スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(侍女さん)が付いた投稿を表示しています

【侍女さんの11】

【侍女さんの11_ 水を汲むところの絵を里の子に】 この投稿は、2022年は6月の18日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 もうそろそろ、intermissionを挟むかどうかして、一度nguyenkieuanhのほうの投稿にしよう。 これな投稿はですも、 【政治家さん関連のこと】 を小説形式におこしたものです。 今井 絵里子 さんは 政治家 さんですので本名でも良いはずですが、やはり怒られると困りますので《 水を汲むところの絵を里の子に 》としました。 *名前はシングルマザーの辛さなども含みまし意味です。 これな章は お酒 の話し。 宮中 の行事などの話しで、10種類以上の お酒 のつくりかたがあったそうです。 その他、大きな寺院で 僧侶 が作る 僧坊酒 というものもあり。 《 溝埋 》という《 天津罪 》は、昔の 律令 で、《他人の田畑に流れる水をせき止めた罪》のことで、《 水を汲むところの絵を里の子に 》という名前と掛けたという程度であり、理由は、今のものは当時はないですし、丁度、少し前に雑記で記しましたの水を奪うという答えになっているものとの 関連 でもあり。 何だか 今井 絵里子 さんが良い人のようになっていますが…辛さを記して《 おしん 》のようにしようかと思ったんですが、それはやめてでまぁ良いや。 自身のところでもありまし 沖縄県 のことで、これから勉強をしますとしましたことで物申されてもいましたりですけれどね。 これは男性のほうでしょうかが奥さんですか元奥さんのもとへも何やらと赴かれましそうですが、色々とありで、このような話題はかなり多いですし、政治家さんでありましことからもにでしょうか、当時に言われていますので、あまり言いまし部分ではなく。 文末の唄は今井 絵里子さんも所属をしていましたのSPEEDと言いましグループの歌です。 造酒司 (さけのつかさ)での一幕。 【侍女さんの11_ 水を汲むところの絵を里の子に】 籠の下敷きにとなり怪我をしたるる幼い子にもちらりほらりと心を配るる者々出てきても其なうちの幾つかには政への反に利用をばす者紛れておるおるで読売なるの読み物師団も此にはいたく迷惑をしておりてで禁じられたる

【侍女さんの10】

【侍女さんの10】 この投稿は、2022年は6月の17日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【侍女さんの10_禁則措置】です。 これな投稿はですも、 【謝辞とWEBにある辞書の必要性について】 を小説形式におこしたものです。 青木 理 さんがこの章でも主人公。 前回の 侍女さんの9 でうへ人との会話で終了をしていますので、その続きです。 関西弁 が使えない(ブログですので発音も分からない)こと。ここから自分たちに対しての幾つかの禁止の話し。今というか少し前のあることというか。 うへ人 と 超猿人 になった 青木 理 さんとの対決にしようと思ったんですが、それはやめました。 これな投稿の末に記していましなものの、 《 はれ 》は清浄な状態。良い時や門出に着る着物や良い式典やら。 《 け 》は日常。 《 けがれ 》は不浄な状態。人の死やら病気(疫病含む)やら作物が枯れることやとにかく悪いこと。 当時はこのように考えられてもいましということです。 特に最後の少し前はかなりくどい記しかたです。 【侍女さんの10_禁則措置】 土埃煙らんの如くな勢いのそのままにまるで法陣のようにして書を撒き散らしな者々をよそに青の木の理知らぬる者うへ人へと其な書き物も書として残されらん旨嘆願すも其な少しと前にどうやらここいらの者でなしな幼い子がうへ人の乗る籠の下敷きにとなりてで身体をば痛めたのことからにしかし肌の色の違いでか誰もも其な幼い子をば気に留めじもうへからすと何やら読めぬるもので脅かさん者々をば一網打尽にす良い機会と捉えてか次に法陣のようなる形で書を撒き散らしな刻をば待ちたくのようで其なことをば知らいでかなかなかにして尻尾を出さぬる者々というの構図もある日のことが豪を煮やしたる書を撒き散らしな者々の何名かが仲間の内でも力の弱い者に内々で指図をばしてことをば起こしてはさぁ此は大きな変であり諍いの芽は吹かんのことが近うになりては青の木の理知らぬる者へとうへ人が出したる返事は幾つかの文字をば使うることの禁止で正にうへ人の思う壺でありて青の木の理知らぬる者幼い子のことをば思うと何をば残さんとしたのやと焦れる焦れるも其も涙はとうに枯れてか大きな海とは

