スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【ロケットをつくるドラマ】

【ロケットを作るドラマ】 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 現在、 日本 で、 ロケットを作るドラマ をやっているわけですが、 ロケット の部品だかの バルブ を作っているそうで、登場人物のひとりに、 役者 である 神田 正輝 さんというかたが出演をしておられます。 TBS ですね。 これも、 k なんです。 これも実は、 赤いハンカチ との関係があり、 ynimk にある 石原軍団 系の投稿とも関係があります。 *これは文科省や警察の不祥事ともとれる話にもなっていますし、新たな長のかただかも、これまた 林 というかたとのことです。 あちらは覚えていないとは思いますも、20年以上前に、 舘 ひろし さんと 神田 正輝 さんは、私の父と、 タバコ を吸っていたことがあるそうです。 10年ほど前に書いて、今、 ブログ で公開をしている、 錠 という 小説 があります。 それが、現在になって、 google検索エンジン が連れて来たわけです。 こういったことを、 日本 では《 縁 》と言いますよね。 ロケット は ハードウェア で、つまりは 機械 で、 ソフトウェア 、現実とドラマの違いはありますし、特に当時は、あちらが知っていることではないわけです。 google は、 ロケット のスポンサーをしています。 昨年からの、 ルーペのCM などの 関連 があります。 まだまだですが、 気象 のことや、他のことを、自身と知り合いだけに留めるのではなく、色んなところで、使おうと思ったかたが、使うことができれば良い。と、改めて思ったひとつの理由です。 気象 のことについては、 google 、他、色んなかたがやっています。 ここで記していることは、狙ってのことや、狙っていないことと、それぞれに関連をしていないことが、先の名前の偉大さと同じく、こういった結び付きの側面がありますね。というものです。 普通であれば、それぞれに独立をしたこととしてあるもので、なかなか出ないものですね。 ここまでは、私も分かりませんでした。 気象 のことに限った話ではないですが、そういったことへの投稿をした前後

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】

【ブログのマシン化について_まずは謝辞】 関係をされているかた、おまたせ致しました。と言っても、その都度、様々なことを記していますので、その都度を知っているかたは、多いですけれどね。 この投稿は、日本時間の2018年の10月の28日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 この投稿は、別段と専門家さん用ということではありませんが、まずは コンピューター の専門家さんへ宛てて、結論を記しますと、ここで書いていることは、 文字コード、もっと書けば、ゼロとイチの2進数を調べてみる 。 これをやると、狙っていること以外で、何と何が、どのように 関連 をして、その 関連 というものが何か?が出てきますし、それらの並びによって、 言質 や他のことも出てきます。 必ずある並びの決まったどこかが、様々なことに対する、それぞれの 言質 だけではなく、 言質 そのものを表わしている可能性がある。ということで、それが何か?をつきとめることをやれば、面白いことが分かるかもしれません。 勿論、専門家さん用ではないですので、そういったことをしないかたにも使えるようには考えてもいます。 この ブログ は 日本語 ですので、 日本人 のかたには理解がしやすいとは思いますが、 文章 そのものでも、 言質 について分かることが多くあるはずです。 私は、自分がやっていることですので、やってはいませんが、理論の構築が必要であったことから、最近、10年以上振りほどに、 ディスクイメージ を作ったりはしました。 そうです。これができると、どんなファイルでも作れてしまうわけで、何百万円とする高価なソフトであろうと、例外ではないわけです。 実際のところ、必要であったのは、何百万円もするソフトウェアではなくて…あればそれはそれで、嬉しいことですが…ディスクには 磁気 があり、 磁気 は N極 と S極 のふたつですので、 2進数 で表わしやすく、これで表わせないものは、 コンピューター では扱えない。という約束事の確定が必要であったわけです。 約束事が確かであるのであれば、解答は、 その並びがあれば良い 。ということになるわけです。 後に詳しく記しますが、当 ブログ は、 ヒエロニムスマシン とも近い

【錯誤について】

【錯誤について】 この投稿は、日本時間の2018年の10月の36日と、それ以前に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 さて、ある程度ですも当 ブログ に投稿をしている 小説 である、 錠 が長くなってきましたので、ここで、自分が書く 文章 に、まだ何も封じ込めていなかった時分からあったもののひとつについて、少し触れておきますや、それは《 錯誤 》というもので、広義には、《 勘違い 》という意味があり、日本の 民法 では、《 Aの意思とAの真意が同じではなく、Aにしてはそれが分かっていない 》という意味があります。 潜在意識 下のことを言い、これには当然にして、 無意識 が入るわけですが、《 抑圧をされた無意識 》というものが、かかわるわけで、20年ほど前に、日本で起こっていた、凶悪犯罪というもののかなりのものに、《 抑圧をされた無意識 》というものの存在が、見え隠れをしていたわけです。 例えば、 宗教 的なことなどで、聞者とのやりとりをした後の話者に、すっとした。などと大泣きをされているかたもいますが、全部が全部を神様とのことだ。などとは思いませんし、《 潜在意識下にある抑圧を引っ張り出してのこと 》があるのも事実ですが、それはそれです。 また、《 抑圧をされた潜在意識の顕在化をして治療をする 》といったようなことは、 精神分析 の領分でもあり、例えば、 あなたさえ知らない…実は潜在意識下では知っているはずが、意識できていない…潜在意識が目の前に出されるわけですから、そこに爪をたてたりする行為があったり、何かを吹き込まれたりとすると、人はいとも容易くと崩れる わけです。 これは洗脳というものとも相通じる部分があります。 *もう少しすれば、幾つかの方法が出せますね。 ここからくるひとつに、 連想 というものがありますが、この 連想 にしてもそうで、 連想 には、《 自由連想 》と《 選択的連想 》というものがあり、 日本 で テレビ に出られているあるかたは、このうちの、《 選択的連想 》を、選択をするかたに分からないように、そうとさせているわけです。 選んだものを当てているようにみえて、その実、そうではないと思います。 先日に、盲目の マジシャン であるかたが 日本 の

【錠の13】

/*----- 【錠の13】 さては△そのままにして鑑別所へと連れ行からんのことで着いたと同時のまずは全ての持ち物の検査をばされたも此処まで直のことであるに持ち物はといえば両親が留置所にと面会に訪れたる時分に差し入れたる幾らかの着替えと数冊の一般心理学書にジークムント=フロイトだかの錯誤に対する研究文に啓蒙書に小説とみるからに怪しげなるものだけでありて其を見たる鑑別所の係り員が 『これだけ?此処までは留置所から来たんだよね?』 などと訝しんでおるので△はこの時初めて留置所では様々なる物の差し入れをば頼んでよい旨知るもしかしどちらにしろあれな留置所内ではそのようなる気分にはなれなんだろうとは考えたようで次いで所内での注意事項をば語り始めたる鑑別所員が△の其な考えをば遮りて言うのことは外から持ち込んだるものについては寝具以外は一旦鑑別所に預けて出所時に返却をばされる決まりとのことも別段と異論などはないようではあるにひとつ読みかけの本が読めぬとはちらと頭をよぎるだけのその後は前後左右の計四回と腰から上をばぐるりと撮影をばされたるのであふが時に△の胸中をば察したのか鑑別所員は 『こんなことを言っちぁあ何だけれど、色んな悪い子を観てきた僕からすると、君はとても真面目に見えるし、こんな本を読んでいる子が此処へ来ちゃぁダメだよ』 などと優しくも幾分と残念そうに言うもので締まりが悪くの△ 『はい』 とだけ応えてたのことでさては幾らかの決まりごとをば除けば鑑別所内は快適なりしまずは生活の態度を見る為から提供をばされたる縦長の部屋には冷暖房の完備がされており正坐が義務付けられてはおるも時折にして足をば崩すを認められて静かに反省をばするにはほどよくかなり大き目なる図書館兼卓球場も完備をされており三日に一度ほどは鑑別所員やら他の入居者達と卓球とは名ばかりの素人のぴんぽんをば楽しむこともでき更に何百円かの金銭さへあれば時折にして鑑別所員の配る菓子さへ買えたのことであるに普段は菓子など食べぬ者も所内で暇をば持て余すとあれば此れよく売れたのこと後で聞くに其の菓子は地元の者の差し入れだとのことでこのようなるところでも商売か?と思うたの△時間はあるので此れについてもしかと考えて自身の懐をば痛めずと金をば手に入れる方法の整理ができたよ

