スキップしてメイン コンテンツに移動

【北方領土2島の返還について】

【北方領土の2島の返還について】

この投稿は、日本時間の2018年は11月の16日と、同年はそれ以前に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。

まずのところ、注意ですが、ここで記していることは、ひとつのことの別の側面です。

北方領土の取り敢えずの2島の件は、返還は決まったが、その後のことはまだ何も決まっていない。とのことですが、ロシアプーチン大統領には、有り難う御座います。ですね。

以前に、メッセンジャーでも、日本のおかしなところを、色々な国から、戦争ではなくて、言ってみれば、ともしていた流れの時分のことですも、丁度、安部首相プーチン大統領の会談があり、無条件での平和条約にかんして、触れておられたわけですが、日本側も、まずは北方領土のことからだとしてのことでした。ロシア新聞だかも、洒落として、《こいつは無敵だ。》などとあったわけです。
その後の文字にではなくて、この文字に比重があるわけで、そうと記してくれてもいたわけです。

そういったことの詳しい流れは、面白いこととして、後に記しておこうとは思います。

その流れも鑑みてのこと、ではないのかもしれませんが、プーチン大統領の今回の言として、

引き分け

と、日本語で言って頂けたこともあり、本当は、日本はそれほどには強くはないんですが、強いほうからそう言ってくれるということで、日本武道などでも、そういった精神のようなものがあるんです。

勿論にして、かなりの日本人の識者と言われるかたが安部外交というものに言ってもいるように、そんなことでは世界の流れは変わらず、駆け引きや強気だのことからで、外交として、そうでなければいけない。という意見も多くにあることは分かります。

ですので、その会談の時分のプーチン大統領の言に、真を置けなかった日本人なども、大勢といたんです。
同じ自民党のかたの中にも、《あのロシアのことだから、何か裏がある。》
とか、
平和条約には従わずに強気で行け
とか、
強気で行ない、返還を求めることは良いが、それ以前の様々なことと比較をしての安部首相の失敗!これで北方領土は、日本にはもう帰って来ない。
などというかたも多くにいたわけです。

返還を求めるかたではなくて、何とも思っていないかたの、こういった言が多かったんです。
かくいうところの私も、そこまで思っていたわけではありません。

本来のところ、返還は決まっての後のことは、これからで、まだ何も決まっていない。というだけだと思います。
裏がどうこうではなくてね。

加えて、日本では、自民党のかたの言としては、まずは北方領土のことを扱ってからだと言っておられましたし、そもそも、現在のところ、北方4島には日本人は住んではいないので、とも言われていました。

様々な意見があるんです。

さては側面にある流れを下に記します。

  • 日本テレビロシアザギトワ選手が出演をされておられました。
  • ⚫︎化粧品だかのことから、来日をされておられたようで、浴衣を着ておられたことは、ブログとの関連でもあります。
  • プレゼントをしたマサルという名前のの偽物を、冗談のことから、あれがマサルだと思って可愛がって下さい。などと、日本テレビでもありました。
  • 本物はロシアにいるはずですから。
  • 吉本興業という芸能事務所に所属をしておられるコメディアンさんが、当時にザギトワ選手と一緒に出演をされておられました。
    この部分はこの部分で、ブログに記そうと思っていたんです。
  • メッセンジャーというか、ブログへのへの流れとしてでも、別ごとからも、テレビでも、面白おかしく放送をしての関連がありました。
  • コメディアンである濱口 マサルさんを、幾つかの番組でお見掛けをしました。
    このことも、記していたりとしましたので、なるほど。とは思いました。
  • それ以前の書かもしれませんが、日本のおかしなところを、戦争ではなくて、とのことがあります。
  • 日本に対する色んな言があり、それに対しての日本側の対応があります。
  • ロシア新聞が、洒落で記してもいました。
  • プーチン大統領の、2島とのことがあります。

この読み物の上のほうで記した流れとは違いますが、側面としてのこういった流れがある。という意味合いで、ロシアは領土のことについての決めごとをやっていたこともありますので、このことではないとしても、小さなことからの積み重ねでも、大きなことが動く力にもなるということです。

勿論、テレビ側や番組出演者さん、裏方さんなどは、そういったことからのことではないことも多いと思いますが、各テレビ局様には、こういった面では、有り難う御座います。ですね。

色々なかたに、有り難う御座います。と思います。

このことは、観光などの面からも記しており、ブログアイヌという先住民族のことに触れた時分に、丁度、菅官房長官が、観に行かれましたよね。
加えて、叩かれていることの殆どに対して、その実安部首相が関係をしていなくても、叩かれる。ということはありますけどね。

特に日本語でのことは、嬉しかったですね。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々