スキップしてメイン コンテンツに移動

【不如帰という小説との関連】

【不如帰という小説との関連】

この投稿は、2022年は2月の13日と、同年は同月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。

これな投稿はですも、一連の最後から記します。

偶然?にでしょうか、このタイミングでTwitterフォローを頂いたかた、他多くのかかわるかたに、有り難う。
件のかたの年数についてのこちらごとでは、まあ色々と面白い話があり。

【純粋さとは何でしょうか】からの関連でもありますが、例えと致しまして、◯には△が必要であり、昨今の度を越しましグループ化はそうですも、違いが必要がないと言いましは少し思うところもありです。

次ですも、色々なことが多くになりますと、このようなことはできなくにもなりなわけですも、最近に、もうの幾許かと個人に光を当てましように致しましょう。などと思っていましたのことからもに、折角にTwitterフォローをして頂きましたので、このような話は良いかな。と思います。

次ですも、下に記しましたの不如帰と言いまし小説につきましてですも、それなお話の中で、《二度と女には生まれたくはない。》と言いましは怨叉やら愛情を含みまし哀愁ですも、Twitterで記しましたの短いお話と合わさり、冗談にもなっていましたりなことですし、今現在はcovid-19の問題もありなことですので、やはり丁度のことです。

日本でのcovid-19につきましては、全体と致しましての重症度は低くにはなってきてもいますが、逼迫を致しますと意味はなくなりましは当然であり、ある県につきましては、医療従事者でしょうかの派遣につきましてが言われてもいますが、これは同県は以前にも似たようなことを行なっていまして、同じことでありますのか、以前の話が入っていましかは思いまし部分があります。
同県につきましてですも、過失以外のことが言われてもいますが、これも以前に同じことがありましたも、他の地域も他人事ではなしに、地域ごとのやりかたが功を奏しましての話でもなく、気を付けまし部分と言いまし話であり、この辺りの対応と言いましょうかのパッケージ化と言いましょうか、その都度のことがありましは当然と致しましてですも、このようになりませばこう。あのようになりませばああ。などのシステム化は必要でありな気は致しますし、ある程度のことにつきましてはそのようにもなっていましたり。

次ですも、これな投稿自体が一連の最後から記していましな次第ですので、下のリストもそのように致しますが、

  • Twitterのフォローをして頂きましたのyahyafadil1997さんによる井戸のツイートと錠
  • 不如帰と言いまし小説の怨叉やら愛情含む哀愁と家族につきましての問題提起と錠
  • 不如帰と言いまし小説での結核と言う病気の話と、現在は別の意味と致しましてcovid-19の話
  • 珈琲の話と恋の話(あれは失礼ですが、単に文字とinaina0927さんのツイートから起こしただけで、そのようなことは思いません。)
  • 和菓子のツイートへのリツイート

となっていまして、そこにも幾つものツイートやらニュースなどがあり、一見を致しますとGoogle関連付きましたの《二度と女には生まれたくない。》と言いましは、それだけでありませば冗談にもなりです。
*はい。その年数のときの私は、まあそうですね。

次ですも、きちんと掴めていますね。と言いまし話しですが、要するにアホな話であり、ブログに記しましたのあるお婆さんの話しは、客観的に観ましても、まぁある程度にはなってはいましでしょうし、技能面他につきましては、どれだけ下に観ましても、おそらくはそうでもあるでしょう。

次ですも、例えばですが、表向きには放任のようでありましたの者が、将来の嘱望もされていましたりなこともありでしたの真面目で朗らかで、陽をいっぱいに浴びていましなことを、ある日疑問に思うわけです。
何処からか、疑問と言いまし仄暗いものが、真面目で朗らかで、陽をいっぱいに浴びていましな者に忍び寄りましものであり、疑問は少しずつですもそれな者を蝕み、それを振り払ましては朗らかにを装いましても、演じましことはできませども、それまでとは違うわけです。
陰がある人という意味ですが、明けの明星は何故宵の明星になったんでしょうか...金星の話です...弘法大師 空海ほどの人でありませば、逸話が残っていますが、そのようなこと、良いも悪いも同様に呑み込みましは造作もないことかもしれません。

次ですも、上のような話しですも、真面目なかたは極端から極端に行きますので、始末に負えません。と言いましことであり、ただ、真面目で朗らかで、陽をいっぱい浴びましての者にも、色々とあり。と言いましことです。

上の件は知り合い幾人かにもですが、私はアホで良かったです。

次ですも、Twitterでのツイート不如帰と言いまし日本小説関連付きましたの次第のことですも、そのような時代と言いましょうか、そのような作品もありましと言いまし意味でもあり、しばらくと以前から、日本でも問題提起をされていましな家族制度と言いましょうか戸籍やら選択的別姓につきましてやら、結核と言いまし病気に罹りましたのことからに、家の断絶を恐れましたの姑(旦那さんのお母さん)から離縁を言い渡されましたの挙句に、女性に生まれましたの悲劇を口にされましてで亡くなられましと言いましことであり、嫁姑の確執の話であり、昔の日本はこれがありまし家庭もありで、ある程度の家になりましほどにそれは大きく。

ブログにも要約は幾度と記していますが、もこのような話であるわけです。句読点のあるなしではなしに、文体は下のようではありませんのことをお断りを致しつつです。

コンビニの話の後ですも、それ以前のことと致しまして、少し歳が離れていましたが、真面目で朗らかで、世間的には好青年との結婚と、心身への暴力での流産。
まあ道端の地蔵の顔を拭いてあげるわけですが...本当は生まれてくる赤子にそうしてあげるはずでありましたに...お地蔵さんが滲んで観えましは、顔は涙にぐちゃぐちゃで、鼻水も出て。ということからにであり。
その後に出会いましたの男性、錠の男性ですがと、尾道駅からほど近くのマンションなどが立ち並びましなところで、車の中の赤子を盗み、寺子屋と言いましかの裏手の小屋で、子育てごっこをはじめましてはコンビニなどで揃えた日用品やらで用は足り。
女性にはそれが幸せであったわけです。
ただ、赤子が黒ずんできましであり、この時にはじめて《ごっこ遊び》な旨気が付きましも、誘拐ですので病院にも連れて行ってあげることができず、海に捨てましわけですも、 最後に笑顔を向けまし赤子から手を離し、浮いてこずは浮島の下に入り込んだからのことからにでしょうか。とのことであり、尾道の街は人が隠れるに都合が良く...
元旦那とは一度会うと言いましょうか、旦那のほうも探していましな次第ですも、警察からは逃げおおせましてでその後に違う人と結婚を致しますては、そのかたはさえない人でありませど真面目で...年数が経ち、それが病院に入院をしましての、女性の名前を呼び...その人に付き添っていましな側のベッドにはごっこ遊びの人...もう覚えていないでしょうけれど...と言いまし話です。
*詫び寂びも他も観えてきませんは記していないからです。

このお話自体は10年以上前のものですも、何年か前当時に、日本の話しで、若いうちに結婚をすることの意味とその両面やら、親になる準備の話やら、ロッカーに赤子を入れたままに捨てましたりやら、そのような多数の放送がありましたので覚えています。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々

【勘違いとそうではない部分】

【勘違いとそうではない部分】 この投稿は、2022年は3月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は、当初から記していましことそのままです。 事実と致しまして、 時間 と 事象 のことはあり、事実と致しまして、 予知 と言いましようなものもあり、事実と致しまして、一部なりとコンピューターに落とし込むこともできますね。 と言いましことは、論理的なことではありです。 日本 の話しですも、 コメディアン である カズレーザー さんの番組で、 脳 を左右に分けましてでそれぞれ左右の半分をそれぞれと対を成します 機械の脳 に繋げまし研究をされていましな 日本 のかたがいましなそうであり、もう 特許 を取りまし。との放送です。 もうの何年かでできましともありです。 機械脳 のほうは外部に置いておき、実際の脳の信号ですかを Wi-Fi で飛ばしまし。とも言われていますが、このようなことを致しませば、左右の脳がそれぞれに意志を持ち、ふたつのことが同時にできまし。とのことですも、これが眉唾でありましょうか否かは分かりませんし、 倫理問題 と致しまして許されましか。とのことはありでしょうけれど、意識だけはずっと残り続けましことになりますので、 不死 の実現か。とのことです。 但し、 脳 のメカニズムはまだ全てが解明をされましたのわけではありませんし、それをしましてで生きていけましかどうかがあり、言を聞きますとあやふやであり、 神経 が繋がっている可能性があるので左右のそれを断ち切りましやら、実証はありでそうでしょうか、なしにそうでしょうかが分からず。 ベトナム のかたが Facebook に投稿をしていましは神経の話しやら 錠 の話しやらとの面白い一致のことであり、当然ですも実際に 脳 をくちゃくちゃと掻き混ぜ棒で掻き混ぜていましなわけではありませんし、それよりも何年か前の、同国のかたによりましFacebookの漫画の投稿で、《色々と試すのは私だけで良いでしょう。》とのことは、おそらくは男女間のと言いまし意味合いでの観念的な意味であり、そのようなことはしていません。 脳 のメカニズムはまだ一部の解明のはずであり、できていませんの部分のほうが、分量ではなしに遥かに広大でありまし

【侍女さんの2】

【侍女さんの2】 この投稿は、2021年は7月の22日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな章は 【広告収入について_2 関連付け_Facebook】 から起こしたものです。 百鬼夜行 という昔の迷信と、他国のかたやら今でいうと アイヌ のかたにしろそうであり、丁度 日本 の ニュース でもそのことの放送をされていました。 単に 差別 がどうということではなしに、住み分けやら、色々な人がいる中でのことです。 現在は他国のかたは多いですね。 陰陽師 が出てきます。何年か前からの 日本 は、罪を犯しても捕まらないとされての人たちのことや、好き放題にして他の人の人生を蹂躙するような人などのことが、 上級国民 と揶揄をされていました。 天動説 と何年か前からの、 天のほうが動いている とされるかたがたとのことがあります。 宇宙 にかんしましては、 空間 的に 地球 のようなこよはないと言いますかがほぼ確実とされてもいますし、 棒に紐を付けたボールが回っていることと、逆回転をさせるとそれが離れて行くこと と、 重力 と言いますかを振り切り、外に向かうこともそうであり、現在は収縮中である可能性も一部で言われていましたり、その収縮からエネルギーを取り出す方法があればということも言われてもいるそうです。 関連性 について 近さ、 近隣性 というものについて 基を辿ることについてのさわり 【侍女さんの2_百鬼夜行の噂と陰陽道】 時は◯がとある船なるの上で伊達 直人という人物との少しばかりの縁の一幕なるの幾許かと前のことが遠い遠い地で百鬼の夜行に悩まされたるる者々多少のことでありては何時しか知らぬる間に国の上となりしの陰と陽の理をば使うたるる上級の民にと相談をばが相次ぎては其な陰と陽の理使うる上級の民言うに鬼やら魔と言うものは昔々より今々しまで其処此処なるの影に存在をばしておるのもので光の中おる者々其を観るべきでなしとのことであるも暗うになりたるある日のこと其な陰と陽の理をば使うる上級の民の住うる処から百鬼の夜行が始まりおるを観たとする者まで出る始末なるのもので同なるのは鬼やら魔やらをば払うておるのところに出会したのであろうとして其な場は取り繕うたも帳の後ろ