【あることに対するひとつの解4_4】

【あることに対するひとつの解4_4】 この投稿は、日本時間の2018年の03月の16日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 2018年 は 03月 の 16日 に、 立憲民主党 に宛てたものですが、以下に、 文章 の内容が変わらないように、ほぼそのままに記します。 ブログ ということから、 リンク などを貼ることや、補足などを加えたり、 文章 に多少の加味をしていますし、特に後半部分と追記の部分は、当時のことを加えたものです。 立憲民主党 代表 様 。 外国人就労者 や 技能研修生 につきまして、火急ですも宛てたいことが御座います。 そちらには 蓮舫 様がおられます。 苦労は苦労で致し方のない面もありますが、不当なことが認められて良いわけではない。と思います。 *こうと記しましたは、例えば、日本人が外国でずっと何かをしようと思えば、同じようなことがあるかもしれませんし、それであれば、外国のかたが日本でそうである可能性がある。という意味合いです。 この問題だけではなく、様々な問題について言えると思っていますが、箱だけ作っても、中身がなければ意味がない。と思ってもいます。 お忙しいこととは存じますが、是非に急ぎ 愛媛県 は 越智郡 の 岩城 まで、ご足労を願えませんでしょうか? *こうと記しましたが、実際にそうして頂くことを思ってのことではありませんし、その時分のことは、解決をしました。 ご迷惑をお掛け致しました。 有り難う御座います。 何卒、宜しくお願い致します。 本題ですが、まずは現在の状況を記します。 *2018年は03月の当時という意味です。 現在、ひとりの 外国人 が、 愛媛県 は 越智郡 の 岩城 にある男性寮で、半ば 監禁状態 ともとれるような事態と相成っております。 自分たちの寮には帰っているようですも、そうではない事態が起こっているようです。 その場所とは違いますが、そこには、私の母が勤めており、 外国人労働者 に対する責任の所在がある。とのことを、何年か前から先達て言われており、何日か前にも、捺印をしたところである。とのことです。 *これが、日本人がひとりの時分に、なくなった書面です。 次が上までの状況

【錠の12】

/*----- 【錠の12】 さては腸が煮えくり返りおることなどおくびにも出さぬる△に刑事は 『留置所は寒いだろぅ?』 となおも親切なる言葉をば投げるも其れな言葉通りに夜になるや留置所は更なる冷え込みをばみせたるもので部屋の隅にと備え付けられておる便器には蓋がなく排泄物をば流す為なるの水にしても勢いよくは流れぬので自身の排泄物の匂いが鼻についたる△冬だというに便器の周りに小虫が湧くをみるにつけてはうんざりとしては年末の凍える夜を毛布とは名ばかりのぼろ切れに包まりてはがたがたと震えながらと過ごしたるるものであるが犯行をば認めてからの△には時折にして交代をばする守衛が熱い珈琲の差し入れをばしたも其れでさへ耐えるに難し寒さに涙とも鼻水ともつかぬる液体で顔をば濡らしており守衛の一人が駐在所の巡査であろうと分かるやお互いにこんなところでやきが回ろうもんなどと話もしたが其も寒さ凌ぐ術とならずのことが一方でA署にまで面会にと訪れたる△の両親に刑事は 『大丈夫。あいつはもう、充分に反省をしたし、悪いことをすると、こうなるぞ。などと、多少きつ目の脅しをかけておいたから。 それに、どうも被害者のほうにもやましいところがあるようなんで、すぐに帰ることができるぞ』 などと絆したも間の悪いことに丁度この頃少年犯罪の凶悪複雑化に伴いて少年法の改定がされたに其な引き金をば引いたが『サカキバラセイト』による事件で△にしても其れとは知らぬ間に民事裁判をば受けるることと相成り裁判の日が何時の間に決定をされたのかさへ知らぬ裁判の当時の朝早くに留置所の部屋から出て直ぐの左の脇にある一昔前までは五右衛門風呂といわれていたような風呂に入らされては頭も身体も濡れ鼠のままに広島にある裁判所にまで連れられる運びとなりたるもので車の後部座席の真ん中に座らされるや次いでのことは体育会系と思しき紺色のスーツ姿の厳つい男が二人と間髪をば入れずに△をば挟むるようにして座り広島の裁判所に着くまでの間其れな二人に両脇の圧迫をばされたる△は身動きひとつとできずに三人はびしょ濡れの始末がさては裁判所の壇上へと立ちて此れから始まる裁判の予行演習をばしておる自身のことが何処か他人ごとのように思えたようでいざ裁判となるも時間に遅れて入室をばしてきた分厚い眼鏡の裁判官が小声なるの早口であ

