スキップしてメイン コンテンツに移動

【錠の18】

丁度錠の粗筋というか、骨子をメッセンジャーに記した時分のことですが、とある歌手が巻き込まれた洗脳についてのことが放送をされていました。

また、この投稿の年代のことと今とでは、しまなみ海道にしても全くと違い、芸術祭や他のことなどでも、良くなってもいる面もあるようです。

これは単なる物語ですが、厚みが増すこと有り難いですね。

/*-----

【錠の18】

二年の月日はあれよという間に過ぎ行きてはそうとしておるうちに△の保護観察処分は解けたも◇とは電子の文でのやり取り以来何処かぎくしゃくとしておるものであるからにして次第に会うの理由がなくなるの△としては◇との関係をば更なる密にとせんが為からにもも少しなりと時間をば掛けたりとしたいに似る気の持ちなるのようではあるもともかくにして処分が解けたることをば素直に喜んでおりまたこの頃に△幼少期をば振り返ることが多くとありさては半ば廃墟と化したる街のことを思い返せば其処は静かと沈み暮らする者皆々草臥れての下ばかりを観ておるのことを確かと覚えておるのであろうが現実には自身の知らぬるところや知らぬる時の間にしても街の中に居る者々皆からにして此な時代をば逞しくに生きておるのことであるものでさてはこの頃の丁度に一大なる事業として興されたる『しまなみ海道』なる施設も観光の名となるの所のなさから此の街は他の街への通過点にすらなれておらずであり地元の新聞やら同なるの雑誌などがこれで景気が上向くなりやとこぞり報じたも事態は逆に窮まり本土と繋がる橋はあれどの街は正に瀬戸内海に浮かぶる孤島と化したに其な事態をば見据えての△刻の市長に電子の文をば宛てておるも其は読んですらもらえずは当然でならばと市政に関係をばする者の下へと幾度か訪ねてみるも

『若僧が!何言うものぞ!其方宣いしこと正に気が触れておるとしか思えんに今の今に言うたることは正気の沙汰であるのかぇ』

などと一喝というには幾分なりと長くの言をば投げられてはおつきの者にも一笑にふされるだけとくれば何をばしに訪ねたのか分からずがしかし△が存外に扱われたのには別なるの意味があり『しまなみ海道』施設には来る日の此な街をば他市にと吸収合併をばさせる為なるのことであり街に住む者等の反発をば逸らする役割をば持つのことで言うなれば両方が組みとなりて何年も前から綿密にして計画をばされたる街を売る計画でありさてはいざいざと他市との合併はなりたもその後に事態は更に悪化をばしたるるに元来が田舎の牧歌的なる暮らしをば土台とする者等此な窮地をば脱する術なく今は日本中がこの様であるのでと口をば揃えての溜め息をば零すのことしかできずでそれであるからかこの頃の△街に住む者等の此な落差に当惑をばした様も朗らかでありさては更に何年か経ち自身が観てきた街と現実の街の違いに戸惑いながらも友好関係をば積極的に広げてのことであるので其は何時しか真面目で働き者という評判が独り歩きをばするまでになりおりのある日のことは勤務先である総合施設にもうの何年も前に忘れた名前からの小包が宛てられたもので差出人は◇とありそのままにしておくわけにはいかず取り敢えずはと持ち帰り開けてみるや中には小年法改定やら保護観察に対する書類の束がありどうも◇は△が使うた時間と同じだけを使い其れらについてを調べてのことであるようで一応なりと其に目をば落とした△にも当時の大人達が少年達をば豚鼠としての新たな取扱説明書をば作ろうとしてのことに気が付けたも途中となりし自己改造程序のことを丁度に思い出しての悪気もあり折り返しの連絡をば躊躇ううちに日々は流れてのしばしのこと◇からまたもやの封筒が届いたのことであり△其の日は仕事の仲間に

『自分の知らないところでも、時間が止まっているわけではないことは承知をしているつもりだけれど、ただ一点、自分に知らないことがあって、制御ができないことがあるなんてさ。それが耐え難い苦痛だよ』

などとの愚痴をこぼして帰宅をばした後は気は進まねど◇への返事に筆を執り

『お久し振りです。本当に何年振りでしょうか?
書類を送って頂き、有り難う御座いました。
さて、送って頂いた書類に早速目を通しましたが、それを読む限り、僕たちの罰はどうも最初から決まっていたようですね。
当時に僕の罰が確定をした時にも、警察官や裁判官の対応が、まるで下手な演劇を観ているかのように、ぎこちなく観えた理由も、これで得心がいきました。
同封をされていた裁判員制度について調べた書類ですが、確かに先頃よくよくと取り沙汰をされていましたね。
ですが僕は反対です。
だって、これは日本人の気質をまるで無視をしたような制度ですから。
何でもかんでもアメリカやヨーロッパに習え。は良いんですが、そもそもの裁判員制度は、個を重んじる教育の上に成り立っているのであり、そこへいくと日本の教育は暗記ばかりで教育とは名ばかりと言えばおかしいですが、組織の中で生きて行くことの重視をしたものです。
最近始まった、ゆとり教育にしても、その制度にゆとりがあるだけで、実際のところ、学ぶ者にとってはゆとりなどありません。
そんな日本人が、本当にこの制度に向いていると思われますか?
匿名でなければ意見を言うことを恐れての誰かが言っているのであればそれで良いという民族ですよ』

