件での平和条約にかんして、触れておられたわけですが、日本側も、まずは北方領土のことからだとしてのことでした。ロシア新聞だかも、洒落として、《こいつは無敵だ。》などとあったわけです。
その後の文字にではなくて、この文字に比重があるわけで、そうと記してくれてもいたわけです。
そういったことの詳しい流れは、面白いこととして、後に記しておこうとは思います。
その流れも鑑みてのこと、ではないのかもしれませんが、プーチン大統領の今回の言として、
引き分け
と、日本語で言って頂けたこともあり、本当は、日本はそれほどには強くはないんですが、強いほうからそう言ってくれるということで、日本武道などでも、そういった精神のようなものがあるんです。
勿論にして、かなりの日本人の識者と言われるかたが安部外交というものに言ってもいるように、そんなことでは世界の流れは変わらず、駆け引きや強気だのことからで、外交として、そうでなければいけない。という意見も多くにあることは分かります。
ですので、その会談の時分のプーチン大統領の言に、真を置けなかった日本人なども、大勢といたんです。
同じ自民党のかたの中にも、《あのロシアのことだから、何か裏がある。》
とか、
平和条約には従わずに強気で行け
とか、
強気で行ない、返還を求めることは良いが、それ以前の様々なことと比較をしての安部首相の失敗!これで北方領土は、日本にはもう帰って来ない。
などというかたも多くにいたわけです。
返還を求めるかたではなくて、何とも思っていないかたの、こういった言が多かったんです。
かくいうところの私も、そこまで思っていたわけではありません。

【外国からの就労や学業のことについて】

【外国からの就労や学業のこと】
この投稿は、ここ何年かで行なっていたことと、日本時間の2018年は11月の06日と同年は同月の08日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。
この投稿は、あることに対するひとつの解に関係をしたことです。
まずは、外国からの就労などで、2018年に入ってからの上半期の失踪者の数について、立憲民主党長妻 昭さんによる、国会での質問がでていましたが、その全てが、外国から来ているかたの仕業ではなく、会社側のことがあるのではないか。とのことでした。
これまでのことについても、そもそも、受け入れ体制が整っていないところが多いのではないか、これからのことは、移民政策となるのではないか。などと、色んなことを言われていましたが、そういった問題も国会で話し合うという、この辺りは少し有り難かったですね。
自分としても、この件とも関連をして、色んなことをやっていた甲斐がありましたし、宛てた甲斐がありました。
そもそも、人数の話は、自民党がぶち上げて、まずの4万人だ、1.800万人だ。などとありましたが、法務大臣である山下 貴司さんが、長妻 昭さんの質問に対して反論をできなかったのは、自民党総裁選の時分に、石破さんもぶち上げたひとりであったからかもしれません。とは思います。
やはり、ではないですが、他のかたと同じように、答えている時分の法務大臣も、あまりきちんと答えられてはいませんでした。
さては、ブログを読まれるかたは、下を読まれると、もう少しよく分かると思います。
NEWS23より。
外国から日本へ仕事で来ているかたについて、福島除染作業をさせていたことが問題として放送をされていました。
こういったことは、日本側にしても、当初から、問題はない。としていたんですが、地元のかたが風評被害を気にして、広まると困ることとは、また別で、日本政府や企業が言っている面に対して、国連から言われてる。とされることは何なのか?と思うこともあります。
本当に国連側から言われているのであれば、という意味で、そうではなくても、問題です。
知っているかたにも、日本にいた頃のことで、福島の海が綺麗だとのことをやっていましたが、そのかたや、そのかたの知り合いは、福島にはいません。
NEWS23でも触れられていましたが、そもそも、ベトナムには、あることから原発という概…