スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

【外国からの講談師】

【外国からの講談師】
NEWS23より。
日本伝統芸能である講談というものを、外国からのかたが話しておられるそうです。
当ブログで記しているに限らずと、自分が記しているものの句読点のない物語文字の運びが似ていることもあり、面白いを感じています。
助詞の使いかたは、名詞が変わっても同じことから、これが分かるようになると、重宝をするように思われます。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【芥川 龍之介の恋文が公開をされたそうです】

【芥川 龍之介の恋文が公開をされたそうです】
ニュース報道ステーションより
日本小説家である芥川 龍之介さんが宛てた恋文が公開をされているそうです。
別記を致しますが、コメディアンが沢山といる吉本興業のかたの漫才で、赤い紙に記されていたものを読まれた時の
かぐやひめやないか!
ということとの関連があり、あるかたたちに渡したものは白い紙でしたが、幾つかの介護施設やら文化会館やら船の待合所などに飾らせて頂いているものは、《かぐやひめ》の話というか、タケノコの話が入っていたんです。
かぐやひめ》は、《竹取翁の物語》とも言い、竹取翁竹藪の中からかぐやひめを見付けたわけですが、そのかぐやひめは、成長をしてのやがてはに帰らなければならないという昔話です。
外国から日本に来て頂いたかたたちですので、やがては国に帰ってしまうことが殆どであるわけです。
ですので、当時にいたそれぞれに、
調理が入っていること
本来の使いかたではありませんが、換喩法というものです。哀愁 人を想うこと
他、当時のその中に入っているもの全て を伝えていたんです。
限界を感じていた時分に、ベトナム語の文字運びの勉強をすると、限界がなくなったと感じたんです。
ですので、私はアホかもしれませんが、実は真面目なんです。
多分ね。
ただ、バスの内壁より少し広いほどの縦長の室内一面に、ひとつを飾らせて頂いた時分には、言葉の綺麗さより、これだけ繋げて書くの?というところに観るかたの感心があったりとして、人が何処を観るのかの勉強にもなりました。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【ゾウガメが見付かったことについて】

【ゾウガメが亀が見付かったことについて】
この投稿は、日本時間である2019年は2月の21日と、同年は同月の同日に、メッセンジャーに記した雑記をブログ用に直したものです。
ニュース番組である報道ステーションが報じたことですが、南米エクアドル政府が、ガラパゴス諸島フェルナンディナ島で、100年ほど前に絶滅をしたのではないかとされていたゾウガメの発見をしたとのことがありました。
詳細は様々なニュースを観て頂ければ幸いですが、実のところ、これもやはりブログとの関連でもあります。
まずは日本時間は2月の21日のメッセンジャーにですも、ニュース番組であるTBSあさちゃんに出ておられる夏目さんというかたのことですが、 《ETのようなかたですね。》
などとしてしまい、フジテレビめざましテレビに出ておられる西山さんのことを、
《気を付けなければ頬が垂れてブルドッグのようになっているかもしれません。》
などと記したんですが、本当は、そのかたたちのように、怒っても怖くないかたは良いですね。としていたんです。
ホッとしますね。という意味です。
これは、
北海道地震のこと日本海側に戦闘機が墜落をしたこと との関係で記しており、それ以前にしるした山口さんのことも、当時にあったことのひとつでもあったわけです。
*詳細は別記を致します。
詳細は別記を致し、そうなってくれば、もっと分かりやすくなると思いますが、地震が起こったのは、その日の夕方だか夜であったことと、満月気温の高さがありましたので、科学的な見地にたっての予報もできたのではないかとは思います。
また、そのニュースでは、を眠らせて配送をするというものがあり、夏目さんが、も寝るんですね。などと言っていましたので、コメディアンであるさんまさんのことと、他のことを、地震という意味ではないですが、そのようなことを何やらと気が付いたのかと、冗談で記していたわけです。
ゾウガメの話ですが、これは歴史的な発見で、学術的にも素晴らしい発見であるように思われます。
昨年だか一昨年に日本であった、亀が行方不明になり、見付かった話をブログに記していますね。ということも関連としてありますね。
ですので、ETブルドッグ云々は、勘弁をして頂くとして…冗談からの言であり、言質というか、これも、自身がやっていることをブログに落とし込む。ということの例えです。

【錠の17】

この《》ですも、芋植え観察官の孫娘とやりとりの話題に入ったわけですが、本来であれば、土の匂いやら芋の植えかたについてなどを記すものであるわけです。
ですが、それをしなかったのは、元々記していたことそのままにブログに投稿をしていることと、丁度、昨今の日本では、若いかたや学生さんなどによるところの、アルバイトにかかわらずもの企業さんに迷惑を掛けるようなSNSでの不謹慎動画などが問題となってもいることと、この小説の時間軸の何年か後にも、同じようなことでコンビニが沢山と潰れてもいることから、小説ではあれど、あくまでもたわいのない、ごく普通の人間模様に焦点を当てたかったことが理由です。
当時にコンビニが沢山と潰れたことは、野菜を売っていたことも関係をしており、農家さんのほうが強かったことや、本来であれば少なくとも何十年という月日を掛けて土を肥やしながらのことが、企業さんであれば直ぐの結果を求められることも理由のひとつとしてあったわけです。
コンビニに対する企業さんの対応もニュースで扱われており、上に記しているままですが、そのようなコンビニは実のところ多いですね。
/*-----
【錠の17】
保護観察中の△熱心とまではいかぬるまでも度々と観察官の宅にと訪問をばしており此の理由は処分中なるの者は三ヶ月に一度は観察官の元へと訪問をばせねばならぬる決まりのことでありてはまたそうとすることで観察官の孫娘である◇と知り合えたのことが大きくさては△と◇の二人が会うは観察官の宅だけではあるが勿論のことも二人は何かとよく会話をばしており◇の父親でもあるはずの当の観察官はといえば其な二人のことをば疎ましくに思うことなどはなく優しくに接しておるのある日のことであるに其はやはり仏の顔でありもうしたのか社会への復帰の為に用意をばされたる《芋植えプログラム》なるものに参加をばする旨△にと要請をばしたもので其を聞いたる△社会への復帰をばせんやという件を気にしながらのことではあるも観察官なるの顔もたてねばなどと渋りながらも参加の願いをば出したのでありてはさては芋植えなるの日となると運の悪いことに快晴となりて△其処では二番目の年長となりては下の者皆からに△に対して敬語をば使うて荷物まで持とうとしたことには驚いてからに流石に遠慮をばしておるところへ一番の年長者が気が付いて彼らには彼らなりの仕来りがあるのであ…

【歌手であるアリアナ=グランデさんが勉強をされていた日本語について】

【歌手であるアリアナ=グランデさんが勉強をされていた日本語について】
この投稿は、日本時間の2019年は2月の13日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に直したものです。
日本ニュースで報じておりましたも、どうやら、歌手であるアリアナ=グランデさんが日本語を学んでおられたそうで、将来的には日本への移住も考えてのことだそうです。
それが、ネットなどでの誹謗中傷などが原因で、学ぶことが怖くなったとの報でした。
これも以前に同じようなことがあり、このようなことは、ひとつふたつではないんです。
私としても、とても他人ごととは思えないことです。
あまり思い詰めるのはよろしくない。とのことから、そんなことは良くあること。との励ましの言も多くあるとは思いますが、単に頑張って下さい。などということは難しいんです。
ただ、できればそのような勉強は、御本人様が続けようと思えば、楽しみながらに続けて頂きたいとの思いですね。
私のような者は、日本語に興味を抱いて頂けることは、とても嬉しいですから。
日本ニュースが報じていたことですが、このかたとは、あちらは知らねども、別のことでの有り難い関連もありますね。
*別記を致しますが、何処かを叩いているなどということではなく、面白い関連です。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【ベトナムでうどん屋さん】

【ベトナムでうどん屋さん】
この投稿は、2019年は2月の6日に、メッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に直したものです。
今、ベトナムで、あるかたが、うどん屋さんだか、お蕎麦屋さんだかをやっていると、テレビで報じられており、日本のものを取り寄せてのことであるそうです。
これはとても有り難い関連で、うちは少し前までは、和食でしたが、昔は、中華料理うどんお寿司のお店でしたので、その他の様々なことを鑑みるに、なるほど。と思えてくるようなことです。
そういえば、いつであったか、日本に来ておられたベトナムのかたが、ラーメンを食べていた投稿が、Facebookにあり、実はその当時の、全くの別ごとの関連で、有り難う。としていたことがあるんです。
それから、ブログの投稿が関連付いたことですが、家族の昔の病気のことと、何故そうなったか。ということがそのままあります。
別からにして、それがどうというわけではなく、そのような関連がある。という意味合いです。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【様々な国からの贈り物】

