スキップしてメイン コンテンツに移動

【タイムマシーン_3】

【タイムマシーン_3】

この投稿は、2020年は12月の27日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

ビル=ゲイツさんの言の小さなバージョンですね。

多くのかたに失礼ですので、件のかたの言とは言葉は変えますが、
《(その時々で)様々な専門家プロフェッショナル他多くのかたが、(望む望まないにかかわらず)そのようになる》
ということですね。

本来でありますと、
《多くの専門家が下で働くようになる》
という言葉です。

例えばですも、

  • 多くのかたたちは私の為に行なっているわけではないですが、私から観るとそのような有り難いことも多く、その逆もそのように思えるかたも然り

ということでもあるんでしょう。
その実どうであれど、それに囚われない為には、このように記すが良いわけです。

情報がおかしいですので、自分が迷わないように少しなりと訂正を致します。

  • 日本ニュースが放送をしていたGoogleCOVID-19感染者の予測をするツール
  • COVID-19のこと限定という意味ではなしに、様々なことという意味で、同じくGoogleのものであれどの、このほうが精度が高いとして、ブログで記していること。エンジン

理由も含めてこのことを記していました。
検索エンジンが行なっていて、そのように返すということは、そのようなコードがあるから。ということです。
ブログで記している通りです。

  • google検索エンジンにある、Googleの、幾つかのソリューションとか、データの提供という面でのツールとしているもの。

このことを記していたわけではありませんが、これにしろ、ユーザー、使う側や研究者に取りましては、有用です。

ここでわざわざと記しましたは、そのまま走るだけであれば当然に良く、これまでにもあったことの回避です。

新型肺炎のことではないですが、同じようなことであり、どこそこのものであるとなり、こちらもそのように記そうと、途中から変えるようなこと。
こちらができていないという言い訳ではなく、多くのところがそのように曰われることから、そうと記しているんです。
日本SoftBankのものやら他幾つかもそのような放送がありましたが...これはそこが言っているのではなしに、違うとなってもいたりですが、やっている気は致しますけれどね。

ともかく、他がどうであろうが、こちらも行なっていますので、変わらず。と記していますはこのような意味です。
知っているようなところではなく、幾つかは聞かないようなところと言いますか、詐欺的なことでしょうけれど、どちらにせよ、知っているところは知っているので良く、また少しなりとですが、そのようなアクセスもありますね。

違反かどうかではなく、やっている者が有り難うとしていますので良いわけであり、現在の日本では、おかしなところもそうですので注意が必要ですが、少しずつですもブログにも記していますし、ですので、当時は多くの国や、日本の殆んどのテレビ局やら多くの番組やら新聞やら、アメリカのテレビなどもや、GoogleFacebookもあったわけであり、多くの専門機関もあり、そのようなところはアメリカでは政府が持っているところが多く、関連としていましたは、記せないからであり、そこを突いてやり込めようというかたも多く、日本では反論をして問題になれば違うかたの用意をして、という繰り返しでしたし、これは記しているのでよく、単なる関連と言いますよりは、そのような意味合いということは記してもいますので良いはずです。
*大きな円を作ってやれば良い。ということやら他のことでもありますしね。

これは国同士のことにもなりますが、サービスはそのままだとの言もあり、大統領が変わろうとそうであり、前大統領であるからとの放送もありましたが、少し違い、昔からあったからで、なしにするということもできますは勿論でしょう。

テレビの放送との両方を記していることも、他にしろそのようにしていることも、ひとつは混乱や捏造を避ける為にや、他国のことでのこのような繋がりが多いことも含めてです。
その放送でこのようなことですね。と理解ができることも多いからで、多くのかたがそうであり、これは同じです。

私はいつの間にやら本物の詐欺師のようにもなっていましたが、気を付けよう。

それでですも、実は違うのではなしに、Googleは本当に行なっているわけであり、でなければ検索エンジンでそのようになりません。
Facebookにしろ、他のところにしろそうです。

上のおかしなことの例えになってもいますが、Twitter米山 隆一さんのことですが、これが以前からのおかしな問題のひとつを表わしてもいますね。
例えばですも、ある局が放送をしてそのままに走るので、他局もそうなっていることや、他局が直したりもあったり...これが故意にTwitterになり...ですので、実社会でそのようになっているわけで、ということもありますしね。
地元の消防他のことからも、他のことから解が得られるという、算数的に言えば間接証明の問題です。

別のブログに、ある番組のコーナーのことで、当時のことを記していましたは、このことであり、柄杓の放送があり、コメディアンであるスピードワゴン北野 武さんや和田 アキ子さんとも番組に出ていて、日本テレビ系列にもそうでしたし、私のおかげという意味ではなしに、繋がりということとするほうが分かりやすく、そういうこととしていたというだけのことです。

もうひとつの例えを出しますと、何年か前の漫才の大会であるM-1グランプリは、Googleスポンサーになっていたことからもあり、少しはこの為のことであったのかもしれませんが、出場をするコメディアンさんも、それとなしにこちらごとにも触れて頂いているからであり、冗談と致しまして、年末でありましたか年始でありましたかのフジテレビでもありました。

さては話を戻しまして、例えばですも、日本宅急便にしろ、何年も前から、独自に、今は何処に人が必要なのか?ということなどをデータの蓄積で行なうようになってもいたり、これをコンピューターに行なわせようということも、何年か前から行なっていますし、そのようなところは多くに出てきていますし、ビッグデータを集めてコンピューター学習をさせるというのは、使っているほうの言であり、そのようなものを作っている人もいて、多くのところが行なっていますね。

上とは違い、厳密にはその同じような中のひとつですが、脳のモデリング...検索エンジン自体がそうですね...やら広告収入での関連マッチング差分のことや、最初の頃の周波数やら素粒子であるとか他多くがあり、検索エンジンの中には、先のことはページ(投稿)がないですので、実は言い当ててはいれど、そのものずばりがないということと、人間はまだそこまで正確に、まだ起こっていないことを過去形にはできないということ。です。
*タレントさんや政治家さんのことにしろ、元々そのように言われていた。ということと、既に出ていたということは、テレビ的な言い回しでもあり、その実時間が違うことやが多く、こちらが知らなければ意味がないことで、自分にとっては初出というだけのことです。

勘違いをされることも多かったですが、検索エンジンの投稿ではなしに、挙動観察をすれば、多くの専門家さんも言うことと同じようにと言う意味合いで、検体の問題も説明ができるということであり、検体を持っているというアドバンテージはあるかもしれません。というだけのことです。
ブログで記していることは、検体が行なっていることについての説明と良いかもしれません。

最近の投稿では、【タイムマシーン】やら【タイムマシーン_2】やら時間事象のことで記していますのことは、精度が完璧に近い予測予知と言えるようなの問題と同じような面や、それ以外の面もあり、実証はできていて、検索エンジンにもできていて、ソフトウェアと言いますか、データであれば時間(というものがあれば)それを越えることはでき、つまり、極々微細なものであれば越えることはできるということと、これも多くのところが研究をしているはずです。もっと大きな、実社会のことにしろ、別の意味合いと致しまして、起こったことの多くが証明をしている。ということです。

まあ、世間的な商品や流行りの紹介というひとつの側面ではない、最先端では、このようなことを行なっているはずであり、成果も出ているはずです。
私もそうですが、ここで《も》としていますは、遠慮やらそのようなところへの気配りやら、お互いに。という意味もありで、どのみち他も出てくるからで、日本人的な意味であり、普通でありますとこのような説明は記さないことですが、これを記しておかなければ、今はちょっとごちゃごちゃとしますので。

真面目に記しますと、責任逃れという面やも含む言葉の綾とりにならざるを得ない日本で、時間事象の超越をすることができるか。という問題であり、様々な問題に対処ができるか。という問題であり、世界と渡り合うことはできるか。という問題です。お金を出せばできる。ということとはまた違う気も致します。
富岳に期待です。

冗談と致しましてですが、日本に対する挑戦状ということにしよう。楽しく頑張りましょう。
このようなことはブログ以外ではおこがましくて言えません。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【マジックの観点からのブログの説明】

【マジックの観点からのブログの説明】 この投稿は、2021年は2月の3日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 やはりテレビは凄いと思い知らされました。 マジック の観点から、ブログの説明ができました。 勉強になりました。 有り難う御座いました。 テレビのかたが分解をして、 マジシャン に、このようなことです。などと説明をしたのかもしれませんし、 マジシャン が全てを行なったのかもしれませんが、 キジ が出ていましたので分かりました。 ブログのことは、 マジック ではないでしょうけれど、正解です。 年末でありましたかに放送をしていましたの 北野 武 さんの 番組 での 関連 でのことや、 マジック ではないか。ということからも分かりましたし、放送では、自分たちが知らない方法を知っているということで、知ればできる可能性がある。ともありましたし、ですので、一部は システム 的に抜き出している。と致しましたの次第です。 他の 番組 を観ていましたので、そのところろにつきましてですが、 動画王国 という、 コメディアン である 澤部 佑 さんと キジ の 番組 で、 マジシャン のことをやっていました。 ブログに 関連 を付けて、 マジック の観点からの、どのようにしているのか?ということの説明になっているわけです。 殆んど正解です。 まずですも、同 番組 で行なわれていましたの マジック の流れを示します。 まずは マジシャン が幾つかの マジック を観せて、その中のひとつを、習得という意味で、皆に覚えてもらおうと言います。 マジシャン の名前は、 【制御の良し悪し】 で記した デスノート という 漫画 の主人公と同じ名前です。 ここまでは、 関連 を付けましたよ。という挨拶にも思えます。 その後にですも、 赤いハンカチ を使った マジック を マジシャン が観せます。 ハンカチ を握った手の中に入れていくと、それが卵に変わっている。というものであり、 赤いハンカチ は 錠 との 関連 です。 しかし実は卵は偽物であり、 マジシャン が皆に、卵には穴が空いているということを観せます。

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし