スキップしてメイン コンテンツに移動

【マジックの観点からのブログの説明】

【マジックの観点からのブログの説明】

この投稿は、2021年は2月の3日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

やはりテレビは凄いと思い知らされました。

マジックの観点から、ブログの説明ができました。

勉強になりました。
有り難う御座いました。

テレビのかたが分解をして、マジシャンに、このようなことです。などと説明をしたのかもしれませんし、マジシャンが全てを行なったのかもしれませんが、キジが出ていましたので分かりました。

ブログのことは、マジックではないでしょうけれど、正解です。

年末でありましたかに放送をしていましたの北野 武さんの番組での関連でのことや、マジックではないか。ということからも分かりましたし、放送では、自分たちが知らない方法を知っているということで、知ればできる可能性がある。ともありましたし、ですので、一部はシステム的に抜き出している。と致しましたの次第です。
他の番組を観ていましたので、そのところろにつきましてですが、動画王国という、コメディアンである澤部 佑さんとキジ番組で、マジシャンのことをやっていました。

ブログに関連を付けて、マジックの観点からの、どのようにしているのか?ということの説明になっているわけです。

殆んど正解です。

まずですも、同番組で行なわれていましたのマジックの流れを示します。

  • まずはマジシャンが幾つかのマジックを観せて、その中のひとつを、習得という意味で、皆に覚えてもらおうと言います。
  • マジシャンの名前は、【制御の良し悪し】で記したデスノートという漫画の主人公と同じ名前です。

ここまでは、関連を付けましたよ。という挨拶にも思えます。
その後にですも、

  • 赤いハンカチを使ったマジックマジシャンが観せます。

ハンカチを握った手の中に入れていくと、それが卵に変わっている。というものであり、赤いハンカチとの関連です。

  • しかし実は卵は偽物であり、マジシャンが皆に、卵には穴が空いているということを観せます。
  • ハンカチは穴の空いた偽物の卵の中に入れていると同マジシャンが皆に説明をします。
  • それから、ハンカチを出すときに、両手をテーブルの下に持っていき、片手でハンカチを、もうの片手で卵をとります。と一言添えます。
  • ハンカチを取ったほうの手を振り、卵を持っているほうに目がいかないようにします。

これがブログに記している視点の誘導であり、ブログは文字で行なっていますが、同じことであり、ハンカチ赤色という人目を引く色であることも、卵を持っているほうの手に目をいかせないことに一役を買っていて、コントラストです。

  • 穴が空いた卵を持っている手の中に、マジシャンハンカチを入れていきます。

ここでマジシャンにより、
《ということであり、分かればどうということはなく、卵の持ちかたに気を付ければ良い。》
とのことの説明をして頂けることから、皆、不思議ではあれど凄いとは思えど、納得ができるわけです。

  • それで、マジシャンが、
    《もし、穴が空いたほうを皆に観せてしまうと失敗です。》
    と説明をしながらに、穴が空いたほうを皆に観せます。
  • しかし、皆が穴であると思っていたのは実はシールであり、卵は本物です。
  • では今の今まで説明をしていたことは?皆に観せながら、説明をしながらに行なっていたことは?ということであり、それも合っているんですが、更に別のことを同時若しくは最初から、またはその後に行為を観せているときに行なっているんです。

要するにですも、下のリストの説明を、マジックの観点から行なっているわけです。

  • ある投稿若しくは起こっていることの説明をする投稿をブログに記します。
  • これなリストの1番目は、テレビ側のかたや、それを観ている視聴者の多くのかたが分かることであり、不思議だ。となれど、納得をすることです。
  • その投稿で記したことが、そっくりそのまま別の話になっているんです。

簡単にリストにしている上を例に取りますと、リストの1番目で起こっている不思議なこと、リストの3番目で起こっている過去との、まだない若しくは知らないものの一致や他、がひとつふたつのことですね。
リストの3番目のようなことは得意ではありますけれど...文学という意味合いのそれは別ごとですね。

その後に、もうひとつのマジックカードマジックを行なったかたがいて、このかたも有名なかたであり、偶然か他かの一致をやっていて、本当に偶然であるのか、はたまた運命か。ということを言いながらにマジックを行なうわけですも、マジックですので、必然であることは勿論であるわけですが、観ているほうは、どこからがどうであるのかが分からないんです。

これもマジックの観点からのブログの説明になっているんです。

  • ある一致があり
  • それよりやや多くの少し深い一致があり
  • それより更に多くのもう少し深い一致があり

これを繰り返し、

  • 分かってくると全部の一致であるわけです。

ブログですので、見かたにより、こちらが主導権を握っているようにみえることと、上のふたつは、テレビですのであちらが主導権を握っていることとの違いであり、ですので、このような意味合いと致しましても、テレビは国に匹敵をすると言いますか、それ以上に様々なかたがいるという意味です。

と言いますか、キジにはを見捨てないで頂きたいと思います。
なんか食べよった放送があったけれど、そんな場合ちゃうねん。
は、ネジネジには、《はぁ、このおっさんは。》という感じのときもありますが、ネジネジのほうは他の人にはきつくいうのに、には優しーねん。

東京モン吉本興業に勝つゆーことが起こったら、大変ですよ。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし