スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

【錠の18】

丁度錠の粗筋というか、骨子をメッセンジャーに記した時分のことですが、とある歌手が巻き込まれた洗脳についてのことが放送をされていました。
また、この投稿の年代のことと今とでは、しまなみ海道にしても全くと違い、芸術祭や他のことなどでも、良くなってもいる面もあるようです。
これは単なる物語ですが、厚みが増すこと有り難いですね。
/*-----
【錠の18】
二年の月日はあれよという間に過ぎ行きてはそうとしておるうちに△の保護観察処分は解けたも◇とは電子の文でのやり取り以来何処かぎくしゃくとしておるものであるからにして次第に会うの理由がなくなるの△としては◇との関係をば更なる密にとせんが為からにもも少しなりと時間をば掛けたりとしたいに似る気の持ちなるのようではあるもともかくにして処分が解けたることをば素直に喜んでおりまたこの頃に△幼少期をば振り返ることが多くとありさては半ば廃墟と化したる街のことを思い返せば其処は静かと沈み暮らする者皆々草臥れての下ばかりを観ておるのことを確かと覚えておるのであろうが現実には自身の知らぬるところや知らぬる時の間にしても街の中に居る者々皆からにして此な時代をば逞しくに生きておるのことであるものでさてはこの頃の丁度に一大なる事業として興されたる『しまなみ海道』なる施設も観光の名となるの所のなさから此の街は他の街への通過点にすらなれておらずであり地元の新聞やら同なるの雑誌などがこれで景気が上向くなりやとこぞり報じたも事態は逆に窮まり本土と繋がる橋はあれどの街は正に瀬戸内海に浮かぶる孤島と化したに其な事態をば見据えての△刻の市長に電子の文をば宛てておるも其は読んですらもらえずは当然でならばと市政に関係をばする者の下へと幾度か訪ねてみるも
『若僧が!何言うものぞ!其方宣いしこと正に気が触れておるとしか思えんに今の今に言うたることは正気の沙汰であるのかぇ』
などと一喝というには幾分なりと長くの言をば投げられてはおつきの者にも一笑にふされるだけとくれば何をばしに訪ねたのか分からずがしかし△が存外に扱われたのには別なるの意味があり『しまなみ海道』施設には来る日の此な街をば他市にと吸収合併をばさせる為なるのことであり街に住む者等の反発をば逸らする役割をば持つのことで言うなれば両方が組みとなりて何年も前から綿密にして計画をばされたる街を売る計画でありさてはいざい…

【火星移住計画】

【火星移住計画】
TBS宇宙についての番組の放送をしていました。
月面着陸から50年
丁度、ブログの投稿がベトナムwikipedia関連付き、他幾つかともそうな時期で、それによると、おそらくは太陽系一の高い山である、オリンピア山を目指すとありました。
番組では、丁度、世界で一番宇宙に近い場所に赴く。ということも放送をされておりました。
以前からあった
火星探査 のことと、モノを記していることの、文筆頻々然るる後に君子ということがあっての有り難いことです。
また、下のリストについては別記を致しますが、おりしも日本では、関連として、
元日産のCEOであるゴーンさんのこととある神社のことと神社のこととこちらごととそこからの関連として、また、日本歌手と同名の神社関連としての日本人が女性に悪いことをしてのこと をやっており、このオリンピアという名前から、
フランスはパリギリシャはオリンピックの発祥の地 などの関連があり、実のところ、これらも、その時分の世の中の動きを観たり、かかわる模様などからの関連となっておりますが、ここでは、火星探査のことを記しております。
TBS番組では、NASA火星移住計画というものの宇宙飛行士候補生のことの放送もしており、同番組によると、展示などとして一般公開をしているミッション=マーズというものもあるとのことです。
記させて頂きますと、私は火星人というわけではないですからね。
句読点のないものは、別からにして火星語というわけではないですからね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【コンビニの話】

