スキップしてメイン コンテンツに移動

【侍女さんの2】

【侍女さんの2】

この投稿は、2021年は7月の22日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

これな章は【広告収入について_2 関連付け_Facebook】から起こしたものです。

百鬼夜行という昔の迷信と、他国のかたやら今でいうとアイヌのかたにしろそうであり、丁度日本ニュースでもそのことの放送をされていました。
単に差別がどうということではなしに、住み分けやら、色々な人がいる中でのことです。
現在は他国のかたは多いですね。

陰陽師が出てきます。何年か前からの日本は、罪を犯しても捕まらないとされての人たちのことや、好き放題にして他の人の人生を蹂躙するような人などのことが、上級国民と揶揄をされていました。

天動説と何年か前からの、天のほうが動いているとされるかたがたとのことがあります。
宇宙にかんしましては、空間的に地球のようなこよはないと言いますかがほぼ確実とされてもいますし、棒に紐を付けたボールが回っていることと、逆回転をさせるとそれが離れて行くことと、重力と言いますかを振り切り、外に向かうこともそうであり、現在は収縮中である可能性も一部で言われていましたり、その収縮からエネルギーを取り出す方法があればということも言われてもいるそうです。

  • 関連性について
  • 近さ、近隣性というものについて
  • 基を辿ることについてのさわり

【侍女さんの2_百鬼夜行の噂と陰陽道】

時は◯がとある船なるの上で伊達 直人という人物との少しばかりの縁の一幕なるの幾許かと前のことが遠い遠い地で百鬼の夜行に悩まされたるる者々多少のことでありては何時しか知らぬる間に国の上となりしの陰と陽の理をば使うたるる上級の民にと相談をばが相次ぎては其な陰と陽の理使うる上級の民言うに鬼やら魔と言うものは昔々より今々しまで其処此処なるの影に存在をばしておるのもので光の中おる者々其を観るべきでなしとのことであるも暗うになりたるある日のこと其な陰と陽の理をば使うる上級の民の住うる処から百鬼の夜行が始まりおるを観たとする者まで出る始末なるのもので同なるのは鬼やら魔やらをば払うておるのところに出会したのであろうとして其な場は取り繕うたも帳の後ろに控えたるる百鬼のこと民知らずのことでありてはさては是なるの日も何時もと同じゅうに天動きては帳が降りて暗うになり天にありらんの数えること能わずの光の点から漏れたる明かりの向こうから誰ぞが覗いておるおる皆からに住まいに隠れたの頃なるは今日も目の色違うる百鬼が行く行く昼間に動物やら植物をばからなしたる苦い汁をば喰ろうたるるの後での足元覚束ずの赤ら顔なるのままにで其処此処に満ちるる気は何時か◯が陰と陽の理をば使うる上級の民のひとりに聞いたる
《では鬼やら魔というものは自分たちと違う者の排斥をしようとする人の心に巣食うであるのか?》
との問いに同なるのが応えるにさてとのことであるので話はならずであり今日も着物やら染め物の話やらをばせんは上級の民のとことにおる百鬼とのこと。

時は戻りて船を見渡す◯知らぬる者の多さも皆家の繋がりあるのはずでありであろうからとさして気にも留めじでありも◯には倭の者ではなしの知り合いもいたことからに其は当然と言えばそうではあるが何やらと連なりのある者多いことは分かりで寂しさからにかひさかた振りに後に阮朝と言われるところにおるの者にと文をば出しとうになるも海の上での配達は不可能であることからにさてはどうしたるるものかと思案をばするも解を得ることなしなるのもので諦めてはまた船の上の者々にと目をばやると使うておるの言葉やら着こなしておるの服やらとやはり何処かに近隣なる性やらも観て取れては理によりて基をば辿ると百鬼の夜行もひとつに集約をばされるるのかそれとも夜な夜な噂にのぼるる魔のようなる異能が何処かで交じりおるのか又は此処にもある影にもおるのか興味はあるのよう。

さては陸では是なるの日も何時もと同じゅうにあれよあれよという間に陰歩くの速くのことでありては其が引き連れたるの百鬼の行かんのことで川行く船は其を知らじのままのことであり天動きては帳が降りて暗うになりて其処にありらんの数えること能わずの光の点から漏れるる明かりの向こうから毎度の如くに誰ぞが覗いておるおる。

船を見渡せどやはり伊達 直人は観えじであり其は密航であれば大きな変であるので至極に当たり前のことが電の子いずこの唄も止みて大きな白黄色の丸が静と水に浮いておる。

平で安らかなる時の異なる変は異なる者がもたらしたるのか其の排斥をばせんとすの心がもたらしたのかしかししかしと言いもせず。

電の子いずこ?

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 この投稿は、2021年は1月の2日と、これな日より何年も前からメッセンジャー他にに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 まずですも、ブログや他でありますの多くの話ですが、例え何万文字であろうと、どれだけ多くの文字数であろうと、全く別の話にもできることが得意なことのひとつ。などと記していましたのことにつきましてですも、最近の投稿ですと、 【桃太郎のお話Ⅱ】 やらそれな周りの投稿があります。 * 【桃太郎のお話Ⅱ】 のうちの幾つかは、作った話ではなしに、実社会でそのようになっているということです。 これも、ある話題について、一般の言ではなしに、 テレビ業界 の用語で言い換える。ということが、 タレント である マツコ・デラックス さんの番組であり、これが本来の 換喩法 ですね。 話は変わらずに、その中の一部若しくは全てを別の言葉で置き換える。というものです。 私のものは本来の 換喩法 とは違うようであり、記すなれば 外法 です。と致しましたは、他国の 言語構造 やら記しているようなことからです。 *本来のこともできなくはないでしょうけれど、この為に、5年ほど前に、 Facebook 友達と遊びという意味での 暗号 の話になったりもして、遊んでいたことを思い出しましたが、その国の も入っているわけであり、昨年でありましたかに、 暗号 の話で盛り上がろうという SNS からの誘いもあり、既に別のかたが同名で行なっていた。という面白い経緯があります。 次ですも、もうそろろろ、 ジョジョの奇妙な冒険 という 漫画 との、ほんの少しの有り難い 関連 が出てくるとした次第ですも、元々僅かでありましたの当時の関連から何十年(20年以上ですが、あることからは20年ほどです)かと経ち、とても有り難くの面白い 関連 になりましたし、幾つかは気が付いていましたが、ブログに記していく傍らで更に気が付くことができましたし、 漫画 は 漫画 ですが、ブログとの親和性から、お互いの説明をしやすいということがあり、同 漫画 の大枠には、 人間賛歌 というものがあるそうであり、それは頷くことができ、それとは別にですも、同 漫画 の題材と致しましてですが、

【廻 外側をまわること。回転ということ】

【廻 外側をまわること。回転ということ】 この投稿は、2021年は5月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 投稿のタイトルをこのように致しましたは、 銀河 の外側と言いますかの星は逆に周っているそうであり、 組成 やらも違うそうでありますのことからにです。 小泉 進次郎 さんの数字は、 税関 のところのことではなしに、別の、 製作所 のものの年齢といいますかでありませば、そうであるのかもしれません。 他のかたの、11という数字も、 サッカー のことではなしに、 製作所 という意味でありませば、そうですね。 そのまま色んな数値。不思議なことに、と言っても 論理学 と言いますか、 数学 ですね。があるわけですが、どちらにしろ同じ解になるんです。 上と話は変わりますが、うちの者が一緒にいたかたですが、それまでは違ったそうですが、 電気技師 さんかな? タクシーの運転手 やらもしていて、聞いた話と致しましては、昔のお店の頃に、外で倒れそうとか、大変になっていたとのことであり、そのかたの妹さんもいっときお店を手伝いにこられていたりですし、 めざましテレビ にも 天気 を読むかたがいますけれど、それも別に手伝いに来ていたかたの名前と同じであるわけです。 燃えた話やらの... 何の話でありますのかと記しますと、 税関 のところの元にも、亡くなったそうですが、 タクシーの運転手 がいまして、 日本 に来ていたかたが出てきていましたのところ、 ひろしま満点ママ!! のかたが会話をされていましたの 桟橋 、私が小さな頃に海に落ちて流されて、死ぬかなと思っていたところを助けて頂いたのも、違うかたですも タクシーの運転手 と丁度返ってきた 漁船 なんです。 他国のかたとの話で、昔さわか池に落ちたということは、話を合わせて頂いたのかも。というものです。 冗談ですが、同国のかた同士、何年間か一緒にいなければどうとかという Facebook の投稿もありましたしね。 知ってのことでありましょうか知らずのことでありましょうか、偶然か必然か、上は助けて頂いたところを助け、ではないですが、 回転 です。 なるほど。若い頃はみえているようで、その実何もみえていないこともあるんですね。 この

【桃太郎のお話Ⅱ】

【桃太郎のお話Ⅱ】 この投稿は、記している日付けよりしばらくと前と、2020年は12月の5日と同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 自身のミスからドメインの更新を忘れていた為に、アクセスは散々になりましたが、RSSフィードのほうが少し増えました...ニュースリーダーの中にはgoogleアナリティクスにアクセスの表示がされないものがありますは良いとして、問題は検索結果であり、多くがなくなり、nguyenkieuanhとynimk両タイトル他での検索にしろ、結果の下に6つほど付いていたスニペットもなくなりました。 また少しずつでもブログを強くしていくしかないですね。 ご迷惑をお掛け致しましたが、少しずつですも再開です。 まずは12月の7日に メッセンジャー に記したことですが、やはりこれな投稿の雑記と言いますか、ブログに投稿をする為に纏めたものを メッセンジャー に書き込んだ時期と丁度のこと、6日でしたかに、 広島県 は 三原市 で 鳥インフルエンザ の発生があり、それなことからに大量に殺処分とのことであり、時期などを調べると、ひょっとすると 渡り鳥 経由の可能性が考えられうる。とのことでした。 鳥 の話ですね。 広島 は全国でも高い 鶏卵 の地です。 以前に 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング の、 卵の食べ比べのコーナー の時分の、 卵かけご飯 の時期に、 香川県 であるかでの 鳥インフルエンザ がどんぴしゃりで、 Twitter などを観ますと、きちんと対応がされていることが分かりましたが、今回の 広島県 は 三原市 でのものにしろ、嬉しいことではないですけれど、早めに分かって良かったと思いますし、 広島 は、他地域での 豚コレラ が出た時分にも、 対策会議 を速やかに開いたりと、対応が速かったですね。 これは冗談ですが、 広島 は住んでみたい地方の二位ですし、この投稿のかたにもというだけではないですが、 広島 の 卵 での 卵かけご飯 を食べて頂きたいですし、また良くなれば良いかなと思います。 上は地元局である 5up! という ニュース番組 を観てのことですが、最近は同 ニュース番組 も、注意喚起のことも増えていますし、そ