スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

【メディアで扱われている小室 圭さんについて】

【メディアで扱われている小室 圭さんについて】
この投稿は、何年か前からのものと、特にここ最近の、2019年は5月の8日と、同年は同月の11日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
この投稿では、テレビやネットなどのメディアで扱われているところの、小室 圭さんについての反対意見の一部を記してみようと思います。
また、このブログと別ブログの性質として、例によって、誰ぞとの関連を記してもみようと思います。
ここでは、ざっとの流れは扱いますが、それぞれについての詳細は省きますので、それらにつきましては他のメディアをご覧下さい。
まず、最近のことですも、小室さんの代理人とされるかたが、フジテレビニュース番組であるバイキングで放送をされたことに対して、次の日に、テレビの勘違いである旨補足コメントを出しているとの読み物がありました。
それによると、
《小室さんは弁護士になるとは決まっておらず、企業に就職をするかもしれないし、起業をするかもしれず、今さら(全く別の)ことはないでしょうけれど…》
とのものでした。
補足コメントは、上の言に対しての、ニュース番組であるバイキングの出演者の、
《じゃあ何で留学をしたの?》
というコメントに補足をしたものであるようで、
《そのような意味合いのコメントではなかったが、言葉が切り取られて、そこだけが放送をされたのかもしれない》
旨ありました。
細かい箇所は、当日の放送を知ってのかたや他に譲りますが、大体の流れとして、このようなことであったそうだ。ということです。
*この次の週の月曜日にも、該当番組では、この話題でした。
別ごとでメッセンジャーに記した時間帯にあった、ニュース番組であるバイキングの次の時間帯にある、同局のニュース番組であるグッディでも、代理人とされるかたによるこの補足コメントと同じようなことが放送をされていました。
それによると、
《弁護士資格を取ったからと言って、日本とは制度が違うことからも、必ずしも弁護士として活動をするわけではない。》
などです。
フジテレビニュース番組であるバイキングでは、小室さんの代理人のかたと、もう一方の代理人のかたの、両方の連絡先を知っているので、小室さんの代理人のかたが、連絡を取れないとしていたことも、バイキングが連絡を取ってあげれば幾らかは解決をするのではないか?として…

【ホリエモンロケットが無事に飛んだそうです】

【ホリエモンロケットが無事に飛んだそうです】
この投稿は、2019年は4月の4日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
ニュース番組であるスーパーJチャンネルより。
テレビの放送を観てのことですも、ここ最近ですが、北海道のほうでも、風が強かったことなどからも、ホリエモンロケットmomoが、発射の延期となっていたそうですが、無事に飛んだそうです。
民間の単独としては、国内初であるとのことです。
延期となったことですが、これについては私的にもブログ的にも良く、きちんとなるほうが良いわけですしね。
延期も良い意味ではないんですが、【低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け】との関連がありますね。
その後にも何度かそのような感じになりましたし、昨年は北海道での事故や地震もありましたから。 そうではなくとも、最近は、選挙や改元がありました。
もうひとつ思うことですが、ロケットが横になっているところの放送があり、それを観てのことですが、この部分は座薬みたい… まぁ、私は堀江 貴文さんを弄れるほどの者ではありませんので、あくまで冗談です。
きちんと記せば、堀江 貴文さんが、インターステラテクノロジズISTに出資をしている。ということです。
余談ですが、このロケットも《m》ですね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase
/*-----
【2019年4月7日 追記】
ここで記していることは、自然界による機構の話です。
その前にですが、ホリエモンロケットのこと以外で最近アクセスが多い読み物は、
場所が違う過去と現在の類似点と相違点
位相や方向について
時間について
です。気が付いたことですが、この文言はそのまま、時間についての物理学のひとつの例えとなっているんです。
*別記を致しますが、時間の跳躍についての投稿をした後に、2018年の末のBBCニュースのネット版を読んで、やはりそれは可能であると思うに至りました。
今の段階で公開をできるだけのことは、ブログでも事例を出しています。
過去と現在の類似点と相違点は、比較の問題で、時間ではありませんが、文言を辿ると、そのような例えとなっているわけです。
要するに、ホリエモンロケット関連はこういうことです。
ホリエモンロケットにあった落書きの、《ひふみ》についてですが、昔に近所にあっ…

【時間の跳躍について】

【時間の跳躍について】
この投稿は、当ブログがはじまる当初よりと、それ以前の2年ほどで考えていたことや、メッセンジャーへの雑記をブログ用に纏めたものです。
この投稿では、投稿をはじめた当初より当ブログに落とし込もうとしていたところの、事象時間のことのうちの、時間についてのことがらを記してみます。
時間の跳躍についてです。
但し、私は神様の否定をしているわけではありません。
まずのその前にですが、昨年は様々なことがあった年ですので、警視庁捜査支援センターSSBCの性能と同じようなものとして成っているブログには、有り難いですね。
様々な国や機関や個人があり、様々なかたに、そのようなものを、なるべくの資金を掛けずと作る方法のひとつの提示をすることができもしたわけですから。
*勿論、本来のもののほうが大事であり、そちらを頼りにするものであることは、言うまでもありません。
テレビもSSBCと同じようなものを持っているかもしれませんし…何らかの意思決定システムのようなもののことで、仕事がらの人の経験として、この論理的な思考推論のあたりをつけることに優れているかたもいますね…それも警視庁のものとそこまでの差はないかもしれませんが、ともあれ、使いかたに指針のひとつができ、そのようにも使えることのマニュアル的な理解と提示ができたことと、このような汎用のものを、どのようにして作るのか?という問いにも応えることができましたことは、大きいことであろうと思われます。
ここから下は、大体は出きている。としたことのうちの、現在記すことができることの一部です。
もし、予知予言というものがあるのであれば、ここ1年と少しで…実際にはその何年か前からのこともですが、手探りなりとそのやりかたをコンピューターに落とし込んでいたことが、自身にとってのモデルケースにもなりました。
このようなことを進めて行けば、この分野についての解明もできようかと思われますし、どのみち、自身が行なっていることと関連をしていることを記していますので、他がこの分野の匙を投げようとの同じことです。
この分野は、エジソンが晩年に研究をしていたとされる分野とも似ていますが、科学が禁断の領域に入っても良いのか?という意見もあることなどもあいまり、事象の部分は少しずつとさせて頂きます。
まずはフジテレビの番組であるワイドナショーに出てい…

【警視庁捜査支援分析センターとブログの近似性】

【警視庁捜査支援分析センターとブログの近似性】
この投稿は、日本時間の2019年は4月の30日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
当ブログですが、警視庁捜査支援分析センターSSBCとの近似性があることが分かりました。
勿論、画像や動画、ビッグデータや人員の良し悪しでは掛け離れていることとは思われますが、基幹性能としては、近いものであることの確認ができました。
ブログやメッセンジャーの幾つかのこともありますが、取り敢えずですも、️ynimkの最近の幾つかのことを下のリストで示します。
【民放各社の動画配信サイトへの不正アクセスについて】【浅草の雷門の前でのお金をちょーだいという脅しについて】【経済産業省のキャリア官僚と賊の関連】【タイガーウッズの復活】
これは意味合いが違い、悪いことではないです。【東京のお茶の水の学校での事件について】 などです。
その前の幾つかのことなどを読まれると、より分かりやすいかと思います。
ma1d3n
Facebook yositaka akase