スキップしてメイン コンテンツに移動

【純粋さとは何でしょうか】

【純粋さとは何でしょうか】

この投稿は、2022年は2月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

【不如帰という小説との関連】が丁度です。

以前にメッセンジャーに記していましなことですも、タイミングもあり、それな要約と致しましてを記しますが、人類という意味で考えましたの場合の愛の形につきまして。

  • 放射をするほう
  • 受け止めるほう

があり、これは行為そのものと言いましよりも他の意味合いが大きく、下世話な意味ではなしに形が違うという話であり、棒と穴の話です。

フロイトなどは全てのものはこのふたつに帰結と言いましょうか、そのようにもなっていましとの、錯誤につきましてと夢判断につきましての話で記されてもいますし、数秘術の1と2の関係と、ふたつが合わさり完全数でありましな3になりといいまし話などもそうですが、放射をするほうだけがいましても、その逆だけでありましてもダメでありと言いまし話しであり、日本では男性はに例えられましたり(にも例えられますが)、女性深い愛情と言いまし意味やら生命を育むと言いまし意味でも、に例えられましたりなこともありですね。
*これな部分は知っていましなかたにですも、空と海の話と、山が邪魔をしますという、あれは観念的な話ですが、他国の知り合いによりましな、あるところからこちらを観ましての、坂の上からのの写真などね。そういうお話。
ベトナムの歌手のかたのFacebookやら、地元と言いましょうかのの話やらです。

今回のことは偶然ですが、そのような話しと、ですので、一定以上の快楽を得られるようになってもいまして、それらと暴力との違いまし部分と同じ部分につきましてやらがあり。

ドラマと致しまして日本でも流行っていましな時期もありましたが、電流のようにある日突然に始まりましな恋の話ではなしに、また、一夫多妻の国やら、人口やら他のことで制限をされていましたの国もありですが、また、によりの規制とは別に、これは当然なことですもの理性やら感情やら相手が結婚をしていましかそうではないかではなしにそれな家族を慮りなことやらもありですが、フランス文学が得意とされまし部分と言いましょうか、観念的な意味と致しましてはと言いましょうか、機能の話しから致しませば、様々な角度から観まして初めて観るがあり、様々表情が分かり、柔らかさ硬さは触りましてで初めて分かり、嗅ぎましてで分かりましものがあり、乗り乗られ動きで表情やら達しましときやらその表情が分かり、舐めてみましたり他様々...猫の話で記してはいますが...想像からもに観念があり、ですね。

ここまでの話しはそれと致しましてですが、物事は様々な角度から観てはじめて分かるということです。

ここからはおかしな人の話しですが、想いを遂げられずでありませばそのうちに想いがはじけましな次第のことあり、あなたのそれな目にうつりましは自分でなければならずであり、その為には何でもしましも他者がうつりな場合の甘美なることこれが痛みであり暴力であり、目を向けまし気を引きましことを行ない、互いに互いの占有を致しまし為の殴り合いとも似ていましもそうではなしに哀しみ愛しみがあり。といいまし話しですね。

上で記しましたの《理性やら感情やら相手が結婚をしていましかそうではないかではなしにそれな家族を慮りなことやらもあり》は当然ですが、そのような話しはその話しと致しまして、その目に他のかたがうつりましを良いと思いましはこれその人に興味がないと言いましことでもありで、若しくはその逆であり、何らかの理由で身を引きましと言いましことは、また違う話しですね。
よく子供の愛情と言いまし言葉が言われも致しますが、純粋な子供が思いましは自身が愛情で満たされていましか否かであり、少し大きくになりますと承認欲求でありやら色々とありですね。

丁度これなようなことをメッセンジャーに記していましたの時分のことですも、何となしに、特に阿川 佐和子さんが出られていましな番組で色々と放送と言いましょうか言もありましたが、役者やらコメンテーターもされていましな阿川 佐和子さんですが、本業は物書きでありと勝手に思っていましも、同人さんの父親がフランス文学寄りと言いましょうかの作家さんでもありですね。同文学はエロスと思われてもいましな節もありますが、そうではなしに、また、戦記文学とありですけれどね。まぁ哲学的なことが入りましたり、こねくりまわしたり。
まぁそれよりも何年も前のことですも、冗談で、比喩表現ですがの、《男はマシンガンのように多くを孕ませたいねん。というか、そんなんやからなぁ。》とも記していましたが...

この人綺麗よね。などと致しましたらば、ご自身の書籍の宣伝をされましことを覚えています。げんきんなかた。
*全てが事実かどうかは分かりませんがの広島県のことと、幼少期のことと、父親将校と言いましょうかの話しと他。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々