スキップしてメイン コンテンツに移動

【タイムマシーン_2】

【タイムマシーン_2】

この投稿は、2020年は12月の23日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

これな投稿はですも、今は時間がないですので、時間ができたときやら、自分が面倒なときに使えるように記してみます。

ブログに【タイムマシーン】やら他で記したことやらが、恐れ多いですも、同じくブログでも記していますの、あるかたの間違いのひとつであり、厳密には間違いではないんですが、多くのかたが一般のかたに相対性というものの説明をする時分に、説明者の理解度からや受け手の理解度から省かれる説明も多く、門戸を開き楽しくやり、知って頂いたり、雑学になったり、その道を進んで頂く為のものでもあるわけです。

冗談と致しましては、《アインシュタイン先生、何で嘘吐いたん。舌出してもダメよ。》ということです。

メッセンジャーに記していることは、たわいもない呟きや、考えや、実際に起こったことなどもあり、別の世界のことではなく、同一線上の世界のことであり、それらは時間軸というものに沿っているわけでして、私が行なっているわけではない旨しましたは、他のかたには到底理解の及ばないであろうと勝手に考えていましたの、冗談も多分に加味をしてのそのようなことの底無しの恐ろしさや重さのことからや、それとは違い、このような意味でもあります。

繰り返しになりますが、例えばですも、メッセンジャーに、

  • ◯△□◇

の順番で記していますに、ブログやメッセンジャーに記すにまとめていますの時分やら記して後に、

  • ◇□△◯

となり、ときに大きくなりますと自然もそうであり、これは自然であるからと言えど、そのようになっているということにつきましては、他のことと変わりませんし、つまりですも、突き詰めていきますの傍らに制御ということもうかがえ、時間とは不可逆である。とはあり、若しくは表現と致しまして、これも事象のひとつとして可逆も不可逆もない。ということも言っているかたも、それもある。としているかたもいます。

遡りますとそれが起こるということはですも、記していますのように、既に起こっていることが、もう一度、矛盾が起こらないように形を変えてであろうと起こっているわけであり、では時間と言うものは本当に一方向に進んでいるんでしょうか?という問題になるわけであり、少しですも記しますと、年老いて行くことは加齢であり、年月は年月であり、時計もこれをもっと小さく観たことを表わしていて、自転回転であり、朝のやら夜のは向いている方向で観えるものが違う。ということと同じであり、クロノスというものは、時間神格化擬人化をしたものです。
私が時間を遡っているのでしょうか?全てが時間を遡っているのでしょうか?これも含めて一方向でしょうか?という言葉遊びですね。

少し前にもブログに記しましたが、

  • 現在の理論では、実際には、実社会では、時間そのものの認識はできない。若しくはそれができないことから現在の理論になっている。

ということです。

さては最近のことですも、《因果の破れ》につきましてを少しなりとですが読んでみた次第ですも、それとは違うものですが、重力につきましての冗談の加味もされた説明と致しまして、物が落ちるということは、中心に向かって転がっていることであるということが言われてもいまして、これは表現と致しましては面白く、因果というものをあらわすときに、三角形と逆三角形の頂点同士を合わせて、その中心に縦に真っすぐの線を引いて、これを時間として、不可逆はないとしていて、その線上に、あることについての因果というものは、それがあるのであれば存在をし、三角形の端のほうに行くに連れてそれな関係性が薄くなることをあらわし、三角形の外側には、あることの因果というものは存在をしていないとしている図を観ましたが、例えばですも、三角形が、地球規模の大きさのものであったり...(これな場合には殆どの場合には因果ではなしに相関であり、誰かが地団駄を踏んだ為に遥かに離れた場所で地震が起きたということは、エネルギーの方向や伝わりの全てを出しますと分かりませんが、まずありません)家族間であったり...次は説明のしやすさからの例えと致しましてですも、家族間での因果が破れるということは、考えると分かり、そのようなことは存在をし得ないはずが、微小に観ていきますと、これの可能性はあり、但し理論的にはそうでありましても、単に、私たちがそこまで微小に観ることができない為に、今ある世界のようになっているわけです。

上は単に簡略化をしたものであり、もっと簡略化もできますが、またいつか記しておきます。

ブログでたわみや歪みと記していますは、時間と、時間と関係を致しますの重力につきましてのことからも記していますが、自然界やら、潮汐などやらもそうで、そのような、パワーという意味ではない、静かにある力にしろの、このような意味もあってのことであり、ねじ曲げると言うことやらずらすと言うことは、嘘を吐いてどうのと言うことではありませんことは記しましたので良いかな。と思います。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【マジックの観点からのブログの説明】

【マジックの観点からのブログの説明】 この投稿は、2021年は2月の3日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 やはりテレビは凄いと思い知らされました。 マジック の観点から、ブログの説明ができました。 勉強になりました。 有り難う御座いました。 テレビのかたが分解をして、 マジシャン に、このようなことです。などと説明をしたのかもしれませんし、 マジシャン が全てを行なったのかもしれませんが、 キジ が出ていましたので分かりました。 ブログのことは、 マジック ではないでしょうけれど、正解です。 年末でありましたかに放送をしていましたの 北野 武 さんの 番組 での 関連 でのことや、 マジック ではないか。ということからも分かりましたし、放送では、自分たちが知らない方法を知っているということで、知ればできる可能性がある。ともありましたし、ですので、一部は システム 的に抜き出している。と致しましたの次第です。 他の 番組 を観ていましたので、そのところろにつきましてですが、 動画王国 という、 コメディアン である 澤部 佑 さんと キジ の 番組 で、 マジシャン のことをやっていました。 ブログに 関連 を付けて、 マジック の観点からの、どのようにしているのか?ということの説明になっているわけです。 殆んど正解です。 まずですも、同 番組 で行なわれていましたの マジック の流れを示します。 まずは マジシャン が幾つかの マジック を観せて、その中のひとつを、習得という意味で、皆に覚えてもらおうと言います。 マジシャン の名前は、 【制御の良し悪し】 で記した デスノート という 漫画 の主人公と同じ名前です。 ここまでは、 関連 を付けましたよ。という挨拶にも思えます。 その後にですも、 赤いハンカチ を使った マジック を マジシャン が観せます。 ハンカチ を握った手の中に入れていくと、それが卵に変わっている。というものであり、 赤いハンカチ は 錠 との 関連 です。 しかし実は卵は偽物であり、 マジシャン が皆に、卵には穴が空いているということを観せます。

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし