スキップしてメイン コンテンツに移動

【中国で猛威をふるっている新型肺炎のコロナウイルスの陰にあるロジック】

【中国で猛威をふるっている新型肺炎のコロナウイルスの陰にあるロジック】

この投稿は、以前からメッセンジャー に記していた雑記と、ブログに記していることがらから導いた解答を、ブログ用に纏めたものです。

まだまだ記すことは多いんですが、取り敢えずのところ一区切りをさせて、先に体裁を整えて投稿をしようと思います。

中国武漢で猛威をふるっている新型肺炎コロナウイルスについてですが、こちらがかかわることだけではなくの、広い意味での世界の流れと致しましては、

  • 日本のテレビ局であるTBSのニュース番組で放送をされたこと
  • それとインターネット上の読み物を観て知り合い他に宛てたことや記したこと
  • 立憲民主党に宛てたこと
  • WHOの出した緊急事態宣言

というようなことがあり、アメリカ中国への渡航の禁止をしたり、日本でも政府の対応の如何についてが言われていました。
テレビインターネットのそのニュースを観た縁もありますので、良い意味でのお返しも兼ねて、私も自分ができることをします。

下のリストを観て下さい。

  • ブログで記している時代のひとつふたつ
  • 日本に来ていたかたが遊びも兼ねての勉強をしていたこと。これについては完全にこちらごとですね
  • ヨーロッパで病気が流行をした時代
  • 今の日本の暦とそれの引用をした時代

今の日本につきましては、多くの人に有り難いことがあり、私もそうですが、今回に中国で起こった新型肺炎コロナウイルスには、これら全てとの一致があります。
これらだけではなく、ブログで扱っている、もっと沢山のものとの一致でもあるわけですが、それは置いても構わないと思われます。

私は計算が面倒であることや、自身で記していることから、どちらも行なっていませんが、計算文章の精査で解けるということ、この一致に辿り着けるということは、ロジックが存在をしているということですね。
ここでは、を介したということではなく、理解の及ばないことに神仏を重ねるということでもなく、自然機構としてのロジックのことを記しています。

日本では医者としての業績よりも預言者として奉られることが多くとあったノストラダムスですが、預言と言われている詩の成就をさせる為に動いていたかたの存在が言われてももいますね。ここでは、その存在については考えないとしてですが、ノストラダムスが行なっていた方法が分かった気が致します。
記す傍らであるのか元来からか、自然の機構、ここではロジックとしていますが、これが観えていたんです。

さて、一致はまだありますが、これらは偶然といいますか、自然に起こった一致のはずで、ここでは、単なる読み物として記せるというだけのことです。
以下は乏しめているわけではありませんので、各々の名称を記させて頂きます。

ではですも、中国武漢で猛威をふるっている新型肺炎コロナウイルスですも、その出現時期とブログと言いますか、メッセンジャーに記した時期との奇妙さがあり、フリーメーソン日本支部幹部であるとされている高須クリニック委員長のことが気になった次第のことですも、同委員長が属しているところは、友愛団体であり、カルトなどではない旨多くに宣伝をされてもいて、それにつきましての一方は合っていると思いますが、もうの一方といいますか、中世でのそれと源流といわれているところのことを考えてみます。
この材料に、日本の一部の雑誌や一部のかたの間でもいわれていたところの、フリーメーソンが歴史に出現をしたとされる時期の100~200年のズレについてを考えてみます。
ヨーロッパでの病気が猛威をふるった時代には、源流はあったのかもしれませんが、歴史としては登場はしていないことになります。
この材料と今回の新型肺炎コロナウイルスの件を考えてみます。

フリーメーソンですが、密儀といわれることを行なってもいたようで、この為に、密儀の禁止をしていた当時のバチカンからも認められていなかったわけですが、これには、当時の教会が持っていた権力とも関係があり、芸術家などを考えると分かりますね。
それで、現在のローマ法王日本に来られた時分の、高須クリニック委員長であるとされているブラックユーモアと、ヨーロッパのかたはそのようなものを好むとの言であったフジテレビニュース番組であるバイキングの言。
これについては、同委員長スポンサー事業を行なってもいることからに、資金の提供などについてのことを鑑みた言でしょうし、フジテレビでは、フリーメーソンであるということからではなく、このスポンサーということでの上客のような扱いがあることはありますが、フリーメーソン幹部ということであれば、実際のところ、そんな程度ではないんです。
幹部であるということを訝しんだわけではなく、それであれば、もっと大きな存在であると思った次第のことです。
また、現在では特に友愛博愛を言っていて、厳しい戒律があり、階位がありますに、関連がありますので別記を致しますも、16歳のグレタさんを叩いていた時分のことは、少々と違う気も致します。
別記を致しますも、メッセンジャーに、当時の情勢如何で、テレビにも、こちらの放送の目処があったのではないか?とはしていました。

ともかく、フリーメーソンが行なっていたとされるこの密儀についてですが、薬学に分類をされる魔術ではなくの怪しい儀式を行なっていたとされてもいるところでもあり、この為に密儀といわれているようでもありますが、集まっての相談ごとであったり、数式の駆使をしてのロジックの組み立てであるともいわれていて、稀代の天才といわれるかたが多くと在籍をしていたことやら当時の資金的なバックボーンのことからに、こと日本では、世界の運行を裏で牛耳っているともいわれていました。
このようなことには、後のかたが付け足した眉唾も多いことと思いますが、集まっての相談ごとやら何やらとした数式を解こうとする勉強会であれば、現在でも多くのかたやグループが行なっていることですし、なるほど。などと思えるかたも多いでしょうけれど、当時の権力闘争が絡んでいたりもするようで、秘密結社であったということからも、危険視をされるようなこともあったのかもしれませんし、そのような側面もあったんでしょう。日本でも、昔は仏僧兵、つまりモンクといわれるかたも、他とのそのような権力闘争があったようですので、この点は不思議ではないですね。

これは現在の日本で言われていることですが、フリーメーソンに入会をするのには、その宗教観や政治観は問わないとありますが、元来のところ信仰がありますね。
広く一般に流布をする傍らで、世間に受け入れられやづいように変容をすることはよくあることでしょうし、これについての良し悪しは別としてですが、色々な宗教のことが現在よりも大きかった時代から存在をしていたとされるところですね。

それで、この高須クリニック委員長が、今回こちらで出たタイミングと、この投稿で記しているようなことのタイミングが合っていることが気になるだけのことであり、現在では、ロスチャイルド薔薇十字会も他も、その本質ではなくの単なる陰謀論としての眉唾が多くとなってもいるようですけれどね。
例えばですが、日本コメディアンに在籍をしているかたがいる高知能集団であるとされているメンサも、何やらと言われることもあるように思いますが、パズルを解いていると思います。
*そのような高い知能が、不思議好きな一般人には特に、何やらと訝しむべくの対象になっているということでしょう。

これに、日本キリスト教徒さんのことを考えてみます。
例えば、最近の教えですが、宗派にもよることと思われますが、自由度が高いところもあるようで、オラオラ教徒もいたり、朝までクラブで踊り明かしたりもあるようで、これが悪いとしているわけではありませんに、本来であれば、キリスト系に属する宗教の殆どにも戒律があり、その宗派により、神様の名前を口に出してはいけないところや、戒律の守り具合により、豚肉だか牛肉だかを食べないところや、鶏肉であれば良いというところもあり、イスラム教やらユダヤ教やら仏教でも厳しくに戒律を守るところはそうですが、この為に合成肉であるとか、それでもダメではなかろうか?という話があるところもあり、厳しく守るところは、本当に厳しいわけです。他にも、参拝でもそうではなくても、神社鳥居をくぐってはいけないとするところもあり、テレビを観ることすらダメなところ…情報を入れないことはダメなので、ラジオであれば良いとするところなど…も普通にあるわけで、そのようなかたとも遊んだ経験があります。
ここも、宗教闘争ではなく、友愛博愛を言うところでもあるわけです。

もう一度記しますと、これらのことが出たことと、中国武漢で猛威をふるう新型肺炎コロナウイルスの時期の一致があり、計算文章の精査で解けるということは、ロジックが存在をしているわけです。

まだ朧気にでしかありませんが、ブログでも、敬虔なかたの信を壊さないようにですも明らかにするようなこと。と記している存在が観えてきましたね。

中国にという意味合いや、肺炎が出た元にという意味合いではありませんが、探しても見付からないものが、やはりありましたね。

ですので、私は神様の存在の否定をしてはいない。としているだけのことです。

よしんば特定のできうる誰かがこのロジックを紡いだのであれば、それはとんでもないことです。

ma1d3n
Facebook yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし

【侍女さんの2】

【侍女さんの2】 この投稿は、2021年は7月の22日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな章は 【広告収入について_2 関連付け_Facebook】 から起こしたものです。 百鬼夜行 という昔の迷信と、他国のかたやら今でいうと アイヌ のかたにしろそうであり、丁度 日本 の ニュース でもそのことの放送をされていました。 単に 差別 がどうということではなしに、住み分けやら、色々な人がいる中でのことです。 現在は他国のかたは多いですね。 陰陽師 が出てきます。何年か前からの 日本 は、罪を犯しても捕まらないとされての人たちのことや、好き放題にして他の人の人生を蹂躙するような人などのことが、 上級国民 と揶揄をされていました。 天動説 と何年か前からの、 天のほうが動いている とされるかたがたとのことがあります。 宇宙 にかんしましては、 空間 的に 地球 のようなこよはないと言いますかがほぼ確実とされてもいますし、 棒に紐を付けたボールが回っていることと、逆回転をさせるとそれが離れて行くこと と、 重力 と言いますかを振り切り、外に向かうこともそうであり、現在は収縮中である可能性も一部で言われていましたり、その収縮からエネルギーを取り出す方法があればということも言われてもいるそうです。 関連性 について 近さ、 近隣性 というものについて 基を辿ることについてのさわり 【侍女さんの2_百鬼夜行の噂と陰陽道】 時は◯がとある船なるの上で伊達 直人という人物との少しばかりの縁の一幕なるの幾許かと前のことが遠い遠い地で百鬼の夜行に悩まされたるる者々多少のことでありては何時しか知らぬる間に国の上となりしの陰と陽の理をば使うたるる上級の民にと相談をばが相次ぎては其な陰と陽の理使うる上級の民言うに鬼やら魔と言うものは昔々より今々しまで其処此処なるの影に存在をばしておるのもので光の中おる者々其を観るべきでなしとのことであるも暗うになりたるある日のこと其な陰と陽の理をば使うる上級の民の住うる処から百鬼の夜行が始まりおるを観たとする者まで出る始末なるのもので同なるのは鬼やら魔やらをば払うておるのところに出会したのであろうとして其な場は取り繕うたも帳の後ろ