スキップしてメイン コンテンツに移動

【新型肺炎はコロナウイルスについてと時間と事象の関係】

【新型肺炎はコロナウイルスについてと時間と事象の関係】

/*-----

☆ 1 このページについて

-----*/

このページですも、新型肺炎コロナウイルスのことにつきましてを、少しばかりと他とは違う方向性から記しているものですからに、驚かれるかたもいることであろうとは思われますも、計算やら文章の精査からのロジックがあり、そのようなものがハッキリと観えました読み物となっています。

また、このページですも、以前に記していた幾つかの投稿を一纏めとして再構成をしたものであり、かかわりのある投稿は以下となっています。
加えて、このページの元をメッセンジャーに記した日本時間は2月の16日から何日かで、特に日本では、事態は更に逼迫をして、捏造も増えてのこととなっています。

これらに加えまして、

  • 【chocolatさんのtweet】
  • 【原口 一博さんの言とやはり日本政府の対応】

があります。

下が目次です。

  1. このページについて
  2. 概論
  3. 起こったことがら
  4. オーストラリアの火事の鎮火とNguyen Kieu AnhとTrường NguyễnのFacebookと前川 喜平さんとセーラー服歌人の鳥居さんのTwitterとこちらごと
  5. NHKの番組を扱ったサイトや画像などと宅の近くの関連とgoogle検索エンジン
  6. 10世紀の色々なところと日本と菅原 道真とFacebook
  7. この頃の各国の動きと観えてきたもの
  8. 新型肺炎はコロナウイルスと過去と現在
  9. 石垣 のりこさんと原口 一博さん
  10. それ以前

以下のふたつは新規に加えた投稿です。

  1. 2020年は3月の1日以降にブログに記したこと
  2. 2020年は3月の20日以降にブログに記したこと。同年は2月の26日と28日にメッセンジャー に記したこと

では本文のご一読を下さい。

/*-----

☆ 2 概論

-----*/

まずのところ、事実、つまるところですも、起こったことがらにつきましてを記していますが、繰り返しとなりますも、これは神様といわれる存在の否定ではありません。

では新型肺炎コロナウイルスにつきましてですも、【中国で猛威をふるっている新型肺炎はコロナウイルスの陰にあるロジック】であり、件の投稿の特に後半の部分につきましては、日本人にとりましては別ごとやら差別の是非の問題となる部分でしょうけれど、前半の部分が関係が大きく、にゃん吉さんというカテゴリーを介しての、【チコちゃんに叱られない為には、10世紀のアラブ人の哲学を学んでみることもいいかもしれません】で記している時代と、遡っていく傍らの日本のそれな時代です。

その後、つまるところですも、それ以前に起こったこととしてですも、【知人のメッセンジャーに宛てたものとして】ということと、【ニュースの言】となる次第のことですが、このページは、このような個人的なことがらにつきましてを、あれやこれやと曰っているわけではなく、あくまでも全体のことであることのご理解は頂きたいと思います。

それで、これは日本のことですも、既に一部では、これは何らかのウイルスを人為的に撒いたのではないか?という眉唾までが出ています。
これにつきましては、以前にも記した記憶がありますが、室井 佑月さんがご自身のTwitterリツイートをしていますところの、三浦 英之さんのtweetにですも、NHKが記しているとする、旧日本軍が登場をする、昔の軍部が行なっていたとする、細菌の利用をしての人体実験のことがあり、時代は違いますが、その読み物で記されていますところの、京都と、三角さんといわれるかたと、こちらごとでの京都と、の登場人物である関連があり、NHKコロナウイルスと掛けて自国の過去の過ちについての言及をしたのか、こちらごとにも掛けて頂いたのかは分かりませんが、このタイミングでのウイルス京都三角であるわけです。

/*-----

☆ 3 起こったことがら

-----*/

上のようなことはともかくと致しましても、海外のメディアからも、クルーズ船ダイヤモンド=プリンセス号などのことでの、日本の対応の如何についての言及がありますし、別国の、外務省にあたるところからも、日本が行なった寄稿の拒否についての物申しがあり、その日本にしても、感染の経路となることへの懸念もあってか他の理由があってか、自衛隊寄稿をするところの幾つかから断られているといったようなことが起こっているようです。
また、アメリカでもインフルエンザが猛威をふるっていますし、香港他でもコロナウイルスのことで色々と行なわれてもいるようです。

問題のひとつですが、日本側が初動を取ることができなかったことであるように思われ、以前からですも、国立である感染症研究施設などから人員や資金を減らしていき、増やすべきではないと思われるところに増やしていたりとされる癒着などに原因の一端もあるように思われ、これにつきましては、日刊ゲンダイでも言及がされています。

