スキップしてメイン コンテンツに移動

【ブログサービスで強いのは?】

【ブログサービスで強いのは?】

この投稿は、2020年は11月の13日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

アクセスについては自身のことですが、日本で、タレント的なかた以外の一般のかたが考えましたの場合ですと、

  • 有名無名問わず、日本でブログを書いている人の中で、同ブログのアクセスが1日平均50

がいかに大変でありますかが分かるはずです。

有名人が平均を引き上げますので、実はこの1日平均50と言いますは、一般人にとりましては、とんでもない数であるわけです。
10日で500ですね。100日で5.000ですね。
10年で18万のアクセスになるんです。増えても行きますのでそれ以上になることも多いですね。

遊びで行なっているかたでありませど、知り合いやら色んなかたが知るわけです。
*年間で億とされていたかたやら他、先生として活動をされてのかたにしろ、聞いたり調べたりと致しますと、この数値を下げるわけですも、そのようなかたとは別に、本当にものすごいアクセス数を誇るかたもいます。

これな投稿ではですも、SEOという観点から、日本ブログサービスで何が強いのかを纏めてみました。
*これな投稿ではですも、広告他のアルゴリズムからの判断ではなく、ドメインからの判断です。

  • gtld 分野別/国別のトップレベルドメインは強い若しくは強かった。
  • サブドメインのほうがサブディレクトリーよりも強い。

このようなことからですも、日本の(といいますか他国も含んでいますが、)ブログサービスで強いのは、

  • FC2
  • Seesaaブログ
  • blogger
  • WordPress

リストの一番上のFC2はですも、それな会社が、と言いますが懸念事項ではありませど、ずっとそのように言われていますが、ずっと強いです...でもメインのブログにするのは怖いです。
FC2のブログには極端なかたではなしに普通のかたも多いですが、但し、エッチなのも多いです。
特にですも、他者のブログに自身のブログへのリンクを貼れるという、今ではあまり行なわれなくになりましたのトラックバックという通知を受け付けていますし、それができる強みもあり、同ブログサービスを使っているかた同士で、これが気がねなくに行なえることが強みでもあります。

以前にも少し記しましたが、アメブロは友達などができやすかったり、SNSのような使いかたもできますし、レコメンドエンジンが秀逸です。
但し、サブディレクトリーという意味ですが 、アメブロjp以下に全てのページがありますのことからにですも、その中でキーワードの強さが何番目かに入らなければ、そもそも検索エンジンに表示がされ難く、強いほうが表示をされます。他の同サービス内のブログはですも、アメブロjp直下にページがありますのことからに、検索エンジンに表示がされ難くになっているわけです。
多くのかたは検索エンジンに表示をされたいわけですので、このようなことを防ぐ為にロングテールでありましたり、ニッチなキーワードをちりばめることも必要になるわけです。
有名人のフォローという使いかたや、SNSのような使いかたでありませば面白いそうですが、如何わしい情報商材も増えていた時期がありましたね。

gooブログのタグについての読み物を書けるものも面白いですが、昔ほどには賑やかではないのかもしれませんし、ご本人様でありますかは分かりませんが、ジャニーズのかたも使っていました。

はてなブログは、ゴリゴリ書きたいかたといいますか、硬質な読み物を記すかたが多かった時期もあります。

その他日本には本当に多くのブログサービスがあり、30とか40ということではなくに、数えますともっと沢山あります。

私がトップレベルドメインの下にサブドメインを作らないのは、単にトップレベルドメインの強さの保持がしたいだけのことです。
*ランキングの話ではないですし、まだまだ弱いですけれどね。

ブログの表示につきましてですも、あるページを開くと別のページに飛ぶというリダイレクトで行ないますも方法のひとつですが、違反ではないですも、やりかたにより違反になりますし、殆んどのかたはこれをせず。このような方法やらの駆使をして、アフィリエイトページにもリンクジュースを渡す方法もありますが、これは違反といいますか、ダメであるとなっていますので、きっと怒られるでしょうからやりません。
*ヒントですが、ブログをお持ちのかたでフィードバナーでのrss配信を幾つか行なっているかたは、そののアドレスを観てみますと、幾つかの違いのパターンが分かるはずであり、例えですので、これでなくても分かれば良いわけであり、そのままの話ではなく、どうなっているかを考えていくと...

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々