スキップしてメイン コンテンツに移動

【タイムマシーン_2】

【タイムマシーン_2】

この投稿は、2020年は12月の23日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

これな投稿はですも、今は時間がないですので、時間ができたときやら、自分が面倒なときに使えるように記してみます。

ブログに【タイムマシーン】やら他で記したことやらが、恐れ多いですも、同じくブログでも記していますの、あるかたの間違いのひとつであり、厳密には間違いではないんですが、多くのかたが一般のかたに相対性というものの説明をする時分に、説明者の理解度からや受け手の理解度から省かれる説明も多く、門戸を開き楽しくやり、知って頂いたり、雑学になったり、その道を進んで頂く為のものでもあるわけです。

冗談と致しましては、《アインシュタイン先生、何で嘘吐いたん。舌出してもダメよ。》ということです。

メッセンジャーに記していることは、たわいもない呟きや、考えや、実際に起こったことなどもあり、別の世界のことではなく、同一線上の世界のことであり、それらは時間軸というものに沿っているわけでして、私が行なっているわけではない旨しましたは、他のかたには到底理解の及ばないであろうと勝手に考えていましたの、冗談も多分に加味をしてのそのようなことの底無しの恐ろしさや重さのことからや、それとは違い、このような意味でもあります。

繰り返しになりますが、例えばですも、メッセンジャーに、

  • ◯△□◇

の順番で記していますに、ブログやメッセンジャーに記すにまとめていますの時分やら記して後に、

  • ◇□△◯

となり、ときに大きくなりますと自然もそうであり、これは自然であるからと言えど、そのようになっているということにつきましては、他のことと変わりませんし、つまりですも、突き詰めていきますの傍らに制御ということもうかがえ、時間とは不可逆である。とはあり、若しくは表現と致しまして、これも事象のひとつとして可逆も不可逆もない。ということも言っているかたも、それもある。としているかたもいます。

遡りますとそれが起こるということはですも、記していますのように、既に起こっていることが、もう一度、矛盾が起こらないように形を変えてであろうと起こっているわけであり、では時間と言うものは本当に一方向に進んでいるんでしょうか?という問題になるわけであり、少しですも記しますと、年老いて行くことは加齢であり、年月は年月であり、時計もこれをもっと小さく観たことを表わしていて、自転回転であり、朝のやら夜のは向いている方向で観えるものが違う。ということと同じであり、クロノスというものは、時間神格化擬人化をしたものです。
私が時間を遡っているのでしょうか?全てが時間を遡っているのでしょうか?これも含めて一方向でしょうか?という言葉遊びですね。

少し前にもブログに記しましたが、

  • 現在の理論では、実際には、実社会では、時間そのものの認識はできない。若しくはそれができないことから現在の理論になっている。

ということです。

さては最近のことですも、《因果の破れ》につきましてを少しなりとですが読んでみた次第ですも、それとは違うものですが、重力につきましての冗談の加味もされた説明と致しまして、物が落ちるということは、中心に向かって転がっていることであるということが言われてもいまして、これは表現と致しましては面白く、因果というものをあらわすときに、三角形と逆三角形の頂点同士を合わせて、その中心に縦に真っすぐの線を引いて、これを時間として、不可逆はないとしていて、その線上に、あることについての因果というものは、それがあるのであれば存在をし、三角形の端のほうに行くに連れてそれな関係性が薄くなることをあらわし、三角形の外側には、あることの因果というものは存在をしていないとしている図を観ましたが、例えばですも、三角形が、地球規模の大きさのものであったり...(これな場合には殆どの場合には因果ではなしに相関であり、誰かが地団駄を踏んだ為に遥かに離れた場所で地震が起きたということは、エネルギーの方向や伝わりの全てを出しますと分かりませんが、まずありません)家族間であったり...次は説明のしやすさからの例えと致しましてですも、家族間での因果が破れるということは、考えると分かり、そのようなことは存在をし得ないはずが、微小に観ていきますと、これの可能性はあり、但し理論的にはそうでありましても、単に、私たちがそこまで微小に観ることができない為に、今ある世界のようになっているわけです。

上は単に簡略化をしたものであり、もっと簡略化もできますが、またいつか記しておきます。

ブログでたわみや歪みと記していますは、時間と、時間と関係を致しますの重力につきましてのことからも記していますが、自然界やら、潮汐などやらもそうで、そのような、パワーという意味ではない、静かにある力にしろの、このような意味もあってのことであり、ねじ曲げると言うことやらずらすと言うことは、嘘を吐いてどうのと言うことではありませんことは記しましたので良いかな。と思います。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【廻 外側をまわること。回転ということ】

