スキップしてメイン コンテンツに移動

【米山 隆一_追記用】

【米山 隆一_追記用】

/*-----

☆ 1 このページについての説明

-----*/

まずのこれなページにつきましての説明と致しましてですも、ブログnguyenkieuanh米山 隆一というページに記しました後のことと致しまして、ブログynimk米山隆一というカテゴリーに記していますのことを、後は纏めませばよい程度には行なっていましたの次第のことですも、その後も色々と追加の事案やらがありましたのことからもに、それらも加えますのほうがよろしいかと思いましては、そのように致しましたの次第でありますが、一度に全ての読み物を記しますの時間がありませんのことからに、少しずつなりとこれやら他へと加えていきますの形を取らせて頂きます。

他、以下が関係が深いページとなっています。

その他かかわりますの投稿などは、これなページに記します若しくはその都度にリンクで示します。

以下が目次です。

  1. このページについての説明
  2. 国家公安委員会に認定をされたかた...偽物でしょうけれどね
  3. ものごとの触りと結びのひとつと致しまして。米山 隆一さんと黒瀬 深なる人物とDappiというTwitterアカウントと他多く
  4. 米山 隆一と黒瀬 深
  5. 米山 隆一_言の破綻のひとつ
  6. Twitterの言の衆議院選挙への影響
  7. タレントのTwitterの凍結のデマとそれから観る将棋の一手と極上のサスペンス
  8. 米山 隆一_電柱にポスターを貼り過ぎて怒られる_与党野党やら幾つもの企業やら団体やら個人の様々な陰謀が渦を巻く覇権もの
  9. ツイートとリンク先を故意に違えることまでをの駆使をしての相手がたへの乏め
  10. 米山 隆一さんと黒瀬 深なる人物との裁判の訝しさ

/*-----

☆ 2 国家公安委員会に認定をされたかた...偽物でしょうけれどね

-----*/

まずですも、このようなことはですが、その都度に記していますので、今ここで記しますの意味はあまりありませんが、公式の国家公安委員会認定なるTwitterネームのかたが、米山 隆一さんのTwitterコメントをされていますが、普通に考えますと、ネタという、一種の嘘のものであり、事実ではないでしょうけれど、同Twitterネームのかたのツイートにありますのように、同じかどうかはそのような意味で記した訳ではありませんの旨ブログにも記していますし、ある程度に勉を治めたかたと言いますか、普通のかたでも分かりやすくに記してもしていますのようには思います。

それでですも、の色と言いますかが、まだブログには記せていませんも、台風の時分に神社のところで助けた猫がその後なついた。というと同じであり、これな雑記をメッセンジャーに記しましたの時分にですも、トルコのかたのブログでしたかで、猫の通り道に梯子を掛けてあげたこととありましたのものを思い出しましたが、これはおそらくのところと致しましょうか、良い意味ではなしにそのかたが狙ってのことでしょうし、そのことの示唆をされましのあるかたのツイートもありますので、それにつきましては別記を致しますが、別のかたがツイートをされていますのあるかたにつきましての幾つかにつきましてを知らないかたでしょう。

他多くのスイッチを観ませば、ですので、国会議員がかかわることと致しましてのものやら、テレビがかかわりますのことの中に、そのようなおかしなのもいるという意味ですね。と記していますし、該当のツイートにありますのように、同じかどうかは、そのような意味ではない旨きちんと記していますし、また、幾つかのところに置かせて頂いてもいますの、PDFにしていますのものは、時間がありませんのことからに、少しですもペースを落としますの旨ツイートをしています。

どのかたにしろ、無理に色々と変えようとしていますの跡が見受けられますは何故でしょうか。とは思います。

公式の国家公安委員会認定なるTwitterネームのかたはですも、おそらくのところ、国家公安委員会がそのような意味合いで行なっています。などとしたいのかもしれませんが、そうであれどうであれ、意味が違うと記していますし、このようなことからにも、最近のブログの投稿にしろ、違うことではありますし、また、自身がたを守る意味と致しましても、それはそれで有り難いわけです。
また、本当に国家公安委員会やら内閣調査室やらでありませば、ブログで記していますの幾つかにつきましては知っているはずであり、故意に捻じ曲げていますのところが多数とありますのことも分かるはずです。
ですので、行なっていますは、日本のTwitterを弄われますの多くですね。という話です。

これらと、別どころですも、元が、ツイートやら放送での言につきまして、どのような意味でありますのかを言っていないことからにもですも、そこが良い意味悪い意味は別と致しまして、別が良い意味悪い意味の両面に取ることができ、故意によりますの捏造やら、憶測が憶測を呼びますのことも多いというだけのことでしょう。

/*-----

☆ 3 ものごとの触りと結びのひとつと致しまして。米山 隆一さんと黒瀬 深なる人物とDappiというTwitterアカウントと他多く

-----*/

#米山 隆一
#黒瀬 深
#Dappi

関係のあるブログの投稿
米山隆一というカテゴリー
黒瀬深というカテゴリー
Dappiアカウントについてというカテゴリー
【黒瀬 深と米山 隆一】
【DappiというTwitterアカウントと他周り_3】
【米山 隆一_電柱にポスターを貼りすぎて怒られる】

【黒瀬 深と米山 隆一】までで、米山隆一というカテゴリー他ブログに記していますの関係のありますのものをページに纏めますには、他を行ないながらと考えませば、取り敢えずですも2週間ほどと観ておけば良いであろう。と思いました。
これらを纏めていきませば、Dappiと言いますのTwitterアカウントにつきましての側面やら、黒瀬 深というカテゴリーの側面やら、愛知県の知事のリコール他幾つかのことにつきましてが分かりやすくになるように思われます。

下が事実でありませば、米山 隆一さん他当事者とそれな周りの幾つかのことの破綻と、違いましょうけれども、【DappiというTwitterアカウントと他周り_3】でも記していますの、米山 隆一さんの言と致しましての、黒瀬 深なる人物はDappiであるが事実でありませばと致しましたのことからの結びが、やはり【DappiというTwitterアカウントと他周り_3】でも記しましたのように、違うことである。となります。

黒瀬 深なる人物はですも、出身大学につきましては、日本時間は2021年の11月になり誌面に出ていますのものとも、当初は違い、【米山 隆一_電柱にポスターを貼りすぎて怒られる】で記しましたのところ、京大とありますの旨。その後、米山 隆一さんのTwitterコメントを出されましたのかたが、米山 隆一さんのことを京大と致しましたの次第ですも、これは単なる間違いと言いますよりは、他多くの、米山 隆一さんと黒瀬 深なる人物のすり替えを観ますに、出身大学を京大と思い、若しくは気が付き、そのままに他人のTwitterに記した。でしょう。

ここまで来ますと、当人さん周りも含めましての色々な情報が錯綜を致しましての、捏造やら眉唾多くに含むものとなってもいますでしょうし、それらを観た若しくは憶測が更なる憶測を呼び込んでいますのことでしょうし、ご本人様周りもそれを狙ってもいるようです。
これと、故意によりますの悪意のありますのすり替え多数も観て取ることができます。

リストに致しますと、下のようなことになってもいます。という話です。

  • 当人さん周りも含めましての色々な情報錯綜
  • 当人さん周りも含めましてやらそれ以外もの故意によりますのすり替え
  • 他多数の捏造やら眉唾
  • 当人さん周りの言を観て若しくは憶測が更なる憶測を呼び込んでいる

米山 隆一さんは、黒瀬 深なる人物につきまして奥さんが起こされましたの訴訟の、奥さんの代理人の弁護士であるとのことであり、これは様々な誌面で報じられていますにかかわらずも、当人様やら周り含めまして、それな案件含みますの多くのことにつきましてのデマを多くに流されていますはこれ如何に。という話です。

/*-----

☆ 4 米山 隆一と黒瀬 深

-----*/

#米山 隆一
#黒瀬 深
#Dappi
#小西 寛子

関係のあるブログの投稿
米山隆一というカテゴリー
黒瀬深というカテゴリー
Dappiアカウントについてというカテゴリー
【黒瀬 深と米山 隆一】
【DappiというTwitterアカウントと他周り_3】
【米山 隆一と黒瀬 深と他多数】
【小西 寛子さんのブログで記されている問題についてと他の関連について】
【警察への相談ごとのことでの不思議】
Twitterの裁判についての該当のスレッド

まずですも、これな箇所を読まれますと、米山 隆一さんと黒瀬 深なる人物のことと、Dappiにつきましての、人物の名前やら地に面白い一致が観られますのことの一部が分かろうかと思われますが、一部は故意でしょう。

米山隆一というカテゴリーは済んでいまして、とはメッセンジャー雑記には記していましたし、後はそれらをページに起こしますの作業程度でありましたの次第ですも、その後も、他者だけではなしに米山 隆一さん周りにも多々おかしなことがあり、それらを観ていきますのことで、同人さんがどのようなかたでありますのかやら、それ以前に同カテゴリーに起こしましたの部分、つまりですもページにありましたの部分やら、他、黒瀬深というカテゴリーやら、他の投稿の幾つかにもより明かりが灯りましたし、これな頃やらその後につきましても、同人さんがたやらそれな周りの言と、他別の幾つかごとからもに、纏まってはきました。

では本文ですも、黒瀬 深なる人物につきましてですが、当初は時間がありませんでしたのことからと、あまり興味がありませんでしたのことからに、また、米山 隆一さんの黒瀬 深なる人物他への言もあやしいことからに、Yahooニュース転載をされましたの読み物につきましても、米山 隆一さんがリツイートをなされませど読まずのことでありましたの次第ですも、気になりましたのことからに読んで観ませば、黒瀬 深なる人物につきまして、本誌が取材をしたものでありますの旨あり、同人さんの出身大学の名前と、住所の地名は出ていましたが、地名につきましては、嘘でありますのか真でありますのかの別はありませど、ご本人様も幾人様ですかに言されていますし、同読み物に掲載をされましたの名前は仮名です。
当初から、親族、ことに父親の仕事の情報も出ていますの旨ありましたが、Yahooニュース転載をされましたのものには同はなく、それでありませど、一般人やら芸能人やら国会議員さんが、親族の情報が出ていますの旨言されるということは、情報が出ていますとされますの件の誌面はそれではないんでしょう。

Yahooニュース転載をされましたの同読み物によりますと、誌面側は、黒瀬 深なる人物とは、元から連絡を取り合っているとのことであり、黒瀬 深なる人物が同人さんへとインタビューをされましたの誌面側のかたに、個人情報を出すのか?と聞かれますと、同誌面側は、そのつもりでインタビューをしていますの旨。その後、誌面側が黒瀬 深なる人物に連絡を取るも取れずのことであった。などと、Yahooニュース転載をされましたの読み物にはきちんと記されています。

上なるのような書がYahooニュース転載をされましたの誌面の報ですも、一部は米山 隆一さんの言と被りますの部分がありますが、それ以前のことであると致しましてもそうではないと致しましても黒瀬 深なる人物への裁判の日程他が合わずであり、米山 隆一さんが昨年のことを今年と致しましたのこと他、ブログやTwitterで記していますの米山 隆一さんがたのことなどの幾つか、同人さんの言が元々合わずですし、それな誌面が事実を記されていますのでありませば、米山 隆一さんの言が更にあやしくになります。という話です。

Yahooニュース転載をされましたの件の雑誌につきましては、黒瀬 深なる人物が用立てましたの弁護士からの、雑誌への個人情報の掲載の差し止めの仮処分が通ったとのことですが、これが事実でありますのかどうかは分かりません。

黒瀬 深なる人物の個人やら親族の特定ができる情報の掲載をしたとされますの雑誌につきましてですも、米山 隆一さんによりますと、(日本の)法律では、公共性やら公益性やら真実性があれば、個人やら親族の本名含む情報を出すことは許され、個人情報の保護法は当てはまらない旨ありますが、これの真偽は別と致しまして、黒瀬 深なる人物のことが、それほどのことでありますのかどうかがひとつとしてありますし、個人的には、本人様とは無関係の親族のものをそこまで出す必要がありますのか?とは思いますし、政治、特に現与党に結び付いていましたり他のことの懸念をされていますのDappiにつきましても、黒瀬 深という人物が庇われますのでありませば。などと同じに論ずることも違うとは思いますけれど、そのようには思えませんけれどとのお断りを致しつつですも、Dappiにつきましては、一部では日本の特定の秘密になることが出ているとのことであり、これも他、立憲民主党有田さんのTwitterを観ませば、そのようなことではなしに、話題は違うことです。

ここでありますのことをリストに致しますと、

  • 別人のことですも、あれで個人の特定ができているとは思えない。地名と大学名では、本人やら親族の特定を致しますは探さなければ無理でしょう。
  • 公共性や真実性があれば個人の特定ができ、誌面への掲載も当然である。
  • 個人や家族の特定をしたのはおかしい。

と、およそこれらのパターンと亜種でありますが、他、眉唾含む多くの意見があります。

これで分かりますのことは、米山 隆一さんは、黒瀬 深なる人物をDappiであるとし、その前はご自身で同人さんの身元の情報を持っているとしていましたが、上を鑑みますと、これら幾つもにつきましておかしなことがあり、個人情報の観点からという意味ではなしに、後付けであるという意味含むで、米山 隆一さんの言は当時からあやふやであり、【米山 隆一と黒瀬 深と他多数】でも記していますが、黒瀬 深なる人物の自殺騒ぎの時分に米山 隆一さんが呼ばれましたと同人さんがされますの警察のことも、こちら系のこともありましたのような当初の言と変わってきますと、その後にていよくと申されましたの黒瀬 深なる人物の、警察は自分のところに来たわけではなく、知り合いのところにという、おそらくのこれも嘘を間に受けられましたのかの米山 隆一さんご自身が、後に変えましたの部分があります。
加えましてはですも、【小西 寛子さんのブログで記されている問題についてと他の関連について】で記していますのことと、Twitterにもスレッドにしていますのことも合わずです。

  • 米山 隆一さんが、黒瀬 深なる人物をDappiとするということは、本名や住所や身元について知っているとしたこととの辻褄が合わず。
  • 黒瀬 深なる人物は実際のところDappiではないが、情報の開示請求やらからもリストの1番目との違いはどうなるのか。
  • 米山 隆一さんが黒瀬 深なる人物の情報の開示請求をして、同人さんの本名と住所を知っているとしたことが合わず。
  • リストのことから、警察の話他後付けも合わず。

上なるのリスト以外にも米山隆一というカテゴリー他に記していますのご本人様の言の多くが当初から破綻をしていますし、ご本人様がかかわりますのことも、まるで雑誌の後追いのような部分が多数であり、これにつきましてはどうかという話です。

米山 隆一さんですも、メッセンジャーに上の雑記を記しましたのその後、黒瀬 深なる人物につきましての言と致しまして、情報の開示請求が通って裁判になり、それを黒瀬 深なる人物が非開示にしていなかったことから、雑誌社は同人さんへの裁判の記録を観て分かったのである。とのことになっていますが、米山 隆一さんの言の多くが出鱈目であることの確定がしたということであろうと思われます。
*最近はTwitterでも、虚に対しての返答に、虚の中に実を混ぜたり、虚に対して虚で返すことも増えていますので、それにつきましては思うところもありですが。

また、黒瀬 深なる人物ですも、衆議院選挙の終了時に、近く本業に戻りますと致しましたのことからにですも、議員さん若しくは周囲にそのように思わせようと致しましたの可能性はあるように思われますが、それ以前に、衆議院選挙立候補者応援をされていますのことからに、どうでありませど、これは違うように思われます。

米山 隆一さんの奥さんのTwitterの情報の開示を求める声も一部でありですが、おしらくのところ、国会議員の身内でありますのことからのということでしょうけれど、それをせずと、テレビでも出演時に言っていましたのように、件のTwitterはご本人様でしょう。
若しくは、その後がどうでありませど当時につきまして、本当にご本人様ではなけれど、議員さんやら職員さんやら記者芸能系などと考えますが自然ではあります。
*現在は消えていますのようですも、以前にそれな旨記しましたの時分には、丁度、着物を着られましたの偽のアカウントが出た頃であり、プロフィール画像落書きをされていましたのことからに鑑みますと、これにつきましては、すり替え他ではなしに、悪ふざけでしょう。

このようにメッセンジャー雑記を記しましたらば、米山 隆一さんはご自身のTwitter高須 克弥さんの話題に触れられましたも、それはそれでやるべきことなのではないでしょうか?と思いますし、愛知県知事のリコールと言いますのカテゴリーの途中までをページに起こしてはいますけれど、それはその問題であり、これにも米山 隆一さんが関係をされてですが、悪い意味の関係ではなく、また別ごとのはずです。

米山 隆一さんのTwitterにですも、そのようにしていき、黒瀬 深なる人物の個人情報を暴こうとしているように観えますの旨ツイートがありましたも、既に裁判が行われていますとありますのことと、他の事実を鑑みませばそれは違うでしょうも、上やら他の訝しさからは、確かにそのようには思えますし、共同の部分やらそれぞれに後付けでくっ付けていますの部分も観られます。

/*-----

☆ 5 米山 隆一_言の破綻のひとつ

-----*/

ここではですも、【DappiというTwitterアカウントと他周り_3】からの関係部分と、そこからの推論を加えています。

#米山隆一
#黒瀬深
#Dappi
#小西寛子
#小西洋之

関係のあるブログの投稿
Dappiアカウントについてというカテゴリー

【DappiというTwitterアカウントと他周り_3】

これな部分はですも、【DappiというTwitterアカウントと他周り_3】という投稿から、米山 隆一に関係のありますの一部を抜き出しましたのものですも、米山 隆一さんや黒瀬 深なる人物だけのことではないですが、Twitter上で、良くない意味やら擦り付けの意味合いからにでしょうの、狙ってこちらごとにされての多くがあり、本当に同じことが多数とあり、単なる偶然が多数とあり、ある会社や他がそのようにしている部分もあり、それらは出していますので少しずつ記しますが、 米山 隆一さんが黒瀬 深なる人物のことをDappiである。と致しましたは丁度これな頃であり、毎度のように同人さんの意味のない誤魔化しでしょうか、若しくは黒瀬 深なる人物がDappiというTwitterアカウントであり、自民党との関係が指摘をされましたの件の法人であるとしているんでしょうか?となり、そのように記していますも、当初から前者でありますの旨分かりましたが、やはり前者でした。

ここまでで分かりますのことは、

  • 指摘をされているDappiの問題は事実であるにせよ、米山 隆一さんや他多くが、同人さんがたの問題を、他にすげ替えている可能性があり、状況のパーツなどの同じが多数であることからそのようにも考えることができうる。
  • リストの1番目が合っていれど違っていれど、Dappiが黒瀬 深なる人物でないことから、米山 隆一さんの言が破綻をしている。

ということです。

加えましてですも、

  • Dappiのことではない旨記しましたの東京都の世田谷区のこと。
  • 小西 寛子さんと小西 洋之議員。
  • 情報の開示請求やら他。
  • 他多数のスイッチ。

このようなことからもに、米山 隆一さんが黒瀬 深なる人物のことをDappiであると致しましたのことに、昨年と同じような故意によりますのずらしが観て取れます。と致しますは理にかなう考えかたであるようにも思われます。

また、Twitter上で、黒瀬 深なる人物が、DappiというTwitterアカウントから情報を得ている。若しくはDappiでありますの旨、実しやかに言われ出しましたは、これ以前から多少はありましたにしろ、この頃、正確にはこの後の少しの期間であり、これは別からにして米山 隆一さんの該当の言からそのようになりましたとしてのわけではなしに、幾つかのところから観ての話題でしょう。

このようなことが多いですので、衆議院選挙の前になりでの近畿理財局のことの否定など含む、デマと分かりつつもの訝しさは取れず。もあり。
また、新聞やらテレビで言われていますのこととも違う、森友/加計につきましてのに観られますの、右傾論壇と言われていますのかたたちの多くの言が、これで違うことになりましたりですね。
加えましてですも、Dappiにつきましての指摘をされましの部分が、本当に米山 隆一さんが寄せたのか、同じようなことがありでのそちら...どちらにしろ同じですも...かがありますを出したのかはもう少し観なければならずであり、元の法人は以前から言われていましたのところであり、Dappiでありますので今回問題になったような部分も観てとることができます。

下にですも、米山隆一というカテゴリー【衆議院選挙について】という投稿からの関係部分を加えています。ここでは米山 隆一さんに関係があることに留めまして、他は記していませんと言いましょうか、別の投稿の参照を下さいますと幸いです。

/*-----

☆ 6 Twitterの言の衆議院選挙への影響

-----*/

#米山隆一
#立憲民主党
#日本の共産党

関係のあるブログの投稿
米山隆一というカテゴリー
【衆議院選挙について】

立憲民主党日本の共産党、特に立憲民主党はですも、殆んどがデマからもありでの、要らないという声がTwitter上では多く、これには維新のかたの言もありでしょうけれどからにも、そのようになったという向きもありませば、逆ほうの一部からは、自民党がそのように言われていましたのこともありです。得票数につきましては、立憲民主党は伸びていますのようであり、減っていますは維新国民民主党とのことですも、これが事実でありませどの立憲民主党や同党の応援をされますのかたなどの正確な評価でありますのか、手前味噌的に甘い部分を残しましたのものかは分かりませんが、続けていませば幾許かとは人(当選人数という意味でも)が増えるでしょうとは記しています。 同党は昨年他のことで、そのことでのことやデマや他、多くのかたの訝しさが取れずのことのままに迎えましたの今回の選挙戦であるとも思え、協力体制にあるとありましたのほうからも少しなりと言われていましたりですが、立憲民主党はそれらの放置をしていたことやら、自身のほうもそのようなことでの訝しさが取れずのこともあり、まあ個人の意見といたしましての、こちらからみた場合のみかたと致しましては、自党他党のことよりも米山 隆一さんを活かしたかといいますの部分もあるかと思いますし、それはそれで良いことでしょうし、個人的な意見はそれであり、同人さんのことは認めないは変わりませんが、ルールに則り、国会議員さんになられましたのことは、おめでとう御座います。です。
立憲民主党はそのような中でよく勝ったほうであるように思うんですが。
*何故に米山 隆一さんを立憲民主党関連付けますのや。という問いには、記していきませば出てきますの部分です。

上のようなことは、米山隆一というカテゴリーやら他に記していますは一部ですも、ご本人様のおかしなツイートやら他多数によるところが大きいでしょうし、それも選挙戦略と言われませば、なるほど。ですので、メッセンジャーにそのように記しましたの次第ですも、それな少し後で同人さんが維新のトップダウンにつきましての選挙戦略についてを語られていました。
私は別からにして、個人をそこまで落とそうとしているわけではないとはしていますし、作られましたのものやらおかしな擁護も多いにせよ、何故か同人評価が高いことから、フォロワーなどを増やす行為やら、昨年途中からの、良い意味のツイート...嘘は吐けませんのでそれ以外...の幾許かはそうな部分もありで、これは他の投稿での説明も行なっていますの部分です。

同人さんが国会議員になられましたらばそれで、記していますの問題他もあり、本人はそれらを小人程度と思われてでしょうけれど。のように記していましたらば、日本時間は11月の2日のことですも、批判を罵倒と言われましたり、普通の意見も罵倒であり、こいつらは相手にするな。ともあり。まぁ無闇矢鱈と相手をしてのご自身に余計な火の粉が降り掛かることは避けるべきとの判断はそうでしょうし、同人さんからの他者へのこのようなことも多いですし、意見(罵倒ではなく)をいうかたのほうが悪いとされますは、今回のものがどうかは別と致しましも、他者にしろ自身に致しませど、別からにして食ってかかる部分でもないでしょうし、ですので、選挙は済んだと記しただけのことです。
*同人さんは本人様が捻じ曲げての部分ではなしに、他者の、故意だけではなしのそれ以外での疑問も論うことも多いかたであり、これらにつきましては、テレビ的やSNS的には良いとされますの部分でもありでしょう。

また、米山 隆一さんのツイートはですも、本心からではなしにの作られた他人のものが多いですし、また、他者、特に政治家さんやら著名なかたが行ないましたのことの良いところだけをご自身が行なっているとのこと若しくは同人さんのフォロワーさん他が狙ってそのようにされましての部分も多数とあり、最近は岸田 文雄さんの言と同じ部分が多くなってきましたので、同人さんへの飛び火はあるかもしれませんが、岸田 文雄さんであれば他と違いそれは少ないかとは思われます。

実際にその読み物を観ていませんので真偽のほどは分かりませんもとお断りを致しつつですが、米山 隆一さんのツイートではの読売新聞によりますと、自民党支持者である3割のが、同人さんに流れた。とのことですも、維新が3倍増し(テレビも当初は3倍増しとありましたも、正確には4倍増しであると直されていますが、その数値ほどになる。という意味でブログには記しています)とのことはあり、それだけではなしに、芸能票立憲民主党票社会民主党票日本の共産党票の多くがありませば、結果と致しませばなるほど。と頷くこともできます。

加えましてですも、当時の代表のかたの言では、政権を取った場合にはの、他党とは、内閣などの小さな意味での協力体制ではなしの、もっと大きな意味での協力ということを明確にした旨あり、他党のかたとの乖離と言いましょうかのこともあったようです。
*このときでしたかに、協力体制と言われていますのところのことをねぎらいつつも、全部勝てば単独政権です。と言っていますが、これにつきましては、少しなりとですもタレントのTwitterの凍結のデマとそれから観る将棋の一手と極上のサスペンスでも記しています。

/*-----

☆ 7 タレントのTwitterの凍結のデマとそれから観る将棋の一手と極上のサスペンス

-----*/

#米山隆一
#国民民主党
#ポスター
#郵政
#ラサール石井

関係のあるブログの投稿
【歯車とか制御の方法のひとつ】
【ポスターの話について】

Dappiことやら指摘をされていますのことにつきましては、様々な読み物やら、幾人さんかのTwitterやら、他につきましてはDappiアカウントについてというカテゴリーの参照を下さいますと幸いですも、米山 隆一に関係はありませんのことですので、これなページでは同につきましては記しません。

米山 隆一さんのTwitterに太鼓のかたがいますも、 国民民主党の話と地元の話と致しましてのポスターの話などもそうですが、地元にも良い流れを持って来ますのことができましたし、これな頃はですも、また細かくに状況を出すことを行なっていましも、日本のTwitterにも多くとありますのように、面倒な奴と思われますの部分であり、あまり好かれますのようなことではありませんので、このようなことは普段は行ないません。
これな時分にですも、タレントであるラサール石井さんのTwitter凍結をされましたの旨言われていましたが、観てみますと凍結はおろか普通に観ることができましたの次第であり、【拗れる話】で記しましたのTwitterの凍結をされましたのかたは、現与党の擁護をされるかたですが、丁度このようにもなっているようであります。
但し、ラサール石井さんのTwitter凍結につきましては、《(凍結をされたという画像が)このようなものが周って来たが、説明を求む》旨、米山 隆一さんの奥さんのTwitterコメントが付けられていましたのことであり、同人さんにそれを言うと言いましは、そこから、若しくは関係先からそのようなものが周って来たと考えますが筋であり、それでありませば何故か?を、考えますと、自然に、現与党でありますの自民党と、言われますのことの多い維新がそのように行なったとする為にでしょうか。と思えます。
若しくは、これは深読みのし過ぎですも、野党側は汚いことを行なっているなどと、そのように思わせる意味での与党側や維新や他でしょうか、このふたつのどちらかです。

野党系でありましたの場合にですと、このようなことも選挙を闘う上での戦術である。となりませば、なるほどとは思います。

上と言いますよりは、多くのスイッチにもから、おそらくはこれでありましょうと思えますのものと致しましてですも、一年前でしたか、そこまでではなかったでしたかの以前の、吉村 洋文さんがラサール石井さんに物申されましたの時分と、それと今回のTwitterの凍結騒ぎを考えますと、米山 隆一さんの話の、Dappiのことへのずらしの伏線のひとつが観えても来ますし、この意味でありませば、現与党系を叩くことと、Dappiのことが出せまして、当初からの幾つかの問題点のすり替えもでき、一挙に三得どころか、それを行ないますのことでの多くの得ができます。
これにつきましては、これなページでひとつずつ出てきます。

上につきましてはですも、タレントであるラサール石井さんが、回覧板のようなご自身のTwitterの凍結デマにつきましてを知っていませどそうではなけれど、そのことにつきましての解答はない気が致しますし、よしんば、若しくは既にそのことにつきましての解答がありませど、どうかという部分であり、一挙何得という意味でのことと致しましては、観えていますの部分の拙い選挙戦術(であると致しませば)と違い、とんでもないことです。

黒瀬 深なる人物のことも、表では同人さんと米山 隆一さんの拙い言い争いに観えまして、また、拙い共同の部分があるようにも観えまして、それとは違い、本当に頭の良いことでの共同か、それらに気が付かれずに特に黒瀬 深なる人物の利用をされてのかたもいますし、これも当初からおかしかったと言いますか、記していきませば、それな部分がひとつずつ観えても来ます。

回覧板というスイッチのひとつが表に出ましたのこと他で、若しくはそれ以外からも、自民党も気が付いていたでしょうの部分でしょうけれど、気が付かないうちに、若しくは他のこととしても正解であるようにした上で、テレビの利用もされています。若しくは、アナウンサーさんやら他多数のかたの、出身校を観ましても分かりますが、本当は頭の良いかたが多いテレビも加わっていたりでしょう、若しくはそこです。
*勉学と言いますの意味ではなしに、それもありますが、この場合はこのような感じか、などと、他人の考えの模倣ができる意味やら、頭の回転やら模倣の話です。

合っていますか違っていますかは分かりませんが、タイプ的に、記していますの中の政治家さんではない気が致しますし、テレビ業界ということとも違う気が致しますし、論壇他でもないですし、誰でありますのかは分かりませんけれど、世が世でありませば、立派な戦術家であるように思われます。

観ていきますと、一発で全ての情勢が引っくり返りますのサスペンスであり、やりかたが汚いか綺麗か、好まれるか好まれないかの別ありませどもそのように観ましたの場合にはですとものすごく面白いんです。

さてはここから下になりますと、推論ではなしに単なる推測となりますも、これまで故意に近畿理財局のかた他多くのデマにつきましての放置をされていましたのかもしれず、まぁこれは、野党系を誇大にし過ぎてのことですし、与党系のことと言いますよりは、安倍 晋三さんのことを、対しますのほうが勝手に大きくにし過ぎましたのこととも似ていますが、ですので、立憲民主党の前代表ですも、単なる意気込みというだけではなしに、全てではないにしろ、多くの議席が取れる算段があったのかもしれず。

実際のところはそこまでの一手ではないかもしれませんが、将棋で言いましの神の一手と言われるもののようであり、正否は別と致しましてですも、状況の全てが分かってそこに打ちましたと言いましょうか、そこしかないと言いましょうか、とどのつまりはですも、報道番組情報番組含みましてのテレビで言われていますの多くと、新聞やら雑誌SNS、自身もブログで記していること。これらが分かって打っていますの節を観てとることができましたり。

日本にもそのようなかたがいると言いましょうか、ブログでもたまに記していますが、同じことをやるにしろ、同じ種類の頭の良さにしろ、荒い、荒ぶるようなほうと、枕としましのほう。
そのようなかたが実在を致しますのかどうかは分かりませんけれど、観ていきますと、人が行なっていますの筋道が、主張をし過ぎずも論理的であり、且つしっかりとあることが分かります。
自身にしろ、絹の擦れ合う音程度のことで全てが成るが良いなどとは、思っていましたのこともありますが...勉強になりました。

同じような一期加勢でありませど、維新のそれとは違いますしね。

衆議院選挙の時分のことの一部はですも、多少なりと別記を致しますが、(追記と致しまして上が一部です)ynimkでも記していますのでそれと致しましてですも、次はトラフィックにつきましてやら他特に立憲民主党国民民主党とのながれもありですが、【米山 隆一_電柱にポスターを貼りすぎて怒られる】【歯車とか制御の方法のひとつ】の下側の一部などに続きます。
タレントのTwitterの凍結のデマとそれから観る将棋の一手と極上のサスペンス【歯車とか制御の方法のひとつ】は済みです。

/*-----

☆ 8 米山 隆一_電柱にポスターを貼り過ぎて怒られる_与党野党やら幾つもの企業やら団体やら個人の様々な陰謀が渦を巻く覇権もの

-----*/

これな部分では、一部ですも以下が観て取ることができます。
与党》やら《野党》やら幾つもの《団体》やら《企業》やら《個人》の様々なことが渦巻いていまして、【米山 隆一_追記用】で記していますの、《タレントのTwitterの凍結のデマとそれから観る将棋の一手と極上のサスペンス》のようなサスペンスから様々なところの陰謀の渦が巻く《覇権もの》になってもきましたが、時間的には、こちらのほうが先に起こっていますので、覇権ものからの将棋の一手サスペンスとなります。これを観ますと、【米山 隆一_電柱にポスターを貼り過ぎて怒られる】の投稿をブログに記しましたの時には観えませんでしたが、米山 隆一さんもそのようなことに弄ばれたひとりかもしれず。とは思えます。
自民党の総裁選の時分を観ましても、様々かかわりがあるところが幾つもあります。

#米山隆一
#立憲民主党
#国民民主党
#新潟ナース
#電力会社
#NTT
#しまなみ海道
#ポスター

関係のあるブログの投稿
【ポスターの話について】
【米山 隆一_電柱にポスターを貼りすぎて怒られる】
【地元のこと】
【Wikipediaとdocomoから】
他幾つか

米山 隆一さんの陣営若しくは団体が同人さんの選挙区に貼られましたのポスターにつきましてですも、衆議院選挙のことではなくの講演会ポスターであったにしろ、無許可で若しくは撤去を言われていますのことで、違反ではあるということでしょう。

ここではですも、米山 隆一さん他幾人さんの顔が入りましたのポスターを、NTTが管理をされますの電柱に貼り過ぎて問題視をされていましたのことを記しますが、不可解な疑問点がひとつとありまして、

  • 米山 隆一さんは、故意にこちらの思う通りになるようにしている若しくはコメディアンのような笑いを取ろうとしているのではなかろうか。

とのものであり、そんなわけはないんですが、これは私も大真面目な書です。

【ポスターの話について】で、丁度、その頃にブログに投稿をしていましたのものばかりでは、自身にしろ、読まれますのかたにしろ、疲れますのことからに、また、雑記を遡りませばのタイミングで国民民主党のポスターの話と地元のことになりますの旨、《次はポスターの話》などとメッセンジャーに記していましたらば、丁度のことに問題にされていましたの米山 隆一さんがたのポスターの話が出て来ましたの次第ですも、これは別からにして私が仕返しをしていますのわけではなく、そのように思われましたのかもしれませんも、自分たちが行なっていますのことです。それとも、これにしろ壮大な笑いの一部でありましょうか?などと思ってしまいます。

電柱電力会社が管理をされましのものでありますの旨あり、このようなことまでをも、ずっと言われていますの対立構造に持ち込みましょうとの算段もあるのかもしれませんし、そのように致しましたの上での、現与党でありますの自民党維新かと言いましの対立構造の明確化はあるのかもしれませんが、電力会社から致しませば、単に、邪魔であるので撤去をして頂きたいといいますのことであろうと思われます。
NTTのこと他、当時に記しましたは、地元と言いますか、しまなみ海道のサイクリングコースの無料化などでも尽力をされてのことですが、地元からでも届くと致しました。
薬学やら他の話は別です。

ここで記していますは、米山 隆一さんや野党系の幾人さんかの顔が写りましたのポスターが、同人さんの選挙区内でありますは新潟県の一部の地域電柱に、大量に貼られましたのことにつきましてですも、

