スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

【元経済産業省の古賀 茂明さんの言にあるブログで記している錠の関連の例え】

【元経済産業省の古賀 茂明さんの言にあるブログで記している錠の関連の例え】 この投稿は、昨年からのものと、2019年は4月の25日と、同年は同月の28日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に纏めたものです。 この投稿では、 元経済産業省 の 古賀 茂明 さんの言に掛けてのあるかたの読み物と、ブログとの 関連 を記してみます。 その読み物で記されていることですが、 錠のはじめから幾つか そのままです。 最近に行なわれている コンビニ のことも、テレビが放送をしてるものは、10年前の当時に宛てていたものの一部とよく似ています。 同じではなく、10年前のことに思いを巡らせることができるということで、そこからの自身の 意思決定メカニズム となっている。ということです。 古賀 茂明 さんの言では、 安部首相 のブレインと言われるかたに話を聞いたそうですが、やはり、 安部政権 はダメだろう。とのことですね。 *これは敢えての 政権 に否定的な見方をしての言かもしれませんけれどね。 ここで記していることは、その読み物に対しての、別からにして、権利云々の話ではなく、《その読み物を書いているかた目線である一部の側面を記せばそうとなった。現在はそのような体である。》ということでしょう。 *最近は、一々このように記さなければ、権利のことを言っているのか?などと宣うかたもでるからです。 こちらごとを記せば、ある地域に 日立造船 ができた当時は、そのお陰があり、 大きな 病院 当然、当時はかなりの質を備えていたそうです。 それと対比をする 個人病院 ( 西日本 だかこちらだかで有名であるの 司法解剖 だかの先生がいました...違う解剖だったかも?) 警察署 / 消防署 / 郵便局 / 銀行 など 学校 鉄鋼 造船 大小様々な 町工場 やこれまた大小様々な 造船 地質 や 海 に対する 研究 ソフトウェア工学 や様々な 研究分野 …つまりは ソフトウェア面 他様々な施設やことがら 日本中 …特に 東北地方 …何故 東北地方 かは別記を致しますが、 日立製作所 にしてもそうで、幾つかの面白いことがありますね…からや、様々な 国 から仕事をするかたが来られましたが、そ

【ブログのAI化についてのご報告_言質エンジン】

【ブログのAI化についてのご報告_言質エンジン】 この投稿は、昨年からのものと、2019年は4月の26日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に纏めたものです。 この投稿では、当ブログ中の 【AI】 というカテゴリーの ブログのマシン化 ということや、当ブログで行なっていることと、先の 【ブログのアクセス推移から読み解くものごと】 を記してみてからの報告となっております。 まず、一部の者ではなく、やりたいと思っているかたのできるだけ多くのかたがそれをできなければ意味がないとの思いもあったことから、万人向けの、勉強や遊びのツールとしても機能をすればいいかな。とも思いながらに行なっていたとしたことですも、これはそうとなってきてもいますね。 再現性 の有無や、他のかたができるかできないかが関係をしており、できなければ意味がありません。 それで、当ブログで行なっていることと、《同じようなこと》やら《似たようなこと》をやりたいと思ったかたがいるとします。 そのかたが、例えば、1年なり何年なりと、ブログなりで日記を記しているとします。 *日記ではなく、仕事のことでも良いですし、公開はしておらずとも良く、勿論、風景が観てとれたり、感情やら質感なども醸したもののほうが良いわけですが、その読み物なりを、 コピーアンドペーストをして検索をする これだけです。 これで、似たようなことができる場合があります。 勿論、コアのようなものについては、教えることはできませんが、 google検索エンジン のアルゴリズムも、コアとして利用をしているもののひとつです。 ですので、他人のことは分からないとしてもいるわけです。 不特定多数に公開をされた他のかたの 日記 を観ても、そのようなことはいちいち試しませんし、例え試したとしても、他人のことなどは分かろうはずはないんです。 私は、それよりは、ブログで記しているような 関連性 についてのことのほうが、興味があります。 また、これにつきましては、 Facebook などの SNS も 関連性 を使っていることから、見えかたは違えどの同じようなことができるでしょうし、他主要な SNS や記しているような幾つかの 検索エンジン でもできることと思わ

【ブログが意思決定支援メカニズムとしても機能をし始めました】

【ブログが意思決定支援メカニズムとしても機能をし始めました】 この投稿は、昨年からのものと、2019年は4月の26日と、同年は同月の28日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に纏めたものです。 当ブログですが、 元経済産業省 の 古賀 茂明 さんの言から、似通った曖昧なことに対しての、 意思決定支援メカニズム 意思選択決定支援メカニズム などとでも言えるものとして機能をし始めました。 この投稿はそのことの報告だけですが、良かったこととして、例えば、人間は、言葉で考えるときには、 論理的思考 とまではいかずとも、その考えに注意を払っていることとなり、 同時並列的 に他のことに考えを巡らせることは難しいですね。 その思考が占有をしているということです。 脳が独立をしての二つあればこの限りではないとは思いますが、 コンピューター では、 演算装置 が二つあれば良いということになります。 他にやることがある為から自動で行なわせていたことなどが、まだ、全ての 事象 とはいかないまでも、放っておけば考えを巡らせることと同じようなことが起こるようになり、これも行なわせるようにしていたことで、狙わずとのかなりの量の実験結果がありますので、そのうち記述ができると思います。 もう少し記せば、 フローチャート のように、最初からか途中からか一部かの別はあるとしても、記述をされた流れを辿ることが、勝手に行なわれるようになったということです。 AI といっても、何らかのアクションを人間が起こさなければならない場合が殆どですが、 自動化 がうまくいきはじめると、違ってきます。 勿論、これは AI ではなくとも、 コンピューター制御 という方法でできることです。 元経済産業省 の 古賀 茂明 さんの言について 日本人 のかたに分かるように伝えれば、木の枝などに粘つくものを仕掛けて鳥をとるような、 とりもち というものや、 篩 を思い浮かべれば分かりやすいかもしれません。 悪いことに使うことは感心をしませんけれどね。 いつか記したと思いますが、 心理学者 は 哲学者 の振りができますが、 哲学者 は 心理学者 の振りはやりません。 心理学者 は、これは悪い意味ではありませんが、大一級の 詐欺師 的な

【ブログのアクセス推移から読み解くものごと】

【ブログのアクセス推移から読み解くものごと】 この投稿は、2019年は4月の23日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に直したものです。 この投稿では、 ynimk 中にある、 【カンボジアでのタクシー運転手殺害についてとその前後のこちらごと】 で記したアクセス推移から現実を読み解くというものに対しての、別の例えを記しております。 この投稿や、上のリンクの投稿では、 アクセス推移 というものに的を絞ってのそこからの解となっております。 他のことをやっていることが多くなりましたので、自動で行なわせていたもののひとつです。 取り敢えずですが、 ynimk 中の読み物の中で、当ブログの 【錠の1】 の始まりである文言の、《 吐く息白い一月の半ば 》と多くに関連をしたことがらは、 【福島産の魚とgoogle検索エンジンの表示について】 【低気圧の発生と日本の太平洋側への北への通り抜け】 【吐く息白い一月の半ば】 です。 これらの投稿中では、人が作った関連以外のものを記しています。 *実際のところ、その殆どは、気が付かずも人が作ったものが多いですけれどね。 それぞれの投稿は、最近のものですので、互いに関連をしている部分もありますし、それぞれに独立をしたものであるわけですが、後になりますが、直しも兼ねて、もっと簡単に分解をしてみようと思います。 現実は簡単なんです。 但し、それぞれの 思惑 やら 思想 やら 立ち位置 やら、 職業 やら 環境 などがかかわり、複雑になるわけです。 下がアクセス推移です。 【新たな元号は本当に良いプレゼントになりました】 【外国からの講談師】 何日か前に、近くの病院に着ていた子がいましたので、気を付けてのその旨宛てています。 昨年のこの頃に、職場を戻して頂き、連休中は遊びに行くとしていた子がいました。 その前も… 単にそれぞれの論理ばかりであれば、疲れますね。 このような、思い出やら心の部分がないとね。 google検索エンジン は、機械ですが、そこにある読み物や画像や動画は、心がこもったものや、熱を帯びたものや、単に楽しいものであったり、何らかの意図が入っていますね。 それから、23

【元号のことについての考案者さんへのインタビューを起こした読み物とされるものからみる会釈の意味】

【元号のことについての考案者さんへのインタビューを起こした読み物とされるものからみる会釈の意味】 この投稿は、2019年は4月の17日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に直したものです。 ここでは、 元号 についてのその後として言われていることから、 会釈 というものについての意味を記しています。 この 会釈 というものですも、 おじぎ ということがひとつと、別の意味ですが、 幾つかの違うものごとを、矛盾なく合わせること です。 元号 の考案者さんである 中西 さんへのインタビューを読み物に起こしたものが、TBSで放送をされていました。 このかたが考案をしているはずですが、他局のものでは、そうではないともしていました。 この二文字の組み合わせになることと、おそらくはそれが選ばれることは、要するに、神様とか、天と言われるものが、作るということを言っていたんですが、芸術家さんも、よく、このような言いかたをします。 日本 ではない国のかたですも、現在のところ、この 日本 のものを、 中国語 に訳したり、 ベトナム語 や他幾つかの国の言語に訳したり、 中国 のものを 日本語 に訳したりということを行なっているかたもいます。 それで、 中西 さんへのインタビューを読み物に起こしたそれは、 旧暦 と 陰暦 が同じくになっており、おそらくは、読み物に起こしたかたが、ふたつの違いについてを分からなかった可能性が考えられるわけです。 読み物に起こしたかたは、 中西 さんというかたに、教えて下さいとすれば、それくらいは教えて頂けることと思います。 それで、気が付いたことのひとつですが、その前の日にも、やはりおかしな流れがあり、そのことを鑑みますと、出てくる解答は、 《読み物に起こしたかたは、他の国の 旧暦 と 日本 の 旧暦 を同じくに捉えており、 陰暦 というものをこの 旧暦 と思い込んで、他の国のかたに聞いたので、あちらのかたもそのように答えて、それが読み物になった》 というものです。 その読み物中にあった、 《 令月 は 陰暦 の1月ですが、1月ではない云々》 は、 中国 や ベトナム の 旧暦 の1月のこととなり、これらの国では、今でも、 旧正月 というものを祝っています。 中西さんに聞いた

【新たな元号は本当に良いプレゼントになりました】

【新たな元号は本当に良いプレゼントになりました】 この投稿は、2019年は4月の1日にメッセンジャーに記した雑記をブログ用に直したものです。 まずは、有り難う御座います。というお礼ですね。 有り難く頂戴致します。 洒落ですよ。 さては新たな 元号 についてですが、一時は、 安部首相 の名前の一字でもある《 安 》の字が入るかもしれないことさえ、該当のかたが歴史に残るからという理由からの反発があったようですが、一応なりと、そうと決まればそのような調子に乗ることとは思いますが、それの何がいけないのか?ともしてはいますも、半分は冗談であったわけです。 その時分にはまだ候補中にあるとなっていたこともあり、別からにして、こちらとの関連からのことを言っていたわけではありません。 本当にそのようなことに出ようとしたとしても、それ以前に《 安 》の字をよけることは考えるでしょうから。 加えて、歴代の 首相 というものは、歴史に残るわけです。 争いになるなら、余計とそのようなものは要らないのではないですか?ともしてはいますが、結果を先に記せば、当 ブログ や Facebook や メッセンジャー との 関連 とのドンピシャリでもあることに、とても有り難く思います。 実社会 のこちらごととの関連がそのままです。 つまりは、 テレビ との関連でもあるわけです。 *まだ記せていないことや、記せないこともありますが… 連想 の投稿や他の投稿の時分に、 日本 にも、ものすごく頭の良いかたがいるとしていましたが… 良い話のタネができました。 元号 というものは、昔と違い、今では 国民 への プレゼント のようなものにもなってはいるようですが、これはその通りであろうとは思います。 商売 などでも、幾つものところが 関連商品 や 無料にするもの などを出してもいたそうですし、同じ名前のかたや、名前の中に一字があることによる チョットしたお得感 があったかたもいたようで、それ以上に、 元号 そのものは、新たに始まるもので、このことから、全員へのものとなっているはずなんです。 ですので、他のかた同様に、自身も有り難くに頂けるわけですが… 新たな元号の案は良いプレゼントになりました との投稿とのことから

