スキップしてメイン コンテンツに移動

【中国で猛威をふるっている新型肺炎のコロナウイルスの陰にあるロジック】

【中国で猛威をふるっている新型肺炎のコロナウイルスの陰にあるロジック】

この投稿は、以前からメッセンジャー に記していた雑記と、ブログに記していることがらから導いた解答を、ブログ用に纏めたものです。

まだまだ記すことは多いんですが、取り敢えずのところ一区切りをさせて、先に体裁を整えて投稿をしようと思います。

中国武漢で猛威をふるっている新型肺炎コロナウイルスについてですが、こちらがかかわることだけではなくの、広い意味での世界の流れと致しましては、

  • 日本のテレビ局であるTBSのニュース番組で放送をされたこと
  • それとインターネット上の読み物を観て知り合い他に宛てたことや記したこと
  • 立憲民主党に宛てたこと
  • WHOの出した緊急事態宣言

というようなことがあり、アメリカ中国への渡航の禁止をしたり、日本でも政府の対応の如何についてが言われていました。
テレビインターネットのそのニュースを観た縁もありますので、良い意味でのお返しも兼ねて、私も自分ができることをします。

下のリストを観て下さい。

  • ブログで記している時代のひとつふたつ
  • 日本に来ていたかたが遊びも兼ねての勉強をしていたこと。これについては完全にこちらごとですね
  • ヨーロッパで病気が流行をした時代
  • 今の日本の暦とそれの引用をした時代

今の日本につきましては、多くの人に有り難いことがあり、私もそうですが、今回に中国で起こった新型肺炎コロナウイルスには、これら全てとの一致があります。
これらだけではなく、ブログで扱っている、もっと沢山のものとの一致でもあるわけですが、それは置いても構わないと思われます。

私は計算が面倒であることや、自身で記していることから、どちらも行なっていませんが、計算文章の精査で解けるということ、この一致に辿り着けるということは、ロジックが存在をしているということですね。
ここでは、を介したということではなく、理解の及ばないことに神仏を重ねるということでもなく、自然機構としてのロジックのことを記しています。

日本では医者としての業績よりも預言者として奉られることが多くとあったノストラダムスですが、預言と言われている詩の成就をさせる為に動いていたかたの存在が言われてももいますね。ここでは、その存在については考えないとしてですが、ノストラダムスが行なっていた方法が分かった気が致します。
記す傍らであるのか元来からか、自然の機構、ここではロジックとしていますが、これが観えていたんです。

さて、一致はまだありますが、これらは偶然といいますか、自然に起こった一致のはずで、ここでは、単なる読み物として記せるというだけのことです。
以下は乏しめているわけではありませんので、各々の名称を記させて頂きます。

ではですも、中国武漢で猛威をふるっている新型肺炎コロナウイルスですも、その出現時期とブログと言いますか、メッセンジャーに記した時期との奇妙さがあり、フリーメーソン日本支部幹部であるとされている高須クリニック委員長のことが気になった次第のことですも、同委員長が属しているところは、友愛団体であり、カルトなどではない旨多くに宣伝をされてもいて、それにつきましての一方は合っていると思いますが、もうの一方といいますか、中世でのそれと源流といわれているところのことを考えてみます。
この材料に、日本の一部の雑誌や一部のかたの間でもいわれていたところの、フリーメーソンが歴史に出現をしたとされる時期の100~200年のズレについてを考えてみます。
ヨーロッパでの病気が猛威をふるった時代には、源流はあったのかもしれませんが、歴史としては登場はしていないことになります。
この材料と今回の新型肺炎コロナウイルスの件を考えてみます。

フリーメーソンですが、密儀といわれることを行なってもいたようで、この為に、密儀の禁止をしていた当時のバチカンからも認められていなかったわけですが、これには、当時の教会が持っていた権力とも関係があり、芸術家などを考えると分かりますね。
それで、現在のローマ法王日本に来られた時分の、高須クリニック委員長であるとされているブラックユーモアと、ヨーロッパのかたはそのようなものを好むとの言であったフジテレビニュース番組であるバイキングの言。
これについては、同委員長スポンサー事業を行なってもいることからに、資金の提供などについてのことを鑑みた言でしょうし、フジテレビでは、フリーメーソンであるということからではなく、このスポンサーということでの上客のような扱いがあることはありますが、フリーメーソン幹部ということであれば、実際のところ、そんな程度ではないんです。
幹部であるということを訝しんだわけではなく、それであれば、もっと大きな存在であると思った次第のことです。
また、現在では特に友愛博愛を言っていて、厳しい戒律があり、階位がありますに、関連がありますので別記を致しますも、16歳のグレタさんを叩いていた時分のことは、少々と違う気も致します。
別記を致しますも、メッセンジャーに、当時の情勢如何で、テレビにも、こちらの放送の目処があったのではないか?とはしていました。