ここでこの投稿全体を包む話を幾分なりと柔らかくする意図を示す為にですも、次のようなことを記しておきます。それは、歌手である槇原 敬之さんの覚醒剤の所持での2度目の逮捕というニュースのことであり、別からにして私は覚醒剤の推奨をしているわけではないですも、このかたも《m》であり、このページの何処を切り取ってこのことと合わせてもピシャリと合う、やはりこのタイミングでのできごとである。ということです。
*何故、2年前のことでの槇原 敬之さんの今の逮捕であるのか?につきましての詳細は、幾つかの読み物もありますので、気になるかたはそちらもご一読をしてみて下さい。ここでは、ピシャリということで、安倍首相による税収についての世迷言から、何やらと人が狙ってのことかもしれない。ということを記すに留めます。

次ですも、時間的には上と同じくの頃のことですが、眉唾な対応策やら、故意に病気への畏怖を大きくしすぎていることなどと、日本の問題としての政治の対応の拙さから、既に実態とは違うものとなっている。などとのニュースTwitterでの報があり、このような時分に決まってある一連について、順にシフトをしているフェーズの、今はここである旨報じられていました。

次ですも、日本テレビ番組ででのことですが、日本野球選手であり監督であった野村 克也さんが亡くなられたとの報がありました。
ご高齢であったことからの次第でしょうけれど、別の投稿と、正に調度のタイミングであるわけで、このかたも《K》であることから、これにつきましても、そのときに扱った内容との、男女国籍の違いはあれどの偶然の一致があります。

この時分のことですも、現在の日本は100年前の日本にそっくりであった旨読み物がありましたが、読むことができていませんので、どのようなものであるのかは分かりません。

/*-----

☆ 4 オーストラリアの火事の鎮火とNguyen Kieu AnhとTrường NguyễnのFacebookと前川 喜平さんとセーラー服歌人の鳥居さんのTwitterとこちらごと

-----*/

次ですも、この件は、オーストラリア火災の鎮火のことであり、事実哀しい話優しい話思い出で、ここで、日本野球選手であり監督であった野村 克也さんが亡くなったタイミングとの関連で、何か意味があるのかもしれない。としていたことにつきましてを記してみます。補足として記しますと、ひとつのことがらが幾つかの別のものごとに対して、時期も意味も同じことでかかわっている。ということです。

ではそれな投稿ですが、歌手であるNguyen Kieu Anhですも、
《亡くなった子供にもう一度会いたくて、ヴァーチャルリアリティーの技術の使用をしている。》
との投稿のシェアがあり、それには、
《哀しい。誰もみないで。》
との文言が添えられていました。

ブログにもメッセンジャーにも記していることやら、との関連でもありますので、とても有り難いですね。
*件のシェアにつきましては、その後に削除をされているようですも、別の日本人のほうも、Twitterの投稿の削除をしていますので、思い当たる理由の別記ができればそのようにしてみようか。とは思いますが、件のヴァーチャルリアリティーの投稿自体は、現在のところ、Trường NguyễnFacebookにあります。

今であれば新型肺炎であるコロナウイルスのことも気に掛かりますし、そのようなことを考えながらにですも、前川 喜平さんのTwitterを観ていますと、日本のこととしてですも、津波にのまれた子供たちがいた場所では、夏になると向日葵が咲く。という投稿がありました。

今一度、ひと目でも会いたいということからに技術に頼ることと、太陽に向かって向日葵が咲くという、哀しみを乗り越えて生きていく。というようなこととの違いはありますが、私は昔に向日葵の種の殻を左右に割って、中身を食べていた記憶があります(香ばしいですよね)。などと考えた次第のことですが、まあ、自分で命を絶ったかたも、その当時に19歳ですし、少し内側に入られたように感じてか、敵意ではないですが、僅かにであれどそのような考えを抱きも致しましたが、丁度、Facebookの《むかい あおい》さんというかたのことを思い出した次第のことであり、このかたにもベトナム語を教えて頂きました。
それで、Facebook上でこの向日葵という名前の使用をしていたかたは何名かいますも、別のFacebookでのことですが、本名で友達と写真にうつっていましたし、日本語の試験を受けるだか受かったという投稿がありました。有り難う御座いました。

それから、当時コンビニエンスストアーに勤めていた三人のうちの一人と同じ苗字で、別の投稿で記している、辺りに来ていたかたは、当時に20歳です。
この三人の話を、話の種として、日本に来ていた外国のかたとしたり、この外国のかたがいた職場では、流石に仕事が忙しくなりすぎることもあり、三人になりもしたようですが、その体制になる前には、奇数であれば意見が割れて、少ないほうの意見であることが何度か続けば、独りですので、疎外感のようなこともあるのではなかろうか?というようなことも話していたそうです。
ただ、それはそれで巧くやっていたようですし、なだめるのが大変ですが、徒党を組めば強いですしね。

こちらと、このようなこととの関連もあり、前川喜平さんの、
大川小学校の子供たちが津波にのまれた場所には、夏になると向日葵が咲きます。》
というtweetに意味が出てきますし、このことから、同人さんのTwitterにある、セーラー服歌人である鳥居さんのtweetにも意味が出ました。

上は日本のことですも、津波で亡くなったかたもうかばれる。ではないですし、そのようなことは生きている人間が勝手に思うのことであり、本当は色んなかたや社会のことを恨んでいるのかもしれませんが、まあ。
人間の力はやはり小さいですね。
ともかくとしてですも、これでNguyen Kieu AnhFacebookでシェアをしたヴァーチャルリアリティーの投稿にも意味が出て、向日葵にも意味が出ます。

この投稿の雑記ですが、日本時間は2月の10日の朝の6時頃に記していますので、オーストラリアで30年振りとあった豪雨につきまして火災鎮火となり、既に動物にしても被害が大きいと思いますのことからに、良かったとは言えませんも、続いていた水不足の解消となり、洪水洪水で大変ですが、空が泣いたと記すくらいのことにはバチも当たらないでしょう。
これも、津波洪水と、こちらごととしての【命に対しての人間の感情】 という投稿と、あることに関連をしての30年ということとの不思議なタイミングの一致であり、これら全てが関連となっています。
1月の何日であったかに、《早く雨が降れば良いのに。動物が…》などとメッセンジャーに記していたことを思い出しましたし、その後に空から野菜や餌を撒いているようすが日本のテレビでも放送をされていましたことからに思いますは、日本のテレビには、だいじな枠を使って頂いて、すいませんでした。です。

また、フジテレビニュース番組であるグッディでも、野村 克也さんが亡くなったことに掛けての、向日葵についての言及がありました。
野村 克也さんが亡くなられたのは、丁度この日のことでした。

次ですも、

  • 関連が関連を呼ぶ例え
  • 時代を超えてのこと
  • 人間以外の何かが行なっているとしか思えないクルクル…神様が遊んでいるのかも?…
  • google検索エンジンが行なっていること

などと、このようなことを記しています。

/*-----

☆ 5 NHKの番組を扱ったサイトや画像などと宅の近くの関連とgoogle検索エンジン

-----*/

ではですが、google検索エンジンですも、最近はまたすごくなっているようであり、にゃん吉さんというカテゴリーですが、NHKチコちゃんに叱られる!という番組のことを扱ったサイトやら画像と関連付きました。
これですも、ブログで、堀江 貴文さんのロケットのことの時分に記しました、地元のすぐの近くのところと名前が同じという関連であり、そのすぐの近くにですも、喫茶店バー雀荘があり、そこと名前が同じという関連です。記しているように、愛媛県上島町弓削というところであったか同は同生名というところに入り、首を吊って亡くなったかたが、若い頃にウェイターをしていたところです。
と、ここまでの関連であり、昔は食べ物屋喫茶店が横並びであったところとの関連であり、ブログで記している日本人が、少し前に来ていた花屋の近くですね。

誰ぞの家のこのようなことも、日本に来ていたかたとも話していて、その次のかたたちも知っていたようですし、今のかたたちも、少しなりとは知っているかもしれません。
その日本人にも伝えていることもありますしね。有り難い関連ですが、記したいことは、世の中良いことばかりではない。ということで、隣の芝生は青くに観えるという、一見をしただけでは、どれだけの良くないことがあるのかは分からない。ということもある。ということですね。

他にですも、インターネット上にあるサイトの収集をしている、ウェイバックマシンというところにある、10世紀のアラブ人の哲学という読み物関連付きました。

/*-----

☆ 6 10世紀の色々なところと日本と菅原 道真とFacebook

-----*/

さては10世紀と言いますか、この頃はですも、

  • この少し後の時代にイングランドウィリアム1世がいて、現在までの王室に繋がっているそうで、ノルマンディー公の直系であるとも言われています。
  • の建国。
  • ウラジミール1世の時代ですかね。
  • 神聖ローマ帝国ができました。
  • 色々な王朝が興っては消えていきました。

などが起こったとされていて、ブログやメッセンジャーに記している、日本のことで関連が深いことでは、

  • 平安時代で《あらましごと》との関連です。
  • 遡っていけば丁度のタイミングであった、メッセンジャーに記している、菅原 道真公

との関連です。

リストにある菅原 道真公の時代の、清涼殿というところでの落雷事件と、幾分なりとやりすぎであろうと思いましたの、日本のテレビが報じた、菅原道真公のことをメッセンジャーに記した少し後の、多くの落雷との関連で、この辺りのことにつきましては別記を致します。

また、中国から伝わった漢字に、それの意味をするところは別として、読みだけを日本語に当てた借字というものと仮名がありますが、これは平仮名やら片仮名の元であるとされていて、別からにして、現在のように外来語片仮名で表す。というようなことではなかったですね。
このようなことから、政治的な読み物には漢字が多くとなりますので、わたしにはしんどい。とした次第のことですが、というは冗談ですも、ブログ用にしていますことからに、変換が大変です。
さてはまだあやふやですし、偶然であるのかもしれませんが、google検索エンジンが遡ることを行ない出しているのかもしれません。
何時かの投稿で、元を探す技術につきましてを記しましたが、その一端かもしれません。

ここまで読まれたかたは分かろうかと思われますも、平仮名ということでも、その時代と、Facebookとの関連となるわけです。

/*-----

☆ 7 この頃の各国の動きと観えてきたもの

-----*/

次ですも、この件ですが、依然からメッセンジャーに記していた雑記と、ブログに記していることから導いたといいますか、ピタリと解かりましたところの解答を、ブログの投稿として纏めましたものを、このページ用に再構成をしたものです。
この投稿をブログに記しましたの時分にですも、新型肺炎コロナウイルスにかんしましては、まだまだ記すことが多くにありますも、取り敢えずのところ一区切りをさせましては広い意味での世界の流れを記そうと思いました次第でした。

こちらごとを含むここまでの大まかな流れと致しましては、

  • 日本のテレビ局であるTBSのニュース番組で放送がされたこと。
  • それとインターネット上にある読み物を観て知り合い他に宛てたことやら記したこと。
  • 立憲民主党に宛てたこと。
  • WHOの出した緊急事態宣言。

というようなことがあり、アメリカ中国への渡航の禁止をしたり、日本でも政府の対応の如何についてが言われてもいました。
それで、テレビとインターネット上にあるニュースを観た縁でもありますので、良い意味でのお返しも兼ねまして、私も自身ができることを致します。と記した次第です。

では次のリストをご覧下さい。

  • ブログで記している時代のひとつふたつ。
  • 日本に来ていたかたが遊びも兼ねての勉強をしていたこと。これについては完全にこちらごとですね。
  • ヨーロッパで病気の流行があった時代。
  • 今の日本の暦とそれの引用をした時代。

これらについてを記していましたが、その後の投稿、つまりこのページのここより上に、更に色々な一致があります。
これらだけではなく、ブログでも扱っている、もっと沢山のものとの一致でもあるわけですが、取り敢えずそれらは置いて構わないと思われます。

私には計算が面倒であることや、自身が記していますのことから、どちらも行なっていませんが、計算文章の精査で解けるということ、この一致に辿り着けるということは、ロジックが存在をしている。ということですね。
ここでは、人を介したという意味合いではなくの、理解の及ばないことに神仏を重ねるということでもなくの、自然の機構としてのロジックのことを記しています。

ここで一人の人物を挙げますと、日本では医者としての業績よりも預言者として奉られることが多くとあったノストラダムスというかたですが、預言と言われている詩の成就をさせる為に動いていたかたの存在が言われてもいます。ここでは、その存在につきましては考えないとしてですが、ノストラダムスが行なっていた方法が解かった気が致します。記す傍らであるのか元来からか、自然の機構、ここではロジックとしていますが、これが観えていたんです。

さては一致はまだまだありますが、これらは偶然と言いますか、自然に起こった一致のはずであり、ここでは単なる読み物として記せる。というだけのことです。
以下は乏しめているわけではありませんので、各々の名称を記させて頂きます。

/*-----

☆ 8 新型肺炎はコロナウイルスと過去と現在

-----*/

うん。ご一読を下さっているかたにですが、ここまできましたね。

ここからですも、

  • 秘密結社と宗教のことに例えたもの
  • 現在のこととなり、やはり昔とのかかわり
  • google検索エンジンが観せたもの
  • 観えたロジックを紡いだ存在

となっています。

ではですも、中国武漢で猛威をふるっている新型肺炎コロナウイルスですも、その出現時期とブログといいますか、メッセンジャーに記した時期との奇妙な一致があり、フリーメーソン日本支部の幹部であるとされている高須クリニック委員長のことが気になった次第のことですも、同委員長の属しているところは、友愛団体であり、カルトなどではない旨多くに宣伝をされてもいて、それにつきましての一方は合っていると思いますが、もうの一方といいますか、中世でそれと源流といわれているところのことを考えてみます。
ヨーロッパでの病気が猛威をふるった時代には、源流はあったのかもしれませんが、歴史としては登場はしていないことになります。
この材料と今回の新型肺炎コロナウイルスの件についてを考えてみます。

フリーメーソンですが、密儀といわれることを行なってもいたようであり、これの為に、密儀の禁止をしていた当時のバチカンからも認められていなかったわけですが、これには、当時の教会が持っていた権力とも関係があり、芸術家などを考えると分かりますね。
それで、現在のローマ法王日本に来られた時分の、高須クリニック委員長であるとされているブラックユーモアと、ヨーロッパのかたはそのようなものを好むとの言であったフジテレビニュース番組であるバイキングの言。
これにつきましては、同委員長スポンサー事業を行なってもいますことからに、資金の提供などについてを鑑みた言でしょうし、同テレビは、フリーメーソンであるということからではなく、このスポンサーということでの上客のような扱いであることはありますが、フリーメーソン幹部ということであれば、実際のところ、そんな程度ではないんです。
幹部である旨訝しんだということではなく、それであれば、もっと大きな存在であると思った次第のことです。
また、現在では、特に友愛博愛を言っていて、本来のところ、厳しい戒律があり、階位がありますに、関連がありますので別記を致しますも、16歳のグレタさんを叩いていた時分のことは、少々と違う気も致します。
このことも別記を致しますも、メッセンジャーに、当時の情勢如何で、テレビにしてもこちらの放送の目処があったのではないか?とはしていました。
理由のひとつですも、民主党系のかたが亡くなった時分にTwitterを消したかたの存在もあったからです。

ともかくとして、フリーメーソンが行なっていたとされるこれな密儀につきましてですが、薬学に分類をされる魔術ではなくの、怪しい儀式を行なっていたとされてもいて、これな為からに密儀といわれてもいるようですが、集まっての相談ごとであったり、何やらとした数式の駆使をしてのロジックの組み立てを行なっていたともいわれていて、稀代の天才といわれるかたが多くと在籍をしていたことやら当時の資金的なバックボーンのことからに、こと日本では、世界の運行を裏で牛耳っているともいわれていました。
このようなことにつきましては、後のかたが付け足した眉唾が多いことと思いますが、集まっての相談ごとやら何やらとした数式を解こうとする勉強会であれば、現在でも多くのかたやグループが行なっていることですし、なるほど。などと思えるかたも多いでしょうけれど、当時の権力闘争が絡んでいたりもするようで、秘密結社であったということからも、危険視をされるようなこともあったのかもしれませんし、そのような側面もあったんでしょう。日本でも、昔は仏僧兵、つまりモンクといわれるかたも、勢力の拡大の為からも他とのそのような権力闘争があったようですので、この点は不思議なことではないですね。
また、これは現在の日本でいわれていることですが、フリーメーソンに入会をするのには、その宗教観やら政治観は問わないとありますが、元来のところ信仰がありますね。
広く一般に流布をする傍らで、世間に受け入れられやすいように変容をすることはよくあることでしょうし、これについての良し悪しは別としてですも、色々な宗教間のことが現在よりも大きかった時代から存在をしていたとされるところですね。
*別記を致しますが、このことですも、最近になり、インターネット上でまた取り沙汰をされることが多くとある昔は戦前戦時日本共産党のことと、何十年かと継続をされての公安による調査対象であるとか暴力革命などについてかかわってはいない旨がありますね。共産党側だけのおかしさではありません。

それで、この高須クリニック委員長が、今回こちらで出たタイミングと、この元の投稿で記しているようなタイミングが合っていることが気になるだけのことであり、現在では、ロスチャイルド薔薇十字会も他も、それの本質ではなくの、単なる陰謀論としての眉唾が多くとなってもいるようですけれどね。
例えばですも、日本コメディアンに在籍をしているかたがいる高知能集団であるとされているところのメンサも、何やらといわれることもあるように思いますが、パズルを解いていると思います。
*そのような高い知能と謎が、不思議好きな一般人には特に、何やらと訝しむの対象になっているということでしょう。

これに、日本キリスト教徒さんのことを考えてみます。

例えば最近の教えですがが、宗派にもよると思われますも、自由度が高いところも多くとあるようで、オラオラ教徒もいたり、朝までクラブで踊り明かしたりもあるようで、これが悪いとしているわけではありませんも、本来であれば、キリスト系に属する宗教の殆どにも戒律があり、その宗派により、神様の名前を口に出してはいけないところや、戒律の守り具合により、豚肉だか牛肉だかを食べないところや、鶏肉であれば良いというところもあり、イスラム教やらユダヤ教やら仏教でも厳しくに戒律を守るところはこのようなこともありますが、この為に合成肉であるとか、それでもダメではなかろうか?という話があるところもあり、厳しく守るところは本当に厳しいわけです。
他にも、参拝でもそうではなくとも、神社鳥居をくぐってはいけないとするところもあり、これは現在の日本でいわれている、怪しい組織であるので、ということからではありません。また、テレビを観ることすら禁止をしているところ…情報を入れないことはダメなので、ラジオであれば良いとするところなど…も普通にあるわけで、そのようなかたとも遊んだ経験がありますので、分かります。
ここも、宗教闘争ではなく、友愛博愛を言うところでもあるわけです。

もうの一度と記しますと、これらのことが出たことと、中国武漢で猛威をふるう新型肺炎コロナウイルスの時期の一致があり、計算文章の精査で解けるということは、ロジックが存在をしているわけです。
まだ朧気にでしかありませんが、ブログでも、敬虔なかたの信を壊さないようにですも明らかにするようなこと。と記している存在が観えてきました。
中国にという意味合いやら肺炎が出た元にという意味合いではありませんが、探しても見付からないものが、やはりありましたね。
ですので、私は神様の存在の否定をしてはいない。としているだけのことです。などと、以前に記しているように思います。
私の信心などはすかしっぺです。

単に歴史のことからではなくに、秘密結社宗教の例えを出した次第ですも、よしんば特定のできうる誰かがこのロジックを紡いだのであれば、それはとんでもないことです。

/*-----

☆ 9 増える捏造のはじめの頃

-----*/

次ですも、捏造が流行るとき。ですね。

ここで、日本でいわれている、新型肺炎コロナウイルスが出現をした時期と、室井 佑月さんがリツイートをしておられるchocolatさんのtweetにある、時系列についてを記してみます。

それによりますと、新型肺炎コロナウイルス中国で発見であるのか放送であるのかがされた時期について、2019年は12月の8日である旨あり、これの真偽は別と致しましてですも、新型肺炎であるコロナウイルスは、当初そこまでのものではない旨あり、日本でも、メディアは扱っていません。
*揚げ足を取られると困りますので、きちんと記しますと、幾つかは扱っているかもしれません。

情報を取っているところでの速さや多少の違いはありますが、他国のニュースでも、そのような扱いはまだ少なく、大体にして分かります。

ですので、国会でも、公文書管理違反暴力団マルチ商法、他様々な要因から、桜を見る会についてをやっていて、年が変わってもそうであったはずです。

1月の末に入り、本当はそうであって欲しかったという願いもあってのことか、悪ノリから感染者の拡大に加担をした形になってもしまったのか、日本から沢山の医者やら看護師が来てくれる。という中国のかたによる投稿があり、その実、日本で言われていたことは、チャーター機で日本人の帰国をさせるというものであり、TBSが、中国のかたが日本にお礼を言っている旨報じている。ということです。
そうしてしばらくとして、これは違いますよ。ということをブログに記した時期であるかメッセンジャーに記した時期にですも、増える捏造について、幾つかの局で放送をしています。
chocolatさんが捏造であるとしているわけではなく、明確にする為に記しますが、国として、日本にお礼を言っていたものとは違います。ですので、安倍政権側が、日本国内に、首相を含んだ日本政府が他国でも評判が良いということにする用意をしたニュースではないか?と訝しんだ次第のものです。
ベトナムのかたのものには、これは本当か?とか、それであれば良いですが…とのものがありました。

フジテレビでは、1月の15日に、WHOが、一端危険である旨取り下げたというようなことの放送がされていて、安倍首相であるので良かったとのことがありましたが、これも違うはずで、潜伏期間は相変わらずの14日とあります。

昨年の末には、このようなことは想定をしていたとありましたが、日本や他国でも、世界中といいますか、異常事態である旨なってきましたは、1月の末…半ば過ぎです。

自民党側が野党側のことでコロナウイルスより他のことばかりの質問をしている。と言っていたのは、元々はこのことからではありませんし、立憲民主党石垣のりこさんが、本来であれば新型肺炎のことをとしていたのもまた違うように思います。

chocolatさんは、この為に野党が悪いのではないとしていて、その為の引き合いとして出したデータであるわけですが、私も野党が悪いとは思っていません。
ですので、言っていることは同じであり、私も、どのみち桜を見る会についてをやることに、おかしさは感じませんから。
2月の17日の朝日系列のニュース番組である大下 容子ワイド!スクランブルでも、新型肺炎コロナウイルスのことでの、屋形舟のことが、少しですが放送をされていました。

補足としてですが、私はchocolatさんにイチャモンを付けているわけではなく、日にちを出すことをやっていましたので、件のtweetが飛び込んできたということであり、私は自身の書が正しいとは思ってはいません。
このページでは、計算文章の精査もしておらず、事実を記しているだけだからです。
ですので、反対のことも含んだ様々なものについても観ているということです。

病気自体は、アメリカインフルエンザのほうが先ですしね。

/*-----

☆ 10 それ以前

-----*/

何年か前のことですも、メッセンジャーに記していたこととして、別の投稿にも記しましたが、国が保護的であることには良い面もあり、例えば大陸で隣り合っているところなどとは、病気の蔓延時の対応なども、昔から少しずつこなれてきてもいる部分があり、海を隔てた日本は、そうではなかったということです。

これ以前にですも、このページと関係があることと致しましては、にゃん吉さんというカテゴリーでのことと、このページの【chocolatさんのtweet】の箇所で記している、【ニュースの言という】ということがありました。それ以前には、【JAL機の窓に入ったヒビについて】があり、事実かどうかは別として、中国行きの便でした。それ以前には、【イランでの飛行機の墜落について】と、【今治造船と日立造船の合併話と国民民主党と立憲民主党の合流話について】があり、このことをブログに記した後のことですも、広島のほうの番組で、上の者が間違った情報を流してしまっていることもあるようなので、気を付けて頂きたい旨ありました。

上のリンクの辺りもご一読を下さいますと、よりハッキリと繋がりが分かる気が致します。

/*-----

3月1日以降にブログに記したこと

-----*/

さてはここから下は、3月1日にこのブログに記したことで、一部ですも立憲民主党にも宛てています。

Nguyen Kieu AnhがFacebookでシェアをしていたTrường NguyễnFacebookにある動画lionheartking fandom wikiにあるヴァーチャルリアリティーのつもりもあったんですね。有り難う御座います。私ではないですが、ma1d3nというペンネームとの合致で分かりました。

また、件のヴァーチャルリアリティーのことを扱った動画の一場面ですが、東洋経済オンラインでも紹介をされていています。
このような関連があり、とても有り難いものになっています。

韓国大統領も声明を出しましたし、Trường NguyễnFacebookには韓国語もありますし、ちょっとならできるとか…Facebook友達にも韓国のかたと知り合いのかたもいたり…と考えていくと面白くて、元々遊んで頂いていたかたの有名なかに、韓国のほうとのことがあるかたがいたり…
この国の宗教のことでの感染も話題になっていますし、これもやはり関連なんです。

JAL機の窓に入ったヒビにつきましての、こちらで記している関係の加味をしたものと、そうではなかった場合のものの考察をご一読下さいますと、よりはっきりと、新型肺炎についての時間と事象の関係が分かろうかと思われますし、ブログの他の投稿を読まれても、分かる部分があることと思われます。
取り敢えずですも、小説系にしても、WEBと言いますか、ブログでしか公開ができないであろうものも300ほどとありますし、ここ何年かのことで記している雑記も多いことから、おいおいとですも、そのようにしてみます。

/*——-

3月の20日以降にブログに記したこと。同年は2月の26日と28日にメッセンジャー に記したこと

——-*/

【時間的な符号】

まずですも、この件は日本のことです。

ブログに【Twitterまとめ_言葉の使いかた】についての投稿をしました矢先、現実には1~2日ほど前のことですも、Twitterやニュースでの誤読の問題があったようであり、【馬鹿な政党とその支持者】という投稿につきましては、皮肉であり、別からにして、そのかたたちへのものではありませんが、同じようなことにもなっているようです。
しばらくと前にですも、大阪は気の毒であるともしていましたが、ニュースも混乱をしているのかもしれませんし、できることをやって頂いていることは観ていれば分かりますが、どうもちぐはぐになってもいるようですので、少しの時間でも落ち着ける方法を作って頂きたいと思います。

年金他のことを投稿をする何日か前のことですも、これが消失であるという報ですが、これは取り敢えずのところ仕方がない面も大きいでしょうけれど、運用上の問題が大きく響いた形のようです。

どうやら北海道はひとまずは落ち着いているようですが、帰国者医療従事者他様々な職業や幾つかの地域での感染が多いですし、新宿でも新たな感染があったようです。

広島県のことは別記を致します。
ynimk COVID-19というカテゴリーも、よろしければご一読を下さい。

4月14日 【大内裏は朱雀門について】を投稿致しました。

5月1日 【ランランラン】の投稿をしました。

Subscribe to nguyenkieuanh

Subscribe to ynimk

ma1d3n
Facebook yositaka akase
ma1d3n
Kindle yositaka akase

コメント

このブログの人気の投稿

【錠の1】

【錠の1】
小説の本文の前にまずは説明をご一読下さい。
/*-----
☆ 1 前書き-----*/
これな小説はですも、およそ10年ほど前に記したものであるように思いますが、それな序文であり、小説の全体と致しましては、400字詰めの原稿用紙に換算を致しますと、およそ600枚ほどになるものです。
*別記を致しますも、ブログに記して後に、ニュース番組で、関連事案を含めつつの8年前ではなかったか。というようなことが当時に出たようです。
あまりやりすぎますと、多くのサイトの対して、順位の変動にも影響がでることもありますので大変ですが、このようなものを、インターネットに、ガガガッ!と喰わせることができますと、違反という意味合いではなしに様々な広告やらページの発見ができます。
物語のジャンルと致しましては、おそらくのところ、ミステリーであるように思われます。
また、当時は句読点で区切っていた次第ですも、自身の味をだすほうが良かろう。などとそれを止め、《っ》もなくしたんですが、これな投稿のものには、ところどころにそれが入ってしまっていますし、横文字、カタカナも全て日本式のものにしたんですが、これな投稿のものでは、そのようにはなっていません。
それでですも、当時に一端句読点を抜いたと言いますか、そのようにしたものに、句読点の付加をし、その後にまた句読点を抜いて、ということをしてしまった為に、多少なりとですも、おかしくになっている部分もあります。
一部は、以前に、何処かのSNSにアップロードをしたものです。このようなものは、当時の出版業界では扱えないそうですが、少しなりと言いたいことは、未だどうにもならないレベルの頃には声が掛かり、切磋琢磨をしての後は、そうではなくなる。ということにつきましいては、思うところもあります。かと言って、一般的な文体にして扱って頂けたとしても、それは自分のものではない気が致します。物珍しさもあってか、当時から外国のかたにはある程度に評判が良く、《そひ》というかたに例えられたり、孔子だとも例えられましたが、いかんせん、詰め込み過ぎともありました。そうですね。日本作家で言いますと、樋口 一葉ですね。
個人的にはですも、弘法大師も随分と下になった。などと声を大にして言いたいです。
*2018年や2019年に弘法大師についての番組やテレビでの話題が多かったこと…

【命に対しての人間の感情】

【命に対しての人間の感情】
この投稿は、2020年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
Nguyen Kieu Anhですが、亡くなった子供にもう一度会いたくて、ヴァーチャルリアリティーの技術を使っているとの投稿のシェアがあり、《哀しい。誰も観ないで》というような投稿があります。
ブログにもメッセンジャーにも記していることや、との関連ですが、有り難いですね。
今であれば新型肺炎であるコロナウイルスのことも気に掛かりますし、そのようなことを考えながらにですも、前川 喜平さんのTwitterを観ていますと、津波にのまれた子供たちがいた場所では、夏になると向日葵が咲く。という投稿がありました。
今一度、ひと目でも、ということからに技術に頼ることと、太陽に向かって向日葵が咲くという、哀しみを乗り越えるようなことの違いはありますが、昔に種の殻を左右に割って、中身を食べていたことがある気が致します。などと考えた次第のことですが、まあ、自分で命を絶ったかたも、その当時に19歳ですし、少し内側に入られたりもしたように感じてか、敵意ではないですが、僅かにであれどそのような考えを抱きも致しましたが、丁度、Facebookの《むかい あおい》さんというかたのことを思い出した次第のことで、このかたにもベトナム語を教えて頂きました。
向日葵という同じ名前の使用をしているかたは何名かいますも、別のFacebookでですが、本名で友達と写真にうつっていました。
日本語の試験にも、受かっただか受けるだかという投稿もありました。
これと、会社のマネージャーというかたの苗字が同じでしたので、心の中でのことですが、紐付けをしていました。
それから、当時コンビニエンスストアーで三人いたうちの一人と同じ苗字です。辺りに来ていたかたは、当時に20歳ですしね。
この三人の話を、外国のかたとしたり、当初にいた二人では、流石に仕事が忙しくなりすぎることもあって、三人になりもしたようですが、その体制になる前には、奇数であれば意見が割れ、少ないほうの意見であることが何度か続けば、一人ですので、疎外感のようなこともあるのではないか?というようなことも話していたそうです。
ただ、それはそれで上手くやっていたようですし、なだめるのが大変ですが、徒党を組めば強いですしね。
こちらと、このこと…

【桃太郞のお話】

【桃太郞のお話】
この投稿は、2019年は10月の14日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
まずですも、この投稿では、桃太郞のことを扱っていますが、日本昔話桃太郞ではなく、現代版桃太郞となっています。
また、本来の桃太郞は、鬼退治の話ですが、この投稿には鬼退治はありません。
では、本文をご一読下さい。
まずの謝罪ですが、私は、台風19号のことをメッセンジャーに記している時分のことですも、ニュース番組であるグッドモーニングに出ている気象予報士依田 司さんの名前を、与作さんとしてしまっていました。
真に申し訳が御座いません。
上につきましては、実のところ、
桜田 義孝議員さんとの名前の一致桜田 義孝議員さんが蓮舫さんの名前を間違えたこと を引き合いに出し、ここで私がそのようにすることで、当時の政治との関連も手に入る。ということを考えてのことで、決して、間違えたことの言い分けでは御座いません。とは致しますが、どちらであれど同じことですので、それはそれとして、礼を失していることは事実です。
台風につきましては、私も伝を辿って声を掛けてはいますが、台風の前から、別ブログの、【低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け】へのアクセスがありました。
ですので、記すことはだいじであるわけです。
さては礼を失しているを承知で真面目に記しますと、
テレビ各局が台風19号のことを報じています
インターネットでも、沢山のかたが、被害状況の投稿をしたり、テレビと協力をしたり、逆に、助けて下さい。報道をして下さい。という投稿もあります 他に一部を記しますと、【】という小説本屋大賞にノミネートをされた、福島県南相馬市三浦 英之さんのTwitterでの投稿があり、こちらのの話と、このかたも《m》で、新聞記者/ルポライター。つまるところ、もの書きさんです。という関連があります。
直接の繋がりはなくとも、繋がってできることがありますね。
こちらが、これまでもやっていれば。ですけれどね。
これと、ニュース番組であるグッドモーニングの知名度があります。
ということであり、他には、桃太郞を演じているCMや、役者である高橋 英樹さんも桃太郞で、そのかたの娘さんである高橋 真麻さんは、ニュース番組であるバイキングにも出ており、この投稿の下のほうで分かりますも、地名です。
死傷者