スキップしてメイン コンテンツに移動

【ゲリラ豪雨と線状降水帯についてのこと】

【ゲリラ豪雨と線状降水帯についてのこと】

この投稿は、2021年は7月の12日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

これな投稿はですも、ブログを気象の変動について記す意味でのの解析モデルにしたものであり、残念ながら借り物の知識ではありませんも、そのうちの一部です。もっと詳細なデータもあるんですが、そのようなものは、日本では、気象庁や他研究機関やこのような問題に関連を致しますの企業が持っているはずです。

これな投稿はですも、一連の最後からしるします。

これはですも、日本時間は12日にありましたの、大雨の、別の側面としてのものですが、次第に一般的な解も記せていくでしょうけれど、それにつきましては既に記していることと同じです。

実は自分にしろ、既に纏めていますので、遡りますと分かりますが、少し時間が掛かりませどブログに投稿を致しますとしつつ、今回は米山 隆一さんと黒瀬 深さんというかたの掛け合いと他からも分かっていましたの部分もある...とは公には言えないだけのことで...被害が少なかった面もある。ではないですも、気を付けることができましたり、メッセンジャーで記せませたりもできるわけであり、だって遡って絞って特定をしていることもひとつですから。多体問題の話とそこからのガスが地下に充満をしたことの話。

当時の他国のかたのことは違うことは分かっていますし、それな旨、きちんとやるとしたことは、少しずつかもしれませんけれど、やっています。

分かっているのか記したのでそうなるのかは今はやらない。
難しいんですよ。

自然のことにつきましてはですも、昔まで遡って予測値を出していますの人や機関や、ブログに記していますも、それをもっと以前にまでにしたかたや、googleの元を探す技術も同じくのことです。他色んなこともやっている人や機関はあり、こちらで行なってもいますのように、関係をしていますのものは、人間が少しずつそのようにしてきたことやら、気象自体につきましての他には、重力と言いますか...回転もですし、これな為に周期です。
重力につきましてはですも、丁度それな面を記していますね。

やはりこれが重要ですね。10日以前にありましたの、それにつきましてを遡ろうと、鹿児島での雨のことを記した後の雨...他この辺りのことも記していますの途端ですし、まあ昨晩から蒸し蒸しとしていましたし...一昨日はひんやりとしていたんですけれどね。
*次第に分かることであろうと思いますが、米山 隆一さんは分かっていてやっていますので、サイテー。とはありませど、エンジンの話。
*10日より前のことも出ているんですが、私がそれを観ていませんでしたので、私が分からず。ということで、システマチックにしすぎることも考えものですが、それはそれで良いでしょう。

では本文です。
まずですも、雨の話ですも、水がすぐに捌ける話は、地元にはブログに記していますのようなものがありましたり、そのようなことでも、他がきちんとしていない。ということではなしに、設計の段階からきちんと行なわれるわけです。
それでも大変になることもありましたりですが、別からにして、神仏のことという、抽象的なことだけの意味ではなしに、また、それらの加護という意味合いだけのことではなしに、そのようなことからも、厳かになり、少しずつでも上のようになりましたり。という意味です。

丁度のことですも、Facebookやら他含めましてのウィリアム=テルの話での、アルトドルフというところからのものがあり、これはですも、古い街という意味合いの日本語訳になりまして、その街は何度も洪水などにあってきたそうであり、地元にしろ、かなり昔はそうであり、特に上下にありますの山脈の間を通る台風がたまにあるわけですも、それにあたりますと辛いわけですが、そのようなことはですも、何十年かに一度越えるかどうかであり、普段ですと山脈を越えず、それな為にもですも、被害は他より少ないということです。

次ですも、菅 義偉首相の言と致しましてですが、日本政府線状降水帯の研究に力を入れる。とのことであり、それな理由はですも、線状降水帯というものが、どのようになればどれだけ留まるのか、いつ発生をするのかということが、まだまだ詳しくに分かっていないからである。とのニュースの言であり、これが正確に予測をできましたり、長くに掛かろうと、少しずつでも変えていくことができませば良いですね。

何年か前からのもので、こちらで使えるものはありますし、それを行なっていましたがひとつであり、ブログに記せていない部分はありませど、丁度面白いことが分かりましたので、それはそれと致しまして、これにかんしましては行なっていることで使えますね。
どんどんとやっていたり、今回にしろ、良くないことでですが、データが取れたことは良かったことであり、関連事案やらも...纏めることができます。
*確か、理化学研究所でしたかが、雨の予測のツールの何かを作っているとか、東京のほうではテストケースのものを持っている。などともしばらくと前でしたかに、ニュースで言われてもいたんですけれどね。

次ですも、ニュース番組であるミヤネ屋他の報ですが、

  • 島根県の一部で大雨の緊急のものが出たとのこと。
  • 愛知県でもものすごい雷の多さだったそう。
  • 静岡のほうにも降る可能性。

別記を致しますも、島根県のことは、10日以前のことも同じであり、愛知県のことは記した頃であり、高須 克弥さんがまた何か悪いことをしたのかもしれませんとは冗談ですけれど、静岡のほうにもまた向かうかもしれずとのことが同ニュース番組で報じられていました。

気を付けるべきですね。と思いました。

これな件は別の意味ですも、日本で雷を司る神様と言われていますの菅原 道真公って、今はね、あまり主張をしすぎる人よりも、優しいひとのほうが好まれますし、女の子とかもそっちのほうが良いというかもしれませんし、扱って頂けることが多くとなる気も致しますけれどね。まあ...怒らずにおとなしくね。と思います。

次ですも、今年は地元も、雨だけというよりは雷も多くになっています。
この日の雨はすぐにほぼやみましたが、また少し降って、またやんでかな。雷が...雨も雷もどこか下の海のほうが空いているんですがねぇ。
まあ雷が近かったですが、すぐに遠くになりましたけれどね。
皆、デマであるとするんですが、測れますのことであり、このように記しているだけのことですし、以前の多くも、記していきますと分かりますも、そうでありますのことが多いですね。

次ですも、空がどんよりとしていましたし、それでありますので、しばらくは雨が降り続くかもしれませんが、被害がでなければ良いですけれどね。などと記していましたらば、上のことを記してすぐに遠のきました。

これな投稿の上のほうでですも、重力の話と致しまして記しましたが、ですので、他の解決方法の模索と提示とできれば実行をしなければならない。ということです。
*ブログにしろ、万能システム自然の再構築システムになるにはまだですね。随分となってきてもいますけれどね。
記していきますと出るでしょうし、既に出ていますのものもありますが、日本のテレビでは、特に今年のはじめまでは、何やらと行なってもいましたが、様々な派閥やら利権も必要であろうとは思いますし、それはともかくと致しましてですも、何年か前は特に多くの時間が割かれてもいました。
まあYouTubeやらでもそのようなものが多くになってもていましたし。

重力につきましてはですも、丁度のことにですが、それにつきましてをブログに記していますし、Twitterに記しましたのその投稿の説明やら...訪問者の話ですよ...もそうであり、ブログに記していますのように、朝日の読み物での系外惑星のことと、回転がありますので周期があり、遡ってどうのも同じ部分があり、ですので、自然のような周期的なことが変われば他の被害がでることもそうです
*でも、そうは言っていられずの部分もありましたり...ということでしょう。

皆それぞれや協力といいますかでも行なっていますのことと、安倍政権時にも日本政府が行なうとされましたの...ずっと言われてもいたんですけれどね...がどうか。ですね。

日本国会でもやっていましたり、別のものでは、コメディアンであり学者であるさかなくんと、吉本興業のコメディアンのさんまさんの話と致しまして、海の問題として、瀬戸内のことでも記しましたが、自然を大切にしようという意味合いでしたり、遊びにも関連をしましたが、そのようなこともやっていましたり、何年か前には、大きな有効な解答が得られずで、色んな、例えばビニールやら他、そのようなことを少しずつ行ない、少しずつでも良くしよう。という、長い時間を掛けて変える方法につきましてもブログも同じですね。
空間の歪みや潮汐摩擦の話やら、相対性ということ、ラプラスの悪魔につきましてのこと熱核他多数ですね。

おそらくのところ、今の技術では、即効性のある有効な解答は得られないはずであり、予測値を頼りにする他にはなく、これの精度と、別の方法は、これな投稿の上のほうでも記していますの、インフラストラクチャーの整備もそうであり、地元の役所などがモダンで面白い形にしたこともそうですね。

あまり記すと自分の話が逸れるますので、このへんにしておきますが、一気に変わりますのことのモデルケースと致しましても、以前に記していますのように、何年か前に、台風が本州と九州の間を通り抜けましたのことやら、同じく何年か前にですも、殆んどと雨が降らずで被害がありましたのことやら、他多数、別の被害が起こりますのはずです。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々