【廻 外側をまわること。回転ということ】 この投稿は、2021年は5月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 投稿のタイトルをこのように致しましたは、 銀河 の外側と言いますかの星は逆に周っているそうであり、 組成 やらも違うそうでありますのことからにです。 小泉 進次郎 さんの数字は、 税関 のところのことではなしに、別の、 製作所 のものの年齢といいますかでありませば、そうであるのかもしれません。 他のかたの、11という数字も、 サッカー のことではなしに、 製作所 という意味でありませば、そうですね。 そのまま色んな数値。不思議なことに、と言っても 論理学 と言いますか、 数学 ですね。があるわけですが、どちらにしろ同じ解になるんです。 上と話は変わりますが、うちの者が一緒にいたかたですが、それまでは違ったそうですが、 電気技師 さんかな? タクシーの運転手 やらもしていて、聞いた話と致しましては、昔のお店の頃に、外で倒れそうとか、大変になっていたとのことであり、そのかたの妹さんもいっときお店を手伝いにこられていたりですし、 めざましテレビ にも 天気 を読むかたがいますけれど、それも別に手伝いに来ていたかたの名前と同じであるわけです。 燃えた話やらの... 何の話でありますのかと記しますと、 税関 のところの元にも、亡くなったそうですが、 タクシーの運転手 がいまして、 日本 に来ていたかたが出てきていましたのところ、 ひろしま満点ママ!! のかたが会話をされていましたの 桟橋 、私が小さな頃に海に落ちて流されて、死ぬかなと思っていたところを助けて頂いたのも、違うかたですも タクシーの運転手 と丁度返ってきた 漁船 なんです。 他国のかたとの話で、昔さわか池に落ちたということは、話を合わせて頂いたのかも。というものです。 冗談ですが、同国のかた同士、何年間か一緒にいなければどうとかという Facebook の投稿もありましたしね。 知ってのことでありましょうか知らずのことでありましょうか、偶然か必然か、上は助けて頂いたところを助け、ではないですが、 回転 です。 なるほど。若い頃はみえているようで、その実何もみえていないこともあるんですね。 この

【背丈の低い枯れ木が集めたもの】

【背丈の低い枯れ木が集めたもの】 この投稿は、2021年は2月の5日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 何処にでもあるような、当たり前の良い話です。 思い出したことですが、20年ほど前にでしたか、あなた逆からなのよ。としていたかたのことです。 自分では気が付いてはいないんですが、そのかたは気が付いていたのかもしれません。ですので、たまには歩調を合わせてみよう。という投稿です。 最近を例に取りますと、 【マジックの観点からのブログの説明】 にもありますのように、 AI というカテゴリーやら nguyenkieuanh やら ynimk の多くを観て分かりますことですも、 【桃太郎のお話Ⅱ】 が 鳥インフルエンザ の話と元 農林水産相 のかたと他、投稿と致しましては 【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 やら 【觔斗雲/筋斗雲に乗れる心の清らかな大阪の人々_皆で探したいドラゴンボール】 などや、 黒瀬 深 というカテゴリーからの遡る傍らの 【米山 隆一さんは両刀使いかということについてとある音楽のジャンルのことについて】 やら 【文化財保護法違反などで捕まったかたとブログとの一致】 と 【ナンバープレートのないバイクに何度か煽られたかたとブログとの関連】 と 【同性である高校生で性欲を満たしたかたとの関連】 などから観ますに、いつの頃からか、やはりそちら側に進んでいるように観えます。他、まだ記せてはいませんが 総務省 への 接待疑惑 と 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会 の 森喜朗会長 による 女性蔑視 に繋がる可能性のあることと、 関連 と、 明治 期のこちらごとの、自戒の念を込めてのものですね。 遡ると同じようなことが起こるということは、いつの頃からか、そちらに進んでいるということでは?と思えてくるようにもなっていたり。それな過程で問題も出ていますけれどね。 自身の心身の疲れだけではなしに、たまに休まなければね。 さては本文ですも、やはり最近の自分は何も観えていないことが分かりました。 これな投稿の読み物はですも、どちらかと言いますと 神職 のかたや 仏職 のかたに分かりやすいかもしれませんが、また少し、だいじなことが観えたかもしれません。 メッセンジャー に 雑

【探】

【探】 この投稿は、2021年は6月の4日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 新しいのができました。 依頼があったもので、自由に使っていいとのことであるそうです。 これを メッセンジャー に纏めましたの時分はですも、時間がありませんでしたので、また時間があるときにでも、簡単にしておこうと思います。 /*——- 【探】 殊な文字をば記しますこと能わずでありまして其は見分けるもできずもですが引く符がありませばそれ少しばかりと明るみになりましょう。 ——-*/ このように記しています。 特別な文字 は記すことも見分けることもできず。 ですが、何かのしるしがあれば、少しは見えるようになるでしょう。 実は データベース の 文字 のことです。 殊 = とくべつなこと 識別 = 見分けること 符 = 約束のあるしるしのふだ ①旧約/新約聖書の、ある神様の名前で、発音をしてはいけないものがありますね。 聖典の派閥や他宗教がいけないとしているわけではありません。 ②あることを突き止めようと思えば、足し算ではなく、次第に狭めていく引き算ですね。 covid-19やブログではその前のものもそうですね。狭めて絞るという。 ③丁度PostgreSQLというデータベースのことで、特殊文字記号についてのことが言われましたので、それです。 特殊文字記号 について あらかじめ定義をされた文法的な意味を持った文字 のことで、 識別子 には使えませんが、 引用符 の使用をすると使えるというものです。 特殊文字記号は、SQL文の、《句読法》に使用ができるものと、識別子や定数への演算の実行をする、《算術演算》や《論理演算》や《比較演算》があります 。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase