スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(令和)が付いた投稿を表示しています

【元号のことについての考案者さんへのインタビューを起こした読み物とされるものからみる会釈の意味】

【元号のことについての考案者さんへのインタビューを起こした読み物とされるものからみる会釈の意味】
この投稿は、2019年は4月の17日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に直したものです。
ここでは、元号についてのその後として言われていることから、会釈というものについての意味を記しています。
この会釈というものですも、おじぎということがひとつと、別の意味ですが、幾つかの違うものごとを、矛盾なく合わせることです。
元号の考案者さんである中西さんへのインタビューを読み物に起こしたものが、TBSで放送をされていました。
このかたが考案をしているはずですが、他局のものでは、そうではないともしていました。
この二文字の組み合わせになることと、おそらくはそれが選ばれることは、要するに、神様とか、天と言われるものが、作るということを言っていたんですが、芸術家さんも、よく、このような言いかたをします。
日本ではない国のかたですも、現在のところ、この日本のものを、中国語に訳したり、ベトナム語や他幾つかの国の言語に訳したり、中国のものを日本語に訳したりということを行なっているかたもいます。
それで、中西さんへのインタビューを読み物に起こしたそれは、旧暦陰暦が同じくになっており、おそらくは、読み物に起こしたかたが、ふたつの違いについてを分からなかった可能性が考えられるわけです。
読み物に起こしたかたは、中西さんというかたに、教えて下さいとすれば、それくらいは教えて頂けることと思います。
それで、気が付いたことのひとつですが、その前の日にも、やはりおかしな流れがあり、そのことを鑑みますと、出てくる解答は、
《読み物に起こしたかたは、他の国の旧暦日本旧暦を同じくに捉えており、陰暦というものをこの旧暦と思い込んで、他の国のかたに聞いたので、あちらのかたもそのように答えて、それが読み物になった》
というものです。
その読み物中にあった、
令月陰暦の1月ですが、1月ではない云々》
は、中国ベトナム旧暦の1月のこととなり、これらの国では、今でも、旧正月というものを祝っています。
中西さんに聞いたのではなく、別ごとから、このような感じで、読み物に起こしたのではないか?と思ってしまうわけで、この意味であれば、大体にして合っています。
ただ、日本旧暦もあり、これは、《天保》というもののことを…

【新たな元号は本当に良いプレゼントになりました】

【新たな元号は本当に良いプレゼントになりました】
この投稿は、2019年は4月の1日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に直したものです。
まずは、有り難う御座います。というお礼ですね。
有り難く頂戴致します。
洒落ですよ。
さては新たな元号についてですが、一時は、安部首相の名前の一字でもある《》の字が入るかもしれないことさえ、該当のかたが歴史に残るからという理由からの反発があったようですが、一応なりと、そうと決まればそのような調子に乗ることとは思いますが、それの何がいけないのか?ともしてはいますも、半分は冗談であったわけです。
その時分にはまだ候補中にあるとなっていたこともあり、別からにして、こちらとの関連からのことを言っていたわけではありません。
本当にそのようなことに出ようとしたとしても、それ以前に《》の字をよけることは考えるでしょうから。
加えて、歴代の首相というものは、歴史に残るわけです。
争いになるなら、余計とそのようなものは要らないのではないですか?ともしてはいますが、結果を先に記せば、当ブログFacebookメッセンジャーとの関連とのドンピシャリでもあることに、とても有り難く思います。
実社会のこちらごととの関連がそのままです。
つまりは、テレビとの関連でもあるわけです。
*まだ記せていないことや、記せないこともありますが…
連想の投稿や他の投稿の時分に、日本にも、ものすごく頭の良いかたがいるとしていましたが…
良い話のタネができました。
元号というものは、昔と違い、今では国民へのプレゼントのようなものにもなってはいるようですが、これはその通りであろうとは思います。
商売などでも、幾つものところが関連商品無料にするものなどを出してもいたそうですし、同じ名前のかたや、名前の中に一字があることによるチョットしたお得感があったかたもいたようで、それ以上に、元号そのものは、新たに始まるもので、このことから、全員へのものとなっているはずなんです。
ですので、他のかた同様に、自身も有り難くに頂けるわけですが…
新たな元号の案は良いプレゼントになりましたとの投稿とのことから、本当に良いプレゼントになりました。
さてはここに記しているのは、安部首相の意訳ではないほうのもの、つまり、言葉の意味です。
*ご本人様は、万葉集についてをテレビで聞かれたことから、学校で習…

【新たな元号の案は良いプレゼントになりました】

【新たな元号の案はいいプレゼントになりました】
もうじき発表がされる新たな元号についてですが、どうも、日本古典から選ぼうということも言われており、言って頂いているだけであろうと、時代背景を鑑みるに、とても有り難いことなんです。
使う字の候補には、まだ安部首相の名前が残っていることから、当然にして、気に入らない記者さんや専門家さんもいるわけです。
その為に残している。というのが明白であるから。と言いたいことは分かります。
おそらくは、その字に決まれば、そうとはされると思いますが、それはそれです。
何かいけないのかな?とは思いますが、普通であれば、幾つかの候補の中より、ひとつを選ぶとありましたけれどね。
私は、自身が記してもいるものにもある、
安南
という言葉と、知っているかたの名前の読みと同じことから、そうとして頂けるだけで有り難いことです。
そのかたたちであっても、そんなものは要らないでしょうし、それだけではなく、他から、有り難いことになってもいますので、その辺りの、おどれすどれとは、離れておくことと致します。
日本テレビでも、学者さんでも、このような、色んなことがありましたからね。
他で良くもなっている部分もありますし、そのような案もあったそうですよ。というだけで、充分すぎることです。
良い関連です。
ma1d3n
Facebook yositaka akase