【ノーベル平和賞について】

【ノーベル平和賞について】 この投稿は、日本時間は2018年の10月の05日に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 どの局かは忘れましたが、 日本 の NEWS で、 ノーベル平和賞 のことをやっていたそうで、 女性への差別や性暴力のこと とあり、昨今の風潮などをみてそうなってもいるわけですが、 ノーベル賞 の 審査 をされたかたには、特に昨年と今年は、こちらごとですもお礼の一語に尽きません。 当初の ブックメーカー の 予想 とは違ったわけですし、まずは アメリカ の トランプ大統領 が濃厚ではないか?ということから始まり、 日本 の テレビ でも、 ブックメーカー の 予想 として、 北朝鮮 の 主席 と 韓国 の 大統領 のことが扱われてはいたんですが、元々、 テレビ もある程度、 予想 というか、こういった感じになるのではないか。ということは、知っていたり、聞いていたりとするとは思いますので、ひょっとすると、 放送とは別に、この結果は、思われている通りであったのかも しれません。 これも、実は、全く違うことと 関連付いた 、別のかたで、逆がたのことを是とする 放送 があり、その場合にはそうでしょうけれど、こちらがわでは、当初の、逆がたの言や 会社 の言とそっくりではあったことがあるんですが、その辺りは、また別記をします。 ここではノーベル平和賞のことです。 また、昨年、 2017年 のこともそうですが、当初は、 権威 や他からも、そちらがたからも弾き出されていたと感じてしまうこともありましたが、段々と、元のことや、自分でも知らなかった関連が、どんどんと出てくるようにもなりました。 少しですも、 ブログ ynimk のほうで記していることもありますかね。 その辺りは、特に当初は、 日本 ではしんどいことになっている部分もありましたし、最近も別ごとからそうでしたが、良い出会いも沢山ありました。 それ以外にも、このことは特段と、そのうちのお一かたが、 病院のお医者さまである などとの 関連 があるわけですが、事情などが違えど、何年か前のこととの、別どころとの関連があったりとはします。 昨年だかもそうでしたし、文学のことだかで何かあっ

【おおまかなブログのかてごらいずについて】

【おおまかなブログのカテゴライズについて】 当 ブログ nguyenkieuanh ともうひとつの ブログ ynimk ですも、単純に カテゴライズ をしてみると、取り敢えずですが、おおまかに分けた場合には、下のようになるようです。 政治/経済 事件/事故/災害/気象/天候 芸事 宇宙 時間/事象 観光 一般的なこと/趣味/仕事 AI/広告/検索エンジン/コンピューター/関連付け 物語 と、こういったようになるようですが、ひとつのことに収束をしている、若しくは、ひとつのことから拡散をしている部分が多分にあるようです。 また、 投稿 によっては、 別記をします。ということが多い のは、以前に書いたものへと、時間を遡っていたりすることや、他のことの関係から、すぐには記せなかったり、単に、その 読み物 の 投稿 をするまでは、詳細に書き込めないことからです。 検索エンジン周りのことというか、ブログのマシン化の辺りは、発表ができるほどにはなりましたので、そうできるように、少しずつですもまとめているところです。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【あることに対するひとつの解4_3】

【ある解4_3】 この投稿は、日本時間の2018年の2月から5月頃に、メッセンジャーに宛てた雑記を、ブログ用に直したものです。 /*----- 【2018/11/21 追記】 この投稿内で、 愛媛県 の二つの地域に 警察 が来た時分を、わざわざ昨年と記しているのは、 会社 側が、今年と言っていたからで、それを言うと、別の理由を出し、それを言うと、また別の理由を出し…はそのままです。 Facebook でそうと記していた部分ですが、 会社 の言についての記録で、 警察 がきた年は、自分が知っていることで、勤めている親も知っていることですから、合っていますが、ここに、様々な関係がありますので、なかなか出ることがなく、外国から来ているかたを、騙す為でしょう。 これには別ごとでの別の会社との関連が様々にありますので、時間が掛かろうと、おいおいと記していきます。 この辺りを紐解いていけば、ここ何年間かで色々と問題になっていることの、かなりも出てくると思いますし、他のかたが記していることと交わっていることや、それとはまた違った側面があるもの、他が事実とは言い難いものもあります。 -----*/ これの特に後半部分は、もっときちんと 文章 を書かないといけないですね。 書けないことや、書き辛いこと、時間的な余裕などがかかわり、《 別記をします 》が多くなるのは、ご勘弁を。 この カテゴリー か、他の 投稿 が進めば、もっと出ると思います。 投稿の時間軸としては、 あることに対するひとつの解1 の前 にくるものです。 それで、例えば、 ごはん論法 と名前が付いているようなことや、 ことが起こった時間や場所をズラすこと なども、 国会 でも流行っていたことがあるそうですが、何年か前から、 愛媛県 でもありました。 まぁ、 国会 では、元々、そういったことがあるのかもしれないですし、 実社会 の他のところでも、 ネット でもそうですね。 さて、 男子寮 で仕事をしていた ベトナム の子を、何とか、 食堂 に戻して頂けるように、うちの親も、 チーフ と言われていた 井谷 というかたに頼み、私も、 愛媛給食 のグループの 本社 に頼んだわけですが、そうすると、他の子

【錠の11】

/*----- 【錠の11】 △赤いハンカチの家をば覗くはある日のこと以前に一階の裏口からドアノブにと手をば掛けようとしていた時分のこと向こう側から扉開ける者ありて其の者とはたと対面をばしたるるを思い返しておればこの日も其の者出て来たもので両者暫くと驚き静止をばしておるも程なくして其の者立ち去ろうと歩み始めるのことが其れな瞬間に名も知らぬる此れな者へと△飛び掛かりて 『お前らがそんなだから!』 などと訳も分からずの叫び声をばあげながらに強烈なる足払いで其の者を倒すや即座と馬乗りになりては其れな顔面に何度かの拳をば入れたるもので其れ突然なることに驚いたる其の者何事ぞ!と叫びながらに抗うは必死のことがそれでも構わずの△其の者をば殴り続けたるる後にようやくと其れな手が止まるると今よ!とばかりに△をば押し退けて一目散の其の者まるで颯の如しでその後家へと着いたる△も気をば落ち着けたる後でよくよくと考えてみるや何故あのようなる行為に及んだのやら自らも皆目見当が付かずにこれは流石にまずかろうと思うておるところに案の定と警邏からの連絡が入り 『あぁ、△君?A署の者だけれどね。ちょっと、君に聞きたいことがあるので、A署まで来てくれないかな?』 とのことでA署の少年係りと名乗る警邏は電話口で確かにそうと話したもいきなりのことに頭が混乱をばしておるようすの△以前に自分に対して暴行をばしたるる者のことやと勘違いをばして駐在所のほうへと出向いてしまうのこと至極当然もA署の少年係りと名乗る二人が駐在所に来るまでは大した時間も要さずにしてそのままA署にまで連行をばされたる△俗に言うところのお縄となり申しでA署に来てからというもの三つほどとある部屋の真ん中の取調室で即時男を押し倒した挙句に殴打をばした件で取調が行なわれてさて其れな部屋は簡素ではあるものの暗がりができぬるように計算が成され尽くした配置となりおり強面なる警察官の顔に線引く其の皺までがよく見えたことが余計と△に恐怖をば掻き立たせたるるもので口をば開くこと叶わずに黙りをば続けることあまりなことに業をば煮やした警察官は 『君は僕らが少年係りだからと馬鹿にしているようなんで、これからは、刑事係りの人に、取調をしてもらうことにするから』 などとあながち脅しとも取れぬることを言