スキップしてメイン コンテンツに移動

【配列の話として】

【配列の話として】

この投稿は、2021年は11月の2日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

丁度、錠のepub形式へのアクセスがありましたし、以前はよくあったんですが、最近では珍しいですね。

朝日ニュース番組である羽鳥慎一のモーニングショーで、新潟大学の研究でしたかで、日本で一気にcovid-19ウイルスが減ったのは、調べるとこれが分かりましたのそうな旨。
細かな変異を繰り返す過程で、当然にして一部は劣化をすることもあり、生存の法則と言いましょうか、ウイルス的には、普通でありませばそのようなものが残ることは有り得ないんですが、そのような細かな変異を繰り返した結果、自ら滅するようなものが増えたのではないか。とのことです。
弱毒化やら、これまででありませばもっと長い期間の大きな変化を追うことも多かったはずですが、細かな分岐を追っているところもあり、それは日本時間は晩にある、同局のニュースでも放送をされていました。
上のようなことからも、日本での感染者という面では減っているのではないか。ということが言われているようであり、加えましてワクチンの効果も。とのことです。

昨年だか今年の最初頃も似たようなことの放送がされていまして、ブログにも、他のこととしても、ウイルスのこととしても遺伝子のこととしても文のこととしても記している配列の話です。
投稿をしていますと、丁度別にもあり、まだ治験の段階のものとの放送のあったものとか。としたものやら、これは似たようなものというか、来年になると思いますも、このウイルスのというわけではないですが、出していけば良いかと思います。
*文のことでもの応用として、組み替えの話があり、その方法を今少しずつやっています。良い意味ではないですも、何人かが特にTwitterで行なっていましたのことやらで一部は記していますが、明らかにしていけば出てくるというだけ。

こちらの当たりかたと致しましては、これまでと変わらずであり、

  • 無限に近い中から絞っていって有限にして、幾つかのことにできる ブログでやっていることやらも官僚がやっていること メッセンジャーを遡るということは。起こったことを遡っているというモデルができ、というもの。これと、制御の話と、上の細かな変異を追うことは、進む方向が違うだけで、同じ部分。
  • 朝日の漂着者というドラマとブログについて
  • マジックの観点からの説明

捏造という意味ではなしに、時間と事象についての一部と致しまして、どこで変わっている、若しくは動いているのか。と言いましょうか、因果なり相関なりができているのか。という部分と、読売テレビニュース番組であるのミヤネ屋での、因果相関につきましての放送。
*横浜の日立のことでの、放送でしたか読み物の違いと、変わっている部分という意味ではありません。

こちらと致しましては、日本でないものもありですが、分解をして、ときには過形成というものを追うことも、無駄でなかったかなと思います。【ランランラン】他多く。

但し、日本についての感染者が激減をしたことは、上の新潟大学のことでありませば偶然の産物であることは否めず。
それ以外でできることをやっていて欲しかったと多くがしていましたの部分ですね。

それでですも、少し前に投稿を致しましたの、テキストマイニングの手法にも同じ部分がある。という話ですね。これは後に気が付きました。
ですので、暗号の話題のSNSの話のことで、ロシアやらウクライナやらインドネシアのほうでもある部分と、上のような意味で、それらのところの、きちんとしたところにもコメントを残して頂いたかたもいましたりですも、世の中には色々なかたもいて、殆んどと消えてはいますが、それはそれと致しまして、日本でも若いうちにそのようなコンピューターの暗号方式に興味を持ち話すかたもいますしね。という部分の話もあるものでしたり。

他のかたに言っていますの、充分に書けるといいますのは、盗用ではなく、行なっている部分もあるからです。
当初の、他国の国立の遺伝子系のところからのものも、期待を裏切ったかどうかは別と致しまして、まぁ、全くにダメである。というものではないでしょうし、多くが進んできませば。

あるかたが行なっていましたのことと致しましてですも、違いますし、名前を出したからとか、何かをしたとか、人生を知らなければならないなるのことでありませば違い、そのようなことはなりませんが、米山隆一さんと黒瀬深さんというかたの、まぁ記していることとして悪い意味の故意で行なっていましたのことと、【時間と事象について_傍らを通り過ぎたという表現は適切か】のあたり。私が米山隆一さん他一部を認めないと致しましたはこのこともかかわりです。笑いながらでしょうからのことと、当初からの一部には分かるでしょうけれど、苦しさや恐ろしさも分からないからです。そのかたたちが同じようなことを行なおうと思ったにしろ、もうできないからですし、技術であるとすれば、それは持っていないからです。
偶然にその時分のことの多数がありで、人が亡くなって自分は生きていますので、まだ先があると思い、無駄にしないようにしようと思います。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【マジックの観点からのブログの説明】

【マジックの観点からのブログの説明】 この投稿は、2021年は2月の3日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 やはりテレビは凄いと思い知らされました。 マジック の観点から、ブログの説明ができました。 勉強になりました。 有り難う御座いました。 テレビのかたが分解をして、 マジシャン に、このようなことです。などと説明をしたのかもしれませんし、 マジシャン が全てを行なったのかもしれませんが、 キジ が出ていましたので分かりました。 ブログのことは、 マジック ではないでしょうけれど、正解です。 年末でありましたかに放送をしていましたの 北野 武 さんの 番組 での 関連 でのことや、 マジック ではないか。ということからも分かりましたし、放送では、自分たちが知らない方法を知っているということで、知ればできる可能性がある。ともありましたし、ですので、一部は システム 的に抜き出している。と致しましたの次第です。 他の 番組 を観ていましたので、そのところろにつきましてですが、 動画王国 という、 コメディアン である 澤部 佑 さんと キジ の 番組 で、 マジシャン のことをやっていました。 ブログに 関連 を付けて、 マジック の観点からの、どのようにしているのか?ということの説明になっているわけです。 殆んど正解です。 まずですも、同 番組 で行なわれていましたの マジック の流れを示します。 まずは マジシャン が幾つかの マジック を観せて、その中のひとつを、習得という意味で、皆に覚えてもらおうと言います。 マジシャン の名前は、 【制御の良し悪し】 で記した デスノート という 漫画 の主人公と同じ名前です。 ここまでは、 関連 を付けましたよ。という挨拶にも思えます。 その後にですも、 赤いハンカチ を使った マジック を マジシャン が観せます。 ハンカチ を握った手の中に入れていくと、それが卵に変わっている。というものであり、 赤いハンカチ は 錠 との 関連 です。 しかし実は卵は偽物であり、 マジシャン が皆に、卵には穴が空いているということを観せます。

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし