スキップしてメイン コンテンツに移動

【楕円の哲学について】

【楕円の哲学について】

この投稿は、2020年は6月の13日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

国民民主党玉木 雄一郎さんのTwitterを観てのことですも、
《敵を作りそれを乏しめることで自らの評価を上げる政治の手法が流行っている昨今》
などというツイートがありました。

楕円の哲学の話です。

これなツイートを観ましたの時分にですも、私が自身のことで即座に思い出しましたは、
基本はまる
という、ブログに投稿をしたものです。
星のカービーの歌でもあり、思い出のひとつですね。

もうのひとつですも、高校生の時分にですが記しましたの円光についてであり、これは仏陀の後ろからさす光のことでもあり、つまるところ後光と言われていますのものでもあり、の周りに光が観えることもあるもののことでもあり、この辺りでは神社仏閣
のことでもあり、後付けですも祀られていますのものの話と致しまして、やはり天皇家との関連でもあるわけです。

まあ、このようなことを考えていたという時点で、おかしな高校生です。

要するに同じことであるわけです。

例えばですも、

  • 3つに分けられること
  • 脚本家でありますのジェームス 三木さんのものごとを三角形で考える。ということ
  • 楕円にはふたつの中心があること

リストの1番目につきましては記してもいますし、記せていくようにも思います。

リストの2番目ですが、売れてきて書く時間がなくなる若しくは何も思い浮かばずに書けないときに、三角形で人物やら勢力を考えて、そのうちのひとりの役柄をその都度に変えますと、簡単にお話が作れるというものです。
私はこれな方法を使いませんが、例えばスポーツものでも、3つめを新たなライバルにするのか、女の子にするのかで、物語の展開が変わってくるという意味合いです。

リストの3番目ですが、楕円にはふたつの中心があり、これが拮抗をしているときはバランスが取れているということである。というものであり、これを政治に応用をしたものであるとされてもいます。

  • アメリカとのこととアジアとのこと
  • 貴族院衆議院
  • 政治家官僚
  • 与党野党
  • 他あらゆること

ですので、バランスを取っているのは玉木 雄一郎さんであるのかと思ったとしているわけです。そのようにも動いていますのようにみえるときがあるからです。特に与野党のことはね。
自民党にしろ、そのように動いているようには...観えるときもありますが、言いかたであり、テレビなどの編集にもよるところもあるでしょう。

ただ、他のかたもそのように動いていることが見え隠れをする部分もありますね。

あるかたの、
《引き分け。》
というものは、有り難かったですしね。

さてはこれな楕円の哲学の読み物自体は、2015年の毎日新聞記事にあったもののようです。

ここでも丁度の面白いことがあるわけです。
日本時間は17日のことでありますのか、山形県仙台の空に、突如として何やらとした球体が現われましたのようであり、それは宮城県やら福島県からも観ることができたそうで、自衛隊も何であるのか言していたとのニュースの放送もありましたし、警察であるのかテレビ局であるのかだかのヘリコプターまでが出動をすることとなり、それな球体はといいますと道行く多くのかたにも普通に観えているとのニュースの放送でした。

また、高度は3.000メートルよりはるかに上を飛行しているとのことであり、大きさは50メートル以上であろうとのことで、航空法に基づく届けは出ていないそうで、気象観測の為のバルーンなどでもないそうです。

丁度これな投稿を記しますのこれなタイミングでこのようなことがでましたの次第のことであり、どちらかと言いますと、これな投稿の上のほうとの関連がすごく、そのようなことを思い出すことに玉木 雄一郎さんのTwitterツイートが関係をして、それが他のことにも繋がりがありますの次第です。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々