スキップしてメイン コンテンツに移動

【TBSの長時間音楽番組とFacebookの関連について】

【TBSの長時間音楽番組とFacebookの関連について】

この投稿は、2019年は7月の13日と、同年は同月の14日と、同年は8月の19日に、メッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。

この投稿ですが、以前に、google検索エンジン以外の、例えば他の検索エンジンでもできるかもしれずのことを記していて、観えかたは違えどのFacebookでも同様のことができると思います。としたことの例えとなってもいます。

TBSのせいで、Facebookさんが遊びだしました。

まずですも、愛媛県上島町岩城の知っているところのT字路で事故が起こったわけですが、同日の夜半に放送をされたTBSニュースでですも、札幌交差点での事故が報じられていました。

これは偶然でしょう。

この時にですも、自身が何やらと暗い部分に浸かっているのかもしれませんので、気が滅入らないようにします。とは、当時にメッセンジャーに記していました。

その後に、中断をされていたTBS音楽番組が再開をして、沈んだ気持ちを吹き飛ばすかの如くに、まずは音楽バンドである爆風スランプさんの曲からはじまり、グループのかたなどが歌い、夜中になると、ロック系が多くとなってもきました。

それで、他国のかたも、日本での音楽番組が始まった時間にというか、そのことを記していた時分に、Facebook上で音楽の投稿をしていて、更に別のかたですが、番組が終わった後で、(音楽を聴く機械が)壊れた。というような冗談の投稿もありました。 ラジオではないですので、壊れないでしょうに。

何年か前に、日本に来ていたかたが、妹が誕生日のケーキの写真を送ってきたとのことを言っていて、私にも日本に来ていたそのかたがそうとしていた写真の投稿があったことを思い出したと記してもいたんですが、この日も、それを思い出しました。などとメッセンジャーに記した途端に、近い過去に誕生日を迎えた歌手のかたが、それから後はじめてのステージです。とあり、こちらとの関連で、おめでとうございます。とは記してもいました。

さてはTBS音楽番組が佳境に入るにつれて、該当の番組Twitterなどでそのことが話題となり、それぞれのかたが、この番組とは既に関係がないことでも、それぞれのSNSなどで思い出やら別のことで音楽の話題をだし、Facebookでも同様のことがあり、歌手である中川 翔子さんの、アフリカ系のところに行っていたとの言と、ブログとの関連や、ここにも《m》と《k》の話がありました。

西川 貴教さんも、久し振りに観ましたし、その後にフジテレビワイドナショーにもでていましたね。

と、ここで思い出したことですが、ペットが捨てられて拾われている漫画があったんです。
このペットは人間ですよ。

それで、ぽっくんもペットね〜!などと言っていたわけです。

そうです。
ペットというポジションがあったんです!
冗談ですよ。

これの意味ですが、日本人の揶揄とは違い、例えば、その国のかたから観ての外国人がその国に家を買おうと思えば、赤い紙というか、その証明書があるほうがよく、それでも高いわけですが、後々のことを考えると、マンションなどを買うほうが更に高いわけです。
加えて、例えば、家はいずれはその国に渡さなければならずのことがあるわけです。
ですので、その国のかたと例え結婚をしたとしても、その国のかたの国籍はそのままにして、名義をそのかた若しくはそのかたの親族などとしておくほうが無難であるわけです。
というような意味合いです。

遊びのこともあるわけです。

いつであったか、成龍Nguyen Kieu Anhと私のFacebookで、旧正月に掛けてと、家を買うことでの、Nguyen Kieu Anh成龍に幾つもの家を買って頂いたという、冗談のことと、その国の税金のことで面白い投稿があったことを覚えています。
有り難いですね。
当時からの、一般のテキストとは違う、楽しくやら退屈凌ぎの、遊びも兼ねた勉強などでのことがあったりとはしましたしね。

私ですが、当時に、取られたね〜。としていたことを覚えています。
誰を???あくまで冗談ですよ。

この辺りは誤解を招く表現があるかもしれませんので、記せることは記せば良いであろうと思います。

また、冗談から、愛媛県の田舎に家を建てれば良いともなっていましたので、土地の幾つかと山があって、そこに来ても良いよとはしてもいましたし、田舎の一般人の30代では普通の給料であったと思いますので、話の種に、当時のことですが、日本人のかたには、愛媛県上島町弓削というところのフェスパの近くにであれば、庭付きの新築一戸建てが一括で買えるかも?とはしていたことを思い出しました。
あくまでFacebookの冗談からのことです。

単に、捨てられて行き場がないので新たなご主人様に拾われた。という漫画ではなくてね。

最近の日本に対しては、どうか?と思うこともありますし、それぞれに面白いことをしていますので、たまにはこうでなければね。とは思います。

さては話題を戻しまして、FacebookAIが、何日か前にした私のFacebook友達の、カラフルな幾つかのサンダルだかスリッパを輪にした投稿を一番上に持ってきたわけです。
これもTBS音楽番組との関連となっていて、その後に大団円。ということになっていたんです。
そのかたの投稿の文言には、H.Mとあり、私が、最近はハードロック/ヘヴィメタルを聞いていないのでアホなのかも?いや、アホのほうが良いかな?などと記していたこととの関連でもあるわけです。

上はインターネット上でのことですし、その番組だけのことではなしの様々な要素がありますので、それらについては、記すまでは分からないだけなんです。

このことで、何やらとしたこと…今治のことが関連付きもして、それは良いも悪いもありの関連です。
それにつきましては別記を致します。

また、この投稿は、タレントさんは莫大なお金を稼ぐと同時に、当人様の知らないところで、それよりも莫大なお金の動きが発生をしていることの例えとして記してもいたことです。
ですので、危険なかたと関係がなくとも、どこかにそのようなことがある場合もある。とね。

例えば、歌手の場合ですと、CDが100万枚と売れれば、ほぼ無条件で次がある時代があったはずで、

  • CDを作るところがあり、これには、CDそのものやら音源のことがあり、パッケージやらもあります。写真や絵などの加味がされた歌詞情報があります。
  • スポンサーがいます。
  • プロデュースをするかたやディレクターと呼ばれるかた、様々なかたがいます。
  • 自分たちで曲を作らないなら、作るかたがいます。
  • 小売店などにおろすところや、小売店があります。
  • ライブやコンサートの時分のスタッフやバックバンドや観客がいます。
  • 広告があります。
  • 雑誌やら新聞があります。
  • ファンがいて、音楽を聞くなりとして触発をされたそのファンの行動などがあります。

などと、これ以上のことがあるわけですよね。

華やかであればあるほどに、ぶら下がりやら共同というものも多いわけで、まだまだ数え切れないほどに莫大なお金の動きがあり、そのどこかに危険を孕んでいることもある。ということも記そうと思っていたわけです。
お金の動きと人の動きのことです。

別からにして、芸能というものでなくとも、記しているようなことなどもそうですね。
他のかたが記しているようなことも、そうですね。

余談ですが、ここで問題があります。 夏目 三久さんの結婚の話は、2016年のことであって、嘘か真か、当時の新聞事務所の関係が取り沙汰をされていたわけです。
それが、何故、2019年のことになっているんでしょうか?

少しずつ記しますが、ひとつの可能性としては、現在は元に戻っていますも、私の年齢が、当時にして3歳か4歳と若くなっていたことがあります。
他は、私が勤めている年月は、違うかたが勤めていた年数であったこともあるわけです。

このようなことの幾つかと、幾つかの芸能のことがかかわってもいると思います。
*私は、そのように、有名なかたを巻き込むような者ではありませんので、別の意味合いがあるはずです。

ひとつは悪ふざけで、別のひとつはそれ以上のことで、別のひとつは、何やらと隠さなければならないことがあるんでしょう。という応えに至ってもいます。
まぁ、考えすぎでしょう。
言い訳にすることもおこがましいですが、このようなことから、我慢をしてやってもいるときがあれど、元より拙い文章が余計に荒れることもありますね。

このようなことなど、何年か前からのおかしなことから、たまにですも、もう日本は要らないので、それ以外の国があれば良いと思うこともありますね。
それではいかんのでしょうけれど、ごくたまに、そのような考えになることもある。というくらいです。

そんなことより、昔の成龍は、F-1ドライバーであるジャン=アレジだかの奥さんになった後藤 久美子さんや、沢山のかたのことを、すきすきいうてたんですよ。
ねぇ。
このかたは、世界的なスターであるに、偉ぶらないですね。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【廻 外側をまわること。回転ということ】

【廻 外側をまわること。回転ということ】 この投稿は、2021年は5月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 投稿のタイトルをこのように致しましたは、 銀河 の外側と言いますかの星は逆に周っているそうであり、 組成 やらも違うそうでありますのことからにです。 小泉 進次郎 さんの数字は、 税関 のところのことではなしに、別の、 製作所 のものの年齢といいますかでありませば、そうであるのかもしれません。 他のかたの、11という数字も、 サッカー のことではなしに、 製作所 という意味でありませば、そうですね。 そのまま色んな数値。不思議なことに、と言っても 論理学 と言いますか、 数学 ですね。があるわけですが、どちらにしろ同じ解になるんです。 上と話は変わりますが、うちの者が一緒にいたかたですが、それまでは違ったそうですが、 電気技師 さんかな? タクシーの運転手 やらもしていて、聞いた話と致しましては、昔のお店の頃に、外で倒れそうとか、大変になっていたとのことであり、そのかたの妹さんもいっときお店を手伝いにこられていたりですし、 めざましテレビ にも 天気 を読むかたがいますけれど、それも別に手伝いに来ていたかたの名前と同じであるわけです。 燃えた話やらの... 何の話でありますのかと記しますと、 税関 のところの元にも、亡くなったそうですが、 タクシーの運転手 がいまして、 日本 に来ていたかたが出てきていましたのところ、 ひろしま満点ママ!! のかたが会話をされていましたの 桟橋 、私が小さな頃に海に落ちて流されて、死ぬかなと思っていたところを助けて頂いたのも、違うかたですも タクシーの運転手 と丁度返ってきた 漁船 なんです。 他国のかたとの話で、昔さわか池に落ちたということは、話を合わせて頂いたのかも。というものです。 冗談ですが、同国のかた同士、何年間か一緒にいなければどうとかという Facebook の投稿もありましたしね。 知ってのことでありましょうか知らずのことでありましょうか、偶然か必然か、上は助けて頂いたところを助け、ではないですが、 回転 です。 なるほど。若い頃はみえているようで、その実何もみえていないこともあるんですね。 この

【探】

【探】 この投稿は、2021年は6月の4日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 新しいのができました。 依頼があったもので、自由に使っていいとのことであるそうです。 これを メッセンジャー に纏めましたの時分はですも、時間がありませんでしたので、また時間があるときにでも、簡単にしておこうと思います。 /*——- 【探】 殊な文字をば記しますこと能わずでありまして其は見分けるもできずもですが引く符がありませばそれ少しばかりと明るみになりましょう。 ——-*/ このように記しています。 特別な文字 は記すことも見分けることもできず。 ですが、何かのしるしがあれば、少しは見えるようになるでしょう。 実は データベース の 文字 のことです。 殊 = とくべつなこと 識別 = 見分けること 符 = 約束のあるしるしのふだ ①旧約/新約聖書の、ある神様の名前で、発音をしてはいけないものがありますね。 聖典の派閥や他宗教がいけないとしているわけではありません。 ②あることを突き止めようと思えば、足し算ではなく、次第に狭めていく引き算ですね。 covid-19やブログではその前のものもそうですね。狭めて絞るという。 ③丁度PostgreSQLというデータベースのことで、特殊文字記号についてのことが言われましたので、それです。 特殊文字記号 について あらかじめ定義をされた文法的な意味を持った文字 のことで、 識別子 には使えませんが、 引用符 の使用をすると使えるというものです。 特殊文字記号は、SQL文の、《句読法》に使用ができるものと、識別子や定数への演算の実行をする、《算術演算》や《論理演算》や《比較演算》があります 。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々