スキップしてメイン コンテンツに移動

【書籍データ epub形式】

ブログに投稿をしている【錠】を書籍データの形式で読んでみたいかた用に纏めました。
Kindleで出そうと思い纏めていたもので、ブログとも変わりません。
以前であれば、texという組み版ツールを使ってPDFやらpostscript形式にしていたんですが、時間がなかったことから、取り敢えず簡単にepub形式にしていますので、よろしければご一読下さい。
とは言っても、章としてはまだ1〜15までしか纏めていませんが…これからも、是非皆さんで相手をして下さい。

iCloudPagesですが、あまり機械が熱を持つと困りますので、公開は、取り敢えず、日本時間の月曜日の朝の4時から9時までと、晩の9時から12時までを目処にしておき、後はその都度決めてみようと思います。
閲覧やダウンロードは、ご自由に。

  1. 【錠】1〜15

日本のかたは、体裁の整った原稿用紙に覚えがあることと思われますが、凡そここまでで400字詰原稿用紙に換算をして50~60枚です。

立体駐車場とその周りが舞台の短い小説をebub形式にしています。
花火と橙色の街灯と雨の話です。

  1. 【華】

色々と使うことがありましたので、纏めました。
【新型肺炎はコロナウイルスについてと時間と事象の関係-draft】

ブログと同じです。

コメント

このブログの人気の投稿

【錠の1】

【錠の1】
小説の本文の前にまずは説明をご一読下さい。
/*-----
☆ 1 前書き-----*/
これな小説はですも、およそ10年ほど前に記したものであるように思いますが、それな序文であり、小説の全体と致しましては、400字詰めの原稿用紙に換算を致しますと、およそ600枚ほどになるものです。
*別記を致しますも、ブログに記して後に、ニュース番組で、関連事案を含めつつの8年前ではなかったか。というようなことが当時に出たようです。
あまりやりすぎますと、多くのサイトの対して、順位の変動にも影響がでることもありますので大変ですが、このようなものを、インターネットに、ガガガッ!と喰わせることができますと、違反という意味合いではなしに様々な広告やらページの発見ができます。
物語のジャンルと致しましては、おそらくのところ、ミステリーであるように思われます。
また、当時は句読点で区切っていた次第ですも、自身の味をだすほうが良かろう。などとそれを止め、《っ》もなくしたんですが、これな投稿のものには、ところどころにそれが入ってしまっていますし、横文字、カタカナも全て日本式のものにしたんですが、これな投稿のものでは、そのようにはなっていません。
それでですも、当時に一端句読点を抜いたと言いますか、そのようにしたものに、句読点の付加をし、その後にまた句読点を抜いて、ということをしてしまった為に、多少なりとですも、おかしくになっている部分もあります。
一部は、以前に、何処かのSNSにアップロードをしたものです。このようなものは、当時の出版業界では扱えないそうですが、少しなりと言いたいことは、未だどうにもならないレベルの頃には声が掛かり、切磋琢磨をしての後は、そうではなくなる。ということにつきましいては、思うところもあります。かと言って、一般的な文体にして扱って頂けたとしても、それは自分のものではない気が致します。物珍しさもあってか、当時から外国のかたにはある程度に評判が良く、《そひ》というかたに例えられたり、孔子だとも例えられましたが、いかんせん、詰め込み過ぎともありました。そうですね。日本作家で言いますと、樋口 一葉ですね。
個人的にはですも、弘法大師も随分と下になった。などと声を大にして言いたいです。
*2018年や2019年に弘法大師についての番組やテレビでの話題が多かったこと…

【命に対しての人間の感情】

【命に対しての人間の感情】
この投稿は、2020年は2月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。
Nguyen Kieu Anhですが、亡くなった子供にもう一度会いたくて、ヴァーチャルリアリティーの技術を使っているとの投稿のシェアがあり、《哀しい。誰も観ないで》というような投稿があります。
ブログにもメッセンジャーにも記していることや、との関連ですが、有り難いですね。
今であれば新型肺炎であるコロナウイルスのことも気に掛かりますし、そのようなことを考えながらにですも、前川 喜平さんのTwitterを観ていますと、津波にのまれた子供たちがいた場所では、夏になると向日葵が咲く。という投稿がありました。
今一度、ひと目でも、ということからに技術に頼ることと、太陽に向かって向日葵が咲くという、哀しみを乗り越えるようなことの違いはありますが、昔に種の殻を左右に割って、中身を食べていたことがある気が致します。などと考えた次第のことですが、まあ、自分で命を絶ったかたも、その当時に19歳ですし、少し内側に入られたりもしたように感じてか、敵意ではないですが、僅かにであれどそのような考えを抱きも致しましたが、丁度、Facebookの《むかい あおい》さんというかたのことを思い出した次第のことで、このかたにもベトナム語を教えて頂きました。
向日葵という同じ名前の使用をしているかたは何名かいますも、別のFacebookでですが、本名で友達と写真にうつっていました。
日本語の試験にも、受かっただか受けるだかという投稿もありました。
これと、会社のマネージャーというかたの苗字が同じでしたので、心の中でのことですが、紐付けをしていました。
それから、当時コンビニエンスストアーで三人いたうちの一人と同じ苗字です。辺りに来ていたかたは、当時に20歳ですしね。
この三人の話を、外国のかたとしたり、当初にいた二人では、流石に仕事が忙しくなりすぎることもあって、三人になりもしたようですが、その体制になる前には、奇数であれば意見が割れ、少ないほうの意見であることが何度か続けば、一人ですので、疎外感のようなこともあるのではないか?というようなことも話していたそうです。
ただ、それはそれで上手くやっていたようですし、なだめるのが大変ですが、徒党を組めば強いですしね。
こちらと、このこと…

【チコちゃんに叱られない為には、10世紀のアラブ人の哲学を学んで観ることもいいかもしれません】

【チコちゃんに叱られない為には、10世紀のアラブ人の哲学を学んで観ることもいいかもしれません】
この投稿は、2020年は2月の4日にメッセンジャーに記した雑記を、ブログ用に纏めたものです。
google検索エンジンですも、最近、またすごくなっているようです。
別ブログに記している、にゃん吉さんというカテゴリーですが、
NHKのチコちゃんに叱られる! という番組のことを扱ったサイトや画像などと関連付きました。
このブログで、堀江 貴文さんのロケットの投稿の時分に記した、地元のそのすぐ近くにある喫茶店バー雀荘との名前が同じという関連です。
上島町弓削であったか生名であったかに入って首を吊って亡くなったかたが、若い頃にウェイターをしていたところです。
昔は食べ物屋と喫茶店が横並びであったところとの関連であり、ブログで記している日本人が、少し前に来ていた花屋の近くですね。
誰ぞの家のこのようなことも、日本に来ていたかたと話をしていて、その次のかたたちも知っていたようですし、その日本人にも宛てていましたし、有り難い関連です。
良い話ばかりではない。という意味です。
他には、インターネット上にあるサイトの収集をしている、ウェイバックマシンというところにある、
10世紀のアラブ人の哲学 という読み物と関連付きました。
この頃ですが、
この少し後の時代に、イングランドのウィリアム1世がいて、現在までの王室に繋がっているそうで、ノルマンディー公の直系とも言われているようです。の建国ウラジミール1世の時代ですかね神聖ローマ帝国ができました色々な王朝が興っては消えていきました ブログやメッセンジャーに記している、日本のことで関連が深いのは、以下ですね。
平安時代で、《あらましごと》との関連です。遡っていけばそのタイミングであった、メッセンジャーに記している、菅原 道真公のこととの関連で、清涼殿というところでの落雷事件と、菅原 道真公と、幾分なりとやりすぎであるように思った放送として、日本のテレビが報じた当時の落雷のこととの関連です。
また、中国から伝わった漢字に、その意味するところは別として、読みだけを日本語に当てた借字というものと、仮名がありますね。平仮名片仮名の元で、別からにして、現在のように、外来語片仮名であらわす。というようなことではなかったですね。
このようなことからも、政治的…