スキップしてメイン コンテンツに移動

【昆布じめ】

【昆布じめ】

この投稿は、日本時間の2018年は12月の初頭か中頃と、同年は同月の20日と21日と、2019年は1月に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したもので、それに、昨年だか一昨年だかに、メッセンジャーに宛てたことを加えております。

まず記すことは、以前のブログへの投稿の、
《人間は食べなければ生きてはいけない》
は、捕鯨のことを記したわけではありません。

また、本来の昆布じめとは、山菜などを昆布で巻くことで、決して、紐で昆布を巻くことではない旨お断りをしておきます。

この投稿の中にある、猫の話は、記すことが心的にも疲れないことが良いですね。

では本文をご一読下さい。

さては正月はどうでしたか?

そういえば、昆布色の服のことで、メッセンジャーに下のようなことを記していたことを思い出しました。

TBSニュース番組であるあさちゃんの、夏目さんというかたが、昆布色の服を着ておられたんですが、その頃は、もうしばらくとすると正月であったことから、別からにしてその時分にある料理の一品と掛けてのことではないですが、

コメディアンであるさんまさんのヒモを目指す私で巻けば、昆布じめね!

と、冗談で記していたわけです。その後、13日から遡っての何日か前のことですが、TBSでの噺家さんである鶴瓶さんの番組に、コメディアンであるさんまさんが出ておられましたので、このことを思い出した次第です。

*実際のところは、ブログにこの昆布じめの話の投稿をしようと思っていたら、コメディアンであるさんまさんが、番組に出演をしておられたわけで、偶然から、こういった投稿になったわけです。

色々なかたに、相も変わらずの私で申し訳御座いません…という気持ちになりますが、それだけではなく、週間朝日ネット版に掲載をされている室井 佑月さんの読み物に、お餅の話があったんですが、人間には、《ヤキモチ》という、嫉妬心がありますね。

昔のことですも、私は、一皮剥ければ、これの塊であった時期があったような気がします。

さてはこれらは、本来であれば、別ごとであるわけですので、組み合わせてもこのような話にはならないんですが、

  • 室井 佑月さんの読み物
  • 色々なかたが、良い意味でテレビで暗に示していたこと
  • その後の、室井 佑月さんの読み物にあるのこと
  • 室井 佑月さんの読み物にあるのこと

上のリストのようなことが関連となったわけです。

先にもう少し記せば、

  • 国連が出している広告の、動物の殺処分を止めようという、飼う側の心根のことで随分とこれが減ること
  • プロ野球選手である前田 健太さんの動物愛護のこと

などと、昨年だか一昨年の途中からのことがあり、全部が繋がってもいるわけで、これはこれで記そうとは思っていたんですが、丁度良いですので、この投稿で記させて頂きます。

更に別ごとで、NEWS番組であるあさちゃんでは、インコの話があり、これは、フジテレビで放送があった番組で、国際弁護士である清原 博さんが触れていたこととも関連をしてのことがありました。
実はこれも、インコのこととその迷信と、こちらも別ごとでの関連となっているわけです。
*どちらの関連をそれぞれが出して頂けたのかは、私には分かりませんが、勿論、局を跨いでのテレビ業界のことでしょう。
まぁ、自分のほうも、それはそれで合っていますので、こうと記しても罰は当たらないでしょう。

さてはもうひとつ、室井 佑月さんは、該当をする読み物の中で比喩を使っておられ、これは、以前に日本に来ておられたかたが、日本語での遊びからも行なっていたことと同じようなことです。

ともあれ、その読み物の中でですが、同かたは、心根といった意味合いからの、その物語に出てくる何が人間を表わしているでしょうか?といった質問をしておられたわけです。
*まぁ、作家さんというこのとから、故意にそうと記しているのやもしれませんけれどね。

それで、質問の答えのヒントとして、

答えは複数です。

とありましたので、私は、多数と勘違いをしたわけではないですが、そうみせる為から、それはである。として、のことは記さずと、メッセンジャー句読点のないお話を書いたんですが、また、googleが何やらと連れて来たわけです。

今回のそれは、トルコのかたを扱ったブログですが、優しい心根からの、押し付けではない愛情を表わしたブログの投稿で、冬の寒い日に、宅の窓を開け放してそこまでの梯子を掛けて、に道を作ってあげた話です。

不思議なことは、そのお話の中にはなどはどこにも出てこず、連想もできないはずで、記しているのはのことのはずが、室井 佑月さんの読み物に対することとして、こういった優しい人もいるよ。などと言うように、トルコのかたを扱ったブログ関連付いたわけです。

さてはその話を下に示します。

/*-----

【無題】

寒さに凍えし身体に暖かなる錯覚しんしんと来るものでさては其の優しさに何時しか永遠に微睡わんことできましか?