  • 電柱の管理は電力会社やNTT
  • ポスターは無許可で設置をされている
  • 設置をされたポスターは9月の初旬の撤去期日が過ぎても放置をされ続けていた

とあり、米山 隆一さん他幾人さんのポスター電柱に貼られましたの団体の申し開きと致しまして、それによりますと、街頭演説でしょうか講演会でしょうかの告知をするものである。とのことであり、日時につきましては12月の25日の土曜日に、会場につきましては長岡市アオーレ長岡前でのことで。とのことですも、但し、実際のところはですも、講演会が行なわれますのことはなくの衆議院選挙の活動と致しますのことができないことからにでしょうか、当人さんたちによりますの、講演会のことでありますの旨示しましたのフェイク、つまりですも偽の告知でありますの可能性の指摘がされていますの次第です。
このように記しまして気が付きましたが、実際のところは、選挙の活動でありましたにせよ、講演会は行なうしかないはずであり、時間が変更になりました。などやら、場所が変更になりました。などと、言いかたは色々とあるはすですし、このようなことは、与野党問わずで、政治家さんには多いことでありますのかもしれません。

上の問題視をされましてのところに致しませど、《至るところに貼られている》とありますの文言は人により程度の違いますの塩梅でありますし、実際のところはそれほどの枚数が貼られていますのわけではないかもしれず。などと観ていましたらば、別のところが、未撤去枚数なども出されていました。

また、公共性の高い電力会社が、衆議院選挙でいっぽうの候補、この場合には米山 隆一さん陣営ですがの支持をされていますのようなことを行なうのか?などとも記されていますの読み物もありますが、電力会社ですので、時の与党系にはあるでしょうし、テレビでお茶を濁すようにして言われていましたは国民民主党ですも、維新やら国民民主党にもあるかもしれずですが、これな場合にはですと、単に邪魔であるので、また、無許可であるので、撤去をして頂きたいという意味でしょうけれど、まぁNTTと言いませば、Wikipediaとdocomoのことと、ブログとgoogle検索エンジンのことで記しましたのこともありですが、デジタル庁もかかわりますのかは別であり、ここはここで、それ以前にですも別ごとで、NTTは使うなとあるわけであり、冗談も含めましてでしょうか、本来でありませばスライドをしたようでありますの米山 隆一さんに、橋下 徹さんが冗談も含めまして言されていますの離党をした者への厳しさではないでしょう。
加えましてですも、地元からも届くと致しましたは、選挙活動の邪魔をしたりとのことではありませんは当然ですし、幾つかのところやらブログを観られてのかたもいるでしょうし。と言いますの部分もです。

ともかくですも、違反をされましのほうが他への八つ当たりを行なっていますのような何日かであり、それの正当化をされましのこともありな何日かです。

撤去の期日が過ぎましてもポスターを残していましたのことにつきましてはですも、米山 隆一さんのツイートでは、ご自身の預かり知るところではないような体で、団体からのコメントが出されていますの旨あり、それにつきましては、まるで他人ごとのように、自分も気を付けねば。などのようにありますし、電柱ポスターを貼られましたの団体が出されましのコメントにも、米山 隆一と言いまし名前は見当たらず、では同人さんは付録であり、立憲民主党が行ないましたということでしょうか?とも言え、どちらにせよそうはできずのその団体の責任とするしかなく。
お互いに利用をしあい、顔を売るということもあるでしょうけれど、団体側から致しませば、米山 隆一さんの印象が悪くになりますのことを考えましたらば、同人さんの名前は記せずでしょうし、同人さんと致しましたらば、件の団体が勝手に行なっています。ともできずでしょうけれどね。
*その後にですも、聞かれましたのかたへの返答と言いますの形で、米山 隆一さんがもう一度それにつきましてのツイートをされていますが、あまりつつかれたくはない部分でしょうし、衆議院選挙のことからもに、相手をするべきではないと言いますのことも観えてもきますし、同人さんのツイートで、襟元をただす。ともありますので、あまり騒ぎ立てますの部分ではないということでしょう。

ここでポスターを貼られましたの団体のコメントを記しますと、

  • 政治活動の一環として行なっている
  • 講演会の告知である
  • 土地の所有者には了解を得ている
  • 電力会社から撤去を求められたポスターはあった
  • (電力会社から?他から?撤去の?)指摘をされたポスターは7日後の13日までに全て撤去をしている
  • 現在(これな問題が出た当時)のところは撤去要請のあるものはない

ここでですも、

  • 講演会のこと
  • 撤去を求められたポスターはあった
  • 期日が過ぎている初旬の話をしているところへの解答として、中旬には撤去をしている旨

という部分であり、名前を出されなかったということは、米山 隆一さんとは関係がないのでありませば、よしんば勝手に他人をポスターにして行ないましたのことでありませば、それはそれで違反でしょうし、講演会の告知であるとのことからに関係はあり、よしんば選挙のことではなしに講演会の告知が本意でありませど、では同人さんの名前を出さずのことでしたは、衆議院選挙などへの印象です。
公職選挙法違反になりますのかどうかは、多くの政治家さんは重度の違反でなければ当然のことでもあるようですし、この辺りも、本当はいけないんでしょうけれどの選挙を盛り上げる為のある程度。ということでしょうし、指摘をされませば謝らなければならすの部分でもあるという意味でしょう。
団体のコメントでは、勝手に行なった感が満載ですし、文を観ませばそうもできずのこともありな体ですも、どちらにせよ、そのようになるしかない部分でしょう。

などと、ここで、新潟ナースさんなる人物のTwitterがあり、米山 隆一さんのポスターの件は、本来でありませば、元々の会話の後で、再度、9月の初旬までにの撤去の要請が入りましたも、元々のほうは無視をし続け、再度の要請時に取材が入ったことからにそれができなくになり、対応をされましたのではないでしょうか。とあります。
新潟ナースさんなる人物が実際にナースでありますのかは定かではないですし、おそらくのところ、こちらが言いましの薬学やら医療のことありでの、有り難い意味と致しましての、冗談も込められましてのTwitterネームであろうとは思います。

米山 隆一さんですも、観かたによりませば、実際のところは自分たちが行なっている失態ですが、これだけの攻撃を跳ね除けられましての当選ですし、地元のことの話と丁度ですも、同人さんがたのポスターのことは、本当にありましたのかと訝しむ部分ではあります。

/*-----

☆ 9 ツイートとリンク先を故意に違えることまでをの駆使をしての相手がたへの乏め

-----*/

#米山隆一
#社会民主党
#ポスター

関係のあるブログの投稿
米山隆一というカテゴリー
【米山 隆一_電柱にポスターを貼りすぎて怒られる】

これな部分はですも、これな場合にはツイートのことですが、言されましてのこと、つまりですもツイートの内容と、それなツイートの中で示されましたのリンクにつきましてが、全く関係のないものでありますのことが、米山 隆一さんにも散見をされ、同人さんが相対をされましの黒瀬 深なる人物にも多いことと、それな是非につきましてを記しています。

米山 隆一さんがたに致しましては、黒瀬 深なる人物のことに言されながらに維新のかたに触れられましたのリンクを示されましたり、同人さんは黒瀬 深なる人物のことをDappiと取れますのように致されましたりのことであり、それ以前に黒瀬 深なる人物が行なっていましたの同様のことをそのままに行なっていますのようであり、幾つかのことにつきましては、【米山 隆一_追記用】でこれまでに記しましたのような意味も観てとることができます。
両者共に同じことを行なっていますのようでありますが意図が違いますということであり、このようなリンクの配置はTwitterも認められてはいませんが、そのようなことは知ったことではない。と言いましの部分でしょうし、最近と言いましよりは以前にものすごく多くとありましたの手法であり、黒瀬 深なる人物は実際にはある程度の年齢のかた、若しくは同人さんの年代が事実でありませば、インターネットでそれら世代が記しましての方法を読まれましてのことでありますのかもしれず、これにはご自身のサイトでありますとリンクをされましのサイトの作りかたやらタイトルの付けかたも、日本語文法と言いますよりは、昔のSEO的な要素の加味をしての(英語での)タイトルの付けかたの真似でありますのことからにも、上のどちらかが観てとることができ、文法で違いますの日本語では意味がなく、とまでは言いませんが、タイトルの中のキーワードやら現在では文法的なことやら他であり、誤解をされていましも、当時から、英語で最初のほうにくる言葉があることとの関係やらバイト文字単位のことでもありましたね。

加えましてですもが、なお悪いことに、リンクのクリックをされて読まれますと分かりますのはずでありますの同人さんがたのフォロワーの多くが、リンク先の記述からではなしに、言されましたのことで相手がたを叩いていますのことであり、おそらくにところ、文言に反応をさせてでの自動のツイートで言がおかしなものになってのことでありましょうか若しくは故意のことが多数であり、これにつきまして、ごくたまに物申されましのかたもいますが、多くは無視をされて終いです。

これな頃はですも、米山 隆一さんが京大へ裏口入学という違法な入学をしているというビラが、同人さんの選挙区内で大量にばら撒かれていますの旨ありまして、これな大量と言いましの文言は人によりけりの程度でありますは勿論のことですも、同人さんは京大ではありませんし、自民党からの出馬でありますの泉田陣営がこのようなことを行ないましょうか?を考えましたの場合にはですも、ふに落ちずですし、米山 隆一_電柱にポスターを貼り過ぎて怒られる_与党野党幾つもの企業やら団体やら個人の様々な陰謀が渦巻く覇権もので記しましたの、電柱にポスターを貼り過ぎましたのことを逸らしますの意図がありますのか。とも思えますし、自身のことを大くに観せますの意図を持ち、自作自演で、このような嫌がらせが行なわれています。などとされますのかたもいますので、【米山 隆一_追記用】でこれまでに記しましたのようなこと含めましての、他の幾つかのことを観ましても、そのようなことのほうがしっくりときます。
どちらにせよ、日本のことですも、緊急事態宣言解けましたの時分を狙いましてのことかもしれず、泉田陣営のことで米山 隆一さんに、ご自身の行ないを質して頂きたい旨意見をされましたのかたは、Twitter社に通報をされていまして、同人さんにも、と言いますかフォロワーをある程度以上に抱えましのかたは、擁護者からそのようになりますのことも多く、同人さんにせよ、知らないとできますのことからに始末に悪い部分ではあります。

米山 隆一さんのこのようなことも選挙戦術であるとなりませば、あまりに拙いという印象ですも、それでありますからにでしょうか、また、多くが簡単に行なえますからにでしょうからか、威力は抜群でありますのことの証明もされています。

何故か選挙妨害を引き合いに出されますのかたもいますが、日本では、ここでは米山 隆一さんにつきましてを記していますが、同人さんのTwitterにも多い、賛否どちらにしろのこのような意見は、選挙妨害には当たりません。
米山 隆一さんは弁護士であり、法の専門家さんですにこのようです。

【米山隆一_電柱にポスターを貼り過ぎて怒られる】で訂正をしていますが、同投稿でリンクを貼りましたの京大の話は別のリンクであり、社会民主党米山 隆一さんの推薦をされましたのもにであったようにと思います。
間違いがありましたので、言い訳がましくになりますのことからにあまり記せませんも、他人様が行なっていますのことでありませばと致しまして、間違いは訂正で良く、上の故意は如何なものか?としています。

/*-----

☆ 10 米山 隆一さんと黒瀬 深なる人物との裁判の訝しさ

-----*/

#米山隆一
#黒瀬深
#裁判

関係のあるブログの投稿
米山隆一というカテゴリー
【米山 隆一_黒瀬 深との裁判】

米山 隆一さんが黒瀬 深なる人物に対しまして起こされましたの裁判につきましてを記しますが、民事裁判とのことですので、第一回の口頭弁論と言いますか、これで良いですか?と聞く程度ですも、日本時間は2021年の8月の23日にそれが済み、黒瀬 深なる人物は、同所に現われずのことであった。というものがひとつであり、これは米山 隆一さんご自身がそのようにツイートをされていまして、Twitterのプロフィール画像に、ある猫の画像の使用をされましのかたも、そのように曰われていましたが、それ以前に、別のことで似たようなことがあり、このように記しませば、丁度のタイミングですがのその後で米山 隆一さんのTwitterを別の猫の画像のかたがフォローをされています。

今もそうでありますのかは分かりませんも、また、言いかたは合っていましょうかはお断りを致しつつですも、日本での簡易裁判でありませば、3回までに決着を付けなければならずですね。
弁護士でありますの米山 隆一さんもかかわりな事案で、民事裁判とのことで、3回以内のようにありましたも、民事でありませばそのような制限はない気も致しますが、違うかもしれません。
*ここでの書は、裁判の継続には資金が掛かりますので、短期決戦を望んだりと言いますのこととは別ごとです。

また、別の読み物では、裁判官の名前などもきちんと記されまして、裁判は行なわれたとのものもありですが、その後にですも、米山 隆一さんのTwitterでは、これからのことでありますの旨。同人さんは件の猫の画像のかたのツイートリツイートをされてのことですので、米山 隆一さんも知っていませどの暗黙の了解の部分かもしれませんが、ここまでになりますと、デマになりますのではないでしょうか。

該当のツイートとも合わずですし、自身もツイートをしてのことですが、当然にしてそれとも合わずであり、当時にそれな旨記しています。

両人さんの裁判のおかしさは別記を致しますも、別の読み物では、期日も変わっていますし、請求をされましの金銭は神戸市議である岡田 ゆうじさんのことでの米山 隆一さんのTwitterからに似た若しくは同じ金額が他の読み物にもありでしたので、気になりましたの次第のことです。

上のようなことを記しますと、立憲民主党からの推薦を取り付けますの話は、また、これからでありますの旨になり、米山 隆一さんのTwitterに同人さんの擁護のコメントやら揶揄のコメントの一部を出されるかたも無茶苦茶であり、知らずのかたが多いといいましも事実でしょうけれど、それ以前には、知っての上で故意の捻じ曲げを行なっていますのかたが多数といましたね。
同人さんにしろ、ニュアンス的にまたは文言的に同様ですので、不思議でありますのわけであり、同人さんが、あるところには◯と曰われまして、別のあるところには◇と曰われますので、記しましたの新聞やら雑誌もデマになり、と言いましの部分であり、これが許されますのでありませば、報道やらニュースの信憑性はゼロです。
このようになりますの以前には、同人さんが曰われていましの嘘の部分は記事にはならずでしたも、別からの発言も色々と出まして、それらやら同人さんの発言の整合性が取れずのことになっていますので、それの指摘をされますと、慌てて意見を組み立てることも多くになっていましたり。
*ということはですも、メディアにしろ知っていて何かをされての部分と関係がありますのかないのか。となりますは自然であろうと思います。