【錠の18】

丁度錠の粗筋というか、骨子をメッセンジャーに記した時分のことですが、とある 歌手 が巻き込まれた 洗脳 についてのことが放送をされていました。 また、この投稿の年代のことと今とでは、しまなみ海道にしても全くと違い、芸術祭や他のことなどでも、良くなってもいる面もあるようです。 これは単なる 物語 ですが、厚みが増すこと有り難いですね。 /*----- 【錠の18】 二年の月日はあれよという間に過ぎ行きてはそうとしておるうちに△の保護観察処分は解けたも◇とは電子の文でのやり取り以来何処かぎくしゃくとしておるものであるからにして次第に会うの理由がなくなるの△としては◇との関係をば更なる密にとせんが為からにもも少しなりと時間をば掛けたりとしたいに似る気の持ちなるのようではあるもともかくにして処分が解けたることをば素直に喜んでおりまたこの頃に△幼少期をば振り返ることが多くとありさては半ば廃墟と化したる街のことを思い返せば其処は静かと沈み暮らする者皆々草臥れての下ばかりを観ておるのことを確かと覚えておるのであろうが現実には自身の知らぬるところや知らぬる時の間にしても街の中に居る者々皆からにして此な時代をば逞しくに生きておるのことであるものでさてはこの頃の丁度に一大なる事業として興されたる『しまなみ海道』なる施設も観光の名となるの所のなさから此の街は他の街への通過点にすらなれておらずであり地元の新聞やら同なるの雑誌などがこれで景気が上向くなりやとこぞり報じたも事態は逆に窮まり本土と繋がる橋はあれどの街は正に瀬戸内海に浮かぶる孤島と化したに其な事態をば見据えての△刻の市長に電子の文をば宛てておるも其は読んですらもらえずは当然でならばと市政に関係をばする者の下へと幾度か訪ねてみるも 『若僧が!何言うものぞ!其方宣いしこと正に気が触れておるとしか思えんに今の今に言うたることは正気の沙汰であるのかぇ』 などと一喝というには幾分なりと長くの言をば投げられてはおつきの者にも一笑にふされるだけとくれば何をばしに訪ねたのか分からずがしかし△が存外に扱われたのには別なるの意味があり『しまなみ海道』施設には来る日の此な街をば他市にと吸収合併をばさせる為なるのことであり街に住む者等の反発をば逸らする役割をば持つのことで言うなれば両方が組みとな

【火星移住計画】

【火星移住計画】 TBS で 宇宙 についての 番組 の放送をしていました。 月面着陸から50年 。 丁度、ブログの投稿が ベトナム の wikipedia と 関連 付き、他幾つかともそうな時期で、それによると、おそらくは 太陽系一の高い山 である、 オリンピア山 を目指すとありました。 番組 では、丁度、 世界で一番宇宙に近い場所に赴く 。ということも放送をされておりました。 以前からあった 火星探査 のことと、モノを記していることの、 文筆頻々然るる後に君子 ということがあっての有り難いことです。 また、下のリストについては別記を致しますが、おりしも 日本 では、 関連 として、 元日産のCEO である ゴーン さんのこと とある 神社 のことと 神社 のこととこちらごととそこからの 関連 として、また、 日本 の 歌手 と同名の 神社 の 関連 としての 日本人 が女性に悪いことをしてのこと をやっており、このオリンピアという名前から、 フランスはパリ ギリシャはオリンピックの発祥の地 などの 関連 があり、実のところ、これらも、その時分の世の中の動きを観たり、かかわる模様などからの 関連 となっておりますが、ここでは、 火星探査 のことを記しております。 TBS の 番組 では、 NASA の 火星移住計画 というものの 宇宙飛行士候補生 のことの放送もしており、同 番組 によると、展示などとして一般公開をしている ミッション=マーズ というものもあるとのことです。 記させて頂きますと、私は 火星人 というわけではないですからね。 句読点 のないものは、別からにして 火星語 というわけではないですからね。 ma1d3n Facebook yositaka akase