【コンビニの話】
本文の前にですも、これは他のことより特にローカルな話です。
記すのは説明の必要が出たことと、今後の投稿への繋がりとして必要であるからです。
海を越えたとあるのは、勿論これだけが全てではありません。
最近ではTBSで10年ほど前から8年ほど前の一連としての八ッ場ダムのことも放送をされていましたので、良い関連です。
ここ何年かですも、アナウンサーさんや、最近ではコメディアンである間 寛平さんや噺家笑福亭 鶴瓶さんが着ていますが、赤色のひとつの意味であるカーディナルレッド枢機卿の服の色です。
これとの関連をしてのものも色々とあるんですが、それはまたに致しますも、赤色は人目を惹くことからと、ピンクはセンスが求められることから、赤色が似合うとしていた子がいたことを思い出しました。
すると、まぁその前から、赤い服を着てのかたがいたわけですが、靴を赤にしていたことがあるわけです。
人目を惹くので、目に入りますよね。
でも、普通であればそこから上に目が行くわけです。
赤いマスクを付けていたかたもいて、
《私の顔を観なさい》
ということですか?としたことがあったことを思い出しました。
余談ですが、最近は特に、様々な界隈での《m》と《k》が多く活躍をされていますが、先頃に亡くなられた、コメディアンであるさんまさんの先生も《m》ですね。
さてはここからが本文です。コンビニに行っていたことがある旨記したと思いますも、別ブログである低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜けでも説明の必要性が出てきたので別記を致しますとしましたが、そもそもが、国を超えた、つまり外国にもできたのは、そのコンビニの大元のことではなく、当時の話には、単にコンビニとしかしていなかったんです。
それで、そのことを記した後に、少しなりとですも錠の3にアクセスがあったんですが、直接の関係があるコンビニ広島県尾道市である向島コンビニではないんです。
錠の2にある、広島県尾道市因島というところの、総合支所の前のコンビニです。
大元の会社は、違いますけれどね。
さては、何故にそのようなことになっているのか?という部分についてのブログへの記しは少しずつ紐解いていくとして、日本に来ていたかたが、買い物に行く傍通っていたところでしたので、何年か前にこの話を宛てていたわけです。
丁度その時分に、

【メルボルンビクトリー vs サンフレッチェ広島を観て】

【メルボルンビクトリー vs サンフレッチェ広島を観て】
別のことをやっており、後半の一部分と、本田 圭介選手がゴールを決めたところのダイジェストしか観ることができていませんが、丁度観ていた後半の部分ですも、メルボルンビクトリーは、サンフレッチェ広島が作っていたブロックを崩すことができておらず、最終ラインでのボール回しから、中の本田 圭介選手などに収めようとしていましたが、掻き回すタイプの試合運びではないことと、ダイレクトからの彼方此方ではないことから、これは巧く行かず…逆に、サイドに張り出しているサンフレッチェ広島のほうが、そこからのチャンスが多くとありました。
メルボルンビクトリーがゴールを決めたところは、同チームの右サイド深くにまで進出をしてのクロスで、遅れて飛び込んで来た本田 圭介選手のゴールでした。
この遅れて飛び込んで来たことが重要で、それ以前に、一人がサンフレッチェ広島の守備を引き付けて下がらせていたことから、本田 圭介選手が飛び込むスペースができたわけです。
試合はサンフレッチェ広島の勝利でしたが、これは綺麗に決まったように思います。
観ることができたのはこの部分だけなんですが、これだけでも、観る価値があったように思います。
ロシアW杯の時分に、
ますこではなく、しょうじです。
としてのかたもおりましたが、本田 圭介選手のこれもkなんです。
最近では、堂安選手や選手や香川選手のニュース映像は、日本でもよく入っていましたが、試合を観ると楽しいですね。
*以前は、よくBSだCSだを観ていましたが、今は…
余談ですが、鹿島アントラーズとの時分の大分トリニータmですし、ACLで1点を奪った川崎フロンターレ斎藤 学選手もmですね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【観光のことについて】

