スキップしてメイン コンテンツに移動

【元号のことについての考案者さんへのインタビューを起こした読み物とされるものからみる会釈の意味】

【元号のことについての考案者さんへのインタビューを起こした読み物とされるものからみる会釈の意味】

この投稿は、2019年は4月の17日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に直したものです。

ここでは、元号についてのその後として言われていることから、会釈というものについての意味を記しています。

この会釈というものですも、おじぎということがひとつと、別の意味ですが、幾つかの違うものごとを、矛盾なく合わせることです。

元号の考案者さんである中西さんへのインタビューを読み物に起こしたものが、TBSで放送をされていました。

このかたが考案をしているはずですが、他局のものでは、そうではないともしていました。
この二文字の組み合わせになることと、おそらくはそれが選ばれることは、要するに、神様とか、天と言われるものが、作るということを言っていたんですが、芸術家さんも、よく、このような言いかたをします。

日本ではない国のかたですも、現在のところ、この日本のものを、中国語に訳したり、ベトナム語や他幾つかの国の言語に訳したり、中国のものを日本語に訳したりということを行なっているかたもいます。

それで、中西さんへのインタビューを読み物に起こしたそれは、旧暦陰暦が同じくになっており、おそらくは、読み物に起こしたかたが、ふたつの違いについてを分からなかった可能性が考えられるわけです。
読み物に起こしたかたは、中西さんというかたに、教えて下さいとすれば、それくらいは教えて頂けることと思います。

それで、気が付いたことのひとつですが、その前の日にも、やはりおかしな流れがあり、そのことを鑑みますと、出てくる解答は、
《読み物に起こしたかたは、他の国の旧暦日本旧暦を同じくに捉えており、陰暦というものをこの旧暦と思い込んで、他の国のかたに聞いたので、あちらのかたもそのように答えて、それが読み物になった》
というものです。

その読み物中にあった、
令月陰暦の1月ですが、1月ではない云々》
は、中国ベトナム旧暦の1月のこととなり、これらの国では、今でも、旧正月というものを祝っています。
中西さんに聞いたのではなく、別ごとから、このような感じで、読み物に起こしたのではないか?と思ってしまうわけで、この意味であれば、大体にして合っています。

ただ、日本旧暦もあり、これは、《天保》というもののことを言うことが多いように思います。
太陰太陽暦のことでもあります。

陰暦は、太陽を基にせず、の運行を基にしたこよみとされていて、平安時代くらいからあるもので、そのように言われています。

その読み物には、《ら行》は美しいともありました。
このブログや別ブログにも、男言葉女言葉があった時代の《ら行》の流麗さと、《ま行》の女々しさについてを記していますが、別局のニュース番組でも、ブランドに多い《R》という字の形の美しさについてが、言われていました。

考案者さんの、おそらくは喜ばしいことに、既に様々な話になっているんです。

唄の意味は、中国のものともまた違うとありましたが、その意味をするところが違うことは、当然なんです。
*当ブログにも、関係性を紐解いていくと、中国のものとも違うと記していますが、それとはまた違い、このかたは、日本のものと、中国のものの違いのことを言っているわけです。

おそらくは分かりやすいようにということからであるとは思いますが、《》というものは、良いことであり、例え命令としても、悪い命令は聞きたくはないことから、やはり良い命令となる。とのことで、これはフジテレビでもコメンテーターさんが話していて、更に別のかたが聞くものですが、このことを答えられないんです。
理由は、知らないことからではなく、聞いたかたが、別の意味として捉えていたことからでしょう。それ以前の、国会での安部首相の言としてある、国家とは自分のことで云々があり、国民への生殺与奪があると思ってのことからの言てあるように感じることができるわけですが、このことと思っていることが考えられるわけです。
勿論、抵抗権というものもありますし、そのことではない。などと、良いこととしているわけであるように思う次第のことです。
ですので、中西さんは、読み物中で、安部首相の言にも触れられていたのであろう。くらいには思うわけです。
*別ごとから、自分ではないとしていたのは、この読み物のことではないんです。

また、良いことはである。とあり、誰かのFacebookにもあったことから、中西さんというかたに聞いて起こした読み物ではなく、このことを当てがっているのではなかろうか?などと、余計にそうと思えもするわけです。

そうではなく、新たな元号は本当に良いプレゼントになりましたという投稿で記していることと、そのような組み合わせになった奇跡のようなことからの、有り難うです。
他のかたにより、無理に狙って頂いたのであれば、そのようなことはせずと、そのままの意味になっているようですし、他のかたは他のかたで、そのままの意味が、様々な話になっているかたもいるように思います。
*これは、おかしな流れがありますので、それにつきましては、別ブログのほうに記しておきます。

まぁ、実際のところ、中西さんの言を読み物に起こしたものは、読み物に記したかたが、中西さんの言を間違えたんでしょう。若しくは、他局の言も合わせて、矛盾がないように組み合わせて頂いたということでしょう。

丁度、自身もtexというツールを使っての組み版…書籍になる体裁のもののルビやページ番号や面つけ他の制御をするもの…をしていたことがあることを思い出しました。

これも会釈と言いますね。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 この投稿は、2021年は1月の2日と、これな日より何年も前からメッセンジャー他にに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 まずですも、ブログや他でありますの多くの話ですが、例え何万文字であろうと、どれだけ多くの文字数であろうと、全く別の話にもできることが得意なことのひとつ。などと記していましたのことにつきましてですも、最近の投稿ですと、 【桃太郎のお話Ⅱ】 やらそれな周りの投稿があります。 * 【桃太郎のお話Ⅱ】 のうちの幾つかは、作った話ではなしに、実社会でそのようになっているということです。 これも、ある話題について、一般の言ではなしに、 テレビ業界 の用語で言い換える。ということが、 タレント である マツコ・デラックス さんの番組であり、これが本来の 換喩法 ですね。 話は変わらずに、その中の一部若しくは全てを別の言葉で置き換える。というものです。 私のものは本来の 換喩法 とは違うようであり、記すなれば 外法 です。と致しましたは、他国の 言語構造 やら記しているようなことからです。 *本来のこともできなくはないでしょうけれど、この為に、5年ほど前に、 Facebook 友達と遊びという意味での 暗号 の話になったりもして、遊んでいたことを思い出しましたが、その国の も入っているわけであり、昨年でありましたかに、 暗号 の話で盛り上がろうという SNS からの誘いもあり、既に別のかたが同名で行なっていた。という面白い経緯があります。 次ですも、もうそろろろ、 ジョジョの奇妙な冒険 という 漫画 との、ほんの少しの有り難い 関連 が出てくるとした次第ですも、元々僅かでありましたの当時の関連から何十年(20年以上ですが、あることからは20年ほどです)かと経ち、とても有り難くの面白い 関連 になりましたし、幾つかは気が付いていましたが、ブログに記していく傍らで更に気が付くことができましたし、 漫画 は 漫画 ですが、ブログとの親和性から、お互いの説明をしやすいということがあり、同 漫画 の大枠には、 人間賛歌 というものがあるそうであり、それは頷くことができ、それとは別にですも、同 漫画 の題材と致しましてですが、

【廻 外側をまわること。回転ということ】

【廻 外側をまわること。回転ということ】 この投稿は、2021年は5月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 投稿のタイトルをこのように致しましたは、 銀河 の外側と言いますかの星は逆に周っているそうであり、 組成 やらも違うそうでありますのことからにです。 小泉 進次郎 さんの数字は、 税関 のところのことではなしに、別の、 製作所 のものの年齢といいますかでありませば、そうであるのかもしれません。 他のかたの、11という数字も、 サッカー のことではなしに、 製作所 という意味でありませば、そうですね。 そのまま色んな数値。不思議なことに、と言っても 論理学 と言いますか、 数学 ですね。があるわけですが、どちらにしろ同じ解になるんです。 上と話は変わりますが、うちの者が一緒にいたかたですが、それまでは違ったそうですが、 電気技師 さんかな? タクシーの運転手 やらもしていて、聞いた話と致しましては、昔のお店の頃に、外で倒れそうとか、大変になっていたとのことであり、そのかたの妹さんもいっときお店を手伝いにこられていたりですし、 めざましテレビ にも 天気 を読むかたがいますけれど、それも別に手伝いに来ていたかたの名前と同じであるわけです。 燃えた話やらの... 何の話でありますのかと記しますと、 税関 のところの元にも、亡くなったそうですが、 タクシーの運転手 がいまして、 日本 に来ていたかたが出てきていましたのところ、 ひろしま満点ママ!! のかたが会話をされていましたの 桟橋 、私が小さな頃に海に落ちて流されて、死ぬかなと思っていたところを助けて頂いたのも、違うかたですも タクシーの運転手 と丁度返ってきた 漁船 なんです。 他国のかたとの話で、昔さわか池に落ちたということは、話を合わせて頂いたのかも。というものです。 冗談ですが、同国のかた同士、何年間か一緒にいなければどうとかという Facebook の投稿もありましたしね。 知ってのことでありましょうか知らずのことでありましょうか、偶然か必然か、上は助けて頂いたところを助け、ではないですが、 回転 です。 なるほど。若い頃はみえているようで、その実何もみえていないこともあるんですね。 この

【桃太郎のお話Ⅱ】

【桃太郎のお話Ⅱ】 この投稿は、記している日付けよりしばらくと前と、2020年は12月の5日と同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 自身のミスからドメインの更新を忘れていた為に、アクセスは散々になりましたが、RSSフィードのほうが少し増えました...ニュースリーダーの中にはgoogleアナリティクスにアクセスの表示がされないものがありますは良いとして、問題は検索結果であり、多くがなくなり、nguyenkieuanhとynimk両タイトル他での検索にしろ、結果の下に6つほど付いていたスニペットもなくなりました。 また少しずつでもブログを強くしていくしかないですね。 ご迷惑をお掛け致しましたが、少しずつですも再開です。 まずは12月の7日に メッセンジャー に記したことですが、やはりこれな投稿の雑記と言いますか、ブログに投稿をする為に纏めたものを メッセンジャー に書き込んだ時期と丁度のこと、6日でしたかに、 広島県 は 三原市 で 鳥インフルエンザ の発生があり、それなことからに大量に殺処分とのことであり、時期などを調べると、ひょっとすると 渡り鳥 経由の可能性が考えられうる。とのことでした。 鳥 の話ですね。 広島 は全国でも高い 鶏卵 の地です。 以前に 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング の、 卵の食べ比べのコーナー の時分の、 卵かけご飯 の時期に、 香川県 であるかでの 鳥インフルエンザ がどんぴしゃりで、 Twitter などを観ますと、きちんと対応がされていることが分かりましたが、今回の 広島県 は 三原市 でのものにしろ、嬉しいことではないですけれど、早めに分かって良かったと思いますし、 広島 は、他地域での 豚コレラ が出た時分にも、 対策会議 を速やかに開いたりと、対応が速かったですね。 これは冗談ですが、 広島 は住んでみたい地方の二位ですし、この投稿のかたにもというだけではないですが、 広島 の 卵 での 卵かけご飯 を食べて頂きたいですし、また良くなれば良いかなと思います。 上は地元局である 5up! という ニュース番組 を観てのことですが、最近は同 ニュース番組 も、注意喚起のことも増えていますし、そ