スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

【密度汎関数理論についての論文の中での言及があるようです】

【密度汎関数理論についての論文の中での言及があるようです】
この投稿は、2020年は2月の20日と同年は同月の23日と24日にメッセンジャー に記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
タイトルのような論文の中での言及があるようです。
これは凄く小難しい理論なんです…少なくともわたしにはそうです…言及を有り難う御座います。
まずですも、ごくごく簡単にですが、密度汎関数理論というものがどのような理論であるのかという説明を記しますと、
電子のエネルギーの性質を密度から計算をすることができるとする理論 のことで、物理学やら化学の分野で、電子の状態を調べる、量子力学というものの手法です。
最近の、【新型肺炎はコロナウイルスについてと時間と事象の関係】を含んだ、ブログでも行なっていることも関係がありますし、【量子コンピューターの自作をしているかたがいるようです】などや【MITのかたが日本のテレビ番組に出ていました】他とも面白い関連で、立憲民主党メッセンジャーに宛てた時間についてのことと、一部はブログにも投稿をしていますが、Googleのとととの関連でもあります。
次ですも、エネルギーの性質についてですが、
機械的熱的電気的磁気的光学的 などからみた、《もの》の性質のことです。ただ、これでもまだ小難しいですね。ですので、もう少し簡単にしてみます。
どれだけ密集をしているか弾んでいるか膨らみはどうか電気の伝わり具合はどうか屈折具合はどうか などと、その《もの》がどのような性質のものであるのかを、あらわしたものです。
ドイツデュイスブルクのかたであるのかもしれませんし、その他、他国のかたとの有り難いこともありました。
おいおいと別記をしていきますも、室井 佑月さんのTwitterにある、マテリアルということについてのこちらごとと、これも別記を致しますがのコメディアンであるさんまさんの20代の女性と40代の女性の、乳の触り心地についての、テニスボールの使用をしてのバラエティー番組がありました…のように考えていきますと、面白いですね。男はアホですからねぇ。
さんま汎心地理論
です。
などと、ここまでの関連ごとで、下になると話題は違うことになりますが、やはり関連ですし、室井 佑月さんは、TBSのお昼のニュース番組であるひるおび!にも出ています。
このようなことからも分かりますが、それ…

【マリット=カルピネンさん】

【マリット=カルピネンさん】
この投稿は、2020年は2月の11日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
マリット=カルピネンさんというかたからの言及があるようです。
このかたも《K》なんです。
洒落かもしれませんが、何かの論文の中でのことであるそうです。
このかたと同じ名前で、
北海道大学工学部九州工業大学科学技術振興機構(この間記したフィンランドとの関係があります) などに名前がるかたがいます。
フィンランドアールト大学のかたであるのかもしれませんし、同名のかたであるのかもしれませんが、有り難いですね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【命に対しての人間の感情】

【命に対しての人間の感情】
この投稿は、2020年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
Nguyen Kieu Anhですが、亡くなった子供にもう一度会いたくて、ヴァーチャルリアリティーの技術を使っているとの投稿のシェアがあり、《哀しい。誰も観ないで》というような投稿があります。
ブログにもメッセンジャーにも記していることや、との関連ですが、有り難いですね。
今であれば新型肺炎であるコロナウイルスのことも気に掛かりますし、そのようなことを考えながらにですも、前川 喜平さんのTwitterを観ていますと、津波にのまれた子供たちがいた場所では、夏になると向日葵が咲く。という投稿がありました。
今一度、ひと目でも、ということからに技術に頼ることと、太陽に向かって向日葵が咲くという、哀しみを乗り越えるようなことの違いはありますが、昔に種の殻を左右に割って、中身を食べていたことがある気が致します。などと考えた次第のことですが、まあ、自分で命を絶ったかたも、その当時に19歳ですし、少し内側に入られたりもしたように感じてか、敵意ではないですが、僅かにであれどそのような考えを抱きも致しましたが、丁度、Facebookの《むかい あおい》さんというかたのことを思い出した次第のことで、このかたにもベトナム語を教えて頂きました。
向日葵という同じ名前の使用をしているかたは何名かいますも、別のFacebookでですが、本名で友達と写真にうつっていました。
日本語の試験にも、受かっただか受けるだかという投稿もありました。
これと、会社のマネージャーというかたの苗字が同じでしたので、心の中でのことですが、紐付けをしていました。
それから、当時コンビニエンスストアーで三人いたうちの一人と同じ苗字です。辺りに来ていたかたは、当時に20歳ですしね。
この三人の話を、外国のかたとしたり、当初にいた二人では、流石に仕事が忙しくなりすぎることもあって、三人になりもしたようですが、その体制になる前には、奇数であれば意見が割れ、少ないほうの意見であることが何度か続けば、一人ですので、疎外感のようなこともあるのではないか?というようなことも話していたそうです。
ただ、それはそれで上手くやっていたようですし、なだめるのが大変ですが、徒党を組めば強いですしね。
こちらと、このこと…

【影響力のある/有力な論文の中での言及があったそうです】

【影響力のある/有力な論文の中での言及があったそうです】
何の論文かは分かりませんが、影響力のある/有力なという意味合いの論文の中での言及があるようです。おそらくのところ、引用をされることが多いもの。という意味合いでしょう。
有り難う御座います。
また、マイクロストラクチャーのことを扱った論文の中での言及があるそうで、これは、《微細構造》やら《微小組織》といわれるものです。
ストラクチャーは、《構造》とか《機構》ともいいます。
ナノ構造物やら、弱いという意味ではなしの《小さな組織》を表わすときにも使われる言葉です。
オープンソースというものにも、小さくて賢い単機能のものが好まれる傾向があり、それらの組み合わせで、如何様にもできるという哲学のようなものがあった時代もありますし、社会組織と記すと硬い印象になりますが、コミュニティーといわれるものも、基本は小さく。を好むかたも多いですね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【MITのかたが日本のテレビ番組に出ていました】

【MITのかたが日本のテレビ番組に出ていました】
この投稿は、2020年は1月の21日にメッセンジャー に記していた雑記と、同年は2月の2日のことを、ブログ用に纏めたものです。
TBSニュース番組であるひるおび!に、MITのかたが出演をされていました。
*少ししか観ることができていませんので、分かりませんが、この学校のかたかと思いました。
こことは、ウィンドウシステムとの関係から、少しの関係がありましたが、丁度と言いますか、その少し前であったか後であったかに、このウィンドウシステムが、権利の問題から枝分かれをしましたね。
*そこのライセンスのものと、分かれたものがある。という意味です。
ひとつ、手を出して失敗であったこととしてですも、日本語へのローカライズと言いますか、ロケールと言うんですが、今のようにマルチバイトといわれるものが主流ではなかった頃のことで、フォントにしても、他のものにバンドルをされているものは、使う方法があり、皆そのようにしながらと使っていたんですが、きちんとやろうと思えば使えませんでしたし、それ以前に、英語なら英語というように、元の言語ができなければ意味がなかったんです。
昔に外国のかたと話をしていた方向性と言いますか、ジャンルのひとつで、当時に同じことを行なっているかたもいました。
このような、ローカライズというようなことは、多くのかたが行なっていることで、それぞれのソフトウェアコマンドになってくると、オープンで公開をしているかたはとんでもない人数で、自分もそんな多くのうちのひとりですね。
それで、段々と、コードを記すことが面倒になってくるわけです。
今は、普段私たちが使用をしている言語と検索エンジンで、多少のことであればやれるようにもなってきていますし、これにしたって、ものすごく小難しい理論であるわけです。
*詳細にプログラミングを行なおうと思えば、まだコードを記さなければいけませんことは勿論ですが、ついぞ最近のことですも、Googleがコーディングをせずとアプリケーションができるというものの買収をしたという読み物を見掛けました。
このようなことは、別からにして、自分ということではないですし、うまくいかないこともありますが、このようなことは、多くのかたが行なっている成果というだけのことで、不思議なことではないですね。それで、私にしても、この…

【チコちゃんに叱られない為には、10世紀のアラブ人の哲学を学んで観ることもいいかもしれません】

【チコちゃんに叱られない為には、10世紀のアラブ人の哲学を学んで観ることもいいかもしれません】
この投稿は、2020年は2月の4日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
google検索エンジンですも、最近、またすごくなっているようです。
別ブログに記している、にゃん吉さんというカテゴリーですが、
NHKのチコちゃんに叱られる! という番組のことを扱ったサイトや画像などと関連付きました。
このブログで、堀江 貴文さんのロケットの投稿の時分に記した、地元のそのすぐ近くにある喫茶店バー雀荘との名前が同じという関連です。
上島町弓削であったか生名であったかに入って首を吊って亡くなったかたが、若い頃にウェイターをしていたところです。
昔は食べ物屋と喫茶店が横並びであったところとの関連であり、ブログで記している日本人が、少し前に来ていた花屋の近くですね。
誰ぞの家のこのようなことも、日本に来ていたかたと話をしていて、その次のかたたちも知っていたようですし、その日本人にも宛てていましたし、有り難い関連です。
良い話ばかりではない。という意味です。
他には、インターネット上にあるサイトの収集をしている、ウェイバックマシンというところにある、
10世紀のアラブ人の哲学 という読み物と関連付きました。
この頃ですが、
この少し後の時代に、イングランドのウィリアム1世がいて、現在までの王室に繋がっているそうで、ノルマンディー公の直系とも言われているようです。の建国ウラジミール1世の時代ですかね神聖ローマ帝国ができました色々な王朝が興っては消えていきました ブログやメッセンジャーに記している、日本のことで関連が深いのは、以下ですね。
平安時代で、《あらましごと》との関連です。遡っていけばそのタイミングであった、メッセンジャーに記している、菅原 道真公のこととの関連で、清涼殿というところでの落雷事件と、菅原 道真公と、幾分なりとやりすぎであるように思った放送として、日本のテレビが報じた当時の落雷のこととの関連です。
また、中国から伝わった漢字に、その意味するところは別として、読みだけを日本語に当てた借字というものと、仮名がありますね。平仮名片仮名の元で、別からにして、現在のように、外来語片仮名であらわす。というようなことではなかったですね。
このようなことからも、政治的…

【eduドメイン下にお借りしたページについて】

【eduドメイン下にお借りしたページについて】
この投稿は、2020年は1月の31日にメッセンジャー に記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
eduドメイン下にお借りしたページに、取り敢えずですもやっていることを記しておきました。プロフィールページのようなもので、まだ公開はしていませんが、ブログへのリンクとそこ用の読み物ですが、この読み物につきましては、ブログに記しながらと、そこ用に纏めなければならないことなどから、まだ掛かります。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【中国で猛威をふるっている新型肺炎のコロナウイルスの陰にあるロジック】

【中国で猛威をふるっている新型肺炎のコロナウイルスの陰にあるロジック】
この投稿は、以前からメッセンジャー に記していた雑記と、ブログに記していることがらから導いた解答を、ブログ用に纏めたものです。
まだまだ記すことは多いんですが、取り敢えずのところ一区切りをさせて、先に体裁を整えて投稿をしようと思います。
中国武漢で猛威をふるっている新型肺炎コロナウイルスについてですが、こちらがかかわることだけではなくの、広い意味での世界の流れと致しましては、
日本のテレビ局であるTBSのニュース番組で放送をされたことそれとインターネット上の読み物を観て知り合い他に宛てたことや記したこと立憲民主党に宛てたことWHOの出した緊急事態宣言 というようなことがあり、アメリカ中国への渡航の禁止をしたり、日本でも政府の対応の如何についてが言われていました。
テレビインターネットのそのニュースを観た縁もありますので、良い意味でのお返しも兼ねて、私も自分ができることをします。
下のリストを観て下さい。
ブログで記している時代のひとつふたつ日本に来ていたかたが遊びも兼ねての勉強をしていたこと。これについては完全にこちらごとですねヨーロッパで病気が流行をした時代今の日本の暦とそれの引用をした時代 今の日本につきましては、多くの人に有り難いことがあり、私もそうですが、今回に中国で起こった新型肺炎コロナウイルスには、これら全てとの一致があります。
これらだけではなく、ブログで扱っている、もっと沢山のものとの一致でもあるわけですが、それは置いても構わないと思われます。
私は計算が面倒であることや、自身で記していることから、どちらも行なっていませんが、計算文章の精査で解けるということ、この一致に辿り着けるということは、ロジックが存在をしているということですね。
ここでは、を介したということではなく、理解の及ばないことに神仏を重ねるということでもなく、自然機構としてのロジックのことを記しています。
日本では医者としての業績よりも預言者として奉られることが多くとあったノストラダムスですが、預言と言われている詩の成就をさせる為に動いていたかたの存在が言われてももいますね。ここでは、その存在については考えないとしてですが、ノストラダムスが行なっていた方法が分かった気が致します。
記す傍らであるのか元来からか、…