【侍女さんの9】

【侍女さんの9_青の木の理知らぬる者】 です。 この投稿は、2022年は5月の10日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿はですも、 【日本人が起こしているメール爆弾について】 を 小説 形式におこしたものです。 これは、 青木 理 さんご本人様によりの 権力 に対しての表現としてあったものですが、《(間違った意味での 権力 に対しては) 紙の礫 を投げる》人です。 有り難いことも幾らかありなかたです。 もうじき、別のブログのほうにうつります。 短いですが、この章で言わんとすることは記せたかな。とは思います。 ◇この辺りから 新章 ですね。 ◇ 共同通信 とか、 慶應義塾大学 とか。 ◇これは冗談ですが、この章の主人公であるかたは、まあ社会に混乱?を巻き起こしたひとりというか、大きな問題にもかかわるかたですね。 ◇ 韓国 との関係があるかたで、面白い一致。 ◇名前は怒られると困るのでやっぱり変えています。後に 木の話し を加えたいのでこのようにするのが丁度良く。 ◇このようなかたですので断りを添えますと、 青 は 主義 の意味ではありません。それにすると時代背景がおかしくになりますしね。 ◇ 芦屋 道満 が出てきます。後にもっと出ます。今で言うところの、 官僚 とそうでない者とか、 日本 に伝わり現代の 日本人 が思うところの、 エンターテインメント の加味もされた 陰陽道 の話しとか、それとは別にこのようでもあり。という話しにも面白いかな。と思いますが、それはここでは出ません。 【侍女さんの9_青の木の理知らぬる者】 昔々今々しのことが世の何処かにおるとに髪白くと高分子のように色が抜けたる男の噂がありては其な者特にうへ人へと民の辛苦が記されたる文をば投げ付けてで世をば問いしを生業として攻めて攻めての色なし文の体裁のことがあぁ寂しが本に寂しは其な体裁をば草の者々うへ人をば論わんのだけの為にに大量にと生産をばして其な文で同をば囲いて法陣をばなしてからにとまるで呪いの如くに攻めたてらんの亜流をば行ないては特殊な体裁故からに読みしとおぼえども読むこと能わずな文の大量なるのことに気が狂わんのうへ人がの続けて出るのこの頃でありしで本来であればこの世に僅かに

【侍女さん_ intermission】

【侍女さん_ intermission】 この投稿は、2022年は4月の28日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 幾つかの章の間々にインターミッションとしてこのようなものをやろう。 【侍女さんの8】 の後で、メインとは繋がらないものというか、ずっと後で繋がるかもしれないものとして... Twitter の ハッシュタグ の #黒瀬深 の幾つかをランダムに抜き出して話しに起こしたものです。ブログのものとも現実のものとも違う Twitter での話題です。たまに Twitter の ハッシュタグ やら Facebook の ハッシュタグ からのものを挟むかもしれません。 件のツイートが50~100前後は伸びました。有り難う。 黒瀬 深 については、一般人ではできないことがありとのことはブログにも記していますが(まだかも?それならこれから)、 Dappi の話しとは関係がないでしょうし、 Dr.ナイフ というかたとも違うようですし、一般のかたがどうかとのことについては、本人がそうかその時に周りにいたかたがそうかという意味で、後でやればよく、一般人とか、捕まったかたとのそっくり度とか(それなら本人として適当な画像をアップロードをした可能性もあり)その時の状態とか、変わっているのか否か、色々とあり。 ブログに記しているようなものとは別です。 まあそのうちに登場をするでしょう。 intermission は女性が語っているようににおわせるていど。 今の段階では、 粥屋の娘 か 電 ですが、まだ決めていません。 騒がせた 黒瀬 深 というかたですが、《 かふせろっく 》と、 異国のかた風にしましたが、逆から読んだだけ です。 登場人物や抜き出したかたの人間性の保証はできません。 登場人物 黒瀬深 Dr.ナイフ 手に霜焼けができている女性 抜き出したかた キャロライン阿修羅軍曹 ついっちゃが Tiiduka ystk 米山 隆一 ゆあチャン管理人 イザナギ【武富士大阪府知事】 まだ其処此処にと霜がかかりましなうすら寒い時期なりましないつかのことですも医をば志しましあるかたと同じかたではありませんか

【侍女さんの8】

【侍女さんの8】 この投稿は、2022年は4月の16日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 【侍女さんの8_茂るる力はやがては石をも破かんなりしか】 です。 これな投稿はですも、 【伊達 直人さんについて_1】 を小説形式におこしたものです。 電気 についての 伝導 (電ではなしに伝 つたわるほう)についてと、 侍女さん の作中ではなしに、言われていましな 百鬼夜行 につきましてやら他...それが全てではないにしろ、想像の産物は外しましての実際にのほうのひとつの、重要なことを記しています。 身の毛もよだつは、ごくわずかに...沢山であれば 感電 です...辺りに充満をする 電気 にあたりとか...これはまあ分かりませんが...幾つかの、例えば埃やらもそうですが、一瞬のうちに伝わり、《静電気で例えば虫や物が大気中にある電気を帯びた虫か物か、微かに電気を帯びた基点の幾つかに、ものすごく細いそのようなものが伝わり、その中に通して何かが観えると勘違いをすることもある人もいますが、これは実際にあり、一定の条件下で観ることもあり。》という話しとか... 《 石破 茂 》さんですが、 政治家 さんですのでそのままの名前でも良い気が致しますが、怒られると困りますので、《 石ヶ破 茂 = いしがやぶるるのしげるる 》としました。 サブタイトルのような、 《茂るる力はやがては石をも破かんなりしか》 は、 植物 の 成長 はときに アスファルト とか コンクリート にもヒビをいれますが、常に目一杯の成長をしていれば、それは石も壊しますか。というような意味です。 苦手なことの克服やら 努力 などは素晴らしいことですが、成長著しい部分を存分に伸ばすことも良いかと思いますし、ブログで行なっていましな方向のひとつもそれですね。 静電気 で例えば大気中にある 電気 を帯びましたの 虫 やら物やらか、微かに 電気 を帯びましたの基点の幾つかに、ものすごく細いそのようなものが伝わり、三つ以上の基点がありませば、その中に何かが観えましと勘違いをすることもある人もいますが、これは実際にあり、一定の条件下で観ることもあり。 観ても分からずに不思議に思っていたことのひとつの解です

【侍女さんの7】

【侍女さんの7】 この投稿は、2022年は4月の15日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿はですも、 【亡くなられた厚生労働省のお役人さんについて】 を 小説形式 におこしたものです。 【侍女さんの7_追い行かんの暫しは静】 です。 ここ何日かは他の投稿を控えていますが、その間に 【侍女さん】 を書き進めれば良いかなと思いました。 何だか、大小様々な伏線を多数引き、ひとつ明らかになるごとに別の何かが...などと、 陰謀 やら隠された悪とか...などという、 朝日 のような感じにもなってきましな 【侍女さん】 です。 これはこれで、わりと好きなジャンルでもあり、濃い物語ですので良いんですが、笑い話しのほうが良いです。 朝日はこんなことばっかり考えているのかもしれません。 また、時や場所により、 事象 の観えかたが全くに違うと言いましことを記してもいますが、世界観につきましてのの記述は、自分で記していて怖いです。 *違うと分かりますので、笑いであるだけのことです。 この章の主人公は《 麗し 》です。 時代背景の頃の 東京 の一部の話しです。別の一説によりますと 沼地 ではなしにかなり開けていたともありますが、 漁 をする 集落 があったようとは言われています。 東京湾 と言われましところはもっと中までが海であったはずであり、今の 日本地図 ともかなり違うはずです。 100~200年単位の数字にしましてのこの時代背景の幾ばくか後に、 平 の 苗字 を頂いたところの、《 将門 まさかど》が、現在の 茨城県 やら他 関東 の一部で猛威を振るい、このかたは時の 朝廷 の敵にまでになります。 現代の 東京 は 江戸時代 になり発展がめざましく。ということもありです。 瀬戸内海 よりも波の静かな海であったそうですが、実際にどうかは分からずです。 【侍女さんの6】 は、おこしましたの投稿が 笑劇 のようでもあり、また、同じ言葉で更に 笑劇 でありまし旨記していますが、 【侍女さんの7】 で、 【侍女さん】 は本当に 道化 や 笑劇 や 茶番 の類でしょうか?と問いかけています。 要するにですも、本当に コメディー 劇でしょうか?と

【侍女さんの6】

【侍女さんの6】 この投稿は、2022年は4月の13日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿はですも、 【梁について】 を 小説形式 にとおこしましものです。 本当は別に6があるんですが、これにしよう。 別の投稿で記したように、 侍女さん の1~5を纏めて1として、ここから別の章になる感じです。 ☆サブタイトルのようなもの 《値の張りし梁をば鳴らしてみませば其な音は清くとに同じか》 この 章 と言いましょうか、この ナンバリング の 主人公 はこのかたですしね。 当時にかなり話題になりなことと致しましてですが、 日本人 ですと、 エッチなお店や人 宇宙人 未知との遭遇 とか ET とか 亀の話しの一部 生活苦 などであり、国会やらでも話されてもいましなものもあり、誌面/紙面で記されましものも多く、 日本人 はそれは気が付くんですが、《 フランシスコ=ザビエル の ナバーラ とそれの意味のひとつの話し》は中々気が付かずのことであり。 後にブログでも出ていますね。 他国のかたでこれに気が付きましかたはいましなようです。 平安時代 やら 室町時代 のことですので、 陰陽道 やら 鬼 やら やおよろず が出てきます。 かぐや姫 やら 浦島太郎 という昔話を匂わせたり。 安倍 晋三 さんは 山口県 ですので、そこの地名のひとつである 周芳 やら 穴門 やらが出てきます。 百済 の 王族 の祖などの存在が醸されています。 くにづくりやらあがたという区分けがでてきます。 稲作技術 である 水稲作 のこと。 みなもと のうじと たいら のうじと後の 壇ノ浦 。 壇ノ浦 は 貴族社会 から 武家社会 へのはしりなどとも取れる事件です。 琵琶法師 がでてきます。 琵琶法師 と会ったとされる 方済各 フランシスコ=ザビエル が出てきます。 フランシスコ=ザビエル は ナバーラ の生まれとあり、 ナバーラ は 新しい家 とのもの意味も持ちます。 聖林の王子 ( スピルバーグ のこと)( 聖林 = ハリウッド )が出てきます。 百済 という国と言いましょうかが出てきます。 百済 は 朝鮮半島 の昔のことであり

【侍女さんの5】

【侍女さんの5】 この投稿は、2021年は7月の30日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 電をば探さねばならぬる◯ではあれど船は其をば待たずに現在の☆は△にと寄港をばしての時分のことであるも沖合へと止めたるの船から小舟をば降してからに幾人かで閑散としたるる岸へと其をば着けてしばしのこと家々からも路と同じゅうの湿り気をば帯びたる土なるの匂いは何処も同じゅうであるようで病に倒れる者もいてのことも是毎々日々廻廻何も疑問ばあらじのことの地におるは不幸とは誰も決めもせずなるのことでありてさては沖合で待つ◯の元へと情報の商材をば扱う者やら物販をば生業とする者今しがた岸へと着けたる小舟に乗りて寄り来ては文なるの威力をば知りたいとの問いであるものでまずは文あれど其を配るる者が要り用であるとの前置きをばしたの◯が次いでは通り一遍なるの話をばするもどうやら巷で聞きしこととは違うることに訝しむ者々でありては其当たり前なるのことであり物をば買うて貰うる為に商材やら其をば扱うておるの店の名前をば記すものであると習いしが文そのものに記すが大事とは是如何に高い受講料をば払うて今の今まで行のうてきたが水の泡に帰すに何処とも似ておらずの言と全てと同じ◯の言に者々些か納得ができずのこともあることに焦点をばあててしばらくとすると其ようなものが集まるとの応えには幾分なりと頷くことができたのようす。 いつしか湿るる禍々しいことなるの象徴にもなりさらばえたる優しくに安らかなるの空にと浮かぶる丸をば観ても◯の心は安らぐことなく其心には次第に電が占めるるようになりてしかし其姿は観えずのことで其形すら思い浮かべることできずが煩い。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【侍女さんの4】

【侍女さんの4】 この投稿は、2021年は7月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 電 のことはいつ探すんでしょうか? これな投稿はですも、 【広告収入について_4 関連付け~その他】 を 小説 形式に起こしたものです。 【侍女さんの4_かかわりと連なりと】 ◯この頃思うに人同士の結び付きやらものごとの共有やら他者への宣伝やら果てはメモ書きに至るるまで広めて告知をばすることと何違うことがあろうかとのものでありて友人やら支持者にしても是と同じであらんやのことを思うては其であれば金をば掛けるるほうが良くいやさ其の他にあるものは何かはてなはてなとして応えをば出してみれば其かかわりと連なりであらんやとの明に至りては潤沢なるの資金と人海戦術が全てを決めるるわけではないぞなと船の漕ぎ室に見付けた蜘蛛の糸をば観て改めてのこと。 かかわりと連なりをば時に辿り行き時に手繰り寄せては電をば探さんのことをば欲すの◯。 時は2020年に近くになるの頃のことは祖父母の生のひと段落となりては新しくにした墓に参るの◯でありそれな土地には生きることさえできずで女郎に身をばやつした者々も眠りておるのもので其等の呪いかはじめに産まるる者生きることができずの家は今も続いておりが仏は此処で眠々神となりもうし者々は別のところにあれど存在をばすること能わずのことでありては燃やして無くそうとした者までありなるのものが天井にとうつしてのこと。 猿山と称されようとも近頃流行りの天災も平穏無事の良きかな。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositaka akase ma1d3n Kindle yositaka akase

【侍女さんの3】

【侍女さんの3】 この投稿は、2021年は7月の29日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな投稿はですも、 【広告収入について_3〜関連付け〜Google検索エンジン】 を 小説 形式に起こしたものです。 ここでの 宮の導師 は Google のことをもじったということです。 宮は、みやともぐうとも読み、グルは導師とも言います。 電 を探すことですね。 ブログから起こしていますので、展開が急です。 【侍女さんの3_何も分からぬことと宮の導師に聞いたことと持つものと】 立ち位置の違いによりては観えかたに多少の違いはあれども近うになれば見間違うこと少のうにならんのことのはずでありては其な真は次第に他の者に伝搬すのはずが姿が観えぬるとなれば是どのようなるの了見かと思うたるるのようなるの◯が電は食事をする処にも寝る処にもおらぬるものでありではさては川のようなる海にと投げ出されたのかと思えど伊達直人すら観えじとくれば海からにと吹く風が余計に肌に寒くてやはり素性の確かではない多くの者をば乗せるるは駄目であり知古に限らんのことが良いとは思えども其だけでは電は見付からじ。 明けたる日なるのことも船の内の捜索すら出されぬことでありてはそれどころか白粉をば塗るをする女人やらが陸のとある宿場のあこぎな話題で持ちきりでありて其処では出さるる食肉だけではなしに水さえも偽物とくれば姦しくが止まらずのことが其の話の中にも電の香りが微かに香るる。 食事処にとある籠の右側が破れて卵と鳥が転がるの様が異なる世の呪いなるの文字にと観えんなりしで怖しことも船にと乗る者々に誰か誰かとしてみるも電をば見付けること能わず。 電はいずこ。 電とは誰りょ。 あぁ香るるはあれどの姿が観えずでありての電が誰かも分からずの◯で微かに焦るる心の中で思い出すは宮なるの導師からいつか聞きし基に辿り着く機なるの話。 《まずは同じ状況をば作りて関連をば付けやん。其は昔々からありなん。》 ◯の持つ時と実とをも使いながら。 Subscribe to nguyenkieuanh Subscribe to ynimk ma1d3n Facebook yositak

【侍女さんの2】

【侍女さんの2】 この投稿は、2021年は7月の22日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな章は 【広告収入について_2 関連付け_Facebook】 から起こしたものです。 百鬼夜行 という昔の迷信と、他国のかたやら今でいうと アイヌ のかたにしろそうであり、丁度 日本 の ニュース でもそのことの放送をされていました。 単に 差別 がどうということではなしに、住み分けやら、色々な人がいる中でのことです。 現在は他国のかたは多いですね。 陰陽師 が出てきます。何年か前からの 日本 は、罪を犯しても捕まらないとされての人たちのことや、好き放題にして他の人の人生を蹂躙するような人などのことが、 上級国民 と揶揄をされていました。 天動説 と何年か前からの、 天のほうが動いている とされるかたがたとのことがあります。 宇宙 にかんしましては、 空間 的に 地球 のようなこよはないと言いますかがほぼ確実とされてもいますし、 棒に紐を付けたボールが回っていることと、逆回転をさせるとそれが離れて行くこと と、 重力 と言いますかを振り切り、外に向かうこともそうであり、現在は収縮中である可能性も一部で言われていましたり、その収縮からエネルギーを取り出す方法があればということも言われてもいるそうです。 関連性 について 近さ、 近隣性 というものについて 基を辿ることについてのさわり 【侍女さんの2_百鬼夜行の噂と陰陽道】 時は◯がとある船なるの上で伊達 直人という人物との少しばかりの縁の一幕なるの幾許かと前のことが遠い遠い地で百鬼の夜行に悩まされたるる者々多少のことでありては何時しか知らぬる間に国の上となりしの陰と陽の理をば使うたるる上級の民にと相談をばが相次ぎては其な陰と陽の理使うる上級の民言うに鬼やら魔と言うものは昔々より今々しまで其処此処なるの影に存在をばしておるのもので光の中おる者々其を観るべきでなしとのことであるも暗うになりたるある日のこと其な陰と陽の理をば使うる上級の民の住うる処から百鬼の夜行が始まりおるを観たとする者まで出る始末なるのもので同なるのは鬼やら魔やらをば払うておるのところに出会したのであろうとして其な場は取り繕うたも帳の後ろ

【侍女さんの1】

【侍女さんの1】 この投稿は、2021年は7月の21日にメッセンジャーに記していた雑記を、ブログ用に纏めたものです。 これな 物語 のタイトルば 【侍女さん】 です。ブログの日時の順番に、 物語 にするという 叙事詩 の話からです。逆番でも良いんですが、それはまた別で行なっていますし、 侍女 ということから、 漢字の読みかた と致しまして、 ジョジョの奇妙な冒険 と間違われる可能性がありますが、そのような意味と致しましては全くに関係はなく、 関連 があると考えて頂けますのでありませば、オマージュと捉えて頂きますと幸いです。 * メイド さんは 給仕 さんというほうが正しいとは思いますけれどね。 ジョジョの奇妙な冒険の第8部 ジョジョリオンという漫画 に出てきますの登場人物が 文 (ふみ)とのことです。 船 の話は パイレーツオブカリビアン という、 エンターテインメント映画 の一幕のようでもありますね。 オリンピック のことで、 ウガンダ の選手が行方知れずでありましたのものが、 大使館 に着きましたらば、即座に空港に向かわせて、速ければ日本時間は7月の21日に帰国をすることになるが、まだ身柄は保護をされて 警察 にある旨。 亀が行方不明の話 とも似ていましたりですが、そのように思っているわけではありません。 これな 物語 はですも、 【広告収入について_1】 の最初からを起こした文であり、 叙事詩 の話からの、そのようなことも面白いかと思ってのものです。 *まだ記そうと思いますの全てを記せてのことではありませんので、まあ1ヶ月や2ヶ月にひとつでも良いペースでやれば良いかと思います。 【錠の1】 のように、 文芸 的な中に精緻にことを記すよりも、そのまま 文芸 的な記しかたをしています。 この章の登場人物と致しまして、 侍女さん 。 ma1d3n という文字を、 メイドさん と読まれたかたがいることからにです。 ジョジョの奇妙な冒険 の第5部で、 日本人名 をそのままに イタリア名 にしたという設定がありますが、その逆です。 電の子 誰なんでしょうかね? 粥屋の娘 お粥 は、 白米 や アワ や ヒエ などに お湯 を掛けたものです。今はと言いますか、何年も前から、 日