スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(錠の解法)が付いた投稿を表示しています

【一月半ば】

【一月半ば】
このカテゴリーの、二つ目の投稿は、時期の描写についてです。
この月日の記述は、時間の記述と相俟って、小説では、とても大切で、これがあるお陰で、季節と時間の情景が浮かぶわけです。
さて、普通であれば、これは当然、
いちがつ と読むんですが、文の前後の関係と、から、
ひとつき と読むかたも、少なからずにいるとは思います。
それで、日本語の書きかたとしては、
誰がいつどこで何をしたのか? ということを覚えておくとよくて、雑誌や新聞の記事などには、この手法が顕著にみられます。
本当は、これに、もう少し加えたものがあり、それを、《5w1h法》と言います。
*人と話をするときにも、
◯さんが、昨日、△で、遊んでいましたよ。》
などとすると、整理をされた情報として、相手に伝わりやすいわけです。
この《錠の1》でも、それは同じで、単にその前に、
凡その月日凡その時間帯登場人物の服装 の描写があるだけです。
勿論、上のリストのような描写があるお陰で、他のかたの文との区別が明瞭にもなり、新聞やら雑誌記事小説の体裁の違いでもありますが、昔のように、新聞記者さんから小説家となられたようなかたには、この用法を使われるかたも、多くにいます。
さて、ここでの、
一月半ばは


の使いかたは、少し特殊な用法で、現代の小説では、まず、お目に掛かることはなく、前のとの体裁を変えずに合わせると、
吐く息が白い、一月半ばの〜
という文章になる場合が多いかと思います。
ここでも、《一月》と《半ば》の間に、助詞がなく、【特殊な文章の型】で、これを、
無助詞 と言う手法である。としました。
この、《一月》と《半ば》の間には、普通であれば、《》が入ります。
それで、何故、《》を使わなかったのかを記せば、
小説を昔の文体にしたかった。》
ということもありますが、日本人でさえ、だいたいにして、《一月半ば》と言うかたが多いことと、このに続く文章にも、《》が入るので、それが続くことを避けたかった。という理由があります。
他には、日本語の勉強と考えた場合に、色々な使いかたをしたものがあるほうが、勉強には便利だからです。
それで、特殊な用法である。と記したのは、この《》は、係助詞というもので、
〜についていえば といったような意味での使いかたをするんですが、
一月の半ばについていえ…

【朝の十時頃】

【朝の十時頃】
これは、時間帯の描写ですね。
この時間帯の描写は、この後に記している、
登場人物が着ている、服装との対比。 です。
もし、これが、《夜の十時頃》であれば、登場人物が着ている服装が、映えず、とどのつまりは、登場人物が映えない。ということになり、《この人は、何をしているんだろう?》といったことや、この登場人物の魅力が、弱くなるわけです。
ここにも、コントラストがあり、強調をしたいことがらがあるので、対比をして、それをより明確にしているわけです。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【服装の描写】

【服装の描写】
服装の描写ですが、
落ち着いたる色合いをばしたるる灰色厚毛のオーバーコートに其れなる身をば包みて黒革の長パンツと白地に緑の縁が施されたるスニーカー
下のリストのような格好をしているんです。
灰色の分厚い毛糸のコート黒い革製のパンツ。レザーパンツです緑の線が入った、白いスニーカー 何故、こういった格好をしているのかは、理由があるんですが、センスが良い格好ではないんです。
ともあれ、その理由のひとつですが、これは、
寒い冬なのに、暑く感じて、コートを脱ぐほどの距離を歩いている。 といったことを、表わしたかったわけです。
これは、距離を記さずに、距離を表わすひとつの技法です。
この《錠の1》では、距離を書いているようなものですが、何kmか?などとは、実は書いていないんです。
ここも、商業的な小説では、Kmで距離を表わすなりとして、移動にかかる部分は、簡単に描写をして、動きのある部分に移る。といったやりかたのほうが、好まれ、これは、小説の中の、何を観せたいのか?といったこととも、かかわっていますし、物語の中で、面白い部分というものが、あるわけです。
この《錠の1》で、移り行く風景の描写をした理由は、その綺麗さそのものを表わしたかったことも勿論ですが、後の章の、ストーリーの伏線になっていることと、それから、これは全くの偶然ですも、10年後の現在の、実社会の伏線にもなっていたことが、驚いている部分です。
それで、これも、
一月半ば時間の描写 と同じように、コントラストで、つまり、寒い冬なのに、コートを脱ぐほどの暑さ。という対比で、コートを脱ぐのは、登場人物で、これは、スポットライトと同じ意味になり、登場人物そのものを、映えさせようとしているわけです。
方法論は違うと思いますが、歌劇とか、HR/HMなども、こういった手法を使いますね。
ma1d3n
Facebook yositaka akase

【特殊な文章の型】

【特殊な文章の型】
《動詞の終止形》+《名詞》+《形容詞/イ形容詞》
まずの表題ですが、特殊な文章の型となっていますも、元来の日本語については、現代に生きる大方のかたは、曖昧な言語と位置付けているかたが多いですが、元々は、厳格な規則の集合でもあります。
ただ、一般的には、あまりにもな厳格化をした使いかたをしているかたは、多くはないようですし、曖昧さを醸しても、その意味をするところが充分に通用をすることから、そういった使いかたをしているかたのほうが、圧倒的に多い言語ではあります。
当ブログnguyenkieuanhに投稿をしている小説ですも、ynimkでも記しているように、文には、当然にして、型というものがあり、それならば、これも当然に、そこには、解法というものがありますが、かくいうところの自分自身は、ひとつひとつの文脈を、その都度、緻密に考えて書いているわけではありません。
但し、全くのデタラメじゃねーかよ。という体裁でもないことは、勿論です。
*そういった部分も多いですが…ここは少し違って、あくまでも用法の中で、おかしなことをしていることもある。という意味合いです。
それで、小説の投稿をしているのであれば、どういった文章の構造をしているのか?といったようなことがあるわけです。
*これも、普段は全く考えに入れていません。
ですので、まずは、
吐く息白い という一文についてを、観ていこうと思います。
*ここで、自分の文を解剖にかけているのは、そのほうが、良ろしいであろうことや、ブログという体裁から、内施策を整えるといったような、浅なる考えが、ちらほらと見え隠れをしてのことでもありますので、その部分は、どうか気にしないで下さい。
さて、本文の前にですが、まずは、この一文の月間推定検索数と、一位をとった場合のアクセス数の予想です。
単語月間推定検索数一位を取った場合の月間アクセス予想吐く900〜3,9601,675息1,100-白い725〜3,960- となっていますも、これはあくまでも予想で、流行りや重みなどの変遷から、必ずしもこの通りというわけではなく、重要なのは検索数の目安です。
次いで、この文節の中で使われている日本語に、重みがあるとすれば、

が圧倒的に大きいわけです。
例えば、
息が白い息を吐く となれば、分かるわけですが、白い吐くであれば、意味が通らな…