スキップしてメイン コンテンツに移動

【広告収入について】

【広告収入について】

はじめに

この広告収入についてですが、まず、読み物の元は、ブログynimkで記しているもので、その他に、この読み物と、特段の関係があるものにつきましては、下のリストをご覧下さい。

下が広告収入についての表題が関係をしている、私ブログ内投稿のリストです。

  • 検索エンジン最適化
  • 政治
  • 社会
  • 事件
  • 小説やお囃子
  • その他nguyenkieuanhとynimkで記していることがら

この広告収入については、元記事からの纏めの役割を担っていますが、それ以上に、例えや詳細までの記述を、できるだけ、行なおうとも思っていますので、興味がありましたらば、是非、読んでみて下さい。

  1. はじめに
  2. サイトやブログに様々な種類の広告の表示をさせる為の前準備
  3. 国毎や地域毎に最適化をされている検索の意識をしよう
  4. サイトやブログと、あなたのサイトなりブログを関連付けよう
  5. 関連を持つには?広告にはどういったものがある?
  6. アクセスを集めるにしても、せこい方法
  7. 訪問者の水増しは、広告の表示回やクリック数には影響をしないということを覚えよう
  8. 関連付けとは何か?
  9. GDP…国内総生産の高い国を観ることや、株価の大まかな動き、円安高、実社会やネット上の、海外の広告業界を観ることが、とても大事です
  10. サイトやブログに自国から観た海外の広告も貼ろう
  11. googleでは、ページの閲覧者側や管理者側で、狙った広告は出せるのか?

後記をしますが、自他のサイトやブログに表示をされていた広告のリストを、示します。 これをするのは、当時の社会面などや、広告の多様さを示す為でもあります。

さて、まずは自身について、この広告収入や、その周りと少しばかりの関係をしている部分についてを、簡単にですも書かせて頂きますや、何年か前のことですも、当時のブログでは、特定のジャンルの読み物と、日本語関連のことなどから、SNSで扱っていたことに対して、補足や詳細、細分化をしたもの、小説関連のアップロードなどをして、運営をしていたことがあり、その時分にですが、ぼんやりとですも、解かってきたことがありました。

そのひとつが、

広告

のことで、これは別段とネットに限ってのことではなく、実社会でのカタログ関連や広告関連のことに対してですが、そういった方面のライティングの傍らから、少しですも知ってはいましたも、その頃は未だ無知。といった体でした。

この

広告収入について

では、広告収入を得る方法そのものではなくて、結果的に、広告収入を得やすくなる方法を、例えを交えながらに記しています。

そうは言いましも、実社会での広告のことや、社会面だけの記述に終始をするならば、広告収入を得ることだけを欲するかたにとっては、面白くもないものになりかねませんので、理論を抜きにして、ぶっちゃけ、ネットで広告収入を得る為に必要なこと。なども、記しています。
勿論、googleサーチコンソールへの登録や、其処彼処にあるようなお話とは、少しばかりと趣きの違ったものとなってもいますし、広告の値段をつりあげて、自分のサイトやブログに様々な広告を出して、そこから広告収入を得ることに対しての、必要なことを記していますので、興味がありましたらば、是非、試して下さい。

また、この読み物は、広告を出そうとされる、広告主さんにとっても、有用であることを考えて、記述をしてもいます。

/*-----

☆ 1 サイトやブログに、様々な種類の広告の表示をさせる為の前準備。

-----*/

まずは、サイトやブログから、広告収入を得ようと考えるのであれば、当然のことですも、サイトやブログに広告の表示をしなければならず、その方法は、たったひとつしかありません。

  • 広告主や、広告を管理している代理店に、あなたのサイトやブログに、広告の掲載をして良いよ。と、認めて頂くか、あなたが、広告主や広告代理店に、掲載をしてあげよう旨持ち掛ける。》

ということで、代理店はどこを選べば良いか?などといったような、その辺りのことは、ここでは説明をしていませんので、その旨、扱っておられるサイトを観るなどとして頂けるなり、広告主となられるかたへの営業をかけるなりとして頂ければ、良いと思いますも、この読み物では、主にgoogleアドセンスや、世界や日本に沢山とある、WEB関係のものについて扱うことが多いのも、事実です。
この理由は、多くのネット広告というものの実体は、個々人であれば、門前払いどころか、歯牙にもかけて頂けない、広告主との間を取り持つ事業をやっていることから、そちらに的を絞るほうが、良いからです。

様々な種類の広告の表示をする為には、

  • ひとつのことでも良いので、多岐に富んだ読み物の投稿をする
  • 様々な用語を豊富に駆使をする

このふたつが大事になります。

では、何故、サイトやブログに、様々な種類の広告の表示をするほうが良いのか?ですが、

  • 現在の社会的な側面の理解を促進することができる
  • 同じ広告ばかりのクリックをされると、違反になったり、広告主も、賃金を出し渋る、如何わしいところもあるので、表示される広告を、多くして、分散をする
  • 入札制度の利用をして、広告枠の値段をつり上げる

サイトやブログに、様々な種類の広告の表示をすることが大事な理由は、この三つからで、三番目の、入札制度については、現在では、表向きには、掲載者側が強いですが、その実、広告主が強く、これが、少しずつですも、とんとんになり、何年先かは分かりませんが、かなり、改善をされることとも思いますので、その辺りを視野に入れておくことも良いかもしれません。
*こういった、改善の動きは、実は何年も前からあるんですが、まだまだなる部分も多くにあります。

では、何故、こういったことをするほうが良いのか?という、ここまでの解を、お囃子を例えとして、説明をさせて頂きます。

まず、下の、

【賊】

というお囃子ですが、このお囃子の中には、通常であれば、検索ワードとしては使用をされないであろう語が、多くに入っていますも、それでも、そういったワードでの検索をするかたはおり、その時には、競合サイトがありませんので、google検索エンジンでの上位に表示がされやすくなります。
このことは、とどのつまり、

  • yahoo検索エンジンの上位にも表示をされる

ということでもあります。

こういった、新鮮なサイトやブログが、日々できることも理由のひとつとして、企業や個人のかたに、広告を作ろうとするかたが、でてもくるわけで、SNSなどからの流行りの抽出などによっても、社会が変わります。下は日本のことで、特に何年か前のことですも、個人での広告の掲出をされるかたが、とても多くにいたことを、覚えておられるかたも多いと思いますが、その中には、怪し気な広告も沢山とありました。
*要するに、単にステータスの付与として、広告の利用をしていたかたも、多くにいた。ということですが、それならそれで、犯罪でもないなら良いはずなんですが、この犯罪にかかわるものがあったので、ダメだったということも、あるわけです。

アメリカヨーロッパなどの国は、広告に力を入れてもいますが、日本では、少しばかり趣きが違うものが、多数とあります。
そうではなくても、チラシなどを見た場合に、デザインアートとしての広告か、そうでないか?また、主張をしすぎないようにしているのか?などでも、全く違って、こういったことは、文化の違いです。
デザインに凝った広告も、多くありますけどね。

何はともあれ、まずはそのお囃子をご覧下さい。

/*-----

【賊】

決して名をば語らずに行なうるるは幾万人なる他人の用地から盗んだる物をば自らの用地へと植え替えてさあさと人に売るの行為なることでして次々と出荷をばされていざいざ万金へと変わるの是なる仕業は太古の昔より今の今までその存在をば知られたるる国民的なる二次元の英雄と覆面格闘家の顔をば併せ持つ輩の所業もそれな万金はといえば須らく食うに食われぬ幼き男女の元でこれをば表して日の本では義賊と言わんやの此をば呼ばぬる皆からの掛け声は弓削弓削タイガー。

白い弾力床の密林に今日も嵐が吹き荒れる。🎵

規制無用の悪党に正義の拳をぶちかませ。🎵

弓削!弓削!タイガー!🎵🎵

虎覆面。🎵

-----*/

如何でしたでしょうか?

理由は後記をしますが、こういったお囃子などについては、

  • htmlで書かれている場合、検索をされやすいワードでの検索をしたときにも、通常の日記などよりは、検索エンジンの上位に表示がされやすい。
  • 文字や文字コードといった観点からも、これに重要な施策があります。

理由は、検索エンジン最適化の件でも述べていますが、こういったことが有り得ます。

どんな検索ワードで検索を掛けたときも、ブログのページが上位に表示をされることがあった場合には、とても面白いことになりますし、それが無理でも、実社会で、色々な良いこともあります。

それによって、ブックマークなどからではなく、検索エンジンへ検索ワードを入力してからのwebサイトブログへの訪問が、更に増えることになる場合が多々あり、サイトやブログが育てば育つほどに、このかたたちの半数以上が、新規の訪問者かもしれないこととなるからです。

通常、多くのブログなどで観ることの検索エンジン対策は、どんどんと使えなくなってきていますし、本来であれば、そのようなことをやるべきではなく、それよりは、どんな仕事であろうと、やっていれば、独自の方法論や経験から、応用が効くもので、それらを元に施策を推し進めるほうが、訳の分からないことをそのままに進めるよりは、ましなこともあるわけです。
勿論、単なる当てずっぽうではなく、googleの言を聞くことが、大切でもあります。

さて、ここまでを読まれたかたは、広告収入を得る為に、WEBサイトやブログに必要なものが、朧気ながらでも、気が付かれたことと思います。
小説などの公開をしているかたは、殊更に、このことが分かると思います。

様々な広告の表示をする為の前準備。

  • 様々なワードでの検索に対応をしたければ、オリジナリティーであることもかかわって、日記や小説などが、ほどよく、googleなどを使用している場合には、こうすることで、様々な広告の表示がされて、クリック単価も上がりやすい
  • 後述をしますが、googleの検索エンジンが読める、html形式のサイトやブログがよい

ということです。

この理由は、WEBでも、小説の公開をしておられるかたは、分かると思いますが、ひとつのことに特化をした読み物では、ブログに表示がされる広告も、そのようなものばかりになる可能性がある。ということで、値段を上げることが、難しい場合が多々あるわけです。

/*-----

☆ 2 国毎や地域毎に最適化をされている検索の意識をしよう。

-----*/

さて、前準備については以上ですも、この見出しはそのままの意味です。

現在のgoogleでは、国や地域で、最適化をされた検索結果を返すようになってもきていることから、ほんの少しでいいですので、そこに意識を向けるほうが、相乗効果として、実社会の広告業界やWEB広告に対しての理解も深まります
*これは、パーソナル検索というものではありません。

ですので、広告収入を得ることにも、深く関係をしており、これ自体は別段と難しいことではありません。

例えば、同じような結果があるのであれば、別段とgoogleのサーチコンソールではなくても良いんですが、それを見ると、国ごとでの、あなたのサイトやブログの順位が分かります

ここでは、

  • サイトやブログの表示回数やクリック数は、また、別の話です。
  • お持ちのサイトやブログが、英語や対象の国の言語かそうではないかも、また、別の話です。

ここでは、単に、あなたのサイトやブログが表示がされている地域での順位に、少し、気を配る。ということを書いているだけです。

この理由は、文章の書きかたにもよりますが、地域の限定がされた、ローカルな、特に個人的な読み物であれば、その事象を知っているかたのほうが、理解をしやすく、物の話であれば、その物に興味があるかたのほうが、理解がしやすい。という、興味のことを考えれば、分かりやすいと思いますが、まずをもって大事なことは、サイトやブログが、至る国や地域で表示をされることです。

このことによって、広い地域で、広告なり、サイトやブログの露出を増やすことにもなるからで、ここでは、javascriptを切っているかどうかを記しているわけではなくて、それでも表示をしたければ、テキスト広告というものもありますし、広告が嫌いなかただけではなくて、少し観ることに興味を持つ人や、何より、文字ばかりのところを、休ませる効果もあります。

この時の注意として、関連のあることを記せば、

  • .jpドメインは、至る国から嫌われている
  • .tkドメインは、多くのドメインと同じように、昔はフィッシング詐欺などの巣窟となっていたことがある

ということです。

それで、上のリストについて、少し詳しく書けば、.jpドメインが嫌われている。というよりは、日本人の、フィッシング詐欺アフィリエイター、如何わしい部類の情報商材屋さんが、嫌われていて、集団で個人を騙すやりかたや、根こそぎ奪って行くようなやりかたが、嫌われてもいたわけです。
.tkドメインについては、昔は、フィッシング詐欺の巣窟と言われていましたが、現在では、随分とクリーンにもなってきていて、別段と堅苦しくなる。といったことではなくて、自由を守った範囲のことで、これは、googleだけではなく、幾つかの民間団体個人の調査の賜物でもあり、ドメインを扱っているところの頑張りでもあります。
こう書くと、堅苦しくなりますが、普通に使っていれば、問題はない。ということなんです。
官憲のようなことなどは、嫌いですし、厳しすぎることも、嫌いですし。

実際に、サイトやブログの表示順位が芳しくなく、あなたの地域での表示だけが高い。というようなことが起こり得たとしても、これについては、狙って解決をさせようとしなくても、直ぐかどうかは別として、次第に解決をしてきますが、一番良いことは、自動での解決に胡座をかかずに、

  • 自動での解決は勝手に行なわれるので、狙っての解決を行なう。

ということですが、大規模なサイトやブログになってくると、様々な理由から、この意味は、なくなります。

ここでは、国や地域毎での、検索エンジンがサイトやブログを表示する順位に、ほんの少し、気を配ろう

ということを記しています。

/*-----

☆ 3 他のかたのサイトやブログと、あなたのサイトなりブログを関連付けよう。

-----*/

さて、google検索エンジンは、検索結果が地域で違うということは、観るかたによって、同じ検索ワードの入力をしても、多少の違いがあるようですが、そのことの回避をするには、いったいどうすれば良いのか?という疑問が浮かぶことは、至極当然のことであるように思います。

答えは、《別のサイトやブログ、実社会との関連付けを行なう》ということです。

書いていることが難しいですね。

要するに、《単なる自己紹介ではなくて、あなたがやっていることや、興味があことの記述をしましょう。》ということで、実社会やネットでの知り合いもいるはずで、そのかたたちとの接点があるはずです。

*注意も兼ねて記しますが、noindexとして、検索エンジンに表示がされないようにしているのであれば、それはまた、別の話ですし、この辺りは、検索エンジン周りのことにもなりますので、詳しくは別記をしますも、広告との関連が高いことでもあります。当然にして、嘘や悪いことで関連付いた場合には、とんでもないことになりますし、ブログnguyenkieuanhでも記していますが、基本データの関連付けは、googleも行なっているわけです。

このことが分からずに、影でおかしなことをしていて、他者のサイトやブログが関連付いた結果、大変なことになることも、あるわけです。

では、この関連付けの件を、当時のブログの読み物から起こして、少し書きますや、当時、2017年に、ブログynimkを使い、その実験をしてみた結果、あるかたのWEBページが、google検索エンジンの上位に表示がされるようになりました

勿論、訪問者数や更新頻度、つまり、SNSやWEBページのアクティビティや、他との関連付けが行なわれなければ、google検索エンジン上を、また直ぐに、下降をしていくと思いますが、これは別のカテゴリーのほうにかかわることですので、詳しくはそちらで記します。
兎も角、自身で、直ぐに、関連付けが行なわれたと分かったワードが、幾つかとあり、このかたのWEBページが、google検索エンジンの上位に表示がされた理由は、

  • ある内容について、ひとつのページで触れた、競合サイトやブログがないからです。
  • そのことと、《》という、お囃子が関連付いたからです。
  • ある会社のWEBサイトが、このかた、名前やサイトのタイトルは忘れましたので、仮にAさんとしますも、そのAさんのページと、私のブログの関連要素で、結び付いていたからです。

*Aさんは、その会社については、とても良いことを記しており、言ってしまえば、アットホームだと言っていたはずの、実は親方日の丸、癒着であった会社の体裁などから、歯牙にもかけて頂けなかったことが相まり、サイトを作っても、随分と下のほうであったわけです。 Facebookコメントをしてあげる。とか、そういったことも、するタイプではないかもしれず、会社のほうも、忙しいと、返事を返せなく?なることも、往々にしてあるからですが、回避策としては、Aさんのほうから、他と結び付くことの記述をすることも、ひとつの方法です。

そうすると、応援をしている会社との関連が、希薄ながらg他ともできますし、そこに行った旨の記述をすれば、関連性が、更に密になり、他のかたも、一緒に行ったことの記述をした場合には、関連性が、もっと密になります。

普通であれば、遊びでそこまではしませんが、ここでは、広告収入という例えとして、使わせて頂いています。

つまり、これらが暗に示していることは、

  • 良い記事を書いて頂いたり、書くだけではダメ。
  • 好意的な記事を書いて頂いたり、書くだけではダメ。

ということです。

翻って、

  • このふたつがあれば、書かれたほうのサイトなりブログなりの順位が、検索エンジン上で上がりやすく、結果的に、広告枠の露出を増やすことに繋がります

何十万円と掛かる、高額塾を催しているかたが、フレンドやフォロワーの数が大事である。と、生徒さんに教えていましたが、聞けば、ステータスとしてのことからで、これは一定の真ではありますが、違います。大事なことは、関連付けとアクティビティ

特に、この辺りのことは、アジアでは、外国のかたのほうが、よく知っています。

ともかく、こうやって関連付けが行なわれた結果、別のかたのブログ、つまり、そういった記述をしているかたとも、関連付けが行なわれたわけで、こうやって、少しずつでも、良くなることがあるわけです。

さてはしかし、

  • 広告主に大事なことは、イメージです。

WEBやテレビが扱うような、そこまでではなくても、ある程度の権威を持った、企業や街は、イメージが大事です
ですので、おかしなことへのご注進であろうが、そのイメージを壊す輩に対しては、ブログで記しているようなことや、メッセンジャーで宛てている、まだブログには記せていないような、手痛いしっぺ返しを喰らわせることもあるわけです。

生きていくことを、奪う。ということです。

その逆に、助けて頂けるかたも、出てくるわけですが、平々凡々で、平穏無事であることが、一番なんです。

もっと簡単に記しますと、

  • 表示をさせたい広告との関連性を高めた、文言が入っている、サイトやブログを作ろう

ということで、これは、関連をする広告が、勝手に選ばれますので、放っておけば良いわけですが、サイトブログ用に、広告枠を作らなければいけない。ということで、段落などの調節もしなくてはならない。ということです、

つまるところ、ある程度の段落の纏まりと、文字量までは観なくていいですが、サイトブログを観た感じで、適度な位置に広告枠を作ることと、サイトブログに表示をしたい広告が、使っているであろう文言なりを、入れ込めると、なお良い。ということです。

また、広告主が、地域やサイトやブログの指定をして、そこに、ダイレクトに、広告の掲載をすることがありますし、こうなると、強いわけです

例を挙げれば、国連などはそうですね。

ともかく、

  • サイトやブログに表示をしたい広告の文言を入れ込んだり、関係をする読み物を書こう

ということです。

/*-----

☆ 4 関連性を持つには?広告には、どういったものがある?

-----*/

さて、関連性が必要であることについて、もう少し詳しく書きますや、まず、Facebookなどでのアクティビティは、自分のFacebookであれ、他人のものにであれ、サイトやブログの順位や、近さに、大きく関係をしています

この辺りは、検索エンジン最適化のほうに関係をしたことですので、そちらで記しますも、SNSから流行りを取り入れている個人や企業もおり、広告業界も、これとは無縁ではありません

それから、流行りを取り入れた個人や企業が出したものを、更に別のかたが、SNSなどで触れることもあります。

こんなことからも、ブランディングを行なう企業や、特に個人が、広告を作ることもあるわけで、広告とは、何も、物質として、形がある商品だけを扱っているわけではありません。

関連性を持たせるには、

  • SNSで、ライクやコメントをする。して頂く

これには、SNSの、内部的な点数の上昇という効果もあり、これが高ければ、他のかたの投稿より、優先をされた表示がされやすい。ということがあり、主に、企業に大事な要素です。

  • お互いに、関連のあることや、そのものズバリのことの投稿をする

こうすれば、点数にはなりませんが、投稿そのものは、自身のものとして、使えるわけで、その投稿を、片方とは全く異なる人が観る可能性が大きいわけです。

こういった要素がありますが、これが、検索エンジンの順位上昇といった形で、ブログにも活きるわけです。

これも、難しいことではなくて、いつもでも、たまにでも、時間のある時、気が向いた時に、行えば、少しずつでも、検索エンジン上での、サイトブログの順位の上昇という、効果が表われてもくるわけで、これに対しての順位の下落は、おそらくですが、あまり、ありません。若しくは、長期間、検索エンジンの上位に、留まる方法のひとつでもあるように思います。

注意をすることは、一部のかたを除けば、SNSでのこういったことを、仕事とか、作業として捉えると、面白くなくなりますので、あくまでも楽しく、興味があること、遊びとして行なうほうが、良い。ということです。
遊びや意見を言う場としての利用であったり、SNSって、本来が、そういったものですよね。

/*-----

☆ 5 アクセスを集める為にしても、せこい方法。

-----*/

例えば、ブログのタイトルを有名なかたと同じくにしたとしますと、ブログの厚み次第ですも、その有名人の名前で検索をしたときにも、ブログの表示がされることとなります。

本人と間違えての訪問を狙うという、せこい方法ですも、これが有効である場合が、多々あります。

*nguyenkieuanhというブログ名は、そういった意味ではありません。

例をひとつと挙げますや、《伊達 直人》で、この名前でのブログが、かなりの数にのぼるわけです。

/*-----

☆ 6 訪問者の水増しは、広告の表示回数やクリック数には影響をしないということを覚えよう。

-----*/

これはそのままの言で、例えば、Amebaの訪問者数の水増しなどは、多数のかたが伝えているところですも、Ameba側の理由としては、ズルといったような意味合いではなく、まずは、新規の登録者に、継続をして頂く為のことからかもしれず、Amebaロボットのブログへのアクセスの問題かもしれないわけです。
ただ、それにしては、120倍だ。250倍だ。は、多過ぎる気がしますけどね。

但し、広告という観点にたった場合ですと、人ではなくてロボットに広告を観せても意味がないことから、無駄なことで、この為に、一度の表示当たりで、ブログの管理者に入る広告単価が、本来であれば、もっと高いはずが、ロボットのアクセスも計測のうちに入ることから、低く計算をしている可能性があるわけです。

勿論、サイトブログの管理者側で、その部分を差し引いての計算をすれば良いだけのことですし、googleアドセンスのツール類でも、様々なデータを観ることができることではありますが、それでは疲れますね。

*実際には、ロボットに広告を観せることには、別の意味があるんですが、《広告収入について》では、関係がない部分ですので、検索エンジン周りのことは、そちらに別記をしますも、要するに、検索エンジン関連要素の判断をする為に、基本データを結び付けていたり、流行りの抽出と同じく、売れている商品などのデータを出して、商品の開発に繋げたりもできるわけです。

/-----

☆ 7 関連付けとは何か?

-----*/

まず、関連付けですが、これは、

  • Link
  • share

とは違いますし、

  • ブログ
  • リツイート

だかとも違います。

勿論、

  • Friend
  • follower

とも違います。

これらは、本人がどう思っていようと、実質、無料で出している広告と同じです。そのかたのフィードに表示をされたり、読み物やurlの参照が付く。といった意味もありますが、アクテビティにかんしたことから、同じと言っているわけです。

勿論、無料ですので、人数を掛けなければ、有料で出している広告ほどの効果はありません広告よりしょぼい。ということですが、広告はお金を掛けていますので、これは当然です。

*そんな使いかたが良いわけではなく、友達は友達ですし、良いと思ったり、楽しかったり、何らかの意味合いがあるので、シェアやリンクが発生をする。のが当然ではありますが…そうではないものも、沢山とある。ということです。

関連付けは、検索エンジン周りの部分で、詳しく記しますが、

  • ブログ nguyenkieuanh google検索エンジンを読み解くと、その辺り
  • ブログ ynimk オリジナルコンテンツと検索エンジンの上位表示について…機械的な側面 でも、記しています。

但し、この関連付けという要素を巧く使えれば、効果のほどは広告以上で、上以上ですも、それは検索エンジンへの表示のことになりますし、ここでは、広告のことにかんして記していますので、あまり、関係のあることではありません

それから、SNSでのコメントライクは重要ですが、迷惑にならないことを考えてのことであったり、遊びや他を、自身の投稿を使ってやっているかたがおられますが、パッと見では、分からず、別毎になることも多々あるわけです。
こういった、普段は、他のかたには見えない関係や、実社会のことが、とても大事ですね。

/*-----

☆ 8 GDP…国内総生産の高い国を観ることや、株価の大まかな動き、円安高、実社会やネット上の、海外の広告業界を観ることが、とても大事です。

-----*/

これは、そのままの書です。

別段と、専門的な勉強までをしなさい。と記しているわけではなくて、たまの値動きや、自身が浸っている業界を、少しなりと知っておくことは、とても重要なことです。

これだけであれば、難しくはないですし、時間も掛からないはずです。

まぁ、こういったことよりは、googleキーワードプランナーなどを観て、その時々の、その広告の値段だけを観るほうが、楽であるとは思いますが、それだけでは、全体像が掴めないので、意味がないですね。

こういったことのさわりについては、ブログynimkでも記していますし、未だ記せていないこともありますも、専門的なページを読むことや、実社会での付き合いも大事で、当時の、ベトナム日本での、お金の変動幅や、株価やネットマネーといったものの変動、アメリカ国内の総生産や、色んなことを観ることは、googleがアメリカのものといった観点からも、とても重要なことで、日本にも昔から、新聞などにある、チラシというものを観ることでも、海外の広告と、日本の広告の違いが分かってきます。

まぁ、アメリカは別の意味合いもありますが…

つまるところ、国内総生産が高い国は、必然的に、広告業界も活発だということです。

それだけではなくて、これは、テレビ他のメディア大企業政治的な側面もあり、ブログに記せることは、記していきますので、その辺りの記述も、楽しみにしておいて下さい。

ここで、広告なんて、せいぜいが、何百何千円だろう。などと、スポンスのこととの対比で言うことは、間違いです。 理由は、中小企業個人だけではなくて、そういった、大企業国連も、広告の掲載をしているからです。

こういったことを知ってくると、少しですも経済というものが観えてもきます。

/*-----

☆ 9 サイトやブログに自国から観た海外の広告も貼ろう

-----*/

これは別に、広告ではなくても、レコメンドであったり、リンクであったり、記述であったり、何でも良いんですが、こうすることによって、その国との関連ができ、思いもしなかったキーワードを手に入れることができます

さて、次が大事なことですが、googleの利用をしているかたには、下のようなことが、分かると思います。

  • googleなどと同じような形態のところでは、勝手に、例えば中国やアメリカの広告がでる。
  • 広告枠に対しての広告の値段を広告主が決めること。
  • 広告主は地域やサイトに狙いを定めた広告の表示をすることがある。
  • 広告主からのプラスがある。

サイトブログの管理者は、これらの利用を存分に行なうべきです。

/*-----

☆ 10 googleでは、ページの閲覧者側や管理者側で、狙った広告は出せるのか?

-----*/

これは、出せます。が正解です。

サイトに表示をさせたくはない広告や、広告主さんの競争を促す為から、表示をされる広告に制限を設ける機能の使用をする。といった意味合いではありません。

googleで例えますと、現在のgoogleは、サイトブログ閲覧者の興味に基付いての広告の表示をするようになっています。

それから、サイトブログ作成者が、そのサイトブログで使用をしている文言での広告の表示をするようにもなっています。

例えば、


というお囃子の関連から、私が誰かのブログにお邪魔をすると、たまに、《漫画》や《ポケモン》などの広告が出るようになりました。

その前は、《ベトナム旅行》や《他国への旅行》や《外貨両替》などもありましたし、とあるFacebookで、ボディケアなり、そんな投稿が多ければ、そういった広告がでたりとしていました。

次が大事です。


で、おそらくは、

二次元の〜

や、

操作〜

などとも関連付いて、そういった広告の表示がされたと思うわけで、こういった事象は、沢山と経験をしています。
この論理であっているようです。

これも関連付けで、

  • 広告は、訪問をしたサイトやブログの、キーワードからの類推をされる。
  • 自身が記したテキストからも、キーワードの類推をされるので、広告の類推に繋がる。

上記を鑑みて、一度の記述で結果が出ることも多々あり、それであるので、余計に、気を付けなければいけない。ということです。

この読み物では、あなたのサイトブログに、狙った広告を表示して、値段をつり上げて、広告収入を得る方法についてを記しています

それから、番外編があるんですが、それについては、

をご一読下さい。
また纏めておきます。

一般的な権利関係や他のことも、ブログynimk中に、少しですが、記述をしています。
未だ記せていないものの中にも、キュレーションメディアLINEまとめのことも、かかわるものがありますので、宜しければ、ご一読下さい。

また、このブログは一般公開で、SNSの多くの投稿と同じく、流行りや面白いことや問題の抽出や切り取りなどは、これからも構いません。
こういった弱小ブログでは、そんなことはないとしても、そう書いておくことは、とても大事なことという意味です。

メッセンジャーで良いんですが、そのことからではないにせよ、おかしなていになったこともあり、そこは、きちんとね。

/*-----

【2018/07/30 追記】

  • このページを記して少し後に、アメリカ側が、ドイツに、もっと軍事資金を出すように伝えて、ドイツや他の国は、反発をしているようです。
    NATO 北大西洋条約機構
    トランプさんが、マスコミに語った理由として、ドイツは裕福だから。だとのことです。

  • また、その後で、ロシアとは、競争相手である。との言もあり、核軍縮について、話し合われたそうで、それには、少しなりと歩み寄りがあったそうです。

-----*/

/*-----

【2018/08/11 追記】

日本のGDPは、少しだけ、上がっているそうです。

-----*/

コメント

このブログの人気の投稿

【錠の1】

【錠の1】
小説の本文の前にまずは説明をご一読下さい。
/*-----
☆ 1 前書き-----*/
これな小説はですも、およそ10年ほど前に記したものであるように思いますが、それな序文であり、小説の全体と致しましては、400字詰めの原稿用紙に換算を致しますと、およそ600枚ほどになるものです。
*別記を致しますも、ブログに記して後に、ニュース番組で、関連事案を含めつつの8年前ではなかったか。というようなことが当時に出たようです。
あまりやりすぎますと、多くのサイトの対して、順位の変動にも影響がでることもありますので大変ですが、このようなものを、インターネットに、ガガガッ!と喰わせることができますと、違反という意味合いではなしに様々な広告やらページの発見ができます。
物語のジャンルと致しましては、おそらくのところ、ミステリーであるように思われます。
また、当時は句読点で区切っていた次第ですも、自身の味をだすほうが良かろう。などとそれを止め、《っ》もなくしたんですが、これな投稿のものには、ところどころにそれが入ってしまっていますし、横文字、カタカナも全て日本式のものにしたんですが、これな投稿のものでは、そのようにはなっていません。
それでですも、当時に一端句読点を抜いたと言いますか、そのようにしたものに、句読点の付加をし、その後にまた句読点を抜いて、ということをしてしまった為に、多少なりとですも、おかしくになっている部分もあります。
一部は、以前に、何処かのSNSにアップロードをしたものです。このようなものは、当時の出版業界では扱えないそうですが、少しなりと言いたいことは、未だどうにもならないレベルの頃には声が掛かり、切磋琢磨をしての後は、そうではなくなる。ということにつきましいては、思うところもあります。かと言って、一般的な文体にして扱って頂けたとしても、それは自分のものではない気が致します。物珍しさもあってか、当時から外国のかたにはある程度に評判が良く、《そひ》というかたに例えられたり、孔子だとも例えられましたが、いかんせん、詰め込み過ぎともありました。そうですね。日本作家で言いますと、樋口 一葉ですね。
個人的にはですも、弘法大師も随分と下になった。などと声を大にして言いたいです。
*2018年や2019年に弘法大師についての番組やテレビでの話題が多かったこと…

【命に対しての人間の感情】

【命に対しての人間の感情】
この投稿は、2020年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
Nguyen Kieu Anhですが、亡くなった子供にもう一度会いたくて、ヴァーチャルリアリティーの技術を使っているとの投稿のシェアがあり、《哀しい。誰も観ないで》というような投稿があります。
ブログにもメッセンジャーにも記していることや、との関連ですが、有り難いですね。
今であれば新型肺炎であるコロナウイルスのことも気に掛かりますし、そのようなことを考えながらにですも、前川 喜平さんのTwitterを観ていますと、津波にのまれた子供たちがいた場所では、夏になると向日葵が咲く。という投稿がありました。
今一度、ひと目でも、ということからに技術に頼ることと、太陽に向かって向日葵が咲くという、哀しみを乗り越えるようなことの違いはありますが、昔に種の殻を左右に割って、中身を食べていたことがある気が致します。などと考えた次第のことですが、まあ、自分で命を絶ったかたも、その当時に19歳ですし、少し内側に入られたりもしたように感じてか、敵意ではないですが、僅かにであれどそのような考えを抱きも致しましたが、丁度、Facebookの《むかい あおい》さんというかたのことを思い出した次第のことで、このかたにもベトナム語を教えて頂きました。
向日葵という同じ名前の使用をしているかたは何名かいますも、別のFacebookでですが、本名で友達と写真にうつっていました。
日本語の試験にも、受かっただか受けるだかという投稿もありました。
これと、会社のマネージャーというかたの苗字が同じでしたので、心の中でのことですが、紐付けをしていました。
それから、当時コンビニエンスストアーで三人いたうちの一人と同じ苗字です。辺りに来ていたかたは、当時に20歳ですしね。
この三人の話を、外国のかたとしたり、当初にいた二人では、流石に仕事が忙しくなりすぎることもあって、三人になりもしたようですが、その体制になる前には、奇数であれば意見が割れ、少ないほうの意見であることが何度か続けば、一人ですので、疎外感のようなこともあるのではないか?というようなことも話していたそうです。
ただ、それはそれで上手くやっていたようですし、なだめるのが大変ですが、徒党を組めば強いですしね。
こちらと、このこと…

【桃太郞のお話】

【桃太郞のお話】
この投稿は、2019年は10月の14日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
まずですも、この投稿では、桃太郞のことを扱っていますが、日本昔話桃太郞ではなく、現代版桃太郞となっています。
また、本来の桃太郞は、鬼退治の話ですが、この投稿には鬼退治はありません。
では、本文をご一読下さい。
まずの謝罪ですが、私は、台風19号のことをメッセンジャーに記している時分のことですも、ニュース番組であるグッドモーニングに出ている気象予報士依田 司さんの名前を、与作さんとしてしまっていました。
真に申し訳が御座いません。
上につきましては、実のところ、
桜田 義孝議員さんとの名前の一致桜田 義孝議員さんが蓮舫さんの名前を間違えたこと を引き合いに出し、ここで私がそのようにすることで、当時の政治との関連も手に入る。ということを考えてのことで、決して、間違えたことの言い分けでは御座いません。とは致しますが、どちらであれど同じことですので、それはそれとして、礼を失していることは事実です。
台風につきましては、私も伝を辿って声を掛けてはいますが、台風の前から、別ブログの、【低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け】へのアクセスがありました。
ですので、記すことはだいじであるわけです。
さては礼を失しているを承知で真面目に記しますと、
テレビ各局が台風19号のことを報じています
インターネットでも、沢山のかたが、被害状況の投稿をしたり、テレビと協力をしたり、逆に、助けて下さい。報道をして下さい。という投稿もあります 他に一部を記しますと、【】という小説本屋大賞にノミネートをされた、福島県南相馬市三浦 英之さんのTwitterでの投稿があり、こちらのの話と、このかたも《m》で、新聞記者/ルポライター。つまるところ、もの書きさんです。という関連があります。
直接の繋がりはなくとも、繋がってできることがありますね。
こちらが、これまでもやっていれば。ですけれどね。
これと、ニュース番組であるグッドモーニングの知名度があります。
ということであり、他には、桃太郞を演じているCMや、役者である高橋 英樹さんも桃太郞で、そのかたの娘さんである高橋 真麻さんは、ニュース番組であるバイキングにも出ており、この投稿の下のほうで分かりますも、地名です。
死傷者