スキップしてメイン コンテンツに移動

【Workflowy物語】

【Workflowy物語】

/*-----

Workflowy物語用のTwitterのリストです。 Workflowy物語を記す為に、作中の文言をTwitterキーワード検索 に掛け、観させて頂いたツイートのアカウントのかたと、同物語に関連をする他のツイートのかたのリストです。まだ増えます。
加えまして、Workflowyカテゴリーも参照して頂きますと材料やら現代の日本語で記しているものがあります。

-----*/

至るるところで気象の異常が甚だしくも近場はそれほどでもなしにの極々ありふれたる日常の中でで作やら研究にと没頭をばしな◯であるがも疲労が溜まりてのことでか普段にと使うる執筆用の道具をば放り出しては眉間に皺をば寄せながらにと何かなかろうかなどと別なるものをば探しなことであり其であれば休むべきと知りなようもがまた其が無駄なる時間とも知りなようもが刻だけが過ぎるの幾許かのことでありしでどうやら何かをば見付けたるるの様もも使用用途がよく分からじな道具の為にか是また無駄なる時間をば過ごしては更なる疲労が其な身体をばきつくに縛りなようすで身体の均衡の崩れも室の隅にとある自身の身体ほどにの木壁に囲まれたる狭い場所にと嵌りてでいごいごと動いてみたりやで是また無駄なる刻をば過ごし文のことをばしもに画像のことに目をば向けるるようにとなり是また無駄であり動画はどうかとすも是も無駄でいよいよと我慢のできずの限界が来なものからに外にと逃げ出してはしばし歩道を歩き行き大きな四角い立体駐車場の中にと入りな警備会社やら宿泊施設の前の舗装をばされたる歩道をば通りなすがらの日付けの変わるる頃に麻布の洋袴をば履いたる栗色をばしたるる髪の年の若い女子がすれ違い様にと何やらぽとりと落としてはわざわざと後ろ向きになりてで落としたものをば拾うるもので其処にと目が行きしもうたと思うたようすも遅くで二車線の道路の逆側では歯医者の裏から出てきたお揃いの紺色の服をば着たるる数名の女子の中の一人が手で髪をば整えながらに◯のほうを観ておるの様で紙と筆をば持ち来れば書き物をばしてのように誤魔化せたであろうと思うてか少しばかりと是もしもうたとの表情をばしも道路の此方と彼方の女子等に見透かされぬように平静をば取り繕いてで其な場を過ぎ行きしかし少しの後に見た目何方かの女子に声をば掛けりか同じように何かをば落としやとしで縁をば作りとすも良けれと思うてのようすで振り替えるるも時既に遅しくであり其な者々場より遠退きしなことであり其なままにと左側をば観な◯の視線の先のほうのことが此処からでも煙の立ち込めたる場合には通りの三つと違うるところの煙突がある場所が分かりもしが何ヶ月ほどと前には何かが詰まりでか周囲の空が真黒にとなりしなほどの煙が広がりで通りの違うる大きな雑貨店もも其な煙をば被りしでで其処をば往く者々驚いては中には煙の出所をば観に行かん者もありしな其な頃にに烏克蘭の雑貨店にと露西亜の砲がありし頃是これまでにも経験をばしな不思議か何らかの作為かがありなどとは◯も思いをば巡らせいやさ自身でありしからの此な関連ができしかなどと耽りながらもも少し顔をば上げて観ゆれば島の真中をば盛り上げるる青山が横にと広くに展開をばしておりてで夜でありしことからにに其は漆黒で聳えるる様は恐ろしさをも醸しな山も風が冷たくにないことが幸いに其な畏怖をば和らげるるのこともがままにと他国の言語に訳せば通づることもありしが大抵は緑の生い茂るる山とせねばならぬことからの言葉の難しさをば感ずるの◯であり自身が日本語としての文味に興味をば持ち始めたは何時頃からかと軽くに昔をば思い出してみるも山間をば燈がひとつふたつと登るるが観えては其な思考をば遮り彼れ昔からの修験のひとつで昼間は普通で観光にも山歩きにも良けれであれども夜にと上へ上へと其はまるで祈祷の如しでありしで以前にに観ては駄目行きは駄目との言をば知りな地元の下請け業者の社長に聞きしなことをば思い出したるの◯この世には人の力ではどうにもならぬることがありしと皆分かれども其でも否とし一心不乱に行をばせぬ者々の想いは何をか動かさんやでその後に良くないことが起こりしやら邪な考えをば持つようにとならぬかまたはそのようなる者々寄たるることと相なりとふと者々の刻むる過去から未来をば思うてかの◯であれどもが何処か遠くのほうから睡魔が近付きてはとろりと微睡わんことで思い出したるるは今は日付けのかわりし刻でありしでそろそろ宅へと帰るるも良かろうとすも夜半にの山を登るる燈観ては些か恐ろしくになりてで近くに人をば探さんのも明かりは煌々とで少し行く先にとある桟橋の構内には送迎車がありしや其な裏では釣りをば行なう者やら乳繰り合う男女もあろうかも野暮はせずとでまた客でもないに送迎車に寄るのは如何なものかとなればやはり来た道をば独り帰るより他なくが侘びしで昔は大阪の都会かというほどにの忙しなさな尾三の地区の一角といえどもその後はは侘びし寂しなところでここ何年かで少しずつと持ち直しもしで上向くところもありてでが以前は通り過ぎるるだけでありな高速道路からもよくよくと降りくりようにとなれども全体としてまだまだ上がろうところからの一幕であり帰りのすがらの厳島の神社では久し振りにと知る異国と日本の混血にと会い選挙の時分には自分であれば橙の髪をばしたるる日本人の投票姿に古式ゆかりしな日本をば思わん言をば◯にと曰いておりしが側では玩具屋の者が何やら就学前の教育用の道具やらの販売についてを最近は子供が減りしなものからににそれな時分の商いも低調子なことでありととなりの化粧品屋との儲けで何とか持ちとも他の者にと話してもう歳でありしなどとしておりしでそれにと目をばやりつつの◯が介護施設を嫌いしな祖父が病の院におりしな頃やら宅との往復の頃をば思い返しては祖母も介護施設と宅の往復でありいやさ其な何十年と前にもそのような構図のことありしで当時は親世代が苦労をばしでありしを少し思い巡り巡りの繰り返しの命を繋ぐる作業の達観辛さも楽しさも巡りしかで其な時目の前に横たわりし川のようなる海をば小型の船が一艘と行きては其によりて起こされたる波が少し野間を置き桟橋の浮島にと当たりてはちゃぷちゃぷと音をばたてては更に寸刻の間の後に停泊をばしておる船と浮島の間にと据えられたる護謨輪体が同にと当たるるごとごととしたるる音がもうの少し速くの時間帯であれば神社で鳴らされたる三味線との協和音で重奏にとなりしが今はただの雑な音でしかなくも其処をばまるで何かの運動選手のような体躯の男がひとりと動いており昼間であれば青々としたるる海をば挟みの向かいの山をば観ながらにと何やらとの作業をば終えてか億劫そうにして手提げの鞄をば持ちなりしことで桟橋で釣りをばしな者にと話し掛けられては今年は山からの湯気立ち込めしこと少なくでありから別な方法が要り用も近年はあの山からの湯気で関東などの雨も観れりなどと応えしが確かにそうと釣りをばしな者返しで旅行の客がどうやらなどと話しに小さな花が咲きで暫しのようすであり◯の側では異国との混血でありし者が親が人参などの野菜を贈り来たので今度お裾分けなどと言いながらにその場を後にし建物が建ち並ぶこの辺りでは珍しくな広い庭と水場が付いたる家へと戻りし前にに一言橙の髪を観ると猩猩をば思い浮かべてしまうとのことでありしでまだ風は些かと生暖かくで其が煩わしくから悪気はなしの日本の動物の話しとして良けれと分からぬままにと出したる其な言葉に苦笑をばすの◯自身が其な眠気からに宅にと帰らんとしていればの此な一連とくれば眠気は失せて場所がらが厳島神社故に此も何か縁起が立ちかとしな◯で其が年中行なわんのことからにと少しなりと解放をばされたる時に過去をば思い出せば可愛いと言われたるる暫し前のことも想起をばされんも家路にと着き柔らかなる土の匂いと寝床に横たわれば湿り気で喉の渇きと欲が満たされて静寝をばして朝一番の陽に頬擦りをばされれもまだ眠く台の上では高分子樹脂をば回したるる蓄音機の音がぱちぱちと音をばたてながらに溝をば滑り其とは別に音響機器の構成要素機械が何台かやと多用途円盤もありしも偶には温かみのある此が良く其でありしからにか目尻に涙の跡がありどうやら何処かの壁が崩れて母親に二度と会えずを訴えたる幼子の夢をば観たようであり傷ましさが脳裏に残りなもので回転盤をば止めてふくよかで哀愁纏いし重低音のと嵐のような超高音の重金属の奏でをば聴きしか憂鬱をば聴きしで沈む気持ちを吹き飛ばそうと思えども更にと沈みなもので外に出て木の椅子に腰掛けてでおれば楽しく踊りたくもなりしかと思うてかで外へと出て少し坂をば降りて近場に植えておる一本の花桃の苗をば観に行かば道路の往来をばしな車の排気やら風雨で少しばかりと煤けた茶色く佇む木の長椅子が◯をば出迎えては側にとある噴水も今は水なくが少し離れたるところに昔にありしな銭湯の脇にと植えられしな花桃の木から取りし苗をば観て思い起こしは息をばしな木のことでこれ不思議が銭湯の番さんが高齢となりしでいよいよと其処をば崩そうと長くにありしな木を切らんやと観た者おりしが何やらと呼吸のようなる気配がありてで恐ろしくになりしも仕事でありしや興味からにか呼吸のもとをば探さんもとうとう何処からかは分からずでいざ切りてみると翌日にに人倒れでは此お祓いをばせなんだからかと以来◯が貰いて何代目かの苗でありが此も切ればもしかとは思うておるようなる◯ではあれども元来がそのようなること好きではなきことからにか木の長椅子のほうに目をやりやも花桃の苗から幽かと呼吸の気配がしな気がしも是錯覚であろうと思しも何時のことでありしか気候の変動もところによりては人智を超えたる祝福のひとつとなり褒美でもありしとのことを曰う知人がおりしのことをば思い返してみれば近頃の異常とも取れるる気象の幾つかについては最早是神のお遊びかと思えんことがが多くでであり二度三度などと日本列島の下をゆるりゆるりと西に向かいの台風が反転をばしなことがありやらとくれば其に納得でありしな其な◯にしろ何年かと前までは灰色の眼鏡を通してで其な人生をば観てゆかんのことでが出会いで鮮明に深く美しくになり礼の気持ちがあれ今日も花桃の苗の相手と思うておればの奇妙な事案に遭遇しも此らのひとつひとつが浄化をして肥沃な土壌の形成に一役と買い浸食をば防ぎで土壌の温度を下げるるようでありまた動物の避難所としての機能をばをも持ちとくれば其な奇妙さも悪くはなしと思えてかいやさおそろしと頭をば降り思考こそ肥沃であれと思いでで山をば観ゆるるも橙がたつにはまだ早く山道をばひた歩きの祈りに誰何をば思し召すのか現世にも世の理に抗う人多くに普段の街とは同じ場所であれども違う道理の通るる昼と夜とおりゃんせも山の麓をば囲むるようにと街並み広がる下界では工場への勤務の者なぞが残業の後にやら夜勤の前にと一杯の酒をば呑み外食をばしな家族の明かりが橙々と嬉し気に気に灯るるもに其にもに背をば向けての何がしかは蕩々なる何処かしらから何をか持ち帰らんなりしかであり場所をば変えての大山の神社で一心不乱な者20年と少しの前の一時期に観たのきりでで此な地区に特有のと言いしわけではなかろうもも同じ場所での昼夜の顔の別をば知りな者今では少なく昼は其で静謐にして人あれば賑わいなりし神社仏閣神像神場所もまるで人の怨嗟までをも飲み込む夜更けは此正に女子の如しでありてで其な様なるの◯の傍らにある少しの傾斜に敷かれた腐植土の一角で花桃静としては是も昼と夜で観せるる顔は違い二酸化炭素を光合成をばしで酸素にと変えてで吐き出しなな昼の其な行為とは裏腹に生きるる為に必要なりし細胞をば作りし為には糖が要り用であり此が幹の形成層にと移動をばして幹の成分にと作り変えられであれども其な為には原動力が要り用なものでで酸素の吸収をばしで酸化をばさせて作り変えの進行をばさせるるを木の呼吸と言いし者おりしなるのことでありしが其とは別にに丁度◯の側にとありしな往来をばしな車やら風雨に幾許かと煤けたるる木の椅子が顕わしな木が湿気を吸い込んだり吐いたりとしな様をば其ようにと言いし者ももおりしがでは花桃をば切りし時にに側の者が亡くなりしは科化学についての盲目か信仰か口伝迷信の類か其とも何か別のものでありしか只今も花桃は静とし語らじで背の低い木々にと囲まれてでのまるでは風呂にと入浴剤をば落としたるようなが良いと言うの如しでありしか其な側にと人が眠りおりしことをを此迄に気が付かじな◯どうやら芝刈り機で刈られてからにに会社に居場所のなくなりしな者のようでありしかしまた別な草が成長をばしでいつかは其も刈られがかともあれ大通りの傍らにとありしな噴水公園の其な場所にに郵便受けをば置いておりしなことからにに手紙は受け付けていなようすでありどれほどと前から此な場所にとおりしかは聞かずな◯でよく眠るる其な者起こさぬようにと静かに場を後にすももしかすと花桃の苗をば折りならば此な者はと一瞬なりと思うたのようすもいやさ其何も知らずの他の者が憂き目にと遭うかとしれずでありならばと頭をば振りで邪なる考えをばか純粋なる興味をばかの其をば払いも抑も切りな花桃が可哀想と思しなようすで一端の帰宅の後の夕刻にも一度其処をば覗かんと外へと出て空観らばまるでは綿菓子のような雲の所々が光色にと暖かくで板をば敷き詰めたる駅前も此ようなる空かとひとつだけの其な広がりをば思いてはらざだの背負い鞄で傍らをば通りな此処何年かの連休やら此な頃の休暇に必ず見掛ける女子をば今日も観しなもので◯思うに周期は変わらじで其回るは転びにと通じでありいつかの光景が今日もまたであり此をば変えるるは夢見の工場のの制御式が要り用でありしとで他のところでは大理石の男が左利きの魔女をば不吉であるからと狩り此もいつかと同じで人生で起こりしことはは何度となくに繰り返しても全て起こりしようで其にと逆らいしは是無意味で決断も夢も意図も役にはたたじかさあ何度目かの繰り返しの今であり遥かなる前にと彫られたるる銘板で決定をされたる弘法大師空海の巨像の股から足をば伝わりなな白濁がが瀬戸の隅々にまで流れで其で当該地域は幸せとの恥ずかしなる伝承でさえもも瀬戸はは安らかがが繰り返しされては其な外側では日々の報様々にと駆け巡らんも其はいつかの瀬戸のことでも別なところのことでもありしで今日も工場から酒場にと直行をばしな者々もも帰りな者もも其以外の者もも賑わいも街にと鉱滓臭はなく其物もなく只酒呑みながらにでやれ工機の座席に空気の濾過をばしな装置をば付けろと息巻く者おりてがおそらくのところ其が工機の音より周囲にやかましくとくれば毎度の如くに其な旦那の愚痴をば聞くことに飽きたる嫁は小学校の跡に残りし体育館でで排球の団体の活動にと勤しみ別のある者は教会まで彌撒にとでかけては其が済むや近くの研究施設では今日も何やらとが産み出されしかもしれずとの話題で煙たがり其々の島の領土の統一をば如何ようにとしなことかとの問題もありでで僅かばかりも遠くまでに影響をば醸しな其なところも良いことばかりではあらじで気が付けば激動の中静遠く何処にに退かんやでさては防衛などの話題も他所ではありしも此処ではいつも通りがまたいつかに起こりしことがが此な地やら他の地やらで抗いしこと不可避と何処のほうからか波の如くに迫り来に気が付きし者僅かなりしの前次第にの後がのこともさては昔に聞きし降ろしの唄をば誰かしら女子が◯の側で口ずさんでおるのことに驚いた同も其な唄懐かしと聞きおれば《お帰り座し坐せ恐み畏み白す》などと唄いては何やらとぼそぼそと言い後に続くに《さゆらかすはさゆらかすかみわもかみこそきねきこゆよさしたまえんおおみことしみゆきことこそかんながらなんをうちならししまいてたちてまいていでてそさまいふしつつももおろがみまつらくもうしますつみあくたをばあわれにとおもいかぜあめやえぐもふきはらいのごとくはきぬのおとはらいさらしめたまわんみたまきよくにかがやかしたまうなりあらみたまにぎみたまさきみたまくしみたまはそれぞれににそれぞれををおこないひとつつふたつつみつつ中略ここのたりふるえゆらゆらとふるえあたましずめ》とありででどうやらとかなりな我流が入りおるも天の言霊をば染みさせて舞いつつに狐をば降ろしての風雨が天変地妖をば討ち其によりなあたましずめつまるところ鎮魂の唄でもありなようでして其な女子其な後にに何処ぞへと行かんに◯のほうをば振り返りもせずであり◯の傍らにと残り香置いては其は神代の薫りか狐が置き去りにしたるる騙香かはたまた女