【コンビニの話】

【コンビニの話】 本文の前にですも、これは他のことより特にローカルな話です。 記すのは説明の必要が出たことと、今後の投稿への繋がりとして必要であるからです。 海を越えたとあるのは、勿論これだけが全てではありません。 最近では TBS で10年ほど前から8年ほど前の一連としての 八ッ場ダム のことも放送をされていましたので、良い関連です。 ここ何年かですも、 アナウンサー さんや、最近では コメディアン である 間 寛平 さんや 噺家 の 笑福亭 鶴瓶 さんが着ていますが、赤色のひとつの意味である カーディナルレッド は 枢機卿 の服の色です。 これとの 関連 をしてのものも色々とあるんですが、それはまたに致しますも、 赤色は人目を惹く ことからと、 ピンクはセンスが求められる ことから、赤色が似合うとしていた子がいたことを思い出しました。 すると、まぁその前から、 赤い服 を着てのかたがいたわけですが、靴を赤にしていたことがあるわけです。 人目を惹くので、目に入りますよね。 でも、普通であればそこから上に目が行くわけです。 赤いマスクを付けていたかたもいて、 《私の顔を観なさい》 ということですか?としたことがあったことを思い出しました。 余談ですが、最近は特に、様々な界隈での《 m 》と《 k 》が多く活躍をされていますが、先頃に亡くなられた、 コメディアン である さんま さんの先生も《 m 》ですね。 さてはここからが本文です。 コンビニ に行っていたことがある旨記したと思いますも、別ブログである 低気圧の発生と日本の太平洋側を北への通り抜け でも説明の必要性が出てきたので別記を致しますとしましたが、そもそもが、国を超えた、つまり外国にもできたのは、その コンビニ の大元のことではなく、当時の話には、単に コンビニ としかしていなかったんです。 それで、そのことを記した後に、少しなりとですも 【 錠の3 】 にアクセスがあったんですが、直接の関係がある コンビニ は 広島県 は 尾道市 である 向島 の コンビニ ではないんです。 【 錠の2 】 にある、 広島県 は 尾道市 の 因島 というところの、 総合支所 の前の コンビニ です。 大元の会社は、違いますけれどね。

【メルボルンビクトリー vs サンフレッチェ広島を観て】

【メルボルンビクトリー vs サンフレッチェ広島を観て】 別のことをやっており、後半の一部分と、 本田 圭介 選手がゴールを決めたところのダイジェストしか観ることができていませんが、丁度観ていた後半の部分ですも、 メルボルンビクトリー は、 サンフレッチェ広島 が作っていたブロックを崩すことができておらず、最終ラインでのボール回しから、中の 本田 圭介 選手などに収めようとしていましたが、掻き回すタイプの試合運びではないことと、ダイレクトからの彼方此方ではないことから、これは巧く行かず…逆に、サイドに張り出している サンフレッチェ広島 のほうが、そこからのチャンスが多くとありました。 メルボルンビクトリー がゴールを決めたところは、同チームの右サイド深くにまで進出をしてのクロスで、遅れて飛び込んで来た 本田 圭介 選手のゴールでした。 この遅れて飛び込んで来たことが重要で、それ以前に、一人が サンフレッチェ広島 の守備を引き付けて下がらせていたことから、 本田 圭介 選手が飛び込むスペースができたわけです。 試合は サンフレッチェ広島 の勝利でしたが、これは綺麗に決まったように思います。 観ることができたのはこの部分だけなんですが、これだけでも、観る価値があったように思います。 ロシアW杯 の時分に、 《 ますこではなく、しょうじです。 》 としてのかたもおりましたが、 本田 圭介 選手のこれもkなんです。 最近では、 堂安 選手や 乾 選手や 香川 選手のニュース映像は、日本でもよく入っていましたが、試合を観ると楽しいですね。 *以前は、よくBSだCSだを観ていましたが、今は… 余談ですが、 鹿島アントラーズ との時分の 大分トリニータ も m ですし、 ACL で1点を奪った 川崎フロンターレ の 斎藤 学 選手も m ですね。 ma1d3n Facebook yositaka akase