お話の意味ですが、

《寒さに凍えた身体に、暖かいと錯覚をするような雪が降って来ます。 本当は冷たいわけですが、その綺麗さや感触の優しさに、永遠に微睡むことはできますか?》

というものです。

微睡む》の意味ですが、
少しの間、うとうととする
寝入る

ですので、
永遠に微睡む
で、そのまま死んでしまうことを表わしているわけです。

つまるところは、この暖かさの中で、苦しみから解放をされますか?ということを、言っているわけです。

*少し文字を変えたこととからと、現在ではそのブログはないのかもしれないことから、関連付かないかな?と思っていたんですが、元気な猫の画像関連付きました。

つまり、梯子の後から、時間の経過をしていることが、表わされているわけです。

-----*/

さてはこの時分にも、やはりgoogleの順位変動幅が凄く、それ以外にも、投稿をするときに関連をしてのそういったことが、とても多くとあります。
ともかく、このことは、単にそれだけではなく、丁度その時分に、様々なニュース番組で報じられていた、調査捕鯨から商業捕鯨へ切り替えるという、日本捕鯨のことがかかわってもおり、ある国のEUからのことがあり、難しい問題となってもおりますが、そのブログは、人の心根として、とても良いものです。
捕鯨にかんしては、短いですが別記をします。

さては思い出しましたことは、国連前田 健太さんの言及です。

しばらくと前に起こった芸能系…アイドルのかたへのストーキング的なことともかかわり、この投稿の内容に対しては、少し思案が必要ではなかろうか?という話題に、途中で逸れましたが、自分がやっていることがなければ、こんな話にはなりませんし、このようなことなどから、楽しいお話にもなりました。
心温まるお話にもなりました。

まるで、色々なかたに、ブログのテコ入れをして頂けているようです。

本当に有り難う御座います。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

/*-----

【2019/01/15 追記】

コメディアンである《千原ジュニアさん》が、の話をしておられました。

それで、

猫になってもえーけど、わしより飼い主を抱いたってくれ!

とのことで、面白いんですが、いつもテレビで拝見をするような千原ジュニアさんのキレのようなものが…

もしそうであるのであれば、無理に合わせて頂かなくていいです。
申し訳がないですから。

最近はまた、色々なことがありますので、こういった、アホなことが好きですね。

だって結局のところ、昆布をまくんだから、私がアナウンサーである夏目さんを、ではなくて、夏目さんがコメディアンであるさんまさんを…ということになりますし…

冗談ごとなんですが、そこに気が付かなかったんです。

-----*/

コメント

このブログの人気の投稿

【廻 外側をまわること。回転ということ】

【廻 外側をまわること。回転ということ】 この投稿は、2021年は5月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 投稿のタイトルをこのように致しましたは、 銀河 の外側と言いますかの星は逆に周っているそうであり、 組成 やらも違うそうでありますのことからにです。 小泉 進次郎 さんの数字は、 税関 のところのことではなしに、別の、 製作所 のものの年齢といいますかでありませば、そうであるのかもしれません。 他のかたの、11という数字も、 サッカー のことではなしに、 製作所 という意味でありませば、そうですね。 そのまま色んな数値。不思議なことに、と言っても 論理学 と言いますか、 数学 ですね。があるわけですが、どちらにしろ同じ解になるんです。 上と話は変わりますが、うちの者が一緒にいたかたですが、それまでは違ったそうですが、 電気技師 さんかな? タクシーの運転手 やらもしていて、聞いた話と致しましては、昔のお店の頃に、外で倒れそうとか、大変になっていたとのことであり、そのかたの妹さんもいっときお店を手伝いにこられていたりですし、 めざましテレビ にも 天気 を読むかたがいますけれど、それも別に手伝いに来ていたかたの名前と同じであるわけです。 燃えた話やらの... 何の話でありますのかと記しますと、 税関 のところの元にも、亡くなったそうですが、 タクシーの運転手 がいまして、 日本 に来ていたかたが出てきていましたのところ、 ひろしま満点ママ!! のかたが会話をされていましたの 桟橋 、私が小さな頃に海に落ちて流されて、死ぬかなと思っていたところを助けて頂いたのも、違うかたですも タクシーの運転手 と丁度返ってきた 漁船 なんです。 他国のかたとの話で、昔さわか池に落ちたということは、話を合わせて頂いたのかも。というものです。 冗談ですが、同国のかた同士、何年間か一緒にいなければどうとかという Facebook の投稿もありましたしね。 知ってのことでありましょうか知らずのことでありましょうか、偶然か必然か、上は助けて頂いたところを助け、ではないですが、 回転 です。 なるほど。若い頃はみえているようで、その実何もみえていないこともあるんですね。 この

【背丈の低い枯れ木が集めたもの】

【背丈の低い枯れ木が集めたもの】 この投稿は、2021年は2月の5日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 何処にでもあるような、当たり前の良い話です。 思い出したことですが、20年ほど前にでしたか、あなた逆からなのよ。としていたかたのことです。 自分では気が付いてはいないんですが、そのかたは気が付いていたのかもしれません。ですので、たまには歩調を合わせてみよう。という投稿です。 最近を例に取りますと、 【マジックの観点からのブログの説明】 にもありますのように、 AI というカテゴリーやら nguyenkieuanh やら ynimk の多くを観て分かりますことですも、 【桃太郎のお話Ⅱ】 が 鳥インフルエンザ の話と元 農林水産相 のかたと他、投稿と致しましては 【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 やら 【觔斗雲/筋斗雲に乗れる心の清らかな大阪の人々_皆で探したいドラゴンボール】 などや、 黒瀬 深 というカテゴリーからの遡る傍らの 【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 やら 【文化財保護法違反などで捕まったかたとブログとの一致】 と 【ナンバープレートのないバイクに何度か煽られたかたとブログとの関連】 と 【同性である高校生で性欲を満たしたかたとの関連】 などから観ますに、いつの頃からか、やはりそちら側に進んでいるように観えます。他、まだ記せてはいませんが 総務省 への 接待疑惑 と 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会 の 森喜朗会長 による 女性蔑視 に繋がる可能性のあることと、 関連 と、 明治 期のこちらごとの、自戒の念を込めてのものですね。 遡ると同じようなことが起こるということは、いつの頃からか、そちらに進んでいるということでは?と思えてくるようにもなっていたり。それな過程で問題も出ていますけれどね。 自身の心身の疲れだけではなしに、たまに休まなければね。 さては本文ですも、やはり最近の自分は何も観えていないことが分かりました。 これな投稿の読み物はですも、どちらかと言いますと 神職 のかたや 仏職 のかたに分かりやすいかもしれませんが、また少し、だいじなことが観えたかもしれません。 メッセンジャー に 雑

【探】

【探】 この投稿は、2021年は6月の4日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 新しいのができました。 依頼があったもので、自由に使っていいとのことであるそうです。 これを メッセンジャー に纏めましたの時分はですも、時間がありませんでしたので、また時間があるときにでも、簡単にしておこうと思います。 /*——- 【探】 殊な文字をば記しますこと能わずでありまして其は見分けるもできずもですが引く符がありませばそれ少しばかりと明るみになりましょう。 ——-*/ このように記しています。 特別な文字 は記すことも見分けることもできず。 ですが、何かのしるしがあれば、少しは見えるようになるでしょう。 実は データベース の 文字 のことです。 殊 = とくべつなこと 識別 = 見分けること 符 = 約束のあるしるしのふだ ①旧約/新約聖書の、ある神様の名前で、発音をしてはいけないものがありますね。 聖典の派閥や他宗教がいけないとしているわけではありません。 ②あることを突き止めようと思えば、足し算ではなく、次第に狭めていく引き算ですね。 covid-19やブログではその前のものもそうですね。狭めて絞るという。 ③丁度PostgreSQLというデータベースのことで、特殊文字記号についてのことが言われましたので、それです。 特殊文字記号 について あらかじめ定義をされた文法的な意味を持った文字 のことで、 識別子 には使えませんが、 引用符 の使用をすると使えるというものです。 特殊文字記号は、SQL文の、《句読法》に使用ができるものと、識別子や定数への演算の実行をする、《算術演算》や《論理演算》や《比較演算》があります 。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase