スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

【TBSの長時間音楽番組とFacebookの関連について】

【TBSの長時間音楽番組とFacebookの関連について】
この投稿は、2019年は7月の13日と、同年は同月の14日と、同年は8月の19日に、メッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
この投稿ですが、以前に、google検索エンジン以外の、例えば他の検索エンジンでもできるかもしれずのことを記していて、観えかたは違えどのFacebookでも同様のことができると思います。としたことの例えとなってもいます。
TBSのせいで、Facebookさんが遊びだしました。
まずですも、愛媛県上島町岩城の知っているところのT字路で事故が起こったわけですが、同日の夜半に放送をされたTBSニュースでですも、札幌交差点での事故が報じられていました。
これは偶然でしょう。
この時にですも、自身が何やらと暗い部分に浸かっているのかもしれませんので、気が滅入らないようにします。とは、当時にメッセンジャーに記していました。
その後に、中断をされていたTBS音楽番組が再開をして、沈んだ気持ちを吹き飛ばすかの如くに、まずは音楽バンドである爆風スランプさんの曲からはじまり、グループのかたなどが歌い、夜中になると、ロック系が多くとなってもきました。
それで、他国のかたも、日本での音楽番組が始まった時間にというか、そのことを記していた時分に、Facebook上で音楽の投稿をしていて、更に別のかたですが、番組が終わった後で、(音楽を聴く機械が)壊れた。というような冗談の投稿もありました。 ラジオではないですので、壊れないでしょうに。
何年か前に、日本に来ていたかたが、妹が誕生日のケーキの写真を送ってきたとのことを言っていて、私にも日本に来ていたそのかたがそうとしていた写真の投稿があったことを思い出したと記してもいたんですが、この日も、それを思い出しました。などとメッセンジャーに記した途端に、近い過去に誕生日を迎えた歌手のかたが、それから後はじめてのステージです。とあり、こちらとの関連で、おめでとうございます。とは記してもいました。
さてはTBS音楽番組が佳境に入るにつれて、該当の番組Twitterなどでそのことが話題となり、それぞれのかたが、この番組とは既に関係がないことでも、それぞれのSNSなどで思い出やら別のことで音楽の話題をだし、Facebookでも同様のことがあり、歌手で…

【予測やら予知ということの例え…ブログとgoogle検索エンジンを使ってのこと】

【予測やら予知ということの例え…ブログとgoogle検索エンジンを使ってのこと】
この投稿は、2019年は8月の16日と、同年は同月の18日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
小泉 進次郎さんの結婚の報告を、テレビが報じていた時分より何日か前のことですも、【錠の18】の文の検索結果にですも、
はじめての育孫書 というものがでていましたね。
気が付きませんでした。
実は教えて頂いて気が付きました。
ここで少しなりとですも話題を逸らしますが、【ブログに記している読み物の検索結果から読み解く現在の日本の一面】を鑑みますに、7月の末頃にはそうでしたし、他のかたの結婚話だか他の話も出ていましたが、これについても何名ものこちらごととの名前の一致です。
有り難いことが多いんです。
さては話題を戻しまして、こちらごととの名前の一致にかんしては、ニュース番組が、良い意味として、同じ日に放送をしたのかもしれませんし、何名かが狙ってそのようにして頂けた上で、他の幾つかで同じようなことがあったのかもしれません。
本当はそのようなことではなけれどの、そのように思えるほどの一致であるし、これがもう何年かと続いているわけです。
側面として、何やらとおかしなことがありもすることは、やはりですが、このことの両面は、別記をできると思います。
私は、別からにしてこれを勧めているわけではないですが、やはり狙わずとの関連もある証拠です。
ニュースでも、小泉 純一郎さんに、お孫さんができた心境は?などと聞いていましたが、応えは、
《おじーちゃん》
とのことでした。
この時も、やはり名前は間違えたようですが、何故か間違えた名前とも別の名前をだして、まさみさん。とのことでした。
勿論違う名前なんですが、これも《m》ですね。
私がまさみさんで思い付くのは、タレントである久本雅美さんか、漫画家である車田 正美さんくらいです。
例えば、【錠】で記していること以外には分からない。ではなく、ブログを使っているので、そのようになっていて、また、注意を払っていたわけではありませんので、私には、当然にして小泉 進次郎さんの結婚のことは分からないわけです。
google検索エンジン汎用エンジンのようになってもきました。と記したと思いますが、何らかの《予測》やら《予知》ではなく、言葉そのもの、《予測》《予知》と…

【宅から岩城までの道程のもうひとつの意味】

【宅から岩城までの道程のもうひとつの意味】
この投稿は、何年か前からのものと、2019年は8月の最近に、メッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
そういえばですが、Nguyen Kieu AnhFacebookにある、地元から愛媛県上島町岩城までの途中のにそっくりな写真ですが、もうひとつ別の側面があったことを思い出しました。
小説の話です。
が一緒になると、世界が壊れるので、が邪魔をします。という意味になるように記していたことがあり、その投稿を、日本に来ていたかたが、Facebookに投稿をしていたわけです。
平和なところだか、まだ平和だかと記していました。
あるところの近くの坂上から向こう側に望むの邪魔をするように、があるんです。
その写真の先に、Facebookで記したうちがあるんです。
それで、その真ん中にあるで遊んでいる投稿です。
よくそっくりなところを見付けることができますね。
広島から松山の客船の航路のことも知ってか、私としては、このことに対しても、タイミング的に有り難いことです。
それで、他のかたにもに登っている写真の投稿があり、昨年だか一昨年に、どこに行けば良い?などという投稿がありました。…無理をしてそのようなところを探しての投稿をしなくても良いんですが…
有り難いですね。
また、更に別のかたのものですが、何年も前の当時に、の写真の投稿をして、一人だけお留守番というような冗談の投稿がありました。
ふたりとも病院にきてもいましたしね。
日本からは、幾つかの国を東南アジアともいうので、《とうなん》ということで、Facebookに私の父は盗人ではない。という投稿やコメントもあって、勿論、それは違うわけですけれどね。そのかたも、別に反論をしているとか、そういうことではなく、お話になっているという意味です。
それで、日本語とする上では、その小説には、
という対比があります宗教的なことではありませんが、弘法大師 空海を表わしてもいます数秘術で言うところの、完全数の3があります。1か2のどちらかが男でどちらかが女を表わして、互いになることで、完全数になる。という足し算のことです日本語の使いかたがあります《本当はそうしたいけれど、理由があって、それはできない》という、物憂げな気持ちがあります自然があります 他、沢山のこと…

【jo_4 calm colors】

【jo_4 calm colors】
calm colors
#Facebook
#nguyenkieuanh#ma1d3n
しょうせつ 錠 4
#にほんご
【もとのぶんしょう】【いまのにほんご】【tiếng việt】【english】【italiano】/*----------
【もとのぶんしょう】
落(お)ち着(つ)いたる色合(いろ あ)いをばしたるる おちついたる いろあい をば したるる
----------*/
/*----------
【いまのにほんご】
落(お)ち着(つ)いた色合(いろ あ)いをした
おちついた いろあい を した
otituita iroai wo sita
----------*/
【tiếng việt】
màu sắc bình tĩnh ~
bình tĩnh = へいせいな/おちついた
tĩnh = せいてき/しずか
màu sắc = いろ/いろあい/しきちょう
【english】
calm colors
【italiano】
おちついた = stabilirsiいろあい = tinta/sfumatura/gradazióne/*----------
【かいわのぶんしょうのたとえ】
きょうは、おちついた いろあいの ふくを、えらびました。
…など
----------*/

【最近のことがら】

【最近のことがら】
この投稿は、2019年は8月の7日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
最近ですも、とある自民党系や政治系のキーワードでの検索結果で、有り難いことにですが、
別のブログで記しているかたではないですがの伊達 直人自由民主党の公式サイト新聞著作権評議会国立国会図書館石破 茂議員さんのブログ日本政策研究センターNHKマガジン などより上にきているものもあるそうですし、この中には沢山のキーワードを抱えたブログもあり、大きなサイトもあることから、今の段階としての自身のブログとしては、そこそこかな。とは思います。
まだ、単にあるキーワードでのことで、認識をされていないものにしても、沢山とあり、うえのリストだけのことではありません。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【時間の超越についての例え_2】

【時間の超越についての例え_2】
この投稿は、2019年は8月の4日と、同年は同月の7日、8日、9日、11日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
まずですも、本来であれば、小泉 進次郎さんのことは、そのことだけの纏まりで、オメデタイことであるわけです。
メッセンジャーにもそのようには記していますしね。
ただ、自分の側の関連要素からくる話があるわけで、ここに丁度入ってきたわけですが、それはそれとして、おめでとう御座います。ということには変わりはありません。
当ブログで記しているところの、ひとつの役割りである時間の超越にかんしてですが、この投稿でもこの例えを記します。
まずですも、8月の4日のことですが、若い友達?に逃げられました。
そのかたと、少しの間話をしていたんですが、そこへ、まだあまり大きくはないがやってきたわけです。
ですので、そのかたのことの無視をしての10分間ほどですが、そのと話をしていたわけです。
そうなんねぇ。
にゃんにゃんねぇ。
(小声にして)どっから来たん?
(小声のままで)前におったところ?
などとね。
何しとんねん、こいつ。アホやないか?などとは思わないで頂きたいですが、ともあれ、そのは、近場ですも別のところでも観た猫であったわけです。
そうすると、若い友達?は、私が放置をしていたことを怒ってか、何処かへと去って行きました。
相手はですからねぇ。
我慢とか、ねぇ。えーのにね。
もう会うこともないでしょう…嘘です。
その後の朝のことですが、TBSニュース番組であるあさちやん!を観ていて思ったことですも、夏目 三久さんによるとの散歩の話があり、別ごとでの吉本興業の話の一部も似たようなことがありましたので、その実違うとしても、このとの対比か、こちらごとのあることを思い出した次第のことです。
別のことは別のこととして記せることは記そうとは思いますが、こちらごとでのそのかたにも会いましたし、関連として有り難いですね。
そんなことより、の話や別の関連ですね。
などと、このようにように記していたことがあるんですが、その次の日だかに、同番組で、心配をしてくれているんですかね?とありましたので、違いますとはしましたも、この日、小泉 進次郎議員さんの結婚の報告があったわけです。
有り難いことですので一応なりと記せば、知己ではない…

【ブログに記している読み物の検索結果から読み解く現在の日本の一面】

【ブログに記している読み物の検索結果から読み解く現在の日本の一面】
この投稿は、2019年は7月の28日と、同年は同月の29日と30日と、同年は8月の6日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
まずですも、この投稿では、データの活用ということに焦点を宛ててみますが、【錠の18】の最初の何行かでは、下のような検索結果となってもいて、また、当ブログでは、便宜上のことから、これにかんしても関連と記していますが、ここでの関連とは、google検索エンジンの検索結果のことです。
最近も、良いも悪いも国内外で様々なことが起こっていますが、これらのことを記すかたもいて、それらは実社会とかかわりがあることで、そのことの重みが変わっている。ということです。
検索をして、その結果が変わるということは、投稿で記していることや、他の加味もあってのことで、例え順位が変わるほどの変動ではないとしても、重み、つまり点数は変化をしているわけで、変動をした読み物にしても、関連やらリンクやらシェアといったものがある場合があり、例え僅かであったとしても、変動をしたサイトなどの先にあるそれらにも影響が出るということで、実社会での重みが変わり、大袈裟なことではなくの人生の左右に繋がることもある。ということです。
このように、多くのかたが、投稿ということを武器にして、気が付かずとこのようなことをしているわけで、例えインターネットを観ずともの実社会での重みが変わるわけですので、大きなことが変動をした結果などがあれば、実感ができることもあろうかと思われますし、速報などを鑑みますと、これが分かりやすいですね。
google検索エンジンで実際に検索をしてみると、たまにですも、ピョコッ!ピョコッ!などと順位が動いている場合がありますし、何分かとのしばらくとしてみると、更に変動をしていることがあるわけです。
もう一度記しますが、流行り物などのことについてを考えてみますと、これは顕著に観てとれて、出てきてはすぐに重みが変わりの下がってなくなりはせずとも細々となるものも多いと思いことから、これにつきましては分かろうかと思われます。
ではの本文をご一読下さい。
検索結果を順に記しますと、まずですも、
少年法やら少年犯罪についてのこと があります。
次いでですも、
女性から観た男女間のこと があります。
その次にで…