ともかく、フリーメーソンが行なっていたとされるこの密儀についてですが、薬学に分類をされる魔術ではなくの怪しい儀式を行なっていたとされてもいるところでもあり、この為に密儀といわれているようでもありますが、集まっての相談ごとであったり、数式の駆使をしてのロジックの組み立てであるともいわれていて、稀代の天才といわれるかたが多くと在籍をしていたことやら当時の資金的なバックボーンのことからに、こと日本では、世界の運行を裏で牛耳っているともいわれていました。
このようなことには、後のかたが付け足した眉唾も多いことと思いますが、集まっての相談ごとやら何やらとした数式を解こうとする勉強会であれば、現在でも多くのかたやグループが行なっていることですし、なるほど。などと思えるかたも多いでしょうけれど、当時の権力闘争が絡んでいたりもするようで、秘密結社であったということからも、危険視をされるようなこともあったのかもしれませんし、そのような側面もあったんでしょう。日本でも、昔は仏僧兵、つまりモンクといわれるかたも、他とのそのような権力闘争があったようですので、この点は不思議ではないですね。

これは現在の日本で言われていることですが、フリーメーソンに入会をするのには、その宗教観や政治観は問わないとありますが、元来のところ信仰がありますね。
広く一般に流布をする傍らで、世間に受け入れられやづいように変容をすることはよくあることでしょうし、これについての良し悪しは別としてですが、色々な宗教のことが現在よりも大きかった時代から存在をしていたとされるところですね。

それで、この高須クリニック委員長が、今回こちらで出たタイミングと、この投稿で記しているようなことのタイミングが合っていることが気になるだけのことであり、現在では、ロスチャイルド薔薇十字会も他も、その本質ではなくの単なる陰謀論としての眉唾が多くとなってもいるようですけれどね。
例えばですが、日本コメディアンに在籍をしているかたがいる高知能集団であるとされているメンサも、何やらと言われることもあるように思いますが、パズルを解いていると思います。
*そのような高い知能が、不思議好きな一般人には特に、何やらと訝しむべくの対象になっているということでしょう。

これに、日本キリスト教徒さんのことを考えてみます。
例えば、最近の教えですが、宗派にもよることと思われますが、自由度が高いところもあるようで、オラオラ教徒もいたり、朝までクラブで踊り明かしたりもあるようで、これが悪いとしているわけではありませんに、本来であれば、キリスト系に属する宗教の殆どにも戒律があり、その宗派により、神様の名前を口に出してはいけないところや、戒律の守り具合により、豚肉だか牛肉だかを食べないところや、鶏肉であれば良いというところもあり、イスラム教やらユダヤ教やら仏教でも厳しくに戒律を守るところはそうですが、この為に合成肉であるとか、それでもダメではなかろうか?という話があるところもあり、厳しく守るところは、本当に厳しいわけです。他にも、参拝でもそうではなくても、神社鳥居をくぐってはいけないとするところもあり、テレビを観ることすらダメなところ…情報を入れないことはダメなので、ラジオであれば良いとするところなど…も普通にあるわけで、そのようなかたとも遊んだ経験があります。
ここも、宗教闘争ではなく、友愛博愛を言うところでもあるわけです。

もう一度記しますと、これらのことが出たことと、中国武漢で猛威をふるう新型肺炎コロナウイルスの時期の一致があり、計算文章の精査で解けるということは、ロジックが存在をしているわけです。

まだ朧気にでしかありませんが、ブログでも、敬虔なかたの信を壊さないようにですも明らかにするようなこと。と記している存在が観えてきましたね。

中国にという意味合いや、肺炎が出た元にという意味合いではありませんが、探しても見付からないものが、やはりありましたね。

ですので、私は神様の存在の否定をしてはいない。としているだけのことです。

よしんば特定のできうる誰かがこのロジックを紡いだのであれば、それはとんでもないことです。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【錠の1】

【錠の1】 小説 の本文の前にまずは説明をご一読下さい。 /*----- ☆ 1 前書き -----*/ これな 小説 はですも、およそ10年ほど前に記したものであるように思いますが、それな 序文 であり、 小説 の全体と致しましては、400字詰めの 原稿用紙 に換算を致しますと、およそ600枚ほどになるものです。 *別記を致しますも、ブログに記して後に、 ニュース番組 で、 関連事案 を含めつつの8年前ではなかったか。というようなことが当時に出たようです。 あまりやりすぎますと、多くのサイトの対して、順位の変動にも影響がでることもありますので大変ですが、このようなものを、 インターネット に、ガガガッ!と喰わせることができますと、違反という意味合いではなしに様々な 広告 やらページの発見ができます。 物語 のジャンルと致しましては、おそらくのところ、 ミステリー であるように思われます。 また、当時は 句読点 で区切っていた次第ですも、自身の味をだすほうが良かろう。などとそれを止め、《っ》もなくしたんですが、これな投稿のものには、ところどころにそれが入ってしまっていますし、横文字、カタカナも全て 日本式 のものにしたんですが、これな投稿のものでは、そのようにはなっていません。 それでですも、当時に一端 句読点 を抜いたと言いますか、そのようにしたものに、 句読点 の付加をし、その後にまた 句読点 を抜いて、ということをしてしまった為に、多少なりとですも、おかしくになっている部分もあります。 一部は、以前に、何処かの SNS にアップロードをしたものです。 このようなものは、当時の 出版業界 では扱えないそうですが、少しなりと言いたいことは、未だどうにもならないレベルの頃には声が掛かり、切磋琢磨をしての後は、そうではなくなる。ということにつきましいては、思うところもあります。 かと言って、一般的な文体にして扱って頂けたとしても、それは自分のものではない気が致します。 物珍しさもあってか、当時から外国のかたにはある程度に評判が良く、《そひ》というかたに例えられたり、 孔子 だとも例えられましたが、いかんせん、詰め込み過ぎともありました。そうですね。 日