若しくは、記者さんやら芸能やら政治家さんもいますのことからに、幾人か若しくは多くがグループを成し上を作っているということではなかろうか。などと思えますは流れを観ませば自然なことでありますのように思えますし、ここまでのことになっていますので、米山 隆一さんがたに致しませど黒瀬 深なる人物がたに致しませど、裁判自体がないことにはならずでしょうから、そこへ至りましまでの状況やら他様々に嘘がある若しくは作られたものがあり後からしれっと変えている。ということでしょう。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】

【ジョジョの奇妙な冒険と私の奇妙な冒険】 この投稿は、2021年は1月の2日と、これな日より何年も前からメッセンジャー他にに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿は一連の最後から記します。 まずですも、ブログや他でありますの多くの話ですが、例え何万文字であろうと、どれだけ多くの文字数であろうと、全く別の話にもできることが得意なことのひとつ。などと記していましたのことにつきましてですも、最近の投稿ですと、 【桃太郎のお話Ⅱ】 やらそれな周りの投稿があります。 * 【桃太郎のお話Ⅱ】 のうちの幾つかは、作った話ではなしに、実社会でそのようになっているということです。 これも、ある話題について、一般の言ではなしに、 テレビ業界 の用語で言い換える。ということが、 タレント である マツコ・デラックス さんの番組であり、これが本来の 換喩法 ですね。 話は変わらずに、その中の一部若しくは全てを別の言葉で置き換える。というものです。 私のものは本来の 換喩法 とは違うようであり、記すなれば 外法 です。と致しましたは、他国の 言語構造 やら記しているようなことからです。 *本来のこともできなくはないでしょうけれど、この為に、5年ほど前に、 Facebook 友達と遊びという意味での 暗号 の話になったりもして、遊んでいたことを思い出しましたが、その国の も入っているわけであり、昨年でありましたかに、 暗号 の話で盛り上がろうという SNS からの誘いもあり、既に別のかたが同名で行なっていた。という面白い経緯があります。 次ですも、もうそろろろ、 ジョジョの奇妙な冒険 という 漫画 との、ほんの少しの有り難い 関連 が出てくるとした次第ですも、元々僅かでありましたの当時の関連から何十年(20年以上ですが、あることからは20年ほどです)かと経ち、とても有り難くの面白い 関連 になりましたし、幾つかは気が付いていましたが、ブログに記していく傍らで更に気が付くことができましたし、 漫画 は 漫画 ですが、ブログとの親和性から、お互いの説明をしやすいということがあり、同 漫画 の大枠には、 人間賛歌 というものがあるそうであり、それは頷くことができ、それとは別にですも、同 漫画 の題材と致しましてですが、

【廻 外側をまわること。回転ということ】

【廻 外側をまわること。回転ということ】 この投稿は、2021年は5月の24日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 投稿のタイトルをこのように致しましたは、 銀河 の外側と言いますかの星は逆に周っているそうであり、 組成 やらも違うそうでありますのことからにです。 小泉 進次郎 さんの数字は、 税関 のところのことではなしに、別の、 製作所 のものの年齢といいますかでありませば、そうであるのかもしれません。 他のかたの、11という数字も、 サッカー のことではなしに、 製作所 という意味でありませば、そうですね。 そのまま色んな数値。不思議なことに、と言っても 論理学 と言いますか、 数学 ですね。があるわけですが、どちらにしろ同じ解になるんです。 上と話は変わりますが、うちの者が一緒にいたかたですが、それまでは違ったそうですが、 電気技師 さんかな? タクシーの運転手 やらもしていて、聞いた話と致しましては、昔のお店の頃に、外で倒れそうとか、大変になっていたとのことであり、そのかたの妹さんもいっときお店を手伝いにこられていたりですし、 めざましテレビ にも 天気 を読むかたがいますけれど、それも別に手伝いに来ていたかたの名前と同じであるわけです。 燃えた話やらの... 何の話でありますのかと記しますと、 税関 のところの元にも、亡くなったそうですが、 タクシーの運転手 がいまして、 日本 に来ていたかたが出てきていましたのところ、 ひろしま満点ママ!! のかたが会話をされていましたの 桟橋 、私が小さな頃に海に落ちて流されて、死ぬかなと思っていたところを助けて頂いたのも、違うかたですも タクシーの運転手 と丁度返ってきた 漁船 なんです。 他国のかたとの話で、昔さわか池に落ちたということは、話を合わせて頂いたのかも。というものです。 冗談ですが、同国のかた同士、何年間か一緒にいなければどうとかという Facebook の投稿もありましたしね。 知ってのことでありましょうか知らずのことでありましょうか、偶然か必然か、上は助けて頂いたところを助け、ではないですが、 回転 です。 なるほど。若い頃はみえているようで、その実何もみえていないこともあるんですね。 この

【桃太郎のお話Ⅱ】

【桃太郎のお話Ⅱ】 この投稿は、記している日付けよりしばらくと前と、2020年は12月の5日と同年は12月の7日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 自身のミスからドメインの更新を忘れていた為に、アクセスは散々になりましたが、RSSフィードのほうが少し増えました...ニュースリーダーの中にはgoogleアナリティクスにアクセスの表示がされないものがありますは良いとして、問題は検索結果であり、多くがなくなり、nguyenkieuanhとynimk両タイトル他での検索にしろ、結果の下に6つほど付いていたスニペットもなくなりました。 また少しずつでもブログを強くしていくしかないですね。 ご迷惑をお掛け致しましたが、少しずつですも再開です。 まずは12月の7日に メッセンジャー に記したことですが、やはりこれな投稿の雑記と言いますか、ブログに投稿をする為に纏めたものを メッセンジャー に書き込んだ時期と丁度のこと、6日でしたかに、 広島県 は 三原市 で 鳥インフルエンザ の発生があり、それなことからに大量に殺処分とのことであり、時期などを調べると、ひょっとすると 渡り鳥 経由の可能性が考えられうる。とのことでした。 鳥 の話ですね。 広島 は全国でも高い 鶏卵 の地です。 以前に 朝日 の ニュース番組 である グッドモーニング の、 卵の食べ比べのコーナー の時分の、 卵かけご飯 の時期に、 香川県 であるかでの 鳥インフルエンザ がどんぴしゃりで、 Twitter などを観ますと、きちんと対応がされていることが分かりましたが、今回の 広島県 は 三原市 でのものにしろ、嬉しいことではないですけれど、早めに分かって良かったと思いますし、 広島 は、他地域での 豚コレラ が出た時分にも、 対策会議 を速やかに開いたりと、対応が速かったですね。 これは冗談ですが、 広島 は住んでみたい地方の二位ですし、この投稿のかたにもというだけではないですが、 広島 の 卵 での 卵かけご飯 を食べて頂きたいですし、また良くなれば良いかなと思います。 上は地元局である 5up! という ニュース番組 を観てのことですが、最近は同 ニュース番組 も、注意喚起のことも増えていますし、そ