スキップしてメイン コンテンツに移動

【大内裏は朱雀門について】

【大内裏は朱雀門について】

この投稿は、2020年は4月の12日と同年は同月の13日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

相変わらずにすごいと言いますか、自身でも行なっていることやらgoogle検索エンジンが行なっていることやらもありますが、一瞬でと言いますか、これな解やら解までの過程に導いている人間の存在があります。
自然のロジックであるのかもしれませんが、遙かな昔から、この過程を通るように仕組まれていたような気も致します。

ではですも、これな投稿でも一連につきましてのことを最後から記してみます。

鳥取県が4月の末からドライブスルーでの検査を始めるとのことが、社会民主党福島 瑞穂さんのツイートにありました。このが今回の投稿のひとつの鍵であり、【桃太郎のお話】も鍵です。

愛媛県知事である中村 時広さんですも、外出の自粛を願い出た立場であることから、ご自身の給料の1ヶ月分の減額をされるそうです。
もうひとつの鍵が、です。

別記を致しますも、メッセンジャーに記していますの都会と田舎の違いについてのことですが、大阪知事である吉村 洋文さんが、Twitter国民民主党玉木雄一郎さんを質されていました。
やはり考えて頂けているわけです。

まずですも、フジテレビニュース番組であるバイキングでも報じられたことですが、新型肺炎経済対策に108兆円の支出をするとのことがあり、その額の多さにばかり目が行きがちではありますが、真水に相当をする額と致しますと20兆円ないそうであり、個人事業主やら中小企業、庶民にまわるお金は、2兆円程度である。とのことでした。
このような部分にも、現在の内閣は、やはり経済産業省内閣であると言われているというようなことがあるようです。
その後のニュース番組であるグッディには愛知県知事である大村 秀章さんが出演をされて、個人事業主さんなどへの励ましの言及もありました。
*余談ですが、108というこれな数字は煩悩の数であると言われていますし、ブログとの関連やらメッセンジャーには記していますが未だ記せておらずの別記を致しますこととの関連です。

自身の身と他人の身を案じるという意味合いからも行なわれている外出自粛につきましてですが、当然にしてこの辺りの地域のことを考えて頂いているというわけではなくに、周りに感染を広げないようにしているわけですも、下に記しますように、になっているわけです。

地理的な条件という意味合いでのことですも、西は福岡県が閂の役割を果たしていますし、東は大阪府/兵庫県/京都府/愛知県などが両サイドへの閂となっているわけであり、ウイルスの拡大を防いで頂いているその間に、もしも地域での感染が広まった場合に備えての心構えやら準備ができることもあるわけで、これは他地域でも同じですね。

ふと気が付きましたは、広島県知事である湯崎 英彦さんですも、東京大学法学部スタンフォード大学/大学院に通われていたそうですし、通商産業省ですね。
以前に記しました鉄工のことのひとつと、私の地元にも大小様々な公共の工事などがある理由のひとつでもあるわけです。

このようなことから思いましたは、地理的な意味合いを鑑みては両サイドで門ができることが頭の片隅にでもあったんではなかろうか。ということです。

さてはブログにですも、気象学と同じように、地理学との関連が出てきました。

次ですも、現在のこちらとの縁の一致を記しますと、岩手県やら宮城県伊達藩とのことがあり、立憲民主党石垣 のりこさんは宮城県選出の議員さんであるという関連があります。何故このかたであったのか疑問に思っていたわけですが、こちらのことを辿っていく傍でひとつ分かりました。
それでこれな伊達藩との関連がありますはフェリペ3世パウロ5世であり、スペインイタリアです。これなふたつですも、新型肺炎のことで被害の大きなです。
伊達藩が関係をしているところは愛媛県であり、和霊神社とのことでの関連ですのでこのようになってもいて、別の関連での広島県があり、ここの神社も関係があり、愛媛県は近くの弓削というところとの関連もあります。
更に別の関連と致しましては、弘法大師 空海の迷信と致しましての、明けの明星、つまりですも金星と、ある宗教明けの明星宵の明星のことがあり、弘法大師 空海とは別の関係があります。

ここで少しですも話が逸れますが、太陽系の惑星は同じ向きに公転をし、自転も同じであるそうですが、自転の周期が240日ほどの金星自転だけが逆であるそうです。
自然のロジックとお話の一致も多々あり、昔のかたはですも、今とは違う方法で色々なことを知ってもいたんでしょう。

日本が一般人に対しての支出をしないとされる理由ですも、新型肺炎の収束後を見越して、少しでも他国よりも優位な立場になることを考えてのことであるのか、テレビでもそのようなことがそれとなしに放送をされていました。
助け合いは助け合いであり、競争の部分はまたそれである。との意味合いがあるのかもしれませんが、落ち込んだものはまた回復を致しますでしょうし、このような部分はバラエティーに富んだ考えかたのひとつであるのかもしれません。
力関係云々なんて、どうでも良いんですけれどね。

次ですも、下に記していますの朱雀(すざく)ですが、火の鳥としても描かれていますし、朱雀欧米ではフェニックス不死鳥として描かれています。
イギリスボリス ジョンソン首相ですも、キリスト復活祭の日である4月の12日に退院をされたとのニュースがありました。
これだけであれば、日どりを調整をされてのことかとも思われますも、私が同日に観たことをメッセンジャーに記していますの朱雀の夢との関連が面白く、このような時期であることから、読まれたかたの楽しみにもなりますので、とても有り難いことですね。

ブログに記していますの大伴につきましては、摂津国住吉郡という、現代の大阪であり、橋下 徹さんが、新型肺炎の疑いは陰性であったとのことです。
このことからもの大阪との関連であるわけです。

次ですも、朱雀という空想上のがいます。これな朱雀は先を見通す力を授けるとも言われているそうであり、凶を吉に変えるやら災厄を防ぐとも言われているようです。

このリストの一致までが分かり、なるほど…と思いましたの次第ですも、他にですも、

  • 朱雀大路
  • 千本通

とのことであったわけですね。

朱雀大路大内裏(だいだいり)というところまでののことであり、千本通京都のことで、元は朱雀大路であると言われてもいるそうです。
平安京京都ですので、ここでもやはり京都であるわけです。

国立国会図書館などが連携をしているところなどを考えますと、何処でそのようになっているのかは分かりませんが、下のことでの有り難う御座いますはこちらです。

  • 室井 佑月さんのTwitterの時間の話とブログの話
  • 別記を致しますが地元の神社などのところもまた警察にまわって頂けるようになっていることとこの日のことであること
  • 他の神社の話
  • 下に記す小径の近くは以前は警察署

日本時間は4月の12日の朝にですも、ある夢を観たわけでありまして、それは単なる夢であるわけですが、何故そのような夢を観たのか?と思案をしましたと言いますか、推測はなしにして、出てきたものを順に合わせますと、面白いことになるわけです。
とは言えど、元々推測はしていませんし、全てが関連ですので、このような夢を観たんですね。

では次ですも、観た夢の内容ですが、昔話と昔のお城との話であり、朱雀の話であるわけです。

それな夢ですも、ある実在の二人の女性と男の子が、地元の知ったスーパーマーケットの近くにありますの人ひとりふたりが通れる小径の曲がり角に直ぐの場所を歩いていましたのもので、後ろから追い抜こうとした私が通り過ぎる間際に、何かを話されてきましたのことで、《何時ぞやは有り難う。》ともありました。

そのかたたちと別れたそれな後にですも、別のかたと時間につきましての話になり、まるで漫画のようにですも、例えば先が分かれば少しでも操作ができうるのか?変えることができるのか?などという話をしていましたらば、夢の中でのことですので、たわいのないことであろうと、何かの未来が変わったとなるわけです。
それで、その夢は一件落着をするわけですも、それな後に夢の中の私が観ていない、つまるところですも知らない場面になり、《ある実在の二人の女性と男の子が、地元の知ったスーパーマーケットの近くにありますの人ひとりふたりが通れる小径の曲がり角に直ぐの場所を歩いていたもので、後ろから追い抜こうとした私が通り過ぎる間際に、何かを話されてきましたのことで、《何時ぞやは有り難う。》ともありました。》という場面がもう一度流れるわけですも、曲がり角までのところに、先の二人の女性よりも少し若い女の子がいるわけです。
その女の子の横には人間のように服を着てのの形をした青い火の玉がいるわけです。
それな火の玉ですも、変えた内容をまた変えようとか、夢の中での私が思うような結果に変えているとのことでもあるようでしたが、このことを、夢の中の私が知らないのは当然であり、自身が行なったことの間と言いますか、間隙と言いますか、そこの補完がされるように場面が流れていくわけですも、超常的ではあれど、理論建てて説明が付いていくことと、それにつきましては私自身が理解をできますのことからに、これな夢の中では、なるほど。などと思っているようです。

その後、目が覚めてふと思い出したことですも、あるお婆さんが、昔の者が言うところの冗談も含んでのいいつたえとして、朱雀の話をしていたんです。

中国から伝わった朱雀ですも、天井南方の守護をしているそうであり、火の鳥としても描かれます。
日本では、平安京やら平城京などもそうですが、昔のお城の、南に面したのことであり、昔の時代に天皇さんがおられましたのところを大内裏(だいだいり)と言い、朱雀門と言いますは、これな外側にあるの一番重要なであったそうです。

/*——-

【2020年4月15日 追記】

大阪は財政的に東京のような余裕はなく、その為に手厚い保証ができないとの言葉ですが、共産党のかたの言にもあるように、大阪にお金はあるんです。
お金がない。ということと、東京に比べて。という意味合いの勘違いをして頂くような文言として使用をしている。ということであり、使い道の話になっているわけでしょう。

また、この投稿にもあるように、様々なかたが頑張っている時分にですも、多額の税金を掛けたのか?という揶揄もありましたが、私邸で寛ぐ安倍首相に反論をされるかたが多く、あるコメディアンさんなどは褌姿でそれなツイートのパロディーを流し、これが面白かったのか、松井一郎さんの言と致しまして、
《あかん。これ怒られるやつや。安倍首相に届きますように》
とはあり、皆が苦労をしているという意味合いでしょうけれど、上をみると分かると思われますが、少し思うところがありますね。
コメディアンさんも、
《怒られるときには一緒に怒られましょう》
とはありましたが…
立憲民主党蓮舫さんも安倍首相ツイートを怒っていたようです。

また、これな時分にですも、つまるところ11日から14日ほどのことですが、

  • 強風に煽られて、成田空港での飛行機が90度ほど回転をして翼だかに傷が付いたというもの
  • 岩手県やら宮城県やらそっち側の海に面したところでの強風。単に強風であっただけのことでしょう
  • 西日本ではでしたが、これは単なるでしたも、何かそのような放送になってもいるのかもしれません
  • 東京のほうでも気温が低いとあり、この辺りもものすごく寒かったです。1週間は気温が低いともありましたが、2日ほど経つと通常に戻っていますね
  • 広島のほうでも平日も不要な外出自粛要請が出て、同県と愛媛県でもまた感染者が出たようですが、別記を致しますもそのように記しています

とあり、これな何日か前にですも、【低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け】への他とは違う感じのアクセスがあり...こう書くのは他にもアクセスがある読み物があるからです…その後、日立系列の読み物へのアクセスがありましたが、それはそれとして、昔から日立は凄かったですからね。40~60年前の話ですよ。それをインターネットでは今の話にしたり、元々船は作ってないとあったり…作っているんです。

国会でもやったり、何度も説明をしてもそういう部分しか読まずにおどれすどれと沢山の会社を休止に追い込んだりとするようなことが、ここ何年かは激しかったですが、被害を受けたかたたちは潰そうとしているわけではないですし、きちんとしてほしい旨を言っているだけのことで、そのような暴挙に出る日本のかたのことについてのこれはニュースでもやっていました。

——-*/

/*——-

【2020年4月16日 追記】

  • 東京がこれまでのものに加えてが8.000億円のうちからWEB上で作品の公開をしたアーティストにも支援金を支払うとのことです。
  • 大阪が中小零細企業には100万円、何であったかには50万円を一律で支援をするとのことです。

——-*/

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし

【侍女さんの2】

【侍女さんの2】 この投稿は、2021年は7月の22日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな章は 【広告収入について_2 関連付け_Facebook】 から起こしたものです。 百鬼夜行 という昔の迷信と、他国のかたやら今でいうと アイヌ のかたにしろそうであり、丁度 日本 の ニュース でもそのことの放送をされていました。 単に 差別 がどうということではなしに、住み分けやら、色々な人がいる中でのことです。 現在は他国のかたは多いですね。 陰陽師 が出てきます。何年か前からの 日本 は、罪を犯しても捕まらないとされての人たちのことや、好き放題にして他の人の人生を蹂躙するような人などのことが、 上級国民 と揶揄をされていました。 天動説 と何年か前からの、 天のほうが動いている とされるかたがたとのことがあります。 宇宙 にかんしましては、 空間 的に 地球 のようなこよはないと言いますかがほぼ確実とされてもいますし、 棒に紐を付けたボールが回っていることと、逆回転をさせるとそれが離れて行くこと と、 重力 と言いますかを振り切り、外に向かうこともそうであり、現在は収縮中である可能性も一部で言われていましたり、その収縮からエネルギーを取り出す方法があればということも言われてもいるそうです。 関連性 について 近さ、 近隣性 というものについて 基を辿ることについてのさわり 【侍女さんの2_百鬼夜行の噂と陰陽道】 時は◯がとある船なるの上で伊達 直人という人物との少しばかりの縁の一幕なるの幾許かと前のことが遠い遠い地で百鬼の夜行に悩まされたるる者々多少のことでありては何時しか知らぬる間に国の上となりしの陰と陽の理をば使うたるる上級の民にと相談をばが相次ぎては其な陰と陽の理使うる上級の民言うに鬼やら魔と言うものは昔々より今々しまで其処此処なるの影に存在をばしておるのもので光の中おる者々其を観るべきでなしとのことであるも暗うになりたるある日のこと其な陰と陽の理をば使うる上級の民の住うる処から百鬼の夜行が始まりおるを観たとする者まで出る始末なるのもので同なるのは鬼やら魔やらをば払うておるのところに出会したのであろうとして其な場は取り繕うたも帳の後ろ