【桃太郎のお話Ⅱ】

【桃太郎のお話Ⅱ】 この投稿は、記している日付けよりしばらくと前と、2020年は12月の5日と同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 自身のミスからドメインの更新を忘れていた為に、アクセスは散々になりましたが、RSSフィードのほうが少し増えました...ニュースリーダーの中にはgoogleアナリティクスにアクセスの表示がされないものがありますは良いとして、問題は検索結果であり、多くがなくなり、nguyenkieuanhとynimk両タイトル他での検索にしろ、結果の下に6つほど付いていたスニペットもなくなりました。 また少しずつでもブログを強くしていくしかないですね。 ご迷惑をお掛け致しましたが、少しずつですも再開です。 まずは12月の7日に メッセンジャー に記したことですが、やはりこれな投稿の雑記と言いますか、ブログに投稿をする為に纏めたものを メッセンジャー に書き込んだ時期と丁度のこと、6日でしたかに、 広島県 は 三原市 で 鳥インフルエンザ の発生があり、それなことからに大量に殺処分とのことであり、時期などを調べると、ひょっとすると 渡り鳥 経由の可能性が考えられうる。とのことでした。 鳥 の話ですね。 広島 は全国でも高い 鶏卵 の地です。 以前に 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング の、 卵の食べ比べのコーナー の時分の、 卵かけご飯 の時期に、 香川県 であるかでの 鳥インフルエンザ がどんぴしゃりで、 Twitter などを観ますと、きちんと対応がされていることが分かりましたが、今回の 広島県 は 三原市 でのものにしろ、嬉しいことではないですけれど、早めに分かって良かったと思いますし、 広島 は、他地域での 豚コレラ が出た時分にも、 対策会議 を速やかに開いたりと、対応が速かったですね。 これは冗談ですが、 広島 は住んでみたい地方の二位ですし、この投稿のかたにもというだけではないですが、 広島 の 卵 での 卵かけご飯 を食べて頂きたいですし、また良くなれば良いかなと思います。 上は地元局である 5up! という ニュース番組 を観てのことですが、最近は同 ニュース番組 も、注意喚起のことも増えていますし、そ

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 この投稿は、2021年は1月の2日と、これな日より何年も前からメッセンジャー他にに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 まずですも、ブログや他でありますの多くの話ですが、例え何万文字であろうと、どれだけ多くの文字数であろうと、全く別の話にもできることが得意なことのひとつ。などと記していましたのことにつきましてですも、最近の投稿ですと、 【桃太郎のお話Ⅱ】 やらそれな周りの投稿があります。 * 【桃太郎のお話Ⅱ】 のうちの幾つかは、作った話ではなしに、実社会でそのようになっているということです。 これも、ある話題について、一般の言ではなしに、 テレビ業界 の用語で言い換える。ということが、 タレント である マツコ・デラックス さんの番組であり、これが本来の 換喩法 ですね。 話は変わらずに、その中の一部若しくは全てを別の言葉で置き換える。というものです。 私のものは本来の 換喩法 とは違うようであり、記すなれば 外法 です。と致しましたは、他国の 言語構造 やら記しているようなことからです。 *本来のこともできなくはないでしょうけれど、この為に、5年ほど前に、 Facebook 友達と遊びという意味での 暗号 の話になったりもして、遊んでいたことを思い出しましたが、その国の も入っているわけであり、昨年でありましたかに、 暗号 の話で盛り上がろうという SNS からの誘いもあり、既に別のかたが同名で行なっていた。という面白い経緯があります。 次ですも、もうそろろろ、 ジョジョの奇妙な冒険 という 漫画 との、ほんの少しの有り難い 関連 が出てくるとした次第ですも、元々僅かでありましたの当時の関連から何十年(20年以上ですが、あることからは20年ほどです)かと経ち、とても有り難くの面白い 関連 になりましたし、幾つかは気が付いていましたが、ブログに記していく傍らで更に気が付くことができましたし、 漫画 は 漫画 ですが、ブログとの親和性から、お互いの説明をしやすいということがあり、同 漫画 の大枠には、 人間賛歌 というものがあるそうであり、それは頷くことができ、それとは別にですも、同 漫画 の題材と致しましてですが、