子の香か其が◯の鼻からにか毛穴からにか身体の中にと入りり微かに艶かしくになりしようも其なことにか其の香りをば思い出す度にに件の女子のことをばが浮かびしことにかこれこれ狐よ悪さをすなと一閃屹とし心現世にと戻りゃんも何時か判じられんは今しがたの狐か◯か只今はは香るることなき林檎の真似をばしな演算機械もも傍らにと携えては遡りし刻をば弾きことの相もも醸さんば理も超え行かんと欲すの暴挙か其も自然の機構の一部かまるでは歯車のようであり若しや自身も其化身ではなかろうかとたまに思うの◯でありなようで毎々日々と続かんことににたまには嫌気がさすことも単調なる作業になりしことも其が苦痛になりしこともありしか時には別のことをばしも其すら刻の相のひとつでしかなくとも望みは絶えずか其常世までをも見通さんなりしかさては暫しの時が流れで此な街にと遠来しな者々が織りなし話しが漸くと動き出し候も先ずの一幕で石道の脇にに幾つかのの四角の木の卓がありしし小さな外喫茶もありしな甘味処のの混雑が気になりしで少し早目に寄りしな☆であるも其処に腰掛けるや否や書類の束をば卓上にと投げ出しては以前に他所でで少しの間在籍をばしていた研究機関を辞めてしばし此処では其な力量活かせずと思うてか透明な容器に入りし飲み物にに付けたる口の端が幾許かと不平の形に捻じ曲がりで此な地へと来し理由をば考えながらにに本来であれば自身は以前に居し街で認められたであろうし其な忍耐と犠牲も持ち合わせていたはずが社内の賞の選考から漏れたばかりに転落をばしなことでありと転嫁をばせずにはおれずのようでありも其が保つ携帯全能には多くの励ましの声ありでで其を幾許かと読み自動での一斉なりしな返信でも良いものをひとつひとつと返しな忠実さもありがふと何かに気が付きしなようでありては携帯全能をば弄るる手をば止めては目をば落としたるるままにに其な端で斜め左方向をば観らばいつの間にやら人が座りし居るもので携帯全能に届きし文字にと集中をばしていたは確かなれど座り居る前がなく其なときでも☆の持つ携帯全能からは私の傍らで論の出来上がりをば待ちくれたるお陰で社内賞をば取ることが出来たので恵まれし社内生活をば送るることがが出来ることをばを有り難うやら芬蘭からのの祭りの映像やらが流れているも気が付かずの内に椅子にと腰をば掛けたるの者がが傍らにとおりでで一言呼ぶものでで慌てた☆がが飲み物の容器をば落としては其な中身が漏れでんうちにに其な者飲み物をを落としなことをば言いしなものであるからにに何やらと恐ろしくになりしで其な場をばば後ににしてはは速足でで来た石の道をば引き返しながらにに考えんは飲み物をば落とししことでで声をば掛けたるはずはなくてででは何でありなどと考えながらも道行く傍らににはは斜めにと傾きしし円筒をばしたるる石の建物がが現われでで外喫茶にと趣しし時分にはおらなんだの幾人がが其処でで話しておるのことにはもうの幾度かとの支払いが済めば債務はなくなりししというの時にに腹の子共々にと人生の相方にに刺されたる者がおりしとのことでであるからにに今しがたの外喫茶でいつの間にやら椅子にと腰をば掛けておりしでいつの間にやら傍らにとおりしな者のの怪しさとと其な話しが結び付きては其がどうしてもも気になりしなようすの☆も此な場に居てはならんと時に振り返りつつも歩をば進めしが其な時分にも私たちは前に進まなければならずで以前の楽観をば取り戻すす必要がありとの言が次第に小さくなりながらも聞こえんものであり其であれば刺されし話しは今のことではなしにでは外喫茶の者も関係はないはずと思しな☆であれど途端に其な者の意図が分からなくになり幾つかの奇妙さだけが残りであり傾いたる円筒形の何かしらの建物から左にに曲がりでで少し進みで更に左方向にに横に長くの分厚い石の壁がありその下をば隧道が通りな其な中にに基督教だかの神父と思しき巨躯の男がひとりと椅子にと腰をば掛けておりなものであり隧道まで行く予定のない☆がが其処をば通り過ぎようとしも何やらと呼ばれた気がして神父と思しき男ののほうへで其な巨躯の神父と思しき男が如何したのかと聞くものであるからにに今の次第をば話せば其他の宗教では縁とも言いとのこと訝しさの消えぬるままの☆が巨躯の神父と思しき男の話しが続くも上の空でありしし暫しの間の後にに次いでは先程のことをば話してみれば応えは来た道を帰り来た時とは違うことが起こりであれば戻りとまでは言わずで来た道をば戻りか如何かに思いをば巡らせて観ることもひとつとして円筒形の建物の側には外喫茶に向かうる時分にも人がいて其な時分にも同じような話しはしておらずか否かがあり此は仏道にありしな考えかたのひとつでもありしが別な言いかたをばすと周期と言い又は流転とも良いしとのこと人の代を観て行かば其処彼処にに此なようなことがありしで時間にしろ齟齬ありしか合わじなようなこともあり其は回教にもありしで神代の業とされてで猶太は実が多くも昔からありしも此処何年かで変わりしひとつとして戻るが良いか帰るが良いかはあれど貴女が此処に来しことでで全て戻るではなしとなり此が良いか悪いかは後々にに解らんことをばと思しとの神父のようなる男の言をば後ろに石の壁沿いをば歩けば壁の間々に店も詰まりなようとなり何処かしらからか激しい音色をば奏でし団体の音楽が聴こえて来しものでで其にと足をば留めてみれば偶に他国から持ち込まれし禁止物が置かれし外市場の辺りで水煙草をばふかしな者ありで生活の為にに売りし者あれば食う為にに買いし者ありで其は戦の跡か災害の跡かと少し観れば分かりも逆に世界の料理と言いしものでで知られる物幾つかとありしで欧州連合への輸出も次第に増えては豆やら酢漬けやら果実などは良く緑も植えながらの緑化も進めど未だ全土には渡らずなようすなところ多くの愚かさからにか個の愚かさかたにか何時しか金をば産み出さんの機械にと成り下りし研究の一部を持つ☆が積み上げて来ししこれまでをを溢れささんと此処にと来しかただ不満やら苛立ちにと揺れしし心をば計算機械のようにと逐一論にできれば且つ社内の賞をば取れしし場合にに想像をばしておりしな高揚感がまだ心の内にとあれば再びに立ち上がれんなりしかと静☆降るはまだ明るい内のことで携帯全能には相も変わらずと毎日が楽しいなどとたわいもない文字が踊りでで其な中には暗号資産の交換の大手の破綻やらのこともありでで少し前までは復旧作業も言われていたがなどと☆呟くも連鎖式にと破綻をばしなことがが怖くで踊るる文字の中には日に日に深まりしな恋の話しもありしが其な者の男とは自身が先に付き合うておるを知らぬのかと思うの矢先に貴女も日に日に役員でもありしな◇への恋が煩いにとなり来ておるのではとのことであるので余計なお世話としな☆も凍てつく心に春を届けてくれる唄をば歌うる人々を目の前に観ては其は魂が浄化をばされしようにと感ずようの一月の何処かの日付けのことも通りの幾つかと違うるところを流るる川の上まで見通したくにと思うても其処までの乗り物はなくでありからにの心に描きし其な川にと果てはなくで傍に観ゆるるは雑多なる建物と川を横断す古い橋ひとつで遥かに遠くには和蘭陀やら仏蘭西風の建物も観えしし向こうの先まで広がりしし広大さに自身の小ささをば思しな☆の心の風景には風こゆるるも何かに奮い立つには今一歩なりしかのことのようで恐る恐るも其処にと居ししな人々はは☆の痛みをば観ししことなくで痛みから逃げしし為にに持ち合わせておりしな永遠なる眠りにと誘う為なるの薬をば飲むか其をばせずに全ての痛みをば忘るる為にと泣きしことも考えのうちの☆も其も一時的でありと思しでありしかし目をば覚ましておりししことはは愛にに対しての盲目でもありしな最悪の裏切り行為でありもしで眠りし必要はあり此な両方からの板挟みにと焦らされてはまるでは魂をば鎖にと縛られてで飛ぶこと叶わぬ鳥のようにに重力がが其な心身にとのし掛かりなことで眠りの後に偏頭痛で起きられししことの何と素晴らしきかとの皮肉めいたことなどをば思しも時に全力で罵り合うほどの友はは携帯全能にと宛てられたる返信の中にに居しか否かに思考を傾けるること恐ろしくな☆のよう其は何時かに体験をばしな全てを奪うる真黒な火の広がりと心にと焔をば宿しな男からにに与えられしし感情にも似ゆるる畏怖がまるで留め金のようにと降りておりしからもになことかかやがては白い煙に化けての鎮静と同じくもも辺りには何が残らんなりしかで過去に知り今は思い出せぬる者でありが確か其な者のところの神祠も燃えては大きな旗も絵馬もなくなりししことも思い出しな☆であるが其な実はは後に天井にと置きしで無事との言も聴きしは其にと記されておりしなものの解読やら当て作りからもの今世もではではと独りで赴いてで一度観た旗はは既に色落ち真白でありでは何からの解読やら当てどころでありしかとで不思議に思うるの其な一部を持つ☆彼は今より半年ほど前にな7月にに連絡を取りきりな元居ししな機関にと残しし形となりしな役嶋 員のことをを思しも気が乗らずなこと今にはじまりなことではなしと溜め息をば吐きながらにある程度に秩序立ちな人の往来にと目をやり向かうる先か帰りな元か戻りし其にと歩をば進めな目の端にに外喫茶でいつの間にやら座りおりしなな者通り行かんの其な時にに役嶋 員から携帯全能にと文字が入りで其な文のの作成されたる日時をば観るや半年ほど前の日付けで添付をされたるものには警 実察他幾人かのことと研究資料の一部があり今しがたの神父のようなる者の言葉を思い出すもなくの☆であり明日は此な国の知り合いに会うことにとなりおりもさてはのところは変わりな在る処のこともが自然の庭ではないことから其よりは露少なくもしかと手入れをされたる造園の緑と池の中の鯉も恋煩いかあるときを観れば彼方を向き一寸の後には別を向くことを繰り返しての端にとある木の間から溢れたるる燦と輝く光が心地良い朝のことが研究所とくればくつろぎ過ぎは良ろしくはなくが役嶋 員が少し前まで☆の居し室で呆けていれば他国との混血が声を掛け来たるもので言うはやはり日本人の古式についてであり役嶋 員が其方にの話しに入りながらも全ての仕事は終えたと言わんばかりに想いし☆のことも外では幾人かの警察官が待機をしており捕まりしな覚悟はあれども此までの経緯が先であり其は前途の揚々と疑わずでありしな研究はは算段が甘過ぎてのようで僅かに進みしにも莫大な金が掛かりなことと此までにないことからににひとつひとつの確認作業が膨大にとなり扱う情報の量がとんでもなくとで暗礁に乗り揚げたと言うより他なく派生のものとしての副産物の方向への転換を余儀なくにされてもいしも其等も主研究とと密接にかかわりしなようでありしことからにに如何するかと思案をばしておりしな時分に☆が入社をして来ての暫しの後のの甘さも其な☆の研究も社内の企画に通らずで異動となりしなことで其な☆にと何時かに話したるる話しはまだ覚えていしかと思しな役嶋 員なことところはところとして距離がありしなことでで其がなければ此処と其処の区別はなく何処かだけがあり昔の偉い者がが地を動かしては一瞬で離れしところにと現われしし宿地と言いしな世迷言かも知れぬる伝説も其は其として何時かに誰かが言いしなことともまた違いさては役嶋 員がが暫しの前にに☆へと宛てたる記録の中ににをば何やらとの記しがありては此が何かが解けぬのことのひとつで其な文字からははまるではこの世を異界と繋ぐる門のようなる畏怖をば受けてで其をば初めて目にしな当時と変わらぬ脂汗をばかきながらにの今の今をば何やらががよしんば幽霊の類であれば其なほうがよほどに怖くになかろうししまた現われるる為にに無言で消えては其なときにに花の香りのひとつでも残して行かんやと考えると気が楽も誰もの人生の中ににも居りては何処にも居らずな存在をば考えるとやはり恐ろしくのようで人間の想像力の何と逞しきことかと思しも今しがたの脂汗でかにとにとしたるる感触がが身体にと纏わりつかんの最中に役嶋** **員がが思い出したは過去か此からのの望みかあれは今より何年か前ののある日のこともが珍しくも遅刻をばして朝の十時頃にと職場に来し☆をば観るにつけての役嶋 員がついと叱りたらば言い返しもせずの☆でありてはさては他国の情報をば観ておりしか十時の花君などと揶揄をば含めてで聞けば歌をば聴いていたかとしれずと素気なしに返されては逆にに☆がが持つ書類の束から何やらとしたるる文字をば観せられてのことであり其にはをば何やらと記されておりしも何をか表わさんなりしか皆目見当も付かずのことでありしな☆はどうやらをば何やらについてを一晩中と考えていたようすであり役嶋 員にしろ文字をば観しときには気にも留めずの些細なことでありしで預かりししそな書面の同文字をば観たときもも特段のことなけれどの☆と言う別なるものもかかわりしなことからにに印象に残りし文字であり昼過ぎには其な文字ににはたと目が留まりなことありな幾度かで夕刻には其な文字がありな故にに書面をば観んこととなりしなようも其なことには気が付かずで最近の役嶋 員はは自身のことをを気に懸けずの者からの評価を気にしなようにとなりおりもがそも研究所内で役が付けば当然と言えば其であれども外の庭をば観ゆれば緑と恋煩いをばしておるような鯉が優しくとありであまりに根をば詰め過ぎれば医者の世話にとならなければならぬかと帰り支度をばし室から出ようと机から離れた矢先にに帰依者と言う題目の書籍に茶をば溢してしまいそう言えば世界を病気の猛威が奮うておりしなことからにも普段はそうではない者ともつまらぬことでの諍いが起き其は自身も例外ではなしと役嶋 員も思うてかその後に溢した茶のことををはたと気が付き始末をばしながらにの数日ごとに困難が降りかかるる最近と言うものへの癇癪も出が其等にと結び目をば入れ堪えの日々ででは室をば出ようとすれば今度は一晩中別室にに缶詰めでありしな毛利 女と布袋と寐の三名が上な時分の諍いもありでで何やらと訝しみみ密着をばしな算段をばしておりしかとしれずなどと思い浮かびし気がしたような役嶋 員がが其は気の迷いと自らもも携わらん周囲の者の共通理解としての無機物への人格の当てと集合認知との組み合わせからのものについても暫くと前から止めておりしなことへの焦れもあり更には戸口で躓き目に入りしはは手から散らばりしな書面の中のをば何やらとの文字であり此は偶然か否か何方にせよ其々への別々なな焦れが文字にと集約をばされて来てのようであり其はまるでは電子計算機に入れ込む制御機構の一種のようにに自動的に自身をめがけておりしなようにと感じてかの役嶋 員であり其なものであるからににか一言吐いて出たこの野郎との罵声もをば何やらは其自身微動だにせずがその時医者との異名を取りしな此処の電子計算機についての一切をば取り仕切る毛利 女が扉を開けて驚き様に手に持つ電子計算機で作りし壁掛け時計をば役嶋 員にと落としたことが幸いか其は壊れたようも幾分なりと落ち着きをば取り戻したの役嶋 員が一言今度安い部品を買うて作り直せば良いと埃を払いながらに立ち上がり申してはは室から出ようとすも今度は電話が鳴り机まで引き返す羽目びとなりしし其は毛利 女に電子計算機の調子を診て欲しいとの☆の声であり其が皮肉にも文殊のようにと思えての役嶋 員は同じく其なようなる自身への皮肉としてどうか我をば守り下されと一言が時此処に至りてをば何やらはが役嶋 員の脳裏にしかと刻まれては頃合いをば見計らいでまた自身にとめがけて来んかと思いながらにちらと観る帰依者との題目の書籍の茶は拭き取られて機嫌は如何か周りの騒ぎを他所に静々とただあり其とは対照に研究所の此な一室の壁はは全てが意気揚々と進みし頃がが懐かしくに思えてか幾分なりと明度が落ちたようでまるでは現在の自分たちの心が写されたような室の端では電子計算機の部品で作りし壁掛け時計を気にしながらの毛利 女が今日はもう帰るほうが良いとのことで丁度役嶋 員の目に入りしのと言いしし文字はをば何やらと違い優しく佇んでいるようにと思えたのか其処ににとんとんと軽くに手をば当てて就業時間の縛りのない役嶋 員ではあれども此処から出るだけのことににここまでの労力をば使いしこと如何な空想小説か机にと置かれたるる宮島さんなる卵煎餅をば取りつつ同名の共産の花火大会の日取りをばふと思い浮かべながらに漸くと室外へでありさては☆から預かりしな書面の技術的な側面についての一考をばしつつに此なようなる技術の使用者のことへの注進なぞはどのようにとしたものかと歩きながらに考えているようすの役嶋 員であれど此は周囲の者の共通理解としての無機物への人格の当てと集合認知との組み合わせからのものと同じであり其に自身がかかりしことをば気が付かずは何かの冗談か或いは其な危険性をも誰ぞが教えておるのか帰りのすがらの役嶋 員が宅までの半ばにある大乗仏教であるのか上座部仏教であるのかすら知らぬる古屋の前の掃除をばしておる老人にと呼び止められてのことであり信心の類であれば断ろうとすも別れ際にに貴方はまた此処に戻り来るであろうと意味深なる言葉をひとつの老人役嶋 員行く暫しのこと道をば隔てては何やらとしたるる冗談をば言いしな者々おりおり其な内のひとりが何を馬鹿なことをなどと垂れたる時分にに正には此開閉切替器をば傾けたの如くのようにに役嶋 員から脂汗が出ては其な後でで思考が追い付きをとばが連なり此処にもをば何やらが居ししかと先だちてのことが今またしかも今度は閉鎖空間でなしとくれば誰もがをば何やらと関係があるかとしれずそうではなくとも例えば通り行く少年の鞄の中の書籍に潜んで移動をしているかとしれず若しくは動揺をばしな自分を憐れに思い頭のおかしな者との烙印をば押すかとしれずなどと役嶋 員の思考は既に滅入りなようすで同なるが気が付けば古屋の前の掃除をしておる老人の下でさては老人暫し其な場を離れたかと思うと茶菓子をば持ち出し役嶋 員をば縁側にと設けたるる椅子へと誘い何やらと昔話を始めたもので其によればどうやら昔此な辺りに文字の使用をばして解脱をば試みたる土羊 しんにょと言いける僧がおりしなようで悟りへと至るる其な修練はは正にに魂をば震わすほどのの苛烈をば極めたるるそうももしか日々の修練の合間に別たれたる其な僧の何かしらがが何やらとお茶目をばしたのか若しくは文字のお化けが何やらと悪戯をばしたのかとしれずと長い話しをば結びつつと古びたるる小さな紙にと描かれしし一枚の絵をば出して来てからにに修練の狭間で別たれたる煩悩が今も行き場を求めて彷徨いおるのかとしれずとのことでありここで役嶋 員がが口をば挟みで結局のところ其な僧はは悟りに至れりしかと聞くと遠い目をしながらの老人が言うは其は定かでなしとのことであり更にに続けてはは偶に此処に来て話しを聞くことも供養の内でありとのことに役嶋 員はは其は老人の話し相手ということであり此一本取られたと思しも何時の間にやらをば何やらについての一切が失せており其な去り際にに老人今々の話しをよくよくと覚えておくがよろしいとのことでさてさて後の近場のある者の言では彼な古屋には立ち退く旨ありしなようで件の老人がが土地の所有権の主張をばしておりとのようも暫し此処より幕が変わりで別なる話題が入りり処は人の出入りの激しな大きな空演奏屋の前でで☆人をば待ちも来ず代わりには沢山の学生が単車で走り往き其なうちの一人が不意に単車をば止めては☆にと話し掛けたもので其とある人物のことについて好きか否かを教えてくれとのことからにに笑みをば作りで頷き返したらば其な者もも満面の笑みで場を後にとしであり其な後の暫しと揚々なる若女人等の往くを観ておれば少し先でで単車が転びであわや参事にならんかと思しのようももどうやら大丈夫なようで安堵をしておれば脇をば通るる大勢の中にに何時ぞやの外喫茶での者がおりしも其にと気が付かずなことでおる最中に件の空演奏屋から二次会がどうやらと言いながらに出て来し何名かの言葉が耳にと入りで微かに思い出したは会合の後の会合のことではなしにに名も知らぬとある二人組のことでありしが其な思考をば往く往く人々にと遮られては間隙を縫うようにに何時ぞやの外喫茶に座りおりな者が目の前にとおりそのようなる処で油を売らずに中に入れば良いとのこともが指し示したるる先はは空演奏屋でありが時は暫し前のの別なる処で周囲から二次会と恐れられたる二人についてに移りり近頃は潮の香りも磯の香りもきつくにないこと気が付きしな者々少ない側の海にと周囲を裂かれて其な一番と外周りに横たわるる主な通りから僅かに何十米中心にと向かう処近代的な手入れをばしてからにに緑の覆う山々切り裂いたる中にに明暗薄くに調和をばせしめんと人が施したる白く大きな文化会館への坂道をば降りしな処のこともが其な格好はは高分子樹脂でできたる頭巾付きの上衣と髪をば真白に脱色をばしな二止 武をば背に同文化会館の左脇にとある駐車場に停めたる車から降りしな野一 一ががおそらくは揚々としておるであろう学生やら町民への講演にと向かうる途中でふと坂道をば下るる二止 武に気が付きしなことからにか動き出したる因がありしかともあれ神戸での金色の紀章にかかわり株で儲けのある野一 一がが此なようにと来し理由は別になしで別な車から降り寄りなる付きしし者にに講演では本筋から脱線をばせぬようにに幾つかの話題をを削ぐことをば伝えて代わりに幾つかの世の情勢について川のようなる海がありしな此な場所にとおりしな者故からにに分かりし話しを対比も兼ねて出すことをば打ち合わせの変更をばしなようも通り往く心地の良い風がが野一 一の短髪をば僅かにそよがせ排球家故の爽やかさでの笑顔か受像機が流す番組にと出ることとなりししからにに身に付けたる笑顔か普段であれば旗の揚がらぬ鉄であるか合金であるかしらの柱に目をば移しながらに過去の栄光と現在をば比べてか何やらと一人頷き候も柱の近くにある入り口から僅かに目をば移せば集まりしな者々其々にに何やらとと話しておりそろそろ開演時間で前室として用意をばしてある一室にと向かうには裏から回らねばならんかと此なような地ではの盛況さに嬉しな皮肉も思しか其な後の講演もが聴きしし者々ももまるでは全体の構成をばしな一部のようにに時に笑顔で時に頷き調和の取れたる室の中でのありふれたる話しにも各々まるでは歌劇の登場人物の一人一人のようにに場の構成をばしておりしな様もも話しの中でで微かと違和感をば感ずの野一 一であり話しが乗らんは此な為にかと舌で上唇をば湿らせながらに其なほうをば観やると所々に空席があり其なうちの一箇所では付き添いのかの教師が小声で隣の席の学生にと何やら聞いておるようで其な一連をば観ての野一 一講演を始める前にに外で観た坂道をば下りな髪をば真白に脱色をばした高分子樹脂の頭巾付きの上衣の者のことをば思い出しては妙な納得をばして話しを続けしな所は明し講堂でありしが同じ頃の二止 武緑の茂が近くに観えるる文化会館からそれほどには離れておらずの最近に住宅街となりしなところの一角にとある自身よりは幾つかと歳が上のの女子の家の前でで二止のことをば君付けの子供扱いをばしな其な者と話しておるのようであり僅かばかりと前はは此な女子女がてらに番長となりここいらのの学校をば占めておりしな者でありしが今は其から足をば洗いて同人漫画を描きしな漫画家となりおりなことも同人の姉がが何やらとしたるる心のかの病にと罹りしなことでの容態についてを聞いておる二止 武に其な女子が言うに近頃はかなり良いとのことも今しがたに娘と散歩であるのか買い物であるのか外にと出たものでありからにに暫し待てば帰るであろうとのことでそう言うに近く何年も前にに広くに舗装をばされたる歩道をばゆるりゆるりと帰路におるが二止 武にも観えたも今日は帰ると一言離れ行く其な背をば見送る女子でなしがが夜更けるに静々と泣くよな冷たさが来たりはまだ先のことでお姉ちゃんお帰りの言葉に僅かながらと笑みをば携える姉と傍で笑う娘も二止 武の背中を知らずのことが詫びしも何時もであれば帰りのすがらに咲いておる紫陽花の慰めが風景にと心地良くも此な頃はは水をばやりおる老人は観れども花がなくしてどうやら立ち退きをば言われてしょげておるを花も観とうになしか其とも二止 武の背中を観るが可哀想と思しでかで花何処も当の二止 武は此から電影遊具店へと赴こうとしておるようであり詫びしも寂しも何処で其権威主義とも高い知能とも無縁に観えもしがどうやら二止の家は高明なる武士の家柄のようで勉学にも厳しく其な為にに家の者からはは落ちこぼれと誹られても成績は良くで暫し前より都会で流行りしな国の中にある国が話題となりしな時分も何やらと家が忙しなくになりては他者への愛と敬意を同内で歌うておりしなようすも当人にはまるで関係がないようでで煉瓦通りを呆けながらにと歩いておれば近場では有名な鼻つまみ者である二次会のひとりでもあるからににか擦れ違う者も何処かよそよそしくなものであるからにに小さく舌打ちをばした二止 武が己にある自信は電影遊具が強いことと同じくとある機会はやくざの一家のように傅く多くの者が居しことと電影遊具上の名も知らぬる誰かよと自身を皮肉り其処へと入る

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【マドリードと他とサッカーの話し】

【マドリードと他とサッカーの話し】 この投稿は、2022年は2月の25日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 など他からの流れで、 スペイン は マドリード のかたへの流れでしたり。 サッカー の レアル=マドリード の話題で、 日本 のかたがひとつ上に上がれましことでしたか契約の延長でしたかが放送をされていました。 勿論そのかたの実力と、そのチームのことであるわけですが、ブログと言いましょうか、 スペイン との面白いタイミングでしたり、 サッカー の話題やら、 【どら焼き 三浦 知良さんとの関連】 などが面白く。 当時と言いましょうか、 モロッコのかた が、ある SNS でアカウントを作られていましたの次第であり、勿論そのかたに付いていましなかたが行なっていましでしょうけれど、冗談でと言いましょうか、あるお話を記しましたらば、あちらも冗談ででしょうか、返して頂けましたのことがあり。 確か、お話との流れもで別のアカウントを作られまして、《自分が本物です》などとされましてのことでしたも、実際には両方本物であるわけであり、キンキラキンのほうが皆好きで、同国の人の為に粉骨砕身をされていましなほうは人気がでずのことでしたね。 有り難う御座いますという話しです。 そのかたと SNS 上で友達になられましな 日本人 から、 フォロワー 数がどれだけなければそのかたの友達にはなれませんの旨あり、自分が取り次いでいますやらともありでしたので、友達なんですか?と聞きますと、 SNS 上でそうですとあり、同 日本 のかたは大量にのおかしな フォロワー の増やしかたをされていましなかたでしたので後でバレてということやら...これはいずれ記しますが...まあそれは別と致しまして嬉しいですしね。 実際のところ フォロワー 数のルールは元々なく、質問の殺到をしましなことからにか、後から付け足しまし話しなようです。 何年か前に、 雑記 と致しましてを メッセンジャー に記しましな時分と言いましょうかブログに投稿をしましな時分にですも、 日本 でのテレビ番組で、ある サッカー選手 の話と致しましてでの、別の国での似たような話しで、その サッカー選手 も、自分にも色々