スキップしてメイン コンテンツに移動

【3年A組 今から皆さんは人質ですというドラマの登場人物について】

【3年A組 今から皆さんは人質ですというドラマの登場人物について】

この投稿は、2019年は1月の27日にメッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。

まずですが、この投稿にある番組は、映像ですが、読み物に対するものとしても同じです。
折角ですので、それに焦点をあててみます。

日本テレビで放送をされている、3年A組 今から皆さんは人質ですというドラマですが、27日の日曜日に、この第一部が済みました。

この時に明らかになった登場人物に、《K》というかたがいます。

有り難う御座います。

番組中で、この登場人物の名前も出たんですが、その前に、イニシャルを言っていました。

昨年や一昨年から、狙って頂いてのものや、そうではないものなど、沢山と出てきましたので、これらも少しずつですが、投稿ができれば面白いかと思います。

さてはこのドラマは、学園物というジャンルだと思いますが、一風変わっており、学校内に、クラスごと生徒人質に取った教師が、その生徒たちに難問をぶつけて、正解を答えられなければ、生徒のうちの誰かの命を奪って行く。というものです。

それには、いじめなどが原因で亡くなった生徒のことがあるという設定です。

ドラマの中で、教師は、亡くなった生徒は何故そうならなければならなかったのか?についての問題提議と、それに答えた生徒へ道を示しつつ、やはり、そへまでとは真逆ともとれるおかしな論理で生徒を殺していくわけですが、その実は、ひとりも殺していないというものです。

破天荒な設定ですが、これも故意のことであろうと思うわけです。

ドラマは、次第に謎が明らかになっていく。という、ミステリーの手法が取られており、それが、全体としては続いているわけですが、毎回、何かの謎が明らかになるわけです。

それから、もうひとつ使われている手法は、クローズアップです。

  • 問題提議
  • 道を示すこと
  • 上と真逆ととれるおかしな論理の押し付けからの殺人

この三つのことを、それぞれに独立をさせて、大袈裟にクローズアップをさせているわけで、その後にくっ付けたという感じもし、かなり以前から、エンターテイメント系の小説家さんに、このような手法を好んで使うかたもおられ、インターネット掲示板などで流行る手法でもあります。

それぞれにピックアップをしてくっ付けるので、如何に破綻なくできるか。がミソなんでしょう。
破綻があったとしても、ドラマとして楽しければ良いわけですが…

比較をするのもおこがましいのですが、《》では、中盤まではこのクローズアップは使っておらず、特に最初のほうは、主にコントラストを使っており、それです。
*別からにして、技法が先にありすぎるわけでも、技能変重主義でもありませんが、自分も、自然とそうとなるまでやってはいるようです。

Huluという番組配信サイト関連付いた別ほうの意味が分かりました。

有り難う御座います。

丁度、フジテレビで、漫才のかたが、学生時分は虐められていたという、イジメの問題についてのことがあり、ドラマとの関連で、他方の現実との関連で、その辺りのこともあっての、単なる関連以上に、このドラマとこちらの有り難い関連もありましたしね。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし

【侍女さんの2】

【侍女さんの2】 この投稿は、2021年は7月の22日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな章は 【広告収入について_2 関連付け_Facebook】 から起こしたものです。 百鬼夜行 という昔の迷信と、他国のかたやら今でいうと アイヌ のかたにしろそうであり、丁度 日本 の ニュース でもそのことの放送をされていました。 単に 差別 がどうということではなしに、住み分けやら、色々な人がいる中でのことです。 現在は他国のかたは多いですね。 陰陽師 が出てきます。何年か前からの 日本 は、罪を犯しても捕まらないとされての人たちのことや、好き放題にして他の人の人生を蹂躙するような人などのことが、 上級国民 と揶揄をされていました。 天動説 と何年か前からの、 天のほうが動いている とされるかたがたとのことがあります。 宇宙 にかんしましては、 空間 的に 地球 のようなこよはないと言いますかがほぼ確実とされてもいますし、 棒に紐を付けたボールが回っていることと、逆回転をさせるとそれが離れて行くこと と、 重力 と言いますかを振り切り、外に向かうこともそうであり、現在は収縮中である可能性も一部で言われていましたり、その収縮からエネルギーを取り出す方法があればということも言われてもいるそうです。 関連性 について 近さ、 近隣性 というものについて 基を辿ることについてのさわり 【侍女さんの2_百鬼夜行の噂と陰陽道】 時は◯がとある船なるの上で伊達 直人という人物との少しばかりの縁の一幕なるの幾許かと前のことが遠い遠い地で百鬼の夜行に悩まされたるる者々多少のことでありては何時しか知らぬる間に国の上となりしの陰と陽の理をば使うたるる上級の民にと相談をばが相次ぎては其な陰と陽の理使うる上級の民言うに鬼やら魔と言うものは昔々より今々しまで其処此処なるの影に存在をばしておるのもので光の中おる者々其を観るべきでなしとのことであるも暗うになりたるある日のこと其な陰と陽の理をば使うる上級の民の住うる処から百鬼の夜行が始まりおるを観たとする者まで出る始末なるのもので同なるのは鬼やら魔やらをば払うておるのところに出会したのであろうとして其な場は取り繕うたも帳の後ろ