などと記しながらに△は◇が法律関係に詳しいことをば思い出して其と同時に◇があわよくば自身の役に立つのではないかとも期待をばしてのことが結局のところは其な◇にしても周囲に流されて小さな会社に事務職員として落ち着きさらばえての幾年のやり取りなど△は最早必要がないと思うておるようではあるも筆をば走らせて

『…実は、広島の鑑別所に入った頃に、この時分ほどまでの予定は立てていたんです。
何しろ、あの頃は考える時間だけは沢山ありましたから。
ですが、最近、やはり人間は難しいとよく思うんです。
例えば、人を動かすということは、感情に訴えることも同じですが、脳に対する刺激と同じで、このように刺激をすれば、こう。こう刺激をすればこう。などと、人間であればそのように反応をするんです。
これは洗脳などとは違い、対象者が、自分は人間であると自覚をしているわけですから、逃れる術はありません。
僕が部屋に紅い色の壁紙を貼るように、つまり、紅一色にしようとしたのは、そのほうが対象者を手っ取り早くに恐慌状態にできるからで、そこまでではなくても、普段とは違う感情を覚えることになるからです。 勿論、実際には部屋を紅一色になんてできませんので、紅いランプで代用をしたわけですが、秘密の遊びと称して、その中で行なってきたちょっとした自己改造プログラムだと偽ってのことは、本当に自分の考えに楔を打つものですが、まずは世間から隔絶をされた自分だけの空間を紅色にして、感情にちょっとした変化を付けて、何日もの同じ時間に同じ作業を繰り返すことによって、例えば何かを吹き込む下地を作っていただけですが、要するに、スポーツなどでも、動機付けというものがあり、それをしやすい下地のことです。 そうとしているうちに、僕の保護観察処分が解けてしまい、そのままになってしまっただけのことで、そのこと自体は何でもないことです。 但し、やりかたを間違えると、酷い場合には人格崩壊などに繋がる恐れがあるというだけです。
長々と記してしまいましたが、さてはこれで了とさせて頂きます』

などとした後に別紙に

『この手紙にしても、あなたという人称はどこにも出ていないとは思いますが、それがあなたに行動を起こさせるひとつのストッパーだからです。
書きかたに少し工夫をすれば、こうもできるということです』

とした後で筆をば置き其の紙面以外の投函をばせんやと封をばした△さては赤い色に纏わる別のことを思い出して自身にしてもその色が強烈に刷り込まれているのではなかろうかとも思えたようであるが深くは考えずのこと。

-----*/

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし

【侍女さんの2】

【侍女さんの2】 この投稿は、2021年は7月の22日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな章は 【広告収入について_2 関連付け_Facebook】 から起こしたものです。 百鬼夜行 という昔の迷信と、他国のかたやら今でいうと アイヌ のかたにしろそうであり、丁度 日本 の ニュース でもそのことの放送をされていました。 単に 差別 がどうということではなしに、住み分けやら、色々な人がいる中でのことです。 現在は他国のかたは多いですね。 陰陽師 が出てきます。何年か前からの 日本 は、罪を犯しても捕まらないとされての人たちのことや、好き放題にして他の人の人生を蹂躙するような人などのことが、 上級国民 と揶揄をされていました。 天動説 と何年か前からの、 天のほうが動いている とされるかたがたとのことがあります。 宇宙 にかんしましては、 空間 的に 地球 のようなこよはないと言いますかがほぼ確実とされてもいますし、 棒に紐を付けたボールが回っていることと、逆回転をさせるとそれが離れて行くこと と、 重力 と言いますかを振り切り、外に向かうこともそうであり、現在は収縮中である可能性も一部で言われていましたり、その収縮からエネルギーを取り出す方法があればということも言われてもいるそうです。 関連性 について 近さ、 近隣性 というものについて 基を辿ることについてのさわり 【侍女さんの2_百鬼夜行の噂と陰陽道】 時は◯がとある船なるの上で伊達 直人という人物との少しばかりの縁の一幕なるの幾許かと前のことが遠い遠い地で百鬼の夜行に悩まされたるる者々多少のことでありては何時しか知らぬる間に国の上となりしの陰と陽の理をば使うたるる上級の民にと相談をばが相次ぎては其な陰と陽の理使うる上級の民言うに鬼やら魔と言うものは昔々より今々しまで其処此処なるの影に存在をばしておるのもので光の中おる者々其を観るべきでなしとのことであるも暗うになりたるある日のこと其な陰と陽の理をば使うる上級の民の住うる処から百鬼の夜行が始まりおるを観たとする者まで出る始末なるのもので同なるのは鬼やら魔やらをば払うておるのところに出会したのであろうとして其な場は取り繕うたも帳の後ろ