スキップしてメイン コンテンツに移動

【ト=ティ=エン=エイナイ】

【ト=ティ=エン=エイナイ】

この投稿は、2021年は8月の17日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

本来でありませば、このような記しかたは良くはないんですが、理論の側面からあらわしたものですね。実際にの摩訶不思議と言いますか、奇跡を起こせるような神の子と言いますはこれな投稿で記すようなこととは別のことでしょうし、これな投稿では敬虔なかたの信を言っているわけではありませんが、このような法則性やら規則性という意味での記しかたのひとつであり、どちらにしろ、現代に至るまで完全には解き明かすことができていない法則性やら規則性、言い換えますとそれ故に奇跡のようなことに届いているかどうかであり、それに何処まで理論が届くのか。でもあると思います。

このようなことを考えてやっていたわけではなく、次第に近くになってくる若しくは最初から近いようです。
ということは、歴史上の偉人と比べても、あまりに下ではないかもしれませんとは、勝手に自惚れておきます。
次第に到達ができてきているかな。自分的には少しだけ自分を褒める意味も込めまして、到達ができないところにできてもいる気がする。気がするだけ、という意味で、遜色がなくなってもきたかなと。
*実際は下の下の下の....もっと下ですが...

まぁ最近は進歩がはやく、日本では、日進月歩から秒進分歩であると言われますのようになり、10年以上と経ちますが、それな為からもにか、過去の偉人は歴史としての意味しかもたなくなってきているとする向きもありますが、これには思うところもあり、そうではないとは思います。

ブログではこのようなことを記していることもひとつであり、その旨同じようなことの投稿もしています。これもそこ系のところとの関連のひとつですね。勧誘などではないですよ。
*詳しくは分かりませんも、同じようなことです。他国のかたは、宗教上の帰依やそこまでではないことなどはそれぞれでありませど、このような意味も分かるかたもいたということでしょう。

算数は哲学でもありますね。
言葉とは考えを留めておく為の杭であるとされたかたもいますね。

それでですも、タイトルの意味ですが、《◯にとって◇とは元は何でしょうか。》ということの省略形であり、《〜とは何でしょうか。》という意味で、アリストテレスの、あるものの本質若しくは実有のことである。とのことです。

ロゴスのことと致しますと分かるかたも多いかもしれません。

  • ロゴス = 集める

であり、何かを集めますには、順序反復評価が要り用であり、このことから沢山の意味ができたとする説が有力であり、

  • 数える
  • 語る
  • 計算
  • 目録
  • 言葉
  • 説明

などの意味を持つようになったという説が有力で、

  • 本当にあることがらに関係をする言葉からの問題の核心であることがらそのもの。
  • 万物の支配をしているとされる法則性やら規則性。
  • ものごとの根拠。
  • 算数の術語としての比例。
  • ものごとの相互の関係を決める尺度。

など、ソクラテス以降の、プラトンアリストテレスが言していまして、ここまでを実感として分かっている部分もあるのかもしれませんが、その後に、

  • 世界を合目的に制御をする方法

という意味が加わり、いつしかこのような言葉に神威の付与がされていきましたの為にでしょうか、次第に、神のロゴスという例えが広まり、これを神の子と呼ぶようになった。というもので、ヨハネ書でありましたかの、《はじめにロゴスありき、ロゴスは神とともにあり、ロゴスは神である》との意にもなっていったとする説もあります。

日本では、はじめに言葉ありきと言われて(日本語に訳されて)もいます。

  • Googleの基を辿るカラクリの話。
  • ひとつ動かせば連動をして全てが動く歯車の話。
  • ガンダムというアニメの人の革新の話。
  • 自然の機構の話。

他幾つか。機構(カラクリ)と記しているのは、やはりそうですね。

侍女さんでも、他の投稿でも記していますのような、単に同じようなことという意味ではなしに、それが遥かな昔からあることが、よりいっそうに分かりました。
うん。辿っていますの道は、あながち間違いではないようです。
無理矢理に関連を付けていますは私ではないですも、それはずっと昔からある。と記しているんですね。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々