【観光のことについて】
この投稿は、2019年は3月の5日にメッセンジャーへと記した雑記をブログ用に直したものです。
この投稿では、簡単にですも、昨年や一昨年にテレビで放送がされた、大体の言と、今はどうであるのかについて、二〜三の地方ごとの違いを記しています。
このことについても、遡っていけば、少しなりとまともなカテゴリーになる気が致します。
さては何日か前にですもTBSニュース番組であるあさちゃんでやっていましたが、観光などについては、昨年やそれ以前と同じことの放送で、その頃には、同じくTBSニュースフジテレビや他局でも、困りごとについてもやっていました。
良い面についての放送もあったのは、勿論のことです。
例えば民泊についてですが、昨年だか一昨年の一時期はかなりの登録件数があったとのことが、違法性のあるものや、アメリカの企業なども乗り気であったとのことから、登録の取り消しをしているところも多くとある。との放送もありました。
東京のほうは、やはり、個人ではなく、きちんとした企業にこれを行なって頂きたい旨テレビの言としてありましたし、広島のほうは、企業が出張り過ぎることには、あまり良い向きではなく、京都のほうでは、はやくから問題になってもいたことから、観光客が泊まる建物などを建てだしたと思います。
それでも、観光地は人で溢れるわけですし、京都のような古都の魅力もあるところは、余計にそれが顕著でもあるわけです。
昨年に、竹林であったかなどへの落書きや、線路に降りることや、ゴミの問題などの放送が沢山とありましたが、その実は観光地にお客がなければないで寂しいことですし、多ければ多いで、地元のかたとすれば、やはり言いたいことはあり、適度が良い。というのは、その地域のかたからすると、当然であるようには思います。
その後、広島では、畑仕事を手伝って頂いたりとすることも考えたり、自然を満喫することなどもそうで、地方民泊観光の強みを出すこともやっていこうとあるようですし、見世物小屋のような踊りや太鼓、客船なども、今後は更なるを考えているのかもしれません。
いつであったか、漫画家でありコメンテーターでもあるやく みつるさんが、是非に秋田にも来て下さい。とはしていたことを思い出しました。
このようなことは、関連をしていることが沢山とあったり、そうとして頂けたこともありますので、…

【本当の亀のお話とあるおばあさんについて】

【本当の亀のお話とあるおばあさんについて】
この投稿では、本来の意味のの話を記しておきます。
ynimk【梁】と、当ブログで記しているようなこととの関連とすれば、この罰当たりめ!となりますので、エクアドルで発見をされたゾウガメも関連となっており、これは本当に奇跡のようなことですし、それ以前にテレビ朝日が報じていた、新嘗祭というか、大嘗祭というものでは、亀の甲羅だかを焼いて、次のことを占うというものですね。
ですので、TBSニュース番組であるあさちゃん夏目さんには、勘弁をして頂くとして、としていたんです。
それとは別のことですが、他には、屋号神社に祀られているものの関連ですね。
さてさて、あるところの関係のおばあさんの話と、鉄鋼コンビニと他…沢山とあるんですが、取り敢えずは幾つかのことと、それぞれの人と、それぞれに、またそれぞれが結び付いているお話がありますね。
それから、唄の話です。これはまだ良いかな。
これも記そうと思っていたんです。
さてはざっとですが、流れを記しておきます。
おかしな意味に取られるかもしれませんが、そうではないということです。
これはとても大事なことで、単なるくるくるではありません。
ynimkで記してもいる別のかた同士での病院の話は、このような話であったわけです。
決して、おかしな意味合いのものではなかったわけで、知らないところで知らないようになってもいるようです。
本来であれば、このことについて言うことはいけないことなんです。というより、言うは憚られることですも、そうとしなければ、別のかたが誤解のままに、今後ずっとそのままですので、ここにざっとの一部を記しておきます。
10年ほど前にですが、この辺りに伏見と関係があるおばあさんが来ていて、そのかたは、一時は、現在の副首相と同名の旅館の跡地にいたことがあるんです。
ある程度の年齢の日本人であれば、伏見と名前で思い当たることがあると思います。
そのおばあさんは、病院で亡くなったそうで、知っているかたに聞いても、詳しくは応えて頂けなかったんです。
そのおばあさんは、ある家にも、私が小さい頃より前の昔から、何年かに一度、来ていたんです。
山口県から料亭の息子さんを呼んで、薬局をするようになった家があります。
日本人であれば、山口県という部分で思い当たるかたがいると思います。
そのかたたちと、関…

【新たな元号の案は良いプレゼントになりました】

【新たな元号の案はいいプレゼントになりました】
もうじき発表がされる新たな元号についてですが、どうも、日本古典から選ぼうということも言われており、言って頂いているだけであろうと、時代背景を鑑みるに、とても有り難いことなんです。
使う字の候補には、まだ安部首相の名前が残っていることから、当然にして、気に入らない記者さんや専門家さんもいるわけです。
その為に残している。というのが明白であるから。と言いたいことは分かります。
おそらくは、その字に決まれば、そうとはされると思いますが、それはそれです。
何かいけないのかな?とは思いますが、普通であれば、幾つかの候補の中より、ひとつを選ぶとありましたけれどね。
私は、自身が記してもいるものにもある、
安南
という言葉と、知っているかたの名前の読みと同じことから、そうとして頂けるだけで有り難いことです。
そのかたたちであっても、そんなものは要らないでしょうし、それだけではなく、他から、有り難いことになってもいますので、その辺りの、おどれすどれとは、離れておくことと致します。
日本テレビでも、学者さんでも、このような、色んなことがありましたからね。
他で良くもなっている部分もありますし、そのような案もあったそうですよ。というだけで、充分すぎることです。
良い関連です。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【源氏物語と紫 式部】

【源氏物語と紫 式部】
アメリカ源氏物語の展示があるようです。
作者は紫 式部ですね。
丁度、日本元号が変わる時期ですし、これとの関係は分かりませんが、この頃の書物からの候補も言われているとのことで、次の日には、別のものもいわれていたりとはしましたが、愛媛県に来ていた子たちや、他のところのかたたち、Nguyen Kieu Anh他のかたと勉強や遊びでやっていた《あらましごと》ですね。
何年か前のことですが、将来的には、小さくて良いので、片隅でも良いので、アメリカでも展示会が開けるように頑張ろう。と、冗談を言っていたことを思い出しました。
2015年か2016年にプレゼントをした42文字ほどの短い唄との関係もあり、それは平安時代室町時代を醸す文で、その中にある文字から、飛鳥時代のことも醸すようにしており、ブログには記していないと思いますが、この頃に作ったものでは、おそらくは一番良いできです。
あ…今気が付きましたが、全部繋がっているんです。
有り難う御座います。ですね。
ブログでは、googleが応えたと、日本人であるかたにも関係がありますね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【bloggerでのトラックバックサイトとそことのはじめについて】

【bloggerでのトラックバックサイトとそことのはじめについて】
室井 佑月さんの読み物から、bloggerの使用をしているかた同士でのトラックバックのことをやっているサイトを知りました。
これもの画像です。
朝日系列でやっていた食事のことは別記を致しますが、それとは別ごとで、まずのところ、うちも昔にを飼っていたわけです。
それも白い猫をね。
別に意味はないんですが、その話は日本語のことで幾つかのかたに話をしていたんです。
そうと分からないようにですけれどね。
その話は、コンビニのことや鉄鋼の遺産のこと、観光キリスト教会の遺産のこと、小さなこと、他様々なことに関連をしたものですので、ここで記せるほどに短くはありませんことから、別記を致します。
別からにして、大企業がどうとか、そのようなことではないですね。
こういうことよ。というのは、ある程度は当時には記していて、一人には渡していました。
そうすると、他のかたも勉強や遊びで使えますから。
一々全部にそうとすることは、面倒だからであり、当初はそのかたと他の何人かであったわけです。
迷惑となるのは申し訳が御座いませんが、伏見系のこともあるわけです。
愛媛給食はこの元の話についてを知っているんですが、室井 佑月さんは、知らずとそうしていたはずです。
にかかわらず、様々なことの年数の付合がありますが、まぁ、そうと記すほうが無難ではあるでしょう。
このことに対して、私も幾つかのことでは、反論はしていますが、この頃に丁度、元官僚のかたが亡くなっており、そのかたの読み物の紹介から、なるほど、こちらごとにしない為の、室井 佑月さんの読み物との関連付けであろうと思えることもありますが、気を付けなければ別ごととしてのことになる気も致します。
そうとなっても良いんですけれどね。おそらくはそちらごとはそちらごとで、こちらごとはこちらごとです。
ただ、その為に、政府を注意喚起をしているそのかたの読み物と、室井 佑月さんの読み物に、本来であれば、かちあう部分はないはずが、かちあうんこととなっているわけです。
ですので、少しなりとですが、こういうことです。とは出しましょう。
まぁ、ここまでを記せば、何やらと勘繰られたり、元々がこちらとそうではないことから、あちらが変えることもあろうとは思いますが…
変える必要などはなく、こちらを落とすことを忘…