スキップしてメイン コンテンツに移動

【米山 隆一】

【米山 隆一】

日本学術会議というものにつきましての騒動には米山 隆一さんのツイートに賛成の面もありますが、ややこしくになりますので別記を致します。

/*-----

☆ 1 ページが複数に跨る理由と解決の方法のひとつ

-----*/

まずですも、これなページは長いことからに、幾つかの章立てにしての数ページに渡っての記述を考慮に入れなければならず、それでありますのでhtmlhead部分にページネーションタグの記述をして、分割をしたページの関係性の保持をしようと思ったんですが、どうやらこれなタグは廃止となっているようであり、現在ではページ間の関係性の保持はされるようとのことですので、でありますと、ページ番号などの画像の用意を致しまして、それな画像なりに該当のページへのリンクを貼れば良い。という考えになり、取り敢えずですもそれな方法で記してみようと思います。

次ですも、下のリストでこれなページの目次を示します。

  1. ページが複数に跨がる理由と解決の方法のひとつ
  2. このページについて
  3. 米山 隆一さんについて思うこと
  4. 米山 隆一さんと黒瀬 深さんというかたの訴訟問題についてと中曽根 康弘元首相の内閣/自民党の合同葬儀と新潟県の税金のことの違い...風が吹いたので桶屋が儲かった...のか?
  5. 神戸市は市会議員である岡田 ゆうじさんと米山 隆一さん
  6. 米山 隆一さんが行なった買春について

/*-----

☆ 2 このページについて

-----*/

これなページはですも、米山隆一というカテゴリーと、他の幾つかにつきましてを、奥さんであられますの室井 佑月さんにつきましてのこと他と絡めて体裁を整えたものであり、とは言いましてもまだそのカテゴリーの時分まで遡れてはいませんし、該当のTwitterにつきましてはその後も進んでいますが、これ以上に追い掛けずと良いという判断であり、そもそもが、関連と致しまして、ブログに記してもいますの他のことの一部と致しまして纏めているだけのことであり、追い掛けていた。という表現は適切ではないかもしれません。

まだそこまでは記せていませんも、これなページには、特に以下のようなことが関係をしています。

【言い過ぎたこと】
【Twitterでのフォロワー自慢について】
【取り敢えずです_2】
【Twitterの使用をしての数々の脅しについて】
【取り敢えずです_1】
【米山 隆一さんに伝えたいこと_2】
【米山 隆一さんに伝えたいこと】

他、上のように後にリストに致しますが、【室井 佑月考】以外で室井 佑月さんのことについて触れているおかしなほうの一部分やそのこととの関連日本政府含んだ与野党について触れているおかしなことの一部。
また、日本学術会議の騒動につきましての一部とこちらとのすり替えと、米山 隆一さんのプロフィールやらTwitterの投稿でのおかしなもの、言われていますの部分で故意におかしなことをしている部分。など、多くがかかわり、フジテレビの番組からの流れもあるようであり、別記を致しますも実社会にも知り合いとのことがありましたが、事実無根のことであり、丁度かかわる年数とテレビであったこちらごとの一致を誤魔化している部分があり、それなことにつきましては言えばやばいと思ってかTwitterは他のことにうつし、この為に日本学術会議のことも余計にテレビと違うようになったこともあるようです。

このようなことは別記を致しますが、問題を切り分けて記すが良いですね。

/*-----

☆ 3 米山 隆一さんについて思うこと

-----*/

このようなことにつきましてですも、ひとつひとつ分解をして記せば良いと思いますし、このページより以後のこちらとかかわる問題につきましては、気が付きましたらや時間があればその都度に米山隆一というカテゴリーに纏めておこうと思いますが、ひとつはグルになっている部分が多く、こちらとのすり替えが多々あるようにもなり、室井 佑月さんの時分と同じですね。米山 隆一さんの買春もデマである旨までありましたが、デマではないですね。
他、あることについて記しましたらば、勝手におかしなことにしている部分がありますが、それにつきましては別記を致します。

米山 隆一さんを許さない人や応援をする気がないかたが多いのは、下のような意味合いもあるようですが、それとは別に、このようなことを記していますのかたもいますね。
米山 隆一さんの支持者が声を上げないので、異常な執念を燃やして同人さんを落とそうとする輩ばかりが目立つ。》
というのは確かにそうですね。

少し前までは、これは逆であり、インターネット上の雑誌も他もTwitterも、米山 隆一さんへのおかしな擁護が多かったですね。

但し、やはり国政選挙に出るとなれば、それまで応援をしていたかたや、おかしな意味合いでの擁護をしていた中でも、ふざけるな。となるかたも多いだけのことでしょうけれど、当人さんたちの意見と致しましては、反対をしているのはネトウヨというもののことである。というものでもあるでしょう。
まあ私は別からにしてそれに対して執念を燃やしているわけではありません。

地元がかかわることにもなり、当然にして、新聞インターネット上のものTwitterなどともまた違うこととして、地元や他でどういうことかを知っているかたもいて、その人たちはどう思うか?他はどう思うか。があり、新潟県選挙区のかたに届くかたもいましたので、微々たることであれど、それはそのようにすればよく、騒ぎ立てることはないでしょうけれど、おそらくは米山 隆一さんの当選はないでしょうし、そこを確実にしてもおきたい。という意味です。

理由と致しましては、普通に考えて凶悪な犯罪であることもありますし、Twitter米山 隆一さんにやられた当人さんたちにしてみれば、同人さんがやりすぎのことからか、毀損罪やら侮辱罪だけではないからであり、それはそのかたたちのことですが、個人的には、周りに分からないように、夫婦で人を殺していることに一役を買っている若しくは人を使ってのズバリなかたが国会議員になることにやタレントやコメンテーターであることには、テレビを含めてのメディアや政治などに対して反対であるだけのことです。

ですので、そのような人と一緒に仕事や付き合いをしていることに、おかしいのでは?ということを記していますし、しかし実際にはそのようなかたも付き合いもありますし、テレビラジオ新聞多くのメディアは、その業界で一緒に生きていく仲の人たちであり、言い過ぎた。ということを投稿でも記しているだけのことです。
あれは本当に言い過ぎですので、反省と自戒。

また、相手がたに何か仕返しをすることはいけませんので、せめて記していこうとそのようにしているだけです。
これが他のこと同様に、行なっていることとも関連をしているので、そのことからもです。

/*-----

☆ 4 米山 隆一さんと黒瀬 深さんというかたの訴訟問題についてと中曽根 康弘元首相の内閣/自民党の合同葬儀と新潟県の税金のことの違い...風が吹いたので桶屋が儲かった...のか?

-----*/

では本文となりますが、米山 隆一さんですも、米山隆一いうカテゴリーや他幾つかで記していますの理由からに、政治の道に進ませることにつきましては認めるべきではない。との結論に達しましたし、そのようにされることに納得もできません。
しかしこれがタレント業やらコメンテーター業をしながらに、政治についての文句をたらたらと曰いながらに、Twitter上でおかしな論法の展開をしての様々なかたへの悪態を吐くことに喜びを見出されているようなことにつきましてですと、揶揄も含んでのおかしな擁護も本心からの擁護も応援もそこそこにはあるかたであろうとお見受けを致しましたが、はっきりと記しますと、同人さんはおかしなかたです。

次ですも、米山 隆一さんがTwitter上の諍いから黒瀬 深さんと言われるアカウントへ起こそうとされての訴訟につきましてですも、ここで整理をしておきます。

  • 米山 隆一さんは、9月の25日以前に、Twitter社から黒瀬 深さんというかたに情報の開示についての照会が届いているのは明らかである

旨曰われています。
しかし、黒瀬 深さんの該当のツイートからは、これなリストの書は成り立たず、おそらくのところ、米山 隆一さんが黒瀬 深さんに以前に#ハッピー米山であるのか#室井佑月をテレビに出すなであるのか、そのようなハッシュタグを作られたことで物申していたことからであるように思われますし、事実そうでしょう。

  • 9月の28日の16時に、Twitter社に対して、裁判所からの情報の開示をしなさいという処分がなされた。

とのことであり、同人さんのその後のツイートで、
《(Twitter社に対しての)発信者情報の開示をしたのは自身であり、それな処分は双方審尋の上で裁判所発令をしている。》
旨あり、それに加えまして、
《匿名の陰に隠れてのつぎはぎの勝手な理屈で相手がたの嘲笑をし、一方的に勝利の宣言をすることで偽りの勝ちの演出をしている。それが他人の権利の侵害をするのであれば、賠償や差し止めの対象になる。》
とありますが、

  • つぎはぎの勝手な理屈で相手がたの嘲笑をしている。
  • 一方的に勝利の宣言をしている。
  • 他人の権利の侵害をしている。

この三つは米山 隆一さんご自身のことであるように思われます。

リストの1番目につきましてはこれなページを記す傍らでひとつひとつと観ていきますが、リストの2番目につきましてはアカウントの停止やら休止をされたかたへの批判返しをされないことを考慮に入れての途端の文句であったり、殆んどは揶揄ではありますが一部には普通にコメントを出されているかたをのブロックであったり、他者のツイートを勝手に引っ張ってきてのおかしな論法でやり込めた気になり、勝手な勝利宣言をしたりとは、同人さんのTwitterではよくよくと観られます。

米山 隆一さんの言からは本当にTwitter社から照会を求めたのかは分からずのことであり、黒瀬 深さんの該当のツイートを観ても、それなツイートから照会が行なわれている。とは言えないんです。
但し、裁判所を通じて発信者情報の開示を行なっているのであれば、黒瀬 深さんの下にそれな旨書面(Twitter社からはメールなどでの連絡です)が届くはずであり、普通でありますと順序が逆であり、開示請求をしてからに届くわけです。
しかし米山 隆一さんは、Twitter社に対して開示請求をされた前に、黒瀬 深さんの下へ書面が届いているとしていますので、ごちゃごちゃとしているわけです。

そはいかに?

ここで少しなりとですも記しておきますと、私は別からにして黒瀬 深さんというかたのことを庇っているわけではありませんし、同人さんは個人のツイートと致しましての支離滅裂な自己紹介などはあるようですし、右派/左派の観点からの偏りはあるように思われますが、同人さんの最近のツイートを引き合いに出しますと、意見と致しまして読めるものです。

ここで米山 隆一さんが9月の25日に行なったツイートを観てみますが、それによりますと、黒瀬 深さんというかたの
米山 隆一さんが自分を訴えるとしているが、一体何の理由でそのようにしようとしているのか分からない。》
とありますも、米山 隆一さんは黒瀬 深さんのこれな言から、
Twitter社から黒瀬 深さんに照会がいき、同人さんはそれに回答をしているは明らかであり、同人さんの別の言にかんしては、デタラメである。》
としていますに、それにつきましてはそれな通りデタラメであり、黒瀬 深さんは訂正をしていますし、他にもそのような件が多数とあるかたです。

米山 隆一さんにつきましては、私にしろ、このようなことやもあろう。と思ってはいましたし、それ以前の様々にある看過できないことからにですも、

《完全に頭のネジが外れとんやないん?イカれた(頭のおかしなという意味です)色もん、良いと思うで。頑張ってやぁ。
というか、次期の衆議院選挙にご自身が絶対に当選をしないことが分かって、達観をして、お前らアホやの。ワシの当選をさせんお前らが悪いんよ。などと、菅 義偉首相のの名前を引き合いに出して言っているだけのことであり、下に記しますがの葬儀屋のことにしろ、風が吹いたので儲かったんだから良いであろう。などと居直っています。》

新型肺炎で亡くなられたかたが多いので儲かったということですので、それ何ごとね。という意味合いでメッセンジャーに記していますが、その後にですも、該当の葬儀屋さんは右翼ではないか。とかそれ以前にも、殺されないようにというコメントが、米山 隆一さんのTwitterにですも付いてもいましたが、これはこちらごとで記していたことかとも思いますので、【状況からの喧嘩】で別記を致します。

ここでですも、こちらを記すほうが先になりましたが、別記を致しますの【状況からの喧嘩】という投稿が絡んでもきますが、それにつきましてはそちらの参照を頂くと致しまして、中曽根 康弘元首相内閣/自民党によりますの合同葬儀のことにつきましてがあり、これに賛成の意見と致しましては、他国からの参列もあるやもしれずであり、それな旨打診があるやもしれずのことであり、但し新型肺炎下ですのでこれにつきましてはどうなりますやら分かりませんが、また、これまでの功績から、最高位の勲章でありますの大勲位菊花章頸飾授与がなされていることからも当然である旨あり、反対の意見と致しましては、税金からの支出である旨あります。

ここで問題となっていますは、米山 隆一さんにしろ新潟県知事でありましたの時期にですがの同県民税金の使用をしてからにの女子大生への買春のことがあり、それが問題となりで同知事辞任をしての退職金も同県民税金からであり、それな為に新たに選挙をするにも税金が掛かっていることが言われていますがひとつであり、それを脇に置いて曰われますので、言われているということもあるでしょうし、単なる揶揄も多いんでしょう。

上の整理を致しますと、

  • 新潟県は知事であった時期に税金の使用をして買春をしている
  • 辞任をして退職金の頂戴をしていてそれも税金から賄われている
  • 新潟県知事の不在となったことから新たに選挙を行ないこれにも税金が掛かっている

にかかわらずも、同様な理由から中曽根 康弘元首相内閣/自民党によりますの合同葬儀についてを行なうべきではない旨物申している。ということであり、真偽のほどは別と致しましてですも、葬儀の費用も当初言われていましたの倍以上にしたりともありました。

上に加えまして、米山 隆一さんによりますの葬儀屋さんと一般人に対しての侮蔑的なツイートが問題となっていて、これな問題に対しましての同人さんは、揶揄は過ぎたかもしれずが落語風刺である旨あり、ご自身にも葬儀屋さんを営んでいる先輩がいることからに、別からにして侮蔑的な発言ではない旨ツイートをされていますが、その後に、
風が吹いたので桶屋が儲かった
ことを解せないのか?のようなツイートがあり、これな場合の桶屋葬儀屋さんのことですし、これな場合のとは中曽根 康弘元首相内閣/自民党によりますの合同葬儀でしょうけれど、新型肺炎下のことで葬儀屋も大変であるに何を言っているんだと物申している新潟県や他葬儀屋さんもいます。ということであり、随分と下になりますが記しますも、日本製マスク会社のことで、奥さんであられますの室井 佑月さんが迷惑を掛けたことにつきましてを、一時は販売中止となった会社に対して、その後のマスクの売れ行きが良いということからにか、
風が吹いたので桶屋が儲かった
と、自分たちが騒いであげたので売れましたでしょう。という意味になるようにした時分と同様のことをしているわけです。

/*-----

☆ 5 神戸市は市会議員である岡田 ゆうじさんと米山 隆一さん

-----*/

さては時間軸の前後を致しますが、つまりですも、本来でありますとこれなページの一番上のほうに配置がされることと致しまして、ここまで記しますと米山 隆一さんの話は変わり、実際には記す最中に変わっていったわけですが、同人さんですも、神戸市市会議員であられますの岡田 ゆうじさんとのやり取りで、
《自分は代理人である》
旨とされ、自らの訴訟ではない旨ありますが、ここで問題となりますは、下のリストのようなことです。

  • Twitter社との合意で裁判所に情報の開示請求を行なった。

と取れる内容が、代理人という一言を添えることで、

  • 訴訟を起こした者と米山 隆一さんの合意で裁判所に情報の開示請求を行なった。

とできるわけですが、実際には裁判所との審査で同所に認められたということでしょう。

しかし上のリストはそれ以前の同人さんのツイートにより打ち消されます。

若しくは、黒瀬 深さんとの合意の上ともとりようがある部分がありますが、黒瀬 深さんご自身が書面は届いていない旨ツイートをしていることからに、これはないんです。

米山 隆一さんは、どのような訴状となっているかは、それが届いてから黒瀬 深さんが読めば分かるとしていますが、訴状情報の開示を求める書面は違います。

このようなことから、自らの言を二転三転とさせていることが分かり、故意に曖昧な表現の使用をしての文脈からそのように判断をしてしまうようにしています。

もうのひとつとして気になることですが、神戸市市会議員であられますの岡田 ゆうじさんは、このことが分かっていた場合には、黒瀬 深さんに優しくに言いよることができますが、同人さんが#米山隆一氏のスラップ訴訟に抗議しますというハッシュタグを付けていますのことからにそうではないでしょうし、それな為に米山 隆一さんから指摘を受けてもいることから、おふたかたで話を作っているわけではないでしょう。

/*-----

☆ 6 米山 隆一さんが行なった買春について

-----*/

ここで米山 隆一さんが問題視をされているひとつでありますの買春につきましてを記してみますが、様々に法律の駆使をすればやり込めることができるでしょうとした上でのことですも、これな場合ですとそれは犯罪ではなく、使用をされましたの税金につきましても、これな理由からは新潟県民以外のかたに同人さんを咎める資格はなく、例えば食べ物屋さんが従業員にお給料を払う場合ですと、それなお給料は大体の場合ですとお客様が飲食をした代金からあてがわれますが、米山 隆一さんが行なった買春に致しましても、新潟県民から支払われたお給料から行なっているわけであり、食べ物屋さんの例えと何らも変わりません。
ここにトリック思い込みがあり、上のように国民からの税金という形のお給料ではなしに、予算を付けて行なうことがあり、それとの混同があることがひとつと、違いを知っていて言わないかたがひとつとあります。
米山 隆一さんが言われていますは、このようなことからの揶揄も多いでしょうけれど、そうではなしに、

  • 知事としてどうなのか。
  • 普段のツイートなどに観られる人間性。
  • 税金の使用のされかたという観念とその為に別途税金が掛かったこと。
  • 他多数

ということであり、不謹慎であろう。としているかたが多いこともひとつでしょう。

立憲民主党のかたも同様のことで言われていますが、それなかたは、新型肺炎下での周りやらお相手様を鑑みていなかったこともあってか、処断をされていて、冗談と致しましては、除名をせずとも良いのに。国会新型肺炎をばら撒いての自民党を倒す急先鋒となられたかたであるかもしれませんに、立憲民主党自体が倒れることからダメですね。などとは記していますし、それ以前に、そのようなことで新型肺炎に掛かって国会中にばら撒けば日本が終わる。などと記してはいますけれどね。

上につきましてですも、曰われてのかたもいて、米山 隆一さんは女性をお金で買い、恋愛であったとしているが、同人さんの普段のツイートを観れば分かるように、相手を蔑み、他にも、そのように記していないだけで、貧乏人が!としている。
自分は恋愛であったが、相手の女性は単なるお金であったともありますし、エッチなことをして、弱いほう、この場合は女性ですがを蔑んだり陥れる行為に対して、気分が悪い!とのことです。

さては米山 隆一さんの言ですが、やはり変わります。

  • 代理人の弁護士としてTwitter社に申し立てを行なった。
  • 日本の最大の事務所が代理人となることの受諾をして米山 隆一さんと同事務所の双方の合意の上である

となり、審議や合意の上でという意味では、

  • 裁判所との審査の上ではない
  • Twitter社でもない
  • 訴訟を起こしたかたでもない

ということであり、それであるならば、何故そのように記したのか。となり、日にちのずらしもあります。
これは思い込みではなく、文脈からそのように判断をするように記されています。
*裁判所他機関で判断をされてのことでありますは勿論ですが、どうもおかしな部分ですし、黒瀬 深さんというかたの下へは、その後にTwitter社からの情報開示請求は来たそうです。

また、何故にわざわざと、日本最大の事務所ということの強調をする文面となっているのかが不思議であり、これな場合ですと、自身の所属先の弁護事務所であれば手前味噌と脅しがあり、所属先の弁護事務所でなければヨイショと脅しがあるようにお見受けを致します。

また、別からにしてこれなページでの私は予測などを行なっていますのわけではなしに、米山 隆一さんにより記された文章から、当然そのようにとれることを記していて、では何故いちいちとそれを変えているのか。を考えますと、おのずと応えがでます。
加えまして、同人さんはここまで言の変わることは珍しくになく、それなことからですも、証拠としてというわけではなしに記録と致しましての幾つかのスクリーンショットはとっています。

こちらごとと致しましては、この後にynimkで記していますの【言い過ぎたこと】に遡るわけですも、整理をして体裁を整えていますが、ページが長いですので、幾つかに分けますのことをご容赦下さいませ。
また、以降のことは、時間があるときにですも、米山隆一というカテゴリーに纏めておきます。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【錠の1】

【錠の1】 小説 の本文の前にまずは説明をご一読下さい。 /*----- ☆ 1 前書き -----*/ これな 小説 はですも、およそ10年ほど前に記したものであるように思いますが、それな 序文 であり、 小説 の全体と致しましては、400字詰めの 原稿用紙 に換算を致しますと、およそ600枚ほどになるものです。 *別記を致しますも、ブログに記して後に、 ニュース番組 で、 関連事案 を含めつつの8年前ではなかったか。というようなことが当時に出たようです。 あまりやりすぎますと、多くのサイトの対して、順位の変動にも影響がでることもありますので大変ですが、このようなものを、 インターネット に、ガガガッ!と喰わせることができますと、違反という意味合いではなしに様々な 広告 やらページの発見ができます。 物語 のジャンルと致しましては、おそらくのところ、 ミステリー であるように思われます。 また、当時は 句読点 で区切っていた次第ですも、自身の味をだすほうが良かろう。などとそれを止め、《っ》もなくしたんですが、これな投稿のものには、ところどころにそれが入ってしまっていますし、横文字、カタカナも全て 日本式 のものにしたんですが、これな投稿のものでは、そのようにはなっていません。 それでですも、当時に一端 句読点 を抜いたと言いますか、そのようにしたものに、 句読点 の付加をし、その後にまた 句読点 を抜いて、ということをしてしまった為に、多少なりとですも、おかしくになっている部分もあります。 一部は、以前に、何処かの SNS にアップロードをしたものです。 このようなものは、当時の 出版業界 では扱えないそうですが、少しなりと言いたいことは、未だどうにもならないレベルの頃には声が掛かり、切磋琢磨をしての後は、そうではなくなる。ということにつきましいては、思うところもあります。 かと言って、一般的な文体にして扱って頂けたとしても、それは自分のものではない気が致します。 物珍しさもあってか、当時から外国のかたにはある程度に評判が良く、《そひ》というかたに例えられたり、 孔子 だとも例えられましたが、いかんせん、詰め込み過ぎともありました。そうですね。 日

【桃太郎のお話Ⅱ】

【桃太郎のお話Ⅱ】 この投稿は、記している日付けよりしばらくと前と、2020年は12月の5日と同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 自身のミスからドメインの更新を忘れていた為に、アクセスは散々になりましたが、RSSフィードのほうが少し増えました...ニュースリーダーの中にはgoogleアナリティクスにアクセスの表示がされないものがありますは良いとして、問題は検索結果であり、多くがなくなり、nguyenkieuanhとynimk両タイトル他での検索にしろ、結果の下に6つほど付いていたスニペットもなくなりました。 また少しずつでもブログを強くしていくしかないですね。 ご迷惑をお掛け致しましたが、少しずつですも再開です。 まずは12月の7日に メッセンジャー に記したことですが、やはりこれな投稿の雑記と言いますか、ブログに投稿をする為に纏めたものを メッセンジャー に書き込んだ時期と丁度のこと、6日でしたかに、 広島県 は 三原市 で 鳥インフルエンザ の発生があり、それなことからに大量に殺処分とのことであり、時期などを調べると、ひょっとすると 渡り鳥 経由の可能性が考えられうる。とのことでした。 鳥 の話ですね。 広島 は全国でも高い 鶏卵 の地です。 以前に 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング の、 卵の食べ比べのコーナー の時分の、 卵かけご飯 の時期に、 香川県 であるかでの 鳥インフルエンザ がどんぴしゃりで、 Twitter などを観ますと、きちんと対応がされていることが分かりましたが、今回の 広島県 は 三原市 でのものにしろ、嬉しいことではないですけれど、早めに分かって良かったと思いますし、 広島 は、他地域での 豚コレラ が出た時分にも、 対策会議 を速やかに開いたりと、対応が速かったですね。 これは冗談ですが、 広島 は住んでみたい地方の二位ですし、この投稿のかたにもというだけではないですが、 広島 の 卵 での 卵かけご飯 を食べて頂きたいですし、また良くなれば良いかなと思います。 上は地元局である 5up! という ニュース番組 を観てのことですが、最近は同 ニュース番組 も、注意喚起のことも増えていますし、そ

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 この投稿は、2021年は1月の2日と、これな日より何年も前からメッセンジャー他にに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 まずですも、ブログや他でありますの多くの話ですが、例え何万文字であろうと、どれだけ多くの文字数であろうと、全く別の話にもできることが得意なことのひとつ。などと記していましたのことにつきましてですも、最近の投稿ですと、 【桃太郎のお話Ⅱ】 やらそれな周りの投稿があります。 * 【桃太郎のお話Ⅱ】 のうちの幾つかは、作った話ではなしに、実社会でそのようになっているということです。 これも、ある話題について、一般の言ではなしに、 テレビ業界 の用語で言い換える。ということが、 タレント である マツコ・デラックス さんの番組であり、これが本来の 換喩法 ですね。 話は変わらずに、その中の一部若しくは全てを別の言葉で置き換える。というものです。 私のものは本来の 換喩法 とは違うようであり、記すなれば 外法 です。と致しましたは、他国の 言語構造 やら記しているようなことからです。 *本来のこともできなくはないでしょうけれど、この為に、5年ほど前に、 Facebook 友達と遊びという意味での 暗号 の話になったりもして、遊んでいたことを思い出しましたが、その国の も入っているわけであり、昨年でありましたかに、 暗号 の話で盛り上がろうという SNS からの誘いもあり、既に別のかたが同名で行なっていた。という面白い経緯があります。 次ですも、もうそろろろ、 ジョジョの奇妙な冒険 という 漫画 との、ほんの少しの有り難い 関連 が出てくるとした次第ですも、元々僅かでありましたの当時の関連から何十年(20年以上ですが、あることからは20年ほどです)かと経ち、とても有り難くの面白い 関連 になりましたし、幾つかは気が付いていましたが、ブログに記していく傍らで更に気が付くことができましたし、 漫画 は 漫画 ですが、ブログとの親和性から、お互いの説明をしやすいということがあり、同 漫画 の大枠には、 人間賛歌 というものがあるそうであり、それは頷くことができ、それとは別にですも、同 漫画 の題材と致しましてですが、