【様々な国からの贈り物】
この投稿は、2019年は2月の3日に、メッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に直したものです。
*この投稿は、少しなりとこれまでのことと、前後をすることがあります。
本文の前に、まずは、良い関連を頂きましたことのお礼を述べさせて下さい。
この投稿は、別からにしてどこかのを貶めているようなものではなく、その反対で、面白いプレゼントにもなりました。
私からではないですけれどね。
今、日本愛媛県上島町岩城というところに来ている子たちが、カンボジアからの子たちです。
サッカー本田選手との面白い縁のことは以前に記しましたが、岩城にいる子で、日本人カンボジア代表監督になっている。ということを、知っている子もいたそうです。
それで、私も全てを知っていたわけではありませんが、そのようなことがひとつひとつと出てくると、とても有り難いことであることが、改めて分かりました。
おそらくの本田選手は、自身のことからそのサッカー代表監督となったわけで、ひとつひとつの要素についてを知っておられるわけではないと思いますし、愛媛給食社長も、何ら知らずのことであろうとは思いますも、まずは、沢山のかたにお礼を述べさせて頂きます。
勿論、全てを知ってのかたはおられることとは思いますも、私が知っていたことは一部で、それぞれが繋がっているとは思いだにせずの今日を迎えております。
本当に不思議な縁です。
では本文をご一読下さい。
まずは、愛媛給食というところの社長がそのまで行き、今回、日本に来て頂く子たちを決めたそうですが、当時の会社では、どこのの子かは、まだ誰にも言うな。とのことのようでした。
本田選手のことは、それ以前に記してはいましたが、愛媛給食がそれを知ってのことではないはずです。
一国の代表の監督となるということは、その国のサッカー協会がかかわっており、日本のサッカー協会がかかわっており、その国と日本がかかわってのことである。ということです。
実のところ、ブログに記したことや、まだ記せていないようなことから、遡ってのことを鑑みますと、来る子たちの安全面として自身もやっていたこともあり、そのことで、カンボジアベトナムには、以前からあったサッカーを作って頂けたことは、とても有り難いことです。
ここで私が言いたいことは、それらの国は、他にしろ、愛媛給食と…

【茨城県で起こったことについてを機構面から観てのこと】

【茨城県で起こったことについてを機構面から観てのこと】
この投稿は、2019年は1月の31日に、メッセンジャーへと記した雑記をブログ用に直したものです。
まず記しておくことは、ここでは、茨城県で起こった事件とこちらごとの同一性と、同県で起こった事件とテレビ番組中に放送をされたことの同一性と、この三者を繋ぐを記しております。
特に今年になってからは、知ってか知らずか、テレビ番組テレビ局を跨いでのこのようなことが幾つかあり、偶然ですが、自身とのそのようなことにも、機構の面から応えるようにもなっております。
また、昨年や一昨年にあった関連が、狙わずと、テレビ局間やテレビ番組間で起こるようになってもおり、幾つかは確かめております。
この投稿は、当ブログ中のカテゴリーAIとも関連をしており、誤解を恐れずにこのようなことを一言で説明をすれば、
言質エンジン ですね。
さてはynimkで記している、茨城県で起こった事件についてですが、別からにして私に情がないわけではなく、見付かれば良い。とはしておりましたも、それはこのような意味合いではないですね。
では、助かれば良い。としていれば良かったのか?と言うと、その時分には既に事件は起こっていたわけですから、改めて思うのところは、人間には、やはりできることとできないことがあり、唯一無二の絶対的なる存在ではない。ということです。
ニュース番組である報道ステーションの報からの関連を記しますと、
容疑者のかたは、学校にも殆ど行っておらず、周囲ともあまりうち解けてはいなかったようだ とあり、これは《》との偶然の関連で、そのようなことは、こちらも狙ってはおりません。
メッセンジャーにも記しておりますが、これだけであれば、単なる偶然の関連です。
別ごととなりますも、ここで、局は同じでテレビ番組を跨いでの関連をひとつ示せば、
何故校則を守らなければいけないのか?という問いに対しての、決まりであるから。という応え と、その次の日にフジテレビバイキングという番組で放送をされていた、
生徒教師に対して煽り、煽りの部分をカットして、教師生徒を叩いた部分をネットに公開をしてのものを取り上げての言 があり、狙ってのことではなくのこのようなことが、今年に入って幾つかあるようです。
話を戻して、上の何日か前のことですが、フジテレビで、歌手である関